近畿のみずがめ 

2007年09月01日(土) 12時00分
いよいよ九月。
夏も終わり。


でも夏らしいこと、してないじゃないか。

と、こってり部隊のえりさんの発案により、ぷちつーすることなりました。
ツーリングというより、今回カブは交通手段。
人生初のウェイクボードへごーごごー。



てわけで、京都某所AM7:15。
意外と車、いる…。最近へたれてます。

久しぶりに人と走るから、どきどきです。
頑張ります。


迷走迷走。1.5hくらいで無事到着です。
早速準備!





えりさん、準備運動しながら、琵琶湖方面を見つめる。



ボートで琵琶湖へGO!
琵琶湖ってほんまにめさ広。 海みたいです。私が行くのはいつも南の序ノ口な方だけ。
実は北側の方がもっと広いんですよな。今度行って見よう。




ポイントに着き、初心者向けレクチャーを受け、いざびくびくウェイク!


でんでんでん・・・
































立った!立ったよ!!
1本目で立てました!
足はガクガク、腕はプルプルですけど!
めっちゃ前方へのパワーを感じるんですけど!!(引っ張られてるから当たり前だわ)



何度かこれを繰り返し、まぁ体はくたくたになったんでした。
でもすごい楽しかったのです!よい経験できました。



戦え筋肉!!

もわーん 

2007年08月06日(月) 20時47分
な週末でした。

このところ家ではネットがないため、すっかりアナログ生活です。
今、エアコンもないので、我が家はアマゾンです。

先々週は淡路島、先週はフジヤマ、旅三昧でこの
アマゾンからなんとか脱出していたわけですが・・・



やべぇ、今週は特に予定がない。


アマゾンにはいたくない、そんなわけで土曜日は、ぼろぼろになった(気がする)カブをきーんと走らせ、大阪市内まででてみました。

やっぱ小さなカブで、大きい道では、プレッシャーに押しつぶされそうです。
なんてな、アホほど走ってきたくせに、いまさら言ってみる。


外はアマゾンではなかったけれど、砂漠地帯のようでした。
カブが走るとやってくる、さわやかな温風。



もわーんな土曜日。
***************************************

日曜日、ひとりでナスカ展を見た後、
待ち合わせ場所で待っていると、こってりカブの
えりお姉さんがやってきました。

カブも姉さんも、夏全開のようです。

ランチ中も
買い物中も
お茶してるときも
また買い物してるときも

二人してずーーーーーーーーっとしゃべってました。

色々な話も、全部笑いとなります。
めっちゃ楽しかった。また行きましょう。


楽しく帰った後には、またアマゾン攻撃。

そんなん、いらんぬ。

しゅばっ 

2007年06月10日(日) 16時46分
と、箱つけてみた。

なぜかというと、家に置いていても場所を取るから。

箱はやっぱり非常に便利。

でも走るとゴォゴォうるさい。

そんなわけで、ちょびっとだけ場所をとっている
パーツなどの一掃中。

とりあえず、ベトキャリの貰い手を確保。

カフェカブ京都2007 

2007年05月20日(日) 21時54分
カフェカブ京都のお手伝いをしてきました。

今回はお昼までしか参加できなかったので、正午までの受付のお手伝いです。
朝から会場に集まって、お久しぶりの方々にお会いしました!
なんだか自然と、にこにこしてしまいます。

まぁた写真をまったく撮っていなかったのですが、翔君にいただきました。
ありがとう翔君!!




バトラックすー 

2006年08月18日(金) 18時37分
いつものように、跨って、センスタからぼよーん、
となるはずが、ずしっ、ときた。


のろのろバックさせようと動かすと、お、おも・・・
いつもこんな重かったっけ?カブってよ・・・



みると、後輪がぺっちゃんこに。


6月にメンテをしていただいてたのですが、
先日、後輪の空気がえらく抜けていたため、
近所のバイク屋に持っていったのです。

目立った外傷ないので、様子をみましょう〜




様子みすぎちったよ。
もうずりずりですよ後輪。


「スリップサイン、でてるよ」
とも言われましたので、新ばとちゃんに交換しなくては。

お疲れ旧ばとちゃん。
色々頑張ってくれたね、四角く減ってね。

君の能力を活かせないライダーですまんっす。

2005年 

2005年12月31日(土) 10時02分
2005年は1クールごとに自走しました。



アホだと思います。



走る目的は人それぞれだと思いますが、
何かイベントがあったり、待っている人や応援してくれる人がいたりすると、頑張れるものです。
なんとか全部完走。

もう長距離を自走することはないと思いますが、この非日常的な感覚を味わえたのは、
とてもいい思い出になりました。


*********************************

ノーマルハンドルのメーターです。11989。
ハンドルを変えてからの方が走行距離多い。
おそらくまだまだこのカブは走れるわけです。調子もよいよい。

大事にしなくては。

*********************************

5月に花背へ走りに行った翌日。
ライトステーがぽっきり折れて、ライトが怖い感じになっちゃいました。

しばらくして貼っていたステッカーを剥がすと、塗装までべろーん。 
まったくついてない。


  

