グローライトテトラとうーちゃん

May 01 [Mon], 2017, 11:03
ニキビが前髪のあたる辺りにたくさん出てしまった時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、治療をしてもらうことにしました。

医師から、薬を処方するので、塗って様子をみてくださいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。
ステロイド系の塗り薬は効果覿面ですが、弱い薬ではないので、状態が改善してきたら塗る回数を少量にしていく必要があるそうです。
私自身、ニキビ予防に効く飲み物は、耳にしたことがありません。
ただ、いえることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌荒れになる事があるので、やめておいた方が安全です。
ニキビと肌トラブルは同じではありませんが、肌のために良くない事をすると、ニキビを作る原因にも繋がることがあるのです。

お顔に出来たニキビというのは誰もが早く改善したいものです。
ニキビは早く改善するためにも、とにかく手で触れないようにするのが重要なことです。

雑菌だらけの汚れた手で無用心にも触ってしまうと、ニキビの悪化に繋がりますし、触りすぎてしまいますと肌が傷つくことになってしまいます。
妊娠してすぐの時期にはホルモンバランスの乱れが原因となってからお肌にニキビができやすくなります。さらに妊娠に伴った精神的ストレスもニキビが出来てしまう原因になります。



さりとて、抗生剤等は使用できません。ホルモンバランスを整えていけるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、体を静養させましょう。ニキビも間違いなく皮膚病の一種です。

ニキビぐらいで皮膚科を受診するのも、と少し二の足を踏みがちですが、皮膚科に通院するとすぐに治りますし、ニキビの痕跡ができることもあまりないです。

それに、自分で薬店などでニキビ治療薬を買うよりも安く済みます。



肌荒れとニキビが結びついていることも有りです。というのも、ニキビはホルモンバランスの悪化が主な原因なので、思春期に生じやすいです。

ただし、思春期をすぎても発生することがあり、その際は大人ニキビとか吹き出物と言われます。

大人ニキビの原因の一つが肌トラブルですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。私が20歳の際、背中が大変痒くなったので見てみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。

すぐに皮膚科に行きました。
すると、先生から、「多数の吹き出物をニキビと診断します。原因は食事が偏ったせいなんですが、脂もの中心の食生活になっているんじゃないですか?」と通告されてしまいました。



チョコがどの食べ物よりもニキビができやすいそうです。

ヨーグルトはニキビにとっては良くないといったことが言われていたり、逆に良いとされていますが、その手の情報の真偽は定かではございません。

実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、常日頃からバランスのとれた食事を心がけるようにすれば、ニキビ予防へと繋がると感じます。

ニキビが出来る理由は、ホルモン分泌が過剰なことなのではと言われています。だからこそ、成長期にニキビ予防に必要なことはたくさんあります。数多くあるうちの一つが、規則正しい睡眠時間です。ニキビという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20歳以上になるとニキビとは言わないななんてよく聞きます。つい先日、珍しく鼻の頭にでっかいニキビがあったので、主人に、「ニキビができちゃった」というと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、からかわれました。女性特有のニキビを起こすと考えられるひとつの原因に女性ホルモンのバランスの崩れが関係しています。この女性ホルモンのバランスは、ストレスに弱いため簡単に崩れてしまうと耳にします。

さらに、生理前はとりわけ女性ホルモンに大きな乱れを生じさせます。

生理前になるとニキビに悩む女性が多くなるのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのです。



顔にニキビが出来てしまうと気分が滅入ります。



ですが、肌の調子ってお腹の中の調子と深く関係があるらしいので、腸内の環境を良くしたら、結構きれいに消えてなくなります。快便生活を始めるためにりんごなどの食物繊維が多いものを食べて、いらないものを体外へ出していったら、ニキビもきれいに消えてしまいます。ニキビが炎症を起こしてしまうと、顔を洗う場合などにほんの少し触っただけでも痛みを感じてしまいます。ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、どんなに気になっても決して指で触ってはいけません。


触ると痛いというだけではなく、雑菌が指から入ってしまい、さらに炎症がひどくなる可能性があります。
ニキビが繰り返されるときは、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの根本的な原因を取り除いてくれるケアを大切です。

ニキビが繰り返される理由としては、乱れたホルモンバランスや悪い食習慣、合わない化粧品が肌に負担をかけているなど、原因は一概には言うことができません。



なぜニキビが繰り返されるのかをきちんと知り、その原因にあった方法でケアをしましょう。



私のニキビに備えた事前策は、どんなに眠くてもメイクは必ず落として眠ることです。

メーキャップすることにより、お肌には甚だしくダメージがあるt思うので、お肌に休む時間をあげたいのです。



メイク落としにも配慮しています。
オイルで落とすタイプや拭き取るタイプなど多種多様なものを試してきましたが、ミルクベースのメイク落としがお肌への作用がマイルドだと思いました。

ニキビをケアする洗顔料や化粧水など、ニキビケアに効果的とされている商品が薬局などのお店で販売されています。でも、品数が多いため、自分自身のニキビに合う商品を発見するのは困難を極めます。

お試しのサンプルなどがあれば試供品を利用してみて自分のスキンケア用品として合っていた場合に買うというようにするといいのではないでしょうか。ニキビを搾り出すと、膿が出ます。
さらに、潰すと芯がその中から出てきます。
これがニキビの原因となっているものですが、潰して芯を出してしまうことは決してオススメはできません。


無理矢理に潰すことになるのですから、より炎症が広がります。ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。ニキビというのは、多いに悩むことも多いと思います。
ニキビができる時というのは、たいてい思春期ですから、ものすごく気にしていた人も多いと思われます。ニキビは予防することも大事ですが、医薬品で治療することも出来ます。



薬屋に行き、薬剤師に聞いてみたりすると、自分に合う薬を教えてくれます。



後から後からできる、ニキビは潰して良いのでしょうか。実は、潰しても良い状態のニキビと潰してはダメなニキビとがあります。潰しても問題ないニキビの状態とは、肌の炎症が落ち着いてきて、ニキビの内に溜まった膿が白く盛り上がってきた状態のものです。この状態になったニキビは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、針や専用の器具等を使うなどすれば、潰してしまっても良いでしょう。ニキビは思春期にさしかかると出始める症状で、赤ちゃんには出ません。
赤ちゃんに頻繁に起きるのは、オムツかぶれなどが有名なところのかぶれでしょう。

赤ちゃんの肌は、とても敏感肌で、すぐにかぶれが起きてしまいます。ニキビとかぶれには違いがあります。
ベビーのお肌に何かトラブルが発生したらできるだけ早く医師の診察を受けてもらってください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結斗
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる