抗ガン作用を期待して飲んでいる緑茶&飲み方

January 15 [Wed], 2014, 21:37

昨日の水分補給の話の最後に
緑茶を飲んでいることを書きましたが
私は1日2杯、朝食後と昼食後に緑茶を飲んでいます。

その理由は
診察をしてもらっているフランス人のドクターのひとりから
緑茶を飲むことを薦められたこと


そして「がんに効く生活」

この本の「抗がん効果のある食物リスト」
という章の最初に緑茶が紹介されていたことから
飲むようになりました。


この本のなかでは
・緑茶に含まれるカテキンには
強力な抗酸化作用と解毒作用がある

・がん細胞に対する放射線の治療効果を高める
という実験結果もある

・・・などというような効果があることが
書かれていると同時に
以下のようなお薦めの飲み方も紹介されています。

カテキンを出すために10分くらい茶葉を蒸らし
1時間以内に飲む
(時間が経つとポリフェノールが失われてしまうため)

そして、カフェイン抜きの緑茶にも
カテキンは完全に残っていると書いてあります。


緑茶といってもいろいろな種類がありますが
カテキンを摂るなら煎茶が一番いい!
と聞いたことがあります。

でも、同じ緑茶ばかり飲むのは飽きてしまうので
私は、煎茶、抹茶、玉露、玄米茶
粉末まるごと緑茶・・・など
その時の気分で飲みたいものを選んで飲んでいます。




さて、もう一冊
緑茶を飲む上で参考にしたのが
新谷弘実医師の
「病気にならない生き方」


新谷医師は、胃の状態を
「胃相」という言葉で表現されていて

お茶をたくさん飲む習慣がある人の胃相は悪い
と書かれています。

ただ、私が注目したのは
お茶をたくさん飲む習慣がある人 というところ。

そして、
緑茶を飲む場合は食後に・・・と書かれていたところ。

きっと、’飲み過ぎ’が良くないということでしょうね。


と言う訳で
抗がん効果を期待して緑茶を飲んでいる私は
1日2杯程度、食後に飲む
ということに気をつけて飲んでいます。

以前は
食後に必ずコーヒーを飲んでいた私でしたが
今は緑茶を飲むことが習慣になっています。

ビタミンDが含まれ免疫力UPに役立つキノコ

December 15 [Sun], 2013, 22:07

このところ、ずっと曇りがちだったのですが
今日は久しぶりに太陽が顔をのぞかせ
日中の気温も5度くらいでした。

日光浴&ドライブがてら
ぶらりと訪ねた場所での一枚。


昨日の記事にビタミンDや日光浴のことを書いたばかりですが
珍しく今日は日差しを浴びることができました。



そして夕食には
ビタミンDが含まれるというキノコを食べました。


キノコは免疫力をUPしてくれ、抗がん効果もあるというので
私も積極的に摂っています。

それに加えて
マイタケは、ガンが見つかって以降
サプリメントで補給しています。




済陽高穂医師の
「ガンを消す8か条実践レシピ」にも



キノコ類には
βグルカンという不溶性食物繊維が含まれていて
このβグルカンが免疫力を高めてガンを抑制する作用がある

と書いてあり
キノコを摂ることを薦められています。


この「ガンを消す8か条実践レシピ」という本。
どういった内容かというと
『済陽式食事療法』とはどういったものか
という食事指針が書かれているのに加えて
レシピや一品に使える食材の目安、
調理アドバイスなどが載っています。

毎日、家族と自分のご飯を作る必要があるので
献立に悩んだときは
パラパラっとページをめくり、料理のアイデアを得たりしています。

キノコ料理のレシピもいくつか載っていますよ。

ビタミンDが含まれていて
抗がん作用も期待できるということですから
今後も引き続き、バランスよく食事に取り入れようと思います。

ブラックチョコレートの抗がんパワー

December 03 [Tue], 2013, 23:12

昨日の記事で
ホットチョコレートが飲めるティーサロンのことを書きながら
そういえばまだブログに書いていなかった・・・と思い出した
ブラックチョコレートがもつパワーのこと。


抗がん効果のある食べ物を選ぶ際に参考にしている本
「がんに効く生活」によると

カカオ70%以上のブラックチョコレートには
多くの抗酸化物質やポリフェノールが含まれていて
ガン細胞の成長を抑える働きがある

というのです。


そのブラックチョコレートの持つ抗がん作用を期待して
私はカカオ70%のオーガニックチョコレート(きび砂糖使用)と
カカオ100%のオーガニックチョコレートを一緒に食べています。

カカオ70%はドイツのオーガニックメーカーALNATURAのもの
カカオ100%はフランスのオーガニックメーカーMOULIN DES MOINESのもの


カカオの分量に比例して効果もアップするでしょうから
できるだけパーセンテージの高いものを食べたい
でもカカオ100%は当たり前ですが甘さがないので食べにくい!
という理由から2つを一緒に食べているのです。

これでカカオ85%のチョコレートを食べていることになります。


だったら初めからカカオ85%のチョコレートを買えば?という話ですが
いろいろなメーカーの85%以上のものを試したのですが
使用されているきび砂糖の違いなのでしょうか
それぞれに味が違いまして・・・

やっぱりこのカカオ70%味が一番私の好み、ということで
こんな変わった食べ方をしています。



子供が飲むホットチョコレート用のパウダーは
フランスのオーガニックメーカーJardin BIOのカカオ100%を使っています。


ホットチョコレート、日本でいうココアが好きな息子には
ミルクを入れて作りますが

抗がん効果を期待してカカオを摂取する場合は
ミルクを混ぜると、カカオに含まれる有効成分の力が
打ち消されてしまうそうなのでダメ
だそうです。


ブラックチョコレートの抗がん効果に関しては
こちらの本「がんに効く生活」を参考にしました。



《お知らせ》
2014年2月以降、「健康」に関する話題は、私が書いているもうひとつのブログ
『麗しく生きるために ~していること・思うこと』に書いています。
お時間があれば、ぜひアクセスしてみてください。

オーガニックの豆乳ヨーグルトを食べている理由〜続き

November 25 [Mon], 2013, 23:20

ヨーグルトというと
牛乳から作られたヨーグルトが一般的かもしれません。


しかし
ガンを克服するための食事療法で
乳製品に関して否定的な意見を目にすることが多かったので

ガンがみつかってから
乳製品を一切摂らないようにしていました。


例えば
ガンを克服するための食事療法

「星野式ゲルソン」でも
乳製品も禁止とありますし


このブログで何度も名前を出している

「がんに効く生活」でも
大量飼育された家畜類による乳製品を摂取する危険性を
数ページにわたって説明してあり

放牧され草を食べて育った家畜による乳製品にするよう
説明してあります。



この他にも
ガンに関しての本ではありませんが
新谷弘実医師の

「病気にならない生き方」でも
乳製品に関して記述がありました。

牛乳について、かなり厳しい意見が書いてある本ですので
市販の高温殺菌された加工乳を飲まれている方は
驚かれるかもしれません。





そこで私は
ガンが消えた今
放牧された牛のミルクを使ったオーガニックチーズを
ごくわずか摂ることはあるものの

基本的に、たんぱく質は
大豆製品と魚で摂ることにしているため


ヨーグルトを選ぶ際も
豆乳で作られたものを選んだわけです。




腸は「第2の脳」といわれるほど大切
ということは耳にしたことがありましたが

日本消火器病学会のサイトにも

腸はヒトの体を守っているリンパ球の60%が集まる
「ヒトの体で最大のリンパ組織、免疫組織」

免疫力をアップさせるためには腸の環境を整える必要がある

とありますので


善玉菌の入ったオーガニック豆乳ヨーグルトが
腸内環境を整え
免疫力をアップしてくれることを願って
食べているという訳です。


オーガニックの豆乳ヨーグルトを食べている理由

November 24 [Sun], 2013, 17:52

昨日の亜麻仁の記事
ワイルドブルーベリーの記事

オーガニックの豆乳ヨーグルトとまぜて食べている
ということを書きましたが

ヨーグルトを食べる事に関しては
済陽高穂医師の説を参考にしました。


私が読んだのはこの3冊。









偶然にも、1冊は姉が、もう1冊は母が読むように薦めてくれました。



さて、ヨーグルトについてですが
済陽医師は本の中で

ヨーグルトに含まれる善玉菌
(ビフィズス菌、ブルガリア菌、カゼイ菌など)が
腸内で有害物質が作られるのを抑えて腸内環境を整え
免疫力を高めてガンを抑える作用がある

と いうことから

乳酸菌を含むプレーンヨーグルトを
1日300〜500グラム摂ること


を薦められています。


私が食べているヨーグルトはこちら
ベルギーのメーカー
「Provamel」のもの。

ブルガリア菌が含まれているそうです。

オーガニック、豆乳という条件で探し
いくつかのブランドを試した結果
これをリピートしています。



※ゲルソン式の食事療法では
大豆製品も×ということですので
ここに書いたことは
あくまでも私の個人的な選択であり
すべての人に当てはまるものではないということを
付け加えさえていただきます。

オメガ3が豊富に含まれる亜麻仁とその油

November 23 [Sat], 2013, 10:15

亜麻仁油を初めて知ったのはもうずいぶん前。
末期ガンを克服した友人Oさんの家で
ご飯をご馳走してもらった時でした。
(Oさんについて書いた記事はこちら


冷蔵庫に保存しなくてはいけない油


というものがこの世に存在することを初めて知り
驚いたことを覚えています。


健康な体を作る上で
よい油を摂取することの大切さを話してくれ
参考になる冊子まで手渡してくれました。


氏家京子さんという
食生活・医学ジャーナリストのその冊子には
元気をくれる本物の油はしぼりたて野菜ジュースのようなもの
と書いてあります。


それなのに
ガンになったとわかるまで
亜麻仁油の摂ろうとしなかった私。


今考えると
私がよく行くお店のオーガニックコーナーにも売っているし
入手するのが難しかったわけでもないのに
なぜすぐに食べなかったのでしょう??
後悔してもいまさら遅いのですが・・・。



その亜麻仁油。
亜麻仁オイル とか
英語のフラックスオイル、フラックスシードオイル
というキーワードで検索しても見つかります。

フランス語では Huile de lin というようです。



我が家で使っているのは
ドイツのオーガニックブランドALNATURAのもの。


亜麻仁油の取り扱い説明は
ブランドによって違うようですが

共通しているのは
絶対に加熱しないこと

そして他に気をつけることは

封をあけたら冷蔵保存すること
(3週間以内を目安に)早めに使い切ること

空気に長時間触れたり
封をあけてしばらく経つと味も苦くなるようです。




さて、この亜麻仁油のもとになっている
亜麻仁についても少し書いてみたいと思います。


亜麻仁のもつパワーに 関して
私が抗がん作用のある食べ物選びの参考にしている本

「がんに効く生活」から引用させてもらうと

亜麻仁には、植物性の短鎖オメガ3とリグナンが豊富に含まれてる。
これらの植物エストロゲンは、がんの成長を促すホルモンの有害な働きを抑えてくれる

ということのようです。


亜麻仁も油と同様に
ドイツのオーガニックブランドALNATURAのものを使っています。



黄金色のものもありますが
私は茶色を選んでいます。




本に書いてある食べ方を参考にし
こんな感じのコーヒーミル(イワタニのミルサーのようなもの)


で砕いて粉にし
オーガニックの豆乳ヨーグルトに混ぜて食べています。

亜麻仁油は亜麻仁ほどリグナンが含まれていないということですので
両方を摂取するようにしています。

ニンニクの最も効果的といわれる食べ方

November 22 [Fri], 2013, 16:44

はみがき粉のことを書いていて思い出した
ニンニクのこと。

昔は、食べた後の臭いが気になって
あまり食べなかったニンニクですが

今は、抗がん作用を期待して
1日1片のニンニクを食べています。


ニンニクのもつ血糖値を抑える働きにより
インスリンの分泌量が減り
ガン細胞の成長が抑制される

というのです。(「がんに効く生活」参照)



以前は、ニンニクを酢漬けにして食べていたのですが
同じニンニクを食べるにも、より良い方法があると聞いてから
食べ方を変えました。


参考にしたのは
Eat and Beat Cancer
Anti-Cancer Advice from the World's Top Experts

というモントリオールのヘルスジャーナリストの
ウェブサイト(英語)です。



そのサイトによると

抗がん作用を期待するなら
ニンニクは加熱してない生ニンニクのほうがいい。

そして重要なのは

ガーリッククラッシャーでつぶし、その後
15分間おいてから食べる

ということ。


この説を知ってから
酢漬けのにんにくをそのままかじって食べるのをやめました。


今は
ガーリッククラッシャーでつぶして
15分おいた生のにんにく1片を
たっぷりの亜麻仁油と混ぜ合わせ
野菜サラダに加えたりして食べています。


ニンニクは生なら1日1片
加熱した場合でも1日2片を目安にすること
食べるぎると胃を刺激しすぎてよくない

と聞いたこともありますので
自分の体と相談しながら食べる必要があるでしょうね。


亜麻仁油については
明日、記事にしますね。

体にいい玄米とそうでない玄米

November 09 [Sat], 2013, 10:59

ガンを克服するための食事療法では
「玄米菜食」が基本ですが

この玄米
精米されていなかったらいい
という訳ではなく

「市販のほとんどの玄米は加熱乾燥されているので
死んでいて発芽しない可能性がある」

(ウィキペディアより)
とのこと。


ということは

生きている玄米は発芽する



そこで
私がいつも食べている
オーガニック(有機)玄米も
発芽するか試したことがあります。

水につけた玄米の粒すべてから
小さい芽が出ていて
ホッとしました。

健康になるために
玄米を選んで食べているのに
死んでいて発芽しないものだったら
がっかりですよね。



私が食べている有機玄米はこちら

ドイツのALNATURAの製品です。


我が家ではALNATURAのオーガニック製品をよく利用しています。
今後、少しずつ紹介していきますね。


参考までに
ALNATURAのサイト(ドイツ語)です。

毎日のワイルドブルーベリー摂取で病気を防げる?

November 08 [Fri], 2013, 9:21

11月6日付のイギリスの新聞Daily Mailのオンラインに
ワイルドブルーベリーに関するこんな記事(英語)がありました。

ワイルドブルーベリーを毎日食べることで
肥満(メタボなど)、心臓疾患、糖尿病を防げる


そして

ブルーベリーは加熱せず生で食べるとより良い・・・と。


「がんに効く生活」

この本の中でも
「ベリー類のポリフェノールが
発がん物質を除去する働きを刺激する」

とあったので

私も毎朝、ワイルドブルーベリーを
大豆ヨーグルトにまぜて食べています。


このDaily Mailオンラインの記事にもあり、
私も気をつけているのは
栽培種でなく
ワイルド(野生種)ブルーベリーということ。

有機栽培されたブルーベリーも売られていますが
あえてワイルドブルーベリーを買うようにしています。


夏、山にブルーベリー摘みに行ったこともありますが
毎日食べるにはとても足りないし
シーズンが限られているので
普段は冷凍で売られているものを利用しています。


さて、どのくらい食べるか?ですが
このDaily Mailのオンライン記事には
ボール1杯とありました。

ボールといってもカフェオレボール
日本でいうお茶碗1杯ってところだと思うのですが。

私は一日120粒〜150粒くらい
食べているようです。
(3日間数えてみました)


ちなみに、同じベリー類でも
イチゴラズベリー(フランボワーズ)
「がんに効く生活」の本の中で
汚染されやすい果物のリストに載っていたので
これらはオーガニック(有機)のものを買っています。

「ガンに効く」 という にんじんジュース

October 15 [Tue], 2013, 9:24


末期ガンを克服したOさんから
毎日実践するようにすすめられたのが

にんじんジュース

でした。


しかし
にんじんジュースといっても
パックで売られているものでも
カッター式のジューサーで作ったものでもない

生しぼりにんじんジュース』です。

この しぼる というのが重要らしく
カッター式のジューサーですと
大切な栄養分が壊れてしまうそうなのです。

Oさんが使っているジューサーは
ゼンケンという会社の「ベジフル」
(現在 「ベジフルU」というのも販売されているようですね)



と教わったのですが

同じ製品をフランスで探しましたが見つからず
電圧の違いがあるので日本から取り寄せる訳にもいかず
結局・・・

しぼる ことのできるジューサーということで
Juice presso
というジューサーを使っています。


にんじんをしぼり終えたところ
左のカップは出てきたかす。


初めの頃、スティックサイズに切ったにんじんを入れていたら、中の部品にヒビが入ったことがあり、それ以降、1p角くらいに細かく切って入れています。


日本でも同じものが売られているようですね。
私のジューサーは2012年モデルらしく
2013年モデルはこんなデザインになっているようです。




私は、オーガニック(有機)のにんじんを使用。
にんじん1sで約600ml のジュースができます。

ジューサーをスタートする前
ジュースを受けるカップにレモン1個をしぼります。
そうしないとにんじんの持っている良い成分が壊れるそうです。
詳しい説明は専門家に任せるとしましょう・・・


※『しぼるタイプ』と書いてあるジューサーでも
金属歯のカッター式のジューサーがあるので注意。

ローラーが回転して
にんじんを つぶす 仕組みになっているものが
よいそうです。



洗うのがちょっと手間ですが
慣れると5分くらい。

面倒ですが、ガンに効く!と思うと続けられます。

私は、この生しぼりにんじんジュースを
ほぼ毎日400〜500ml飲んでいます。


今あるガンを消すには
野菜ジュースを1日に1.5〜2リットル摂るべき
というドクターの説もあります。

私の場合、目に見えるガンが消えているのと
緑茶やミネラルウォーター、野菜スープも飲むので
この量にしています。

それぞれの体調と目的で
飲む量を加減する必要があるのでしょうね。



《追記》
以前はレモンを絞って加えていましたが
レモンを皮ごと摂るといいと聞いてから
レモンを皮ごと加えはじめました。
にんじんジュースにとろみがついたようになります。
皮の苦味もほとんど感じません。


《お知らせ》
2014年2月以降、「健康」に関する話題は、私のもうひとつのブログ
『麗しく生きるために ~していること・思うこと』に書いています。
お時間があれば、ぜひアクセスしてみてください。