*********************************
8月。
マフラーを換えました。
静かになると思ったら、うるさくなってしまいました・・・。

そして、初の茂木自走。
どこまでもいけるような気がしたものです。だらだら走って。
たぶん脳みそとけてたんだよな。

帰りは静岡の友達のところへ。今思えば、これが富士登山への始まり。


9月。
こってり恵理姉さんと大台ケ原。
下山のときのあのトークは、わすれられません。

小栗商店さんのツーリングで、福井県までそば打ちツーリング。
スパルタンレクチャー。
おばちゃんは最強。


11月。
カフェカブ。はじめての追いかけっこ自走。
仲間がいると、結構心強いのですよ。





きっときっと、人生で一番カブに乗った一年間。

大台ケ原ツーリング7 

2005年09月18日(日) 14時22分
温泉に入ってから帰る予定だったのですが、真っ暗なので見落としてしまいました。
道の駅で休憩時に、帰り道に銭湯を見付け次第、直行ということになり…




銭湯…銭湯…。


みつけた先は…





♪奈良健康ラーンド♪ 1000円キャンペーン中でした。 さすが健康ランド。充実施設です。



  
様々なお風呂を楽しんだ後は、晩ごはん+デザートで。うどんばっかり…




健康ランドでのんびり休憩、さっぱりしたあとは、R24を一気に走ります。 1hと少しで自宅に到着です。


----------------------------------------------


大台ケ原、ずっと行きたかったので、今回機会を作ってくれた
恵理さんに感謝しています。走りも楽しめ、充実の時間でした。

大自然を目の前に、自分の小ささを感じました。
登山が苦手な方でも、らくらくコースならのんびりと大蛇ーに行くことが出来ます。

すごく楽しかったです!!

恵理さん、お疲れさまでした。ありがとう。


往路 R1-R168-R25-R24-R169-R40(大台ケ原ドライブウェイ)
復路 R40-R169-R24-R307-R1

走行距離→241km(恵理さん→+約45km)

大台ケ原ツーリング6 

2005年09月18日(日) 12時56分

見るからに危険そうなキノコ。


 
日も傾いてきた中、立ち枯れの木は、なんだか寂しさを漂わせていました。


 
(左)野生の鹿たち。 (右)見張り番の初代天皇・神武(じんむ)天皇像。




駐車場に戻ると17:30頃。
楽しかった大台ケ原。そろそろ帰路へ。

夕日が見えそうでしたが、さっきまで見えていた青空が
雲に覆われ、霧も発生してきました。

気温もぐっと下がります。合羽の上下を着込んで、
暗くなってきた山道を必死で駆け抜けました。

7へつづく。

大台ケ原ツーリング5 

2005年09月18日(日) 12時32分
 
(左)風を感じる恵理さん。 (右)自分の小ささを感じる私。

 
大蛇ーの眺め。 山頂を流れる空気が澄んでいて、なんとも言えない清々しさです。収まりきらない景色。




少し晴れてきました。

何度も岩の上を行き来し(恵理さんが)写真を撮ります。
私はほとんど中腰でした。
先端から戻ってくる時だけ、異常に早かったです。



記念に撮影。持つところはしっかり確保。


6につづく。

大台ケ原ツーリング4 

2005年09月18日(日) 12時25分
しかし、ここからが大変でした。石の階段だった道は、険しい岩の道へと…。

すれ違う人との挨拶も、途切れ途切れです。


大変そうです。 よじのぼる感じ。




下山してくるお姉さんやカップルに、
「あとどれくらいですか?」
ぜぇぜぇ言いながら尋ねます。





しかし、ついにゴールが見えてきました。

 
この先に大蛇ーが…!?










そして登る事 約1.5H…。


ぎえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ 









巨大な岩石の先には…




鎖の柵だけ。





足が震えます。
しまった、磨り減ったスニーカーで来るんじゃなかったーーァ

中腰で鎖の方へ進みます。三連休ですが、幸い人は少ないようです。
姉さんは「怖いけどー」と言いながらもひょいひょいと岩壁先端へ。



先端からの景色。


5につづく。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:あじ
読者になる
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる