田畑とオナガアゲハ

July 17 [Mon], 2017, 17:46
土地の急激な値上がりさえなければ、新築物件の場合は出来上がって3年目頃を皮切りに10年程度は値段が毎年落ちていき、上がることはまずないです。ただ、この下り傾向は10年目までで、11年目以降というのは売値にそれほどの変化は見られません。節税の観点からすると、自宅の買い換えや売却の税率が優遇される条件は、「所有期間10年超の居住用財産」ですから、マイホームを売却する場合、購入してから10年超過ぎたあたりは非常に好都合であるといえます。価格の下落は15年目から再び始まるからです。あまりにも家の築年数が経っていると、古さがネックになるので壊して土地だけにした方が良いのではと迷うことも多いでしょう。でも、更地にしたからといって確実に売れるとは限りません。古い家に対する考え方は近年変化しつつあり、自分好みに改装してブログにアップしている人もいますし、手頃な中古住宅を購入しリノベーション後に売る不動産会社も多く、中古だからダメというわけではありません。納得いく価格で家を売りたいと思うなら、一社に絞らず複数の仲介業者に見積り依頼を出しましょう。一括して複数の仲介業者に査定依頼を出せる中古不動産売却の一括見積りサイトがネット上には複数あります。サイトのサービスは無料ですし、複数の会社に一括で査定依頼しても、事情が変わったり金額等が不満であれば、どことも契約する必要はありませんし、比較検討のために利用してみてはいかがでしょう。家を売ったら所得税を払わなければいけないのでしょうか。それは利益がどのくらいあったかで変わります。売買価格が取得費(新築で購入した時の価格)を上回れば所得税がかかってきますし、その逆で安くしか売れなかった場合は所得税は不要です。また、売却価格が購入価格を大きく上回ったとしても、個人の所有で譲渡所得が3000万以内なら、必要書類を揃えて確定申告することで、原則として所得税は支払わなくて良いわけです。住宅を売却する際は、意外に費用がかかることに驚くかもしれません。たとえば不動産会社の媒介による売買の場合、もれなく仲介手数料が必要になります。もし家が3000万円で売れたとしたら103万円を不動産会社に支払う必要があります。また司法書士に支払う所有権移転登記等の費用、契約書や領収証に貼る印紙代、その他書類作成費など状況次第で費用がかさみます。ですから売値はこれらの経費を考えて決めたほうが良いのです。誰でもネットに接続する環境があれば、土地家屋の売却相場を手軽に調べることが可能ですから、売却時の参考にしてください。「土地総合情報システム」は、国の地価公示額を掲載しているので嘘偽りがなく、近年行われた不動産売買の地目、土地種別、住所、前面道路幅員といった膨大なデータを検索することが可能です。そこで閲覧できない最新の売り出し状況等は一般の不動産サイトを見れば詳細情報が載っていますし、年数や立地などで価格を見てみるとだいたいの相場が理解できるでしょう。居住している家を売る際も、転居して空き家にして売る際も、売主は清潔さの維持に努めなくてはなりません。いつ掃除したのだろうという状態だったり、いつか整理するつもりの不用品がそこかしこにある状態だと高くは売れませんし、内覧者もがっかりしてしまうでしょう。粗大ゴミや資源ごみは分別して処分し、リサイクルショップを利用するなどして目につく不要品は処分していくと良いでしょう。多少の出費はありますが、住まいの片付けを専門にしている会社におまかせするという方法もあります。家を売ろうにも、建ててから25年を過ぎると、購入希望者が少なくなるという状況があります。内装リフォームや外壁清掃など手を加えて、魅力的な物件に近づけることが大事です。あるいは人気の高い地域などであれば、建物を撤去して更地状態で売ると案外早く売れるようです。売れないうちに取り壊し費用を払うのに抵抗があるなら、中古戸建てとして、解体費の分だけ安い価格にして売れば、更地化して新築か、既存の建物をリフォームするか、買主が自由に選べる点が売りになります。よほど専門的な知識がない限り、一戸建てやマンションを売る時は仲介業者に市価を見積りさせ、売手が販売価格を決めたのちに媒介契約を交わします。早ければ3日、遅くても一週間とかからないでしょう。内覧やオープンハウスを経て買い手がつく時期ですが、値段にもよるのでしょうが、不動産の種類や状況等により違いが出てきます。ただ不動産取引の場合、法律の規定で売手と仲介業者の間の契約は媒介契約書の契約日を起点に3ヶ月で一旦終了するため、その期間がプロモーションの目安になるでしょう。既に完成している新築物件や中古戸建、マンションの一室などの実物を見学できるように開放しているのをオープンハウスといいます。立地や周辺環境もわかりますから、家を売る際、早く買手を見つけたかったら、オープンハウスによって内覧希望者に見てもらうと良いかもしれません。まだ居住している家だと、外泊ないし外出して家をあける必要がありますが、生活感が出ているのを売手が気にする一方で、買いたいと思う人はそこでの暮らしをイメージしやすいというメリットがあるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Saki
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/urrumnsb3ohyth/index1_0.rdf