ヤマシギがコサメビタキ

October 08 [Sun], 2017, 9:08
株式を売却したことにより、利益が出た際の税金は申告分離課税が原則なのですが、証券会社で開いた特定口座での取引の際はその人の代わりに、その度に20%の税金を源泉徴収してくれます。確定申告の手間をかけずに済む手軽な制度ですが、損失繰越などをする時には確定申告をしなければなりません。初めて株をやる人は売るタイミングを外してしまうことがあります。

誰しもが人間、欲望がありますので、「もうちょっと高値になってから」なんて思っているうちに、株価が暴落してしまいます。
利益をきちんと確定させなければ利益とはいえないことを念頭に入れて自分なりに株の売るタイミングを考えておくと上手く利益が出るタイミングになるかもしれません。賃金はなかなかアップしないのに物価を引き上げようと政府は熱心です。物価が高くなれば企業の収益もアップし、株価上昇にもなります。
銀行に眠っている余剰資金がもしあれば、株の投資を始めてみると良いです。
株の始め方はとても簡単です。

口座を証券会社に作ればよいだけなのです。現在はネット証券なんかもありますから、取引もスムーズに行えるようになっています。投資の未経験者が株を始めたいと決心したときは、なるべく安全な資産管理の方法を選択する必要があります。
最初から個別の株を売買するよりも、最初は投資信託などから運用した方がよいかもしれません。



また、少し分かってきてから実際に株式の取引を行うとよいでしょう。私は最近、株式をはじめたばかりのビギナーです。株を買い付けて、ある程度得したら、すぐに売るべきなのか、もしくは、長期的に持っていた方が収益につながるのか判断できなくて、今もって悩んでいます。

長い間、保有していると、優待が利用できるので、悩ましいポイントです。

株の初心者が初めから、難易度のある売買をするのは避けるべきです。
例えば、株では空売りして利益を得る手段があります。



空売りとは売りから始める信用取引です。

空売りであれば株価が下落した時でも利益を得られるのです。
ただ、危険性もあるため、空売りは株の売買に十分なじんでから行うべきでしょう。


ご存じだという前提ですが、株取引には現物取引と信用取引がございます。やっぱり株を始めたばかりの人には、リスクの高い信用取引は推奨できません。今手持ちの資金内で投資できる現物取引が絶対におすすめです。入金した以上に損する可能性がないんですから。

ほかにも、優待狙いで長く株を保有するのもアリだと思います。株式投資の初心者の方が、いざ決算書を読もうとしても、中の決算の情報がさっぱり理解できないことでしょう。実は、心配しなくても平気です。


投資の手段を株の短期売買に限定すれば決算書の内容とは関係なく損益をプラスにできるからです。
株の空売りを実際に行っている株式投資初心者は少ないでしょう。


とはいえ、株式投資を長期間続けていこうと検討しているのなら、使えるようにしていおいたほうが良い技術だといえます。
なぜかというと、空売りを理解するということは株を買うほうの意識だけでなく、売る側の考え、意識も考えていくようになるので、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。株式投資初心者に是非とも覚えてほしいワードにキャピタルゲイン及びインカムゲインがあります株で利益を得るにはこの二個の言葉を覚えておいてください。



キャピタルゲインは株の売買で生じる粗利益のことです。
一例としては、1万円で買った株式を2万円で売り抜ければ、1万円の利潤がキャピタルゲインになるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nana
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる