10匹の読み方は「ジッピキ」それとも「ジュッピキ」?その答えは…

January 31 [Sun], 2016, 15:00


前回の記事で触れた、「○匹」の数え方。


よく、どっち?という話題を目にするのが、

10匹の読み方は、ジッピキ  ジュッピキ



他にも、10本、10個、20世紀…

私がナレーションをしていた頃には、この言葉は「ジッ」と読んでいました。

しかし、今はNHKでも両方の言い方が使われているので、もし仕事で読む場合には担当者の意向を聞き、どちらでも構わないと言われたら、私は本来の言い方の「ジッ」で読むと思います。


NHK Eテレのピタゴラスイッチに出てくる数え方の歌では、
「ジュッピキ」と言っていました。





教育出版のサイトには、「十匹」は「ジッピキ」か「ジュッピッキ」か
というページがありました。

ここでは
現在の段階では,「ジッ」という発音のほうを標準的なものと認めておくのが妥当である。
だそうです。



私が子どもに教えたのは、両方。

まず『ジッピキ』を教え、その後
「でも、今は『ジュッピキ』という人も多いので、2つとも覚えてね」と教えました。


小1の国語の教科書にも、「じっ」 <「じゅっ」> と両方書いてありますし…




言葉は時代の流れとともに変化していくものですし、教科書にも両方載っているので、わが子には2つの言い方を覚えておくよう言っています。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
いつも応援クリックありがとうございます。

絵本「14ひきシリーズ」のおもしろさ

January 30 [Sat], 2016, 8:45

前回の「14ひきシリーズ」の話の続きです。


14匹それぞれの個性が丁寧に描かれているこのシリーズ。

それぞれのねずみたちが何をしているのか?
動作や表情を細かく見ていくと、色々な発見があっておもしろい絵本なのです。


例えば…
「14ひきのやまいも」




本をひろげてカバーの絵を見ると…


 

お父さんがみんなを集めて話をしています。
「さぁ、やまいもを掘りに行こう!」とでも言っているのかな?


何匹いるか数えてみると… 13匹。


あれ? 

1匹いない?!

と思って、表紙についていたカバーを取ってみると…





兄弟の6番目。
おっちょこちょいの「ろっくん」が、ズボンをあげながら登場!


探してみると、子どもが喜びそうな楽しい描写があちらこちらに!

字が読めない娘でも、1人で面白がって見ていますし、ゆっくり絵をみなが読み聞かせをする以外にも、私がクイズを出しながら読んでみることもあります。

14匹のねずみたちを、1ぴき、2ひき、3びき〜14ひきと、覚えにくい「〜匹」の数え方を覚える練習にもなります。
 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
クリックして応援してくださると嬉しいです。
ありがとうございます。

ほんのりと心あたたまる「14ひきシリーズ」

January 29 [Fri], 2016, 14:05





フランスの図書館で借りた「14ひきシリーズ」の話に関連があります。


「14ひきシリーズ」

おとうさん おかあさん おじいさん おばあさん そして きょうだい 10ぴき。 ぼくらは みんなで 14ひき かぞく。

…という、ねずみの大家族が織り成す物語。


家族の団らんや、季節ごとの自然の美しさが描かれていて、ほんわか優しい気持ちになる絵本。
わが家の子どもたちもこの絵本が大好きです。



1作目の「14ひきのひっこし」は1983年に出版。
物語の舞台となる「家」に引っ越す、最初の話ですので、シリーズを読む上でこれは外せません。

の風景が描かれています)



14ひきシリーズは全部で12冊。
童心社の14ひきシリーズのサイトには
「世界でシリーズ1000万部のベストセラー絵本」
と紹介されています。






私の甥っ子・姪っ子もこのシリーズが好きだったらしく、姉がよく読み聞かせていたと言っていました。

私も、フランスで日本語版をセットでお持ちの方がいらしたので、お借りして読むことができました!


細かいところまで丁寧に描かれたねずみたちの様子や、日本の四季を感じながら楽しむ絵本です。

(つづく)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
いつも応援クリックありがとうございます。

息子のクラスメイトのお誕生会にプロのマジシャンが…

January 28 [Thu], 2016, 9:30

昨日の午後。
息子は、クラスメイトの女の子のお誕生日会に招待されました。


毎回、息子がお誕生日会に招待されるたびに、みなさんの企画やアイデアに驚きます!

過去に書いた誕生日会の話です。
これまで息子が招待を受けた誕生日会



招待状をもらったのは3週間前。
「プロのマジシャンが来て手品をする」
と聞き、それ以降ずーーっと楽しみにしていました。


絵とメッセージを書き、プレゼントを包んで…
(その子はディズニープリンセスが好き



普段は着ない、襟付きのシャツを選んで着て行きました。




大満足した様子で帰ってきた息子がもらってきたのは、たくさんのお菓子が入った袋。

  ↑
倍の量はあったのに、写真を撮るのが遅かった…


お誕生日会に呼ばれて行くと、こういった小袋にキャンディーやガムを入れて、お土産に持たせてくださるのです。
おもちゃやさんには、誕生日会用に、さまざまなキャラクターの小袋が売られています。



そして、もうひとつ!
マジシャンからもらったのが、見習マジシャンの修了証書。

  ↑
この免状には、マジシャンの名前は連絡先が書いてあるのです。
参加した子どもそれぞれが、マジシャンのアシスタントをして、最後にもらったそうです。

子どもたち全員が家に持って帰り、マジシャンは子どもたちの親、全員に連絡先を伝えることができる…

”未来の”お客様を増やすにはいい方法だなぁ〜と感心してしまいました。
子どもは、証書をもらって喜びますし…。


楽しい企画で楽しませてもらった誕生日会。
息子も大喜びでした♪


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
いつも応援クリックありがとうございます!

「おまえ うまそうだな」のフランス語版&オススメの宮西達也さんの本

January 27 [Wed], 2016, 10:20

「おまえ うまそうだな」

みやにしたつやさんの絵本のタイトルですが



家の近くの図書館でフランス語版を発見!



フランス語の本のタイトルは
à croquer?  (ア クロケ) 

「croquer」は、バリバリと噛む、カリカリ・パリパリと音を立てる…といった意味の単語ですが

à croquer というと
とても可愛い!素敵だ! という表現した時にも使います。

そういえば日本語でも、とっても可愛い赤ちゃんを見て、「食べちゃいたいほどカワイイ〜っ!!」ということがあるので、それに近い感じなのかな?!


私はフランス語を語れるレベルではなく
(フランスで生活しているけれど)
訳のセンスは全くないのだけれど…

この絵本は、タイトルの「おまえ うまそうだな」をいかに訳すかが物語の鍵になるなので、この訳はよく考えられてるなぁ!と感心してしまいました。


ちなみに…
みやにしたつやさんの本の中では、「相手の気持ちを思いやること」を教えてくれる『さんせーい!』『にゃーご』も好きです。







ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
いつも応援クリックありがとうございます!

「相手に通じる日本語」を継承すること

January 26 [Tue], 2016, 14:50



(先日書いた春香クリスティーンさんの話題に少し関連があります)


日仏独英、4つの言語に触れる環境にいるわが家の子どもたち。

現在、息子は7歳。娘は4歳。

娘がフランスの幼稚園に通い始めてから、子ども同士は自然とフランス語で会話するようになりましたが、私の顔を見ると日本語に切り替えます。

まだ、子どもたちが話す日本語は流暢とはいえず、知っている日本語の言葉を並べて気持ちを伝えようとしている、という感じ…

しかし、「母親と話す言葉=日本語」というのはすっかり定着しました。


            


さて、私が子どもたちに向けて話すときに心がけているのが

「日本の人たちに通じる言葉だけを使う」ということ。


日本語での会話に、日本の人が理解できないようなフランス語や英語の単語を混ぜて話さないように気をつけています。



日本でも、外来語の方が定着している言葉がたくさんありますよね。

私も、子どもの国語辞書に載っているような外来語は使うことがあります。

しかし、文部科学省「外来語」言い換え提案分かりにくい外来語を分かりやすくするための言葉遣いの工夫というページに載っているような言葉は、相手によって使い分けた方がいいですよね。


受け手がその言葉を理解できるか?
会話をする時には、相手に配慮して言葉を選ぶという気配りが必要ですね。

(このブログのタイトルにある「シェア」も、会話の相手によっては「分け合う、分かち合う」という方が良さそう?!)


わが子に日本語を継承する!と決めたからには、できるだけお手本となるような日本語を話したいと思っています。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
クリックでの応援ありがとうございます!

相撲の影響大!!「トントン相撲」

January 24 [Sun], 2016, 21:10

今日の大相撲初場所の千秋楽。
わが家も、みんなで観ていました。

琴奨菊関の優勝が決まった瞬間。
ちらっと映った 琴奨菊関のお父様の姿を見て、夫まで目を潤ませていました。


相撲観戦後。
子どもたちが「作りたい〜」と言い出したのが…トントン相撲。





取組は、大好きな本に登場する
がらがらどんvs トロール。




満員御礼!



