夢記録。

2007年12月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像sotta
夢の記録:潜水 (2006年12月27日)
アイコン画像恵比寿子
夢の記録:潜水 (2006年12月27日)
アイコン画像sotta
夢の記録:神話 (2006年04月18日)
アイコン画像kameno
夢の記録:神話 (2006年04月18日)
アイコン画像sotta
用賀LOVE! (2005年12月03日)
アイコン画像さわやん
用賀LOVE! (2005年12月02日)
アイコン画像sotta
たんじょうび (2005年11月25日)
アイコン画像さわやん
たんじょうび (2005年11月22日)
アイコン画像sotta
沖縄B (2005年09月18日)
Yapme!一覧
読者になる
夢の記録:デパート / 2007年12月05日(水)
夢を見た。

デパートの高層階。中央は吹き抜けになっている。
かなり頑丈な材質で構築されている。
エレベーターで何階分かを降りる。
人の気配はあまりない。
窓からは夜空がみえる。違う時間、違う空間であるような印象を受ける。

夢から覚めた。
 
   
Posted at 22:33 /  / この記事のURL
コメント(0)
夢の記録:村 / 2007年10月29日(月)
夢をみた。

村。四角い。公衆電話にハチが集まっている。道沿いで車が炎上している。
三派に分かれる民衆。その一つに属す自分。

夢から覚めた。
 
   
Posted at 23:05 /  / この記事のURL
コメント(0)
夢の記録:大雨 / 2007年07月21日(土)
夢。

雨が降っている。とてもとても長い間雨なので、外は歩けないくらい水位が上がっている。
ここは三階だけれども、もう二階まで水が来ている。
そうこう思っている間に水が床下まできてしまった。
どうしようかと思っていると水が一瞬で水が引いている状態に戻った。

Aさんに会う。とてもうれしい。

夢から覚めた。
 
   
Posted at 23:48 /  / この記事のURL
コメント(0)
夢の記録:四階建て? / 2007年07月21日(土)
夢をみた。

複数階の建物。
二階三階四階が自分の部屋。
三階にいる。湾曲しているガラス。物理的に変だがちゃんと閉じられる。
隣の建物が近い。洗濯物を干している。
四階に上がると玄関のところで隣の家の家族がいる気配を感じる。
自分は玄関のドアを修理している。

夢から覚めた。
 
   
Posted at 23:42 /  / この記事のURL
コメント(0)
夢の記録:湖 / 2007年07月09日(月)
夢。

車の助手席に鉄のパイプで組まれた物を
乗せる。大きさがギリギリ。
乗せた車で高速度道路を横切って
下り車線に入る。よく注意して入るが危ない。

高速を進んで湖に着く。
湖ではえびを養殖していて、中に入ったらえびに襲われた。
足を噛み付かれる。

夢から覚めた。
 
   
Posted at 01:06 /  / この記事のURL
コメント(0)
今日から / 2007年06月30日(土)
夢の記録。。。再開。。。
 
   
Posted at 00:50 /  / この記事のURL
コメント(0)
夢の記録:引越 / 2007年03月31日(土)
夢。

Yがいる。もう会うことも無いと思っていたので意外に思う。
Yの部屋に案内されて「明日引っ越す」と言われる。ちょっと失望する。
部屋には荷物がたくさんあるので明日引っ越すのは大変だろう。

外。開放的で緑が多い街の中。
囲いの中でPSPを分解組み立てする。

夢から覚めた。
 
   
Posted at 00:42 /  / この記事のURL
コメント(0)
夢の記録:女指揮官 / 2007年03月19日(月)
夢を見た。

自分は女になっている。軍隊のような規律の取れた隊を率いている。
海上、海中を行軍する場面で部下を失う。
あるいは、自分が直接手を下したのかもしれない。
行軍が終わり、男の指揮官(自分より階級は上)と塔のような高い場所で話をしている。
死んだ四人が塔の上から降りてくる。
壁に張り付いて四人を通す。驚愕する。男の指揮官が女の指揮官を支えている。

目が覚めた。
 
   
Posted at 23:38 /  / この記事のURL
コメント(0)
夢の記録:島の危機 / 2007年03月15日(木)
夢。

エンジン駆動の小型船舶に乗って航行中
浅瀬に乗り上げ、その島に上陸することになった。
島は大きな森と山があり、村に向かってわれわれは
歩いていった。

途中、紫色で黒い斑点の巨大ガエル(人間の子供より一回り大きい)が
群れを成して何匹も何匹も同じ方向にあるいていく。
われわれと同じ方向だ。
かえるの背中を乗り越えて、村にたどり着く。
ひとまず、公民館に落ち着くことになった。
深夜ということもあり、あまり歓迎されていないようだ。
しかし、理由はそれだけではないようだ。
第一この時間に起きているのだ。そもそもおかしい。
自動販売機で飲み物を買う。

翌朝、村人たちも移動をするようだ。
北東(北西?)の浜を目指して出立する。
カエルが目指していた方向。
われわれも同行する。島に危機が迫っているようだ。

夢から覚めた。
 
   
Posted at 23:08 /  / この記事のURL
コメント(0)
夢の記録:カラス / 2007年03月15日(木)
夢を見た。

合宿でセミナーに来ている。
夕食に階下におりる。古びた旅館。
食事。給仕のおばちゃんたち。

外にでて周りを回ると見たこともない大きいカラスがいる。
何羽かいてそのそばを通る。
夜空を見上げる。
塀の内側に戻ってくる。

夢は終わった。
 
   
Posted at 23:05 /  / この記事のURL
コメント(0)
P R
メールフォーム
タイトル

内容
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:urban-swallow
読者になる
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!