やっぱり集団生活って大変!

September 30 [Tue], 2014, 21:24

つい先日、『集団生活って大変!』という話を書き、ようやく元気になった娘が幼稚園に復帰した!と喜んでいたら・・・

なんと、今日、クラスメイトに顔をパンチされたという娘。
鼻血が出て服は血だらけ。
娘はショックで大泣き。

女の子の顔を殴るなんて誰がしたの??と怒りたいところなのですが。
(もちろん男の子の息子が顔を殴られてもイヤですが)

ちょうどお迎えの混雑した時間だったこともあり目撃者なし。
娘に聞いても「男の子」としか言えない。

でも、鼻血が出ただけで顔に傷はなく、娘もすっかり落ち着いた様子ですし、明日、先生がみんなに話をしてくださるようなので、お任せしてみようと思っています。

集団生活をはじめると、本当にいろいろなことがありますね。





幼稚園に通い出してから4週間。
体調を崩して休んだ日もありますが、娘は、幼稚園で過ごす時間が楽しい様子。

「幼稚園で何をするのが好き?」と私が日本語で聞くと
「ダンス・・・お絵かき・・・」と、はにかみながら答えますが

「Qu'est-ce que tu aimes à l'école? (学校で何が好き?)」
と夫がフランス語で質問すると

「Garçon !(男の子)」とはっきり答える娘。

この返事には、夫も私も大笑い。


2歳11ヶ月の日仏ハーフの娘。
すでにこの歳で、日・仏、2つの顔を使い分けている?!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。


秋のとうもろこし畑

September 29 [Mon], 2014, 15:55

体調を崩していた娘はすっかり元気になり、幼稚園へ復帰しました。
今週は比較的暖かいですが、先週は早朝の気温が5℃前後のことがあり、ヒーターなしでは震えるほど。
朝晩寒い日もありますので、体調管理に気をつけたいものです。


今日、家の近くのとうもろこし畑で見かけた光景。

収穫が始まったようです。


秋の空の下に広がるとうもろこし畑。



にわとりたちがかくれんぼ出来るのも、あと少しかな?




ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。

文化遺産の日に訪れた場所

September 28 [Sun], 2014, 9:56

9月の第3土・日曜日だった先週末。
フランスなど、ヨーロッパ各地では『文化遺産の日』でした。

通常一般公開されていない建物を見学することができたり、普段は入場料が必要な史跡に無料で入場できることもある、とてもお得な2日間。



子供がいる私たち家族が選んだのがここ。

アルザス地方のワイン街道を車で走っていると山の上に見えるお城。


château du Haut-Koenigsbourgです。


『フランス観光開発機構』のサイトや『地球の歩き方』などでは
オー・クニクスブール城
お城でもらえる日本語パンフレットには
オー・ケーニグスブール城とカタカナ表記されています。

チケット売り場でもらった入場券にGRATUIT(無料)の文字。  


入り口にあった2014年のイベント一覧に、9月20,21日は
「Journées européennes du patrimoine」とあるように


大人8€の入場料がこの日は無料。



標高755mの山の上にあるお城からは


ぶどう畑の広がる平原が一望できます。


※子連れ家族の目線でみたお城の感想を、また別の機会に書きますね。

château du Haut-Koenigsbourgの公式ウェブサイト
www.haut-koenigsbourg.fr





もうひとつ。
ここを訪ねた後に立ち寄ったのがオー・ケーニグスブール城から約40km、車で約1時間ほどのところにある
Château du Hohlandsbourg(オーランスブール城)


1279年に建設が始まったという中世のお城。



このお城も、文化遺産の日ということで無料で入場できました。




城壁の向こうに見えるのはColmar(コルマール)の街。



オー・ケーニグスブール城ほど注目される観光スポットではないですが、お近くにお住まいでしたらドライブがてら眺めを楽しみに行かれるのもいいかもしれません。

Château du Hohlandsbourg公式ウェブサイト
www.chateau-hohlandsbourg.com/fr/


こうして、2つの中世のお城を見学した『文化遺産の日』

心地よい陽射しの降り注ぐ1日だったのに、夕方、突然のどしゃ降り。
でも、そのお陰で山の上からこんな景色を見ることができました。


久しぶりに、アーチになった虹を見た気がします。




ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。


シロイルカとペンギンの赤ちゃん

September 27 [Sat], 2014, 9:31

私の生まれ故郷にある水族館、島根県立しまね海洋館アクアス
先日『お気に入りの水族館♪』にも書いたように、今、シロイルカとペンギンの赤ちゃんが一般公開されています。


ぜひ見たい!!という私たちのリクエストで、父が写真を撮ってきてくれました。
館内はフラッシュ撮影禁止なので写りは悪いけど・・・と言ってました。


シロイルカのお母さんと赤ちゃん。



授乳中。

赤ちゃんがお母さんにくっついていますね。

こういった様子がマジックミラー越しに見学できるそうです。



こちらが、ペンギンの赤ちゃん。


パパとママが共同で、赤ちゃんをしっかりと守っていますね。



シロイルカの赤ちゃんや、ペンギンの育児風景を見られるなんて、なかなかないチャンスですよね。
この写真を見て、息子は「アクアス行きたい!」を連発しています。



●島根県立しまね海洋館アクアスの公式ウェブサイト
http://www.aquas.or.jp




ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ

ここをクリックして応援してくださると嬉しいです。


やっぱり驚く! フランスの小1が習うこと

September 26 [Fri], 2014, 9:45

新学期が始まって3週間が過ぎましたが、日本でいう小学1年生になった息子は毎日のように宿題を持って帰ってきます。


そのひとつに、また驚いてしまいました。

これです。




算数の宿題。
2 + _  = 10
7 + _  = 10
5 + _  = 10
9 + _  = 10
6 + _  = 10

というように足して10になる数字を _ の部分に書くというもの。

これが新学期から3週間目に出た宿題。
指を使って数え、何度もチャレンジしましたが、息子はなかなか理解できず。
翌日、先生に聞くと、他のクラスメイトは皆できていたようです。

1 + 9 = _
2 + 8 = _
といった足し算なら驚かないのですが。

小1の3週間目でこんなことを習っているなんて、難しすぎなのでは?と思ったのですが。
フランス人の夫にしてみたら、こんなの当たり前〜という感じ。


息子の歳ですと、日本では来年4月に小学1年生になる年齢。
半年早く小1の勉強がスタートしていることになります。


小学1年生の勉強といえば・・・
フランスで在留届を出されている日本国籍を持つ方のみに関係ある話ですが。
事前に申し込むと、日本の教科書の無償配布が受けられるようですね。

ちょうど、来年4月に日本で新1年生になる年齢のうちの息子は申し込みの時期です。

私がいつもお世話になっている在ストラスブール日本国総領事館への新1年生になる子供対象の申し込みは今月末(9月30日)までだそうですよ。


お住まいの地域の領事館により若干違いがあるようですのでそれぞれのリンクをつけておきます。

義務教育教科書申込配布について
●在フランス日本国大使館領事部
www.fr.emb-japan.go.jp/jp/kyoiku/index.html

●在ストラスブール日本国総領事館 領事班教科書担当係
www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/consul/kyokasho.html

●在マルセイユ日本国総領事館
www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/jp/ryouji/sijyokyouiku/shijyodetail/kyokasho.html

●在リヨン領事事務所
www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/kyoukasho_haifu.html


教科書をいただけるのは、来年4月。
日本の小1の子供たちがどんな勉強をしているのか興味津々です。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。


その他の100均グッズと関連記事

September 26 [Fri], 2014, 6:10

3連続100均の話になっていますが・・・

フランスでも売っているけれど、クオリティと価格の安さを考えて、あえて日本の100均で購入した物もあります。


例えば

靴のインソール(中敷き)

フランスの私の近所のお店で買うと1組4〜5€します。


アイスバーメーカー

暑い夏しか使わないので、安く済ませたい。


保冷機能付きのランチボックスバッグ



私のカバンの中の仕分けに使おうと、このミニバッグの黒とベージュ2つを購入。


大きさがちょうど良かったのか?!
なぜか娘が持ちたがります。



マスキングテープについては7月18日の記事に。



この袋についての話は8月10日の記事にすでに書きましたね。



キティちゃんの100均の商品

これらを幼稚園のお友達の誕生日プレゼントの一部に使った話は2013年12月17日の記事に。


こうしてみると、海外生活を始めて100均のものを買う機会が増えてます。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。


100均で購入した日本ならではの物

September 25 [Thu], 2014, 14:27

前回、子供たちと室内で遊ぶときに活躍する折り紙の話を書きましたが


こちらのダイソーのおりがみブックシリーズの本(英訳入り)。


この本を買ってから、うちの子供たちは自分たちが折ってみたいものをページをめくって探すようになりました。
手にとって見ることができるのが本の良さですよね。

そして、この本。
よく見てみると、内閣府承認NPO法人国際おりがみ協会の理事長を務められている方が監修をなさっているようで、ウェブサイトが載っていました。

国際おりがみ協会・おりがみ会館のウェブサイト
http://www.origamikaikan.co.jp

日本の100均ってレベル高いですね!



この他に、日本の100均で購入した日本ならではの物は・・・

お弁当用のグッズ
シリコーン製のばらん(はらん)です。


他にも、デコ弁用のぬき型、可愛いつまようじなどを見つけたら購入しています。
こういったものは、’お弁当文化’のある日本の方が断然充実していますよね。


お出かけ用の箸付きフォーク・スプーンセット



和風デコレーションシール



一筆箋



ポチ袋




海外に住み始めてから、帰国の度に必ず行くようになった100均。

毎度のことながら、和風の雑貨や小物、お弁当グッズの充実ぶりに驚かされます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。

100均で買った室内遊びに役立つもの

September 23 [Tue], 2014, 21:40

ここ数日体調を崩していた娘はずいぶん元気になり、幼稚園や散歩に行けないのが不満な様子。

さすがに幼稚園を休ませているのに、外出させる訳にはいかないですよねぇ。


そこで、この数日、特に活躍したのが日本の100均で買ってきたこちら。


おりがみです。



同じく100均でおりがみの本を購入。

ダイソーの商品です。

フランスでの生活では、日本の季節ごとの行事をしないままになってしまうことがあったのですが、『きせつのおりがみ』を参考にして、行事のことを簡単に説明するのにも役立ちそうです。


一枚の紙がいろいろな形に変化することが、子供たちの好奇心をそそるようです。




その他にも100均でこんな大きな折り紙を購入。


頭にかぶるサイズの兜を折るのにピッタリの大きさです。



日本の100均のおりがみ。
柄もなかなか可愛いのがあるし安いし・・・で、つい買ってしまいます。

海外の人に鶴を折ってあげると喜んでもらえたり、お友達との遊びにも使えたり・・・と、特に海外生活では役立つことが多いのです。

検索してみると、簡単に折れる折り紙サイトもたくさんありますね。

子供がとても喜んでくれるので、少しずつ覚えていきたいと思っているところです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。


《追記》
ダイソーのおりがみブックシリーズの本(英訳入り)。


内閣府承認NPO法人国際おりがみ協会の理事長を務められている方が監修をなさっているようで、ウェブサイトが載っていました。

国際おりがみ協会・おりがみ会館のウェブサイト
http://www.origamikaikan.co.jp



集団生活って大変!

September 22 [Mon], 2014, 16:03

『娘の通う幼稚園』というタイトルで、娘が機嫌よく幼稚園に通っている話を書いたのが先週の火曜日。

その翌日から急に、幼稚園に行きたがらなくなり、お見送りでもぐずり、「家にいたい!」と言い、だるそうな素振りをみせる娘。

新しい生活が始まって2週間。
クラスでも数人休んでいる子がいたので
「そろそろ疲れが出る頃なのかなぁ?」と思っていたら・・・
土曜の夜遅くに「舌が痛い!」と訴え、その後39℃の熱が。


・大量の目やに
・舌に赤い発疹と舌苔があり痛みを伴う
・38℃以上の発熱
・倦怠感

といった娘の症状をインターネット検索してみると
溶連菌感染症のうちの『猩紅熱(しょうこうねつ)』の症状と似ていて、その際に表れる『苺舌(いちごじた)』と呼ばれる症状にも当てはまる気がしたのでドキッとしました。



今日、ホームドクターのところへ連れて行ったところ
Rhinopharyngite(鼻咽頭炎)
   +
Otite(耳炎)←娘の場合は両耳が中耳炎
という診断でした。



処方された薬。

左が抗生剤。右が炎症を抑えるための薬。


そして、目やには清潔なガーゼとSérum physiologique(生理的食塩水)で拭き取ります。



溶連菌感染症だったら大変なこと。
違ってホッとしました。


今はすっかり落ち着き、よく眠っていますが、他の子にうつしたらいけないので、しばらくは幼稚園へ行けません。

幼稚園などの集団生活では、誰かが病気になると次々にうつってしまいますよね。

集団生活って大変です。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。


娘の語学習得に役立っているのは・・・

September 20 [Sat], 2014, 6:42

このブログには、子供を中心とした日々のことやヨーロッパや日本の生活情報を書いていますが、
私自身の話を中心に書いているアメブロのブログに、ここ数日、フランス語だけでなく、英会話の学習もほぼゼロからのスタートだったという話を書いています。

『22歳まで外国との接点ゼロだった私


このブログに『あしあと』をつけてくだったヤプログユーザーの方のなかには、英語の勉強のために海外で生活されている方もいらっしゃるので、こちらでも報告させていただきました。


22歳まで外国の人と一言も話したことがなかった私が、フランスで生活しているなんて・・・
それに加えて、日仏ハーフで、日・仏・英・独語の4ヶ国語が飛び交う環境にいる子供たちの子育てをしているなんて・・・
人生って不思議でおもしろい! 
そう思います。


6歳1ヶ月の息子は、週1回の言語聴覚士からのトレーニングや、週2回の学校での補習を受けながら頑張っている段階ですが。

2歳10ヶ月の娘は、夫にはフランス語、私には日本語・・・と使い分けながら、本当によくしゃべります。
そして、テレビで英語の会話が聞こえると、即座に「Anglais〜! アングレ〜!」と言い、英語にも反応します。


フランス人の夫と私が英語で会話しているので英語が分かったのかな?と思いながらも
「なぜ英語って分かったの?」と聞くと、「Peppa Pig!」と答えた娘。


Peppa Pigのことは、『フランス語レベルアップに役立つアニメ』という話で5月頃に書いた事がありますよね。

このキャラクターがPeppa Pig。

Amazon.ukで購入したPeppa Pigのぬりえやシールブックです


今でも娘はこのPeppa Pigが好き。
YoutubeでPeppa Pigのフランス語と英語版の両方を観ることがあったので、聞き分けられるようになったのかもしれません。


「アングレ〜!」と言う娘の言葉に驚いた夫が
「Can you speak English?」と英語で質問すると

ちょうど手に持っていたリンゴを見せながら
「Apple〜!」と答えてニコっと笑った娘。


好きなものの影響力、恐るべし!です。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
 ↑
ここをポチっとクリックして応援してくださると嬉しいです。