幸福な日々の中で 

2006年01月30日(月) 9時14分
私には大好きなかわいい子供がいる。

やさしい夫もいる。

ときどき集まって育児の話をする相手もいる。

遠くにいながらも心の内を話し合える親友もいる。

なのに、心にぽっかり穴があいたような寂しさをいつもかかえてる。

いつもすぐそばで笑って何でも話せる誰かの存在を必要としている。

これって贅沢なことだろうか。

私には感情をコントロールする為の何かが欠けているのだろうか。

大きな幸福に包まれながら

大きな孤独に苛まれているのもまた事実である。

心の内 

2006年01月16日(月) 7時58分
 美容院へ行くのが好き。

 日常から離れてほんの少しの間一人になれる時間。

 差し出された雑誌を一通り読み終わるとゆったりと物思いに耽る。

 すると、日頃ほとんど子供と二人きりの生活の中で
 麻痺していた感覚が呼び覚まされる。

 結婚して家も買い、可愛い子供にも恵まれ文句のつけようがない幸福な日々。

 それなのに、どこかもの足りなさを感じてる。

 一人で必死に生きてた頃を思いせつなくなる。

 日中子供と二人きりの生活は、私を深い孤独の海へ沈ませる。

 小さな小さな世界で私は生きている。

 毎日同じ風景の中、夢も生きる目標もはっきりしないまま、
 生活に追われて一日が過ぎて行く。

 何かに感動したり、誰かと心通わせたりすることなく。

 たまには違う風景が見たい。

 新しい風を胸いっぱい吸い込んで、おおきく伸びをして、おもいっきり笑いたい。

 私にもっとたくましく生きる気力と体力があれば。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:urarablog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる