三野とハンミョウ

January 24 [Sun], 2016, 9:21
アトピーの場合は湿度が低いことによるかゆみもありがちですから、乾燥肌の人用の入浴剤を利用したり、保水成分が十分に配合されている化粧品を使うと良いですね。その他にも、軟水を使用して洗顔したり、体を洗ったりするのも望ましいです。軟水には刺激がきつい成分があまり入っていないので、アトピーの方には適しているのです。
乾燥肌の人はとにかく保湿することが大事です。乾燥肌に対する保湿は体の外からも内からも忘れないようにしてください。体の外からという意味は、肌に直接水分補給を行って、保湿をしてあげるということです。顔を洗う時は刺激の低い洗顔料を使うか、何も使用しないでぬるま湯で軽く付いた汚れを落とすように洗顔をしてみてください。洗顔を済ませたら、すぐにお肌をケアすることを忘れないでください。
お顔を洗うとき、力を入れて洗うと乾燥肌にはたちどころに傷がつきますから、なるべく優しく洗顔するようにしてください。あわせて、化粧水は手の上にたっぷりと取り、手のひらで温かくするようにしてから肌に塗りましょう。あまり温度が体温に近づくと浸透力がぐんと高まり、より化粧水が肌に取り込まれやすくなります。
乾燥肌にお悩みの場合、化粧水を使って乾燥したお肌にたっぷりと水分補給をした後、乳液をちゃんと使い、化粧水で補給した水分をお肌に閉じ込めるようにします。また、からだの内側からも、しっかりと、水分を与えることが必要なので、約2リットル分の水を摂取するように努力してみてください。体の外側と内側から保湿と水分補給をして、肌トラブルを解消しみずみずしいお肌を目指しましょう。
人より弱い肌の場合は、敏感な肌だと一括りにする事には無理がありますが、肌にとって厳しい事が掛からず、なおかつ肌に合わせた化粧品で、ちゃんとスキンケアを続ける事が大切です。四季や肌年齢によって、肌の状態がそれぞれ違うというのも、敏感な肌の悩ましいところです。つける時のお肌の調子に合わせて、丁寧にお手入れをするようにしましょう。
敏感肌の問題は、水分が足りないために起こることが多いのですが、自分に合わない化粧水であれば、逆に悪化させてしまいます。肌の質感とマッチした低刺激の化粧品を活用して、保湿することが大切です。後、ダブル洗顔は肌に悪影響を与えますので、あまり刺激のない肌に合うクレンジングで、完璧に落とすようにしてください。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Reina
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/urnluisyalqapl/index1_0.rdf