秘書は○○がお好き?・7

2011年02月04日(金) 1時00分
秘書は○○がお好き


透明「いらっしゃい お待ちしてましたよ

久留米「いやいやいやいや さすが先生ですな〜

    私が来るとわかってらっしゃったんですね

透明「くすっ久留米さんならこうすると思って

   ましたから

   取り敢ず、中にどうぞ宇田さんも待って

   ますよ


私は久留米さんを鑑定の部屋に入れ

席に座り直す



宇田「・・・せ、先生

久留米「ニヤリッ


久留米さんは、宇田さんを見るなり不適に微笑む


透明「・・・・・・(ふ〜ん・・・お酒をのんでいない)」


・・・このタヌキジジイ 最初から・・・。


久留米「先生うちの宇田が何か失礼を働かなかった

    ですか

透明「くすっ 大丈夫ですよ

宇田「

久留米「宇田お前はもういいぞ

    外に車を待たせているから

    そこで待っていなさい

宇田「は、はい


宇田さんは私に向かって深々と頭をさげ

外に出ていった・・・。


透明「久留米さん

久留米「あはははははっ

透明「まったく

久留米「さすが先生ですな〜

    あの堅物の宇田があんなに素直になるなんて

透明「最初からそのつもりだったんでしょ

   だまし討ちは高くつきますよ

久留米「あははははっ 失礼失礼

    でも、なかなか今の若いモンを育てるのは

    難儀なもんで

    ちょっと隙を見せればろくなことを考えない

    昔の人間からすると厄介極まりないもんです

透明「やれやれ まあ、今回はいいですけど

   次からはちゃんと言って下さいよ

   ・・・でも、久留米さん宇田さんのこと

   高く買っているんですね

久留米「まあ、私もいつ引退になるかわからんですから

    ちゃんと後世を任せられる人材を育てなければ

    いかんのですよ

    宇田は、自分が考えているよりも優秀な人間です

    なるべく今から甘さを捨てさせ、大切なものを

    理解させなければいけませんから

    政治家だけじゃなく、どんな商売でも

    人と人の繋がりは大切にしないと

    いけませんからね〜


透明「なるほど・・・ところで御札はどうします

久留米「そりゃ〜頂けるなら

    先生の御札は超弩級に効きますからな〜

透明「まったく、都合がいいんだから

   (まあでも、久留米さんのような政治家さんは

   この国には必要だからな〜)」


私は久留米さんの状況を視て御札を一枚書く・・・。

久留米は嬉しそうに御札をしまい、深々と頭を下げ

意気揚々と帰っていった



久留米さんは全てを見通して宇田さんを

私のところに連れてきたというワケだ

・・・何だか使われた気分

でもまあ、政治家さんといっても、まだあの様な政治家さんがいるうちは、

この国もまだまだすてたもんじゃないのかもしれないな〜

な〜んて想う透明なのでした






                  完     
      
   

おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします




秘書は○○がお好き?・6

2011年02月02日(水) 1時00分
秘書は○○がお好き



透明「私が神様や仏様にお渡し出来るものなんて

   限られてしまいますが あえて言うなら

   この世で積んだ徳生命力である気ですかね

宇田「徳 気

透明「そうですね〜じゃあ、先ず徳からお話しましょう


私は、宇田さんに徳の話をする・・・。

皆さんには一度お話したことがあると想いますので

忘れちゃったという人は、以下の過去記事を読み返して

みてくださいね〜

業と徳の基本的な説明は子の魂のゆくえ・5

もっと深く知りたい方はくれ くれ ガ〜ルるるるる〜っ!



宇田「・・・そんな大切なものを・・・

透明「まあ、生きていれば徳積みはいくらでも

   出来ますから


   次に気ですが、簡単にいうと身体を動かしている

   エネルギーみたいなものですかね

   本来、気というものは、その日に必要な分だけ

   身体から発生するもの
なんですけど、

   この発生をうながしているものが生命力と

   言われているモノ つまり寿命です

宇田「

透明「まあ、私もバカじゃないので、滅多なことでは

   寿命まではつかいませんが 時としてどうしても

   つかわなければ出来ないこともあるので、

   余程の時しか使いませんけどね

宇田「そ、そんな

透明「まあ、大体がその日一日で使える気の量で

   何とかなりますから、安心してください

宇田「・・・でも、それって凄く疲れるんじゃ・・・

透明「そうですね〜 通常でしたら

   御札一枚書くのに必要な気の量は、

   皆さんが、500メートルを全力疾走するくらい

   のエネルギーが消費されるかな

宇田「そ、それって、疲れないんですか

透明「疲れますよまあ、慣れてるし普段から

   鍛えてますから 皆さんのようには

   疲れを感じないかもしれないけどね

宇田「・・・

透明「気は徳と違って渡し方がちょっと違うんです

宇田「

透明「気を御札に乗せる時、大切なのは気を念として

   乗せなければ御札に力を注げないんです

宇田「念ですか

透明「そう 念は、想い要するに強い気持ちです

宇田「

透明「さっき、宇田さんにキツく言ったけど、

   あれは本当のことなんですよ

   気持ちが乗らなければ、御札は書けない

   書きたくない気持ちでは、御札を書くことは

   出来ないんです


宇田「・・・すみませんでした・・・そんなこととは

   知らずに、失礼なことを・・・

透明「大丈夫ですもう忘れましたから

宇田「ありがとうございます・・・

透明「宇田さん私が、御札を書くとき大切にして

   いるのは、気持ちなんです


   お金でも菓子折でも無い

   その人を助けてあげたいかどうか

   ただ、それだけなんです

   だから、どんなにエライ人でも、私が助けたい

   と想えなければ、御札を書くことは出来ない

   実際に、毎年御札を求めて色々な人が

   私のところに来てくれますが、御札をお渡し

   出来る人は限られてしまっています


   職務怠慢のようですけど、本当にお帰り願う

   方も多いんですよ

宇田「そ、そうなんですか

透明「くすっ 偉そうでしょ

   でも、本当はそういう理由があって

   書けないんです

宇田「・・・納得しました

   今までの非礼お許しください・・・

透明「いえいえ本当にもう忘れちゃったから

   ただ、ひとつだけ

   今の宇田さんは、あまり良い道を進んでない

   ように思えるんです


   神様や仏様の話と同じ

   人は使うために存在しているわけではなく

   人と人が手を取り合って初めて力になる

   ものです

   お互いを尊重し、尊敬し、敬う気持ちが

   本当の意味で貴方を助けてくれる力となる

   ことを、しっかりと心に刻んでください


   秘書になってからの貴方は、自分だけを

   重んじすぎて、大切なことを忘れてしまっている

   自分が好きなのは良いですが、

   それと同じだけ相手を敬って生きてみてください

   必ず助けてくれる人が集まってきてくれますよ

宇田「はい ありがとうございます

   肝に銘じます

   今日、先生と話せて良かったです



カラン カラン



透明「おっ ナイスタイミング

   宇田さん 久留米さんが来ましたよ

宇田「えっ





次回

鑑定ファイル43 ファイナルで〜す




              続く・・・。





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

   

秘書は○○がお好き?・5

2011年01月31日(月) 1時00分
秘書は○○がお好き



透明「さて、御札は懇願書とさっき言いましたが、

   宇田さんが人から一方的に何かを頼まれた場合

   宇田さんはどう思いますか

宇田「えっ・・・まあ、頼まれた人にもよりますが

   ・・・少し、面倒かと・・・

透明「そうですよね人によっては、お願い事ばかり

   してくる人もいます

   そうなると、何だか嫌になっちゃいますよね

   じゃあ、逆に自分がお願いする方だとして、

   何度もお願いするときはどうやってお願い

   しに行きますか

宇田「・・・やっぱり、菓子折をもってお願いしに

   行きます・・・。」

透明「そうですねそれがある意味最低限の

   礼儀だったりもします

   例えば、神様や仏様にお願いするとき

   日本ではお賽銭をします

   このお賽銭は、神様や仏様からすれば

   何の価値も無いものです

   でも、そのお賽銭で得たお金を神様や仏様に

   お供えする供物を用意する資金とすれば

   神様や仏様も悪い気はしません

宇田「な、なるほど

透明「神社さんやお寺さんがお賽銭を頂いたり

   お布施を頂いたりするのは、要するに

   神様や仏様の供物を用意するためのもの

   考えられていて、神様や仏様にお力を

   お借りする為の最低限の礼儀とされて

   いるわけです

宇田「やはり、神や仏も供物をもらうと嬉しい

   ものなんですか

透明「供物自体はどうでしょう

   でも、そこにはもっと大切なもの

   入っていて、神様や仏様はそれが

   嬉しいんだと思いますよ

宇田「もっと大切なもの

透明「それはね気持ちです

   神様や仏様にも感情があります

   自分を敬い、大切にしてくれる者

   自分が痛いと思うようなモノを差し出してでも

   神様や仏様を敬い頼る、せつなる気持ち


   そういう心こそ尊いもので、神様や仏様の

   お心を動かすことに通じるものなんです

宇田「気持ち・・・。」

透明「人間も神様も仏様も皆同じなんです

   助けてあげたいと想えるだけの気持ちを

   その人がもっているのか


   ただ、使えるから頼れば良いという

   自己都合以外の何ものでもない考えでは

   人も神も仏も動きません

   自分がその方を普段から大切にし、敬い、

   尊ぶことが出来なければ、助けてはもらえない

   ものなんですよ

   それは、人と人との関係と同じです

   大切なことは、神様や仏様を大切な人と

   同じように敬い、尊敬し、仲良くなれるような

   付き合いかたをして行くことです


宇田「・・・今からでも、出来るでしょうか・・・

透明「もちろんです

宇田「・・・先生ひとつ質問させて頂いても

透明「なんでしょう

宇田「それは、御札にも言えることなんでしょうか

透明「さすがですねその通りです

   御札の場合、神社さんやお寺さんで扱っているものは

   供物を用意して、御札にお力を注ぎ込んでいただける

   ように、お願いをします

   先ほど言ったように、これが出来るのは、普段から

   神様や仏様を敬い、尊敬し、お世話をしている

   神主さんやお坊さんだからこそ、神様や仏様の

   心を動かすことが出来るんだと想います

宇田「・・・先生の場合は、どうなんですか

透明「もちろん神主さんやお坊さんのようには

   いかないです

   もちろん、私も普段から神様や仏様を

   敬い、尊敬して仲良くさせていただいて

   いますけど、それだけでは皆さんの要望の

   御札を書くには足りないです


宇田「・・・そういう場合、先生はどうされるんですか

透明「私が御札を書くときには、それに見合うものを

   ちゃんとお渡しさせてもらっています

宇田「見合うモノ




私が御札を書くときに渡しているものとは

次回も、もう少し御札についてお話します





            続く・・・。

   

   
   
おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


   

秘書は○○がお好き?・4

2011年01月29日(土) 1時00分
秘書は○○がお好き



宇田さんが、泣きそうな顔をして

下を向いている・・・

やれやれちょっとお灸が過ぎたかな



透明「宇田さん

宇田「は、はい

透明「久留米さんに電話してください

宇田「えっあっ ご、ごめんなさい

   それだけは・・・ご勘弁を



ありゃりゃ、本当にやり過ぎたかも



透明「違います 貴方がどういう生き方を

   しようと、久留米さんに告げ口する気

   なんてないですから

宇田「えっ

透明「今は、久留米さんの御札の方が先でしょ

   だから、久留米さんに確認したいことが

   あるだけです

宇田「は、はい す、す、すみませんでした・・・


宇田さんは、びくびくしながらも電話をかけ始める


宇田「あっ せ、先生ですか

   う、宇田でございます あ、あの〜、

   透明先生様がお話があると・・・。」



いそいそと電話を渡してくる宇田さん

な、なんだか、子犬みたいにウルウルしてる




透明「どうも 透明です

   すみませんね〜 忙しい時に

久留米「いやいやいやいや

    先生、本当に申し訳ない

    出来ればお伺いして直接お願いに上がらなければ

    いけないのに、代理をつかわしてしまって

透明「いえいえ 仕方ないですよ

   ところで、御札の件は聞きましたけど、