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
いつも応援クリックありがとうございます。

マルチリンガル、春香クリスティーンさんのインタビュー記事を読んで思うこと

January 23 [Sat], 2016, 19:10


姉のお友達の先生から届いた嬉しい小包の話の続きです。。

日本語学習に役立つものを沢山入れてくださっていた箱の中には、マルチリンガルの春香クリスティーンさんのインタビュー記事もありました。




スイスのドイツ語圏出身の春香クリスティーンさん。
お父様とは日本語、お母様とはドイツ語、そしてご両親は英語で会話されていて、家族が揃うと3つの言語が飛び交う…

わが家も、日仏英の3つの言語でそれぞれが会話しているので、親近感を覚えました。


朝日新聞DEGITALで、その記事を読むことができます。



継承日本語教育をする上で、
「誰がどの言語を使うか決める」これがとても重要!という話題を過去に書いたことがあります。

「親の顔を見ただけで自然に日本語・ドイツ語に切り替わります」という春香クリスティーンさんの言葉。

子どもが小さい頃から、誰がどの言葉で子どもと話すか決めて、それをずっと続けることが大切!!ということを改めて実感しました。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
 ↑
ここをクリックして応援してくださると嬉しいです。
ありがとうございます。

これは優れもの!ドラえもんの国語辞典+辞書引き学習

January 22 [Fri], 2016, 11:15

1ヶ月ほど前のこと。
日本から嬉しい小包が届きました。

送ってくださったのは、姉のお友達で学校の先生をなさっている方。
その方には、息子より2つ年上の男の子のお子さんがいらして、昨夏一緒に遊ぶ機会があったのです。

日仏ダブルの子どもたちの継承日本語教育について思案していた私に、息子さんが使って良かったと思うものをたくさん送ってくださいました。


例えば…

小学館の例解学習国語辞典〔第十版・ドラえもん版〕



辞書引き学習のやり方がわかりやすく説明してある、ドラえもんの国語おもしろ攻略「ことばの力がつく辞書引き学習」という漫画と、専用の付箋も一緒に!!!

お陰で、すぐに辞書引き学習を始めることができました。


辞書本体にも、ページのあちこちにもドラえもんが登場。
子どもが楽しみながら言葉をさがせるような工夫がされています。

「フランス」のページに『○○くん(息子の名前)の国』と、お友達が付箋を貼ってくれていました。



辞書には「小学校で習う1006字のポスター」も付いていました。




テレビを観ていたり、日本語学習のときに知らない言葉があると

@「辞書で探してみよう」と言って、一緒にページを開き
   ↓
A付箋に調べた言葉を書いて
   ↓
B辞書の上部に貼り付け!




言葉を調べるのと同時に、文字を書く練習もできるのがいいんですよね。

貼った付箋を触りながら、満足げな息子。
達成感を味わえるので、言葉を調べて文字を書くのも苦にならないようです。


「こんな言葉で子どもに説明してあげると分かりやすいよね!」と大人の私がみても参考になることだらけ。

今の私達にピッタリのいい物をもらいました!!!!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
 ↑
ここをクリックして応援してくださると嬉しいです。
ありがとうございます。

私のブログ記事をコピーしたブログを発見…

January 21 [Thu], 2016, 11:00


(今日は、私が書いている2つのブログに同じ内容を載せています)

昨日アメーバブログに載せた渡辺和子さんの著書の話題で、「以前同じような話を書いたけど、いつ頃だったかなぁ?」と、過去のリンクを探そうと、自分のブログのタイトル等のキーワードを入力して検索したら…

なんと、私がブログに書いた文章だけをそのままコピーして貼り付けた他人のアメブロの記事が2つあったのです。

男性でしたし、私になりすましているわけではないようですが…

私の文章をコピーした人のサイトがトップにあり、同じ内容で写真まで載せてある私の記事は、全く検索に引っかからないことにガックリ。
何だか複雑な心境です…


いくつかの観光情報を載せているこちらのヤプログの方がアクセス数が断然多く、情報検索をきっかけに定期的にアクセスしてくださる方も多いようなので、今後、過去にアメブロに書いたいくつかの話題を、ヤプログの方に載せてみようと考えています。


それにしても、明らかにコピーと分かるような記事を載せて、何のメリットがあるのでしょう??

世の中にはいろんな人がいますね。



今朝も氷点下。花も寒そうです…


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
いつも応援ありがとうございます。