参考になった「よい絵本」一覧

September 30 [Wed], 2015, 14:44


こんにちは、JUNKOです。


この夏、日本にいた5週間、図書館へ通ってたくさんの絵本を読みました。

200冊? 300冊?
わが子が好きそうな本かどうか、ページをぱらぱらとめくっただけの本も入れると数え切れないほどです。

同じストーリーでも、挿絵の違いによって物語の印象が違いますし、題名を見ただけでは分からないことが色々とありますよね。


おすすめの絵本ってどんな本?
出来る限り、子供に良い本を読み聞かせたい!!
そう思っていた時、こういったポスターを目にしました。



全国学校図書館協議会が選んだ第27回「よい絵本」のポスターです。

すぐ検索してみたところ、ウェブサイトには第27回よい絵本WEB BOOKがあり、日本の絵本・外国の絵本・知識の絵本などが一覧になっていました。

表紙の絵に加え、あらすじと解説が載っているので、子供が好きそうな絵本かな〜?と本を選ぶ時に役立っています。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

息子が受けた「精神測定法(せいしんそくていほう)」

September 29 [Tue], 2015, 15:32


こんにちは、JUNKOです。


夫と、夫の父が左利きという家系だからなのか?!
うちの息子も娘も左利き。


例の万年筆を使って勉強しています♪


ただ息子の場合、文字を書いているうちに字がだんだん大きくなったり、どんどん下がったり…と、上手く字のバランスがとれないことがありました。

特に心配することではないと思っていましたが、安心のために一度診てもらってはどうか?と言語聴覚士から薦められたので、夏休みに入る前の7月初め、専門家のところで検査をしてもらいました。


その専門家のことをフランス語では、psychomotricien

英語では、psychomotor therapist 

psychomotorとは日本語で「精神運動の」というらしく、精神活動と関連した体の動きをいうようです。


そして、息子が受けた検査のことを

精神測定法(せいしんそくていほう)
精神の性質や能力を数量的に測定する方法


と書いてあるサイトも目にしました。


息子と専門家の2人だけでチェックが行われ、保護者は立ち会わないようになっていたので、実際どんな検査をしたのか具体的には分かりませんが、専門家からの結果報告を聞くと

まず、性格の分析について
シャイ 神経質←この2つは母親の病気が原因の可能性あり…と言われました。ガックリ…
私がガンの治療をしたのは息子が3歳の頃でしたが、そういったことが性格に影響するんですね。


そして、利き手に関しては

ボールなどを蹴ることや、目で物を見ることなど、3分の2は利き 
 
書くことなど、3分の1は利き だそうです。


利き手を無理やり直すと脳のバランスに影響する…という話を聴いたことがありますので矯正したことはないのですが、こういった検査をしてもらって初めて、完全に左利きではないことがわかりました。


字が大きくなることに関しては、空間の感覚に問題はないものの

Dysgraphie
(書字障害 書字錯誤)というラインにギリギリのレベルとの判定。


それを克服するためのトレーニングとして…

●同じ線を10回キレイになぞりながら絵を描く
●ビー玉や、日本でいうおはじきのように、遊びの中で指先を使う

こういった訓練を薦められました。

今後続けて個別のトレーニングや診察を受ける必要はなく、心配することはないと言われたので、家で文字を書くときに意識してペンを持つように指導している程度。今ではずいぶんバランスがとれるようになってきましたよ。


見えない脳の中のこと。
本当のところ利き手はどちら?なんて分かりませんし、些細なことでも理由が分かるまでは大丈夫かなぁ?と心配になることありますよね。
子供の書く文字のバランスが取れてなくて気になる…という方もいらっしゃるかな?と思い記事にしてみました。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
いつも応援クリックありがとうございます。

息子の「?」 大相撲の呼出さんの土俵着のこと

September 28 [Mon], 2015, 14:50


こんにちは、JUNKOです。


前回の話題でタイプミスがあったことに気づきました。
【誤】人間的な生活を持つと-人
【正】人間的な性格を持つと-人
でした。
失礼しました!



「これは何?どうして?」などと子供から質問を受けるようになってからというもの、知っていることでも一応調べてみるようになったのですが、先日もこんなことが…


大相撲のテレビ中継を観た息子が
「な・と・り…背中になとりって書いてあるよ。なとりって?」と呼出さんの着物の背中に書かれた字を読んで聞いてきました。
呼出(呼び出し、呼出し書く場合も)についてはウィキペディアに。


「なとりというのは、相撲を応援している会社の名前よ」と返事した後、こんなことを疑問に思うものなのね…と思い検索してみると

日本語を習い始めたばかりの外国人留学生の中には、息子のように「なとり」って何?と思ったり、この人(呼出さん)の名前がなとりっていうの?と勘違いしていたという人もいるという話が。

なとりという会社名を知らないと、そういった勘違いをしてしまうのかもしれませんね。

他にも「紀文」「鈴廣」「スギヨ」「救心」など、協賛している様々な企業の名前が書かれていますが、ひらがなが読めるようになった息子には、「なとり」だけが目についたようです。


このように呼出の土俵着に協賛企業の名前が書かれるようになったのは、相撲ファンだった紀文の初代社長が、戦後間もない物資の不足していた時代に、呼出の方々に衣装を贈ったのが始まりなのですね。
紀文食品の関連サイトに書いてありましたが、このエピソードは知りませんでした。


息子の「?」に正しい答えを!と思いちょっと調べてみると、私にとっても「初耳!」ということが色々あります。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

妖怪やおばけの数え方は○匹?○人?

September 25 [Fri], 2015, 15:33


こんにちは、JUNKOです。


人気アニメ『妖怪ウォッチ』の影響なのか?
妖怪やおばけなどの本に興味を持っている息子。

好きなジャンルの本だと、読みたいという気になるのでしょうね。
図書館でも妖怪の絵本を見つけ、繰り返し自分で読んでいました。


ちなみに…
この広瀬克也さんの妖怪シリーズの中での息子が1番気に入ったのは『妖怪遊園地』でしたよ。




その他にも、NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」の番組コーナーを担当しているスタッフ作の『コんガらガっち』の本。


この中でも、青の表紙の『おそる→おそる→すすめ!の本 』にある、おばけの出てくるきもだめしの話は、息子と娘が取り合いながら見るほどの大のお気に入りです。





さてさて…

ある朝、起きてきた息子が
「夢に妖怪が3匹でてきた〜」と。

ん? さんびき?


妖怪って…匹?人?
ゲゲゲの鬼太郎や目玉おやじだったら○人のはず!?
という疑問が一瞬頭をよぎったので…

早速、『数え方辞典』で調べました。



私の使っている電子辞書に入っているこの数え方辞典。
過去に、《日本語教育》子供のお手本になるため活用しているものという話題でも触れたことがありましたね。


答えは…

妖怪は 匹(ひき)

息子が言ったので正解でした。


しかし!
妖怪やおばけでも、
人間的な性格を持つもの(例えば、天狗)や人間の姿・形をしていれば「人」で数えるようですから、鬼太郎+目玉おやじは2人になりますよね。


そして、この辞典に書かれていた解説で、なるほど!と思ったのが「鬼」の例。

暴れて人間を困らせる場合の数え方は-匹。
心を入れ替えて人間的な性格を持つと-人 と数えられる傾向があるようです。

別の例では…
悪魔は1匹に対して 天使は1人だそうですし。


日本語を学ぶ上で、避けて通れない助数詞

今後、子供から聞かれたときにちゃんと教えてあげられるよう、私も復習しておくことにします。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ

専門家に学ぶ「自然と本を読む習慣が身につく方法」

September 24 [Thu], 2015, 10:15


こんにちは、JUNKOです。


子供の語彙を増やすためには本の読み聞かせがいい。

このアドバイスはあらゆる育児書に書かれていることで、私自身も本がもたらす良い影響を実感しているので、積極的に絵本の読み聞かせをしています。

ただ、もっと子供自身にもたくさんの本を読んでほしい。
自分から読みたい!
読むのが好き!と思うようになってほしい。
そう思っていたところ、ふと手にした本に非常に参考になることが書いてありました。


NHKの番組などにもよく出演されている教育学の専門家、齋藤孝教授の著書『心と体を整える子育て力』



参考になったことが数々あった中で、以下の一文

「本棚のある部屋にやわらかいクッションを置き、じゅうたんを敷いてあげれば、子供も自然と寄りつきます」


このアドバイスを見て、これだ!と思い、すぐにやってみました。


絵本が並んだ本棚の前に、赤ちゃんの頃に使っていたベッドマットを重ねてカバーをかけ、クッションを置いてみたところ…




今ではすっかり子供たちのお気に入りのスペースに!
いつもはもうちょっと整頓されているのですが…(と言い訳)

あれ、どこにいった?と思うと、ちょこん…と本棚の前に座って静かに本を読んでいることも。


本棚の前に、子供にとって居心地の良いスペースを作る。
これだけのことで、こんなに本を読み始めるの?とビックリするほどです。

私は、有り合わせの物を使いましたが、子供用の可愛いソファや、ビーズクッションなどもいいでしょうね。

小さい娘でも本を取り出しやすいように、隙間をあけて並べるようにしたり、読みたい本がすぐに手に取れるように大体同じ場所に戻すようにしています。

本棚前の環境を変えて1ヶ月ちょっと。
お陰で子供が自分で本を読む時間がぐーんと増えました。


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
応援ありがとうございます。

ありがとう

September 23 [Wed], 2015, 9:28





何気ない出来事でも…
目の前にある日常が有難く思える瞬間があります。






しみじみ浸れるような時間をくれない存在ではありますが…



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
応援のクリック、ありがとうございます。

ドキドキだった!ジュネーブ 『2色の川』への道のり

September 22 [Tue], 2015, 10:05


前回話題にした2つの川の合流点が見られる場所、その続きです。



この写真のような風景が眺められる
ジャンクション橋「Pont de la Jonction」

この橋へ行くまでの道は
「本当にここであってるの?」
と途中で心配になるようなところだったのです。


Googleマップで「Bois de la Bãtie」と検索すると出てくる地図


が目的地の見学ポイントですが、黄で囲んだ中のくねくねした道が見えますでしょうか?
このくねくねした道には車が入れませんので、見学ポイントまで歩いて行く必要があるのです。


木に囲まれたくねくねした道



この坂をひたすら降りて行くと…



生い茂った木の向こうに橋が見えてきます。



赤い網の向こう側は線路。
そうなんです!このジャンクション橋は、鉄道橋に歩くスペースが設けられた橋だったのです。


私が歩いている間にも、何度か列車が勢いよく通過していきました。


人が歩けるスペースはこれくらいの幅。



高さが伝わるでしょうか?
手すりは高さ1m程度で、その向こうを覗くと、ずーーっと下の方に勢いよく川が流れています。


高所恐怖症の人は歩けないかも?!


私は夫と一緒に子供2人を連れて行ったのですが、橋までのアクセスと周りの雰囲気から考えると、女性ひとり、もしくは女性ひとりで小さいお子さんを連れて行くことはオススメできないです。

私が行ったのは午前10時頃で、スポーツウェア姿で走っている人や、カメラを持っていた観光客らしき人など数人とすれ違いましたが、人気がない時には怖いだろうな〜と感じることがありました。

常に車が行き来しているような橋だったら人目もあって不安になることはないのでしょうけれど…


ただ、見学ポイントからの眺めはイメージしていた通り、見応えあり! 

遠くにレマン湖のジェット噴水も見えましたよ。


ザァ〜っと川の流れる大きな音がして迫力があり、実際に見られて良かった!という満足感はありましたので、グループで見に行くのはいいでしょうね。

この橋の近くにある入場無料のアニマルパークや広々とした公園は、家族連れで行くにはとても良い場所でしたので、また別の機会に記事にしますね。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
1日1回のクリックが順位に反映されます。
応援ありがとうございます!

ジュネーブ Jonctionで見た『2色の川』

September 21 [Mon], 2015, 10:59


こんにちは、Junkoです。


今日は、予告しておきながら先延ばしにしていたジュネーブの話を書いてみます。

これまで何度か訪れているジュネーブで、「行ってみたい!!」と思いながら、なかなか行けずにいた場所がありました。


それが、こちら。




2つの違った色の川が合流している所です!


この写真を撮った場所は、黄○で囲んでいる「Pont de la Jonction」


地図からもわかるように、レマン湖から注ぎだした青いローヌ川と、モンブランから流れてきた茶色いアルヴ川が合流している様子を眺めることができるのです!




このガイドブック「わがまま歩き スイス」に載っていた情報


この写真を見てからというもの、いつか実際に見てみたい!!と思っていたのです。


見学ポイントについてガイドブックには「ジャンクション橋(Pont de la Jonction)中心部からタクシーで約10分」とだけ書かれていましたが…

行ってみると「こんな所だったの???」と思うような場所でしたよ… (つづく)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
1日1回のクリックが順位に反映されます。
応援ありがとうございます!

国内線フライト 富士山は左右どちらの窓から見える?

September 19 [Sat], 2015, 6:30


こんにちは、JUNKOです。


日本では今日から5連休という方も多いでしょうし、旅行で飛行機を利用される方もいらっしゃるかもしれませんね。


そこで思い出したのが、飛行機の座席選びの話。

国内線のフライトで左右どちらの座席を予約するかを、窓から見える景色で選ばれたことはありますか?


私が利用することの多いANAの場合でいいますと…

ANA公式サイトに『空から見える景色のご案内』というページがあり、「出発地」「到着地」を選んで検索すると、左右の窓から見える景色の情報が表示されるのです!


例えば、羽田→萩・石見便を例に挙げますと…

左窓から 箱根山 富士山 琵琶湖 宍道湖

右窓から 甲府 乗鞍岳 若狭湾 天橋立 

が見えると表示されます。


私は窓から富士山を見たいので、側の席を予約。
子供と一緒に富士山を眺めることができました。



逆の、萩・石見→羽田の場合も、富士山は左窓から見えます。


羽田→大阪(伊丹)の場合は、窓から富士山
反対の大阪(伊丹)→羽田は、窓から富士山…とそれぞれ違うようですから、利用する路線によって、往路・復路の両方を検索してみるといいでしょうね。



JALに関して検索してみると…
やはり、富士山に関しての質問が多いことからスマートフォン用アプリ「JAL国内線」に「富士山どっち?」という機能が今年2月から追加されたようです。
また、JAL機長による「富士山はどちら側?」というコラムが掲載されていました。




機窓から眺める富士山の姿、確かにいいですよね…

空の旅をする方々が、富士山が見える席かどうか?気になる気持ちがよく分かります。


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
ランキングに参加しています。
読んだよ〜のしるしに、ポチっとクリックお願いします。
応援ありがとうございます!

フランスの「ぶどう畑」&日本の「ぶどう園」

September 18 [Fri], 2015, 10:54


こんにちは、JUNKOです。


私が住んでいるフランス北東部では、ワイン用のぶどうの収穫が始まっています。


わが家の子供達が見慣れているぶどう畑。



露地栽培で、木の高さは1mくらい。
小高い丘にずらーっと並べて植えられています。




こちらは、日本で行った母の親戚のぶどう園。


7月半ば。出荷の最盛期。
ビニールハウスの中に入って頭の上を見ると、美味しそうに実ったぶどうが沢山ぶら下がっていました。


息子にとっては、フランスでは見たことがなかったハウス栽培のぶどう。



ここで、ぶどう狩り体験。



また1つ、新しい経験が出来たのでした。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
1日1回のクリックが順位に反映されます。
クリックでの応援ありがとうございます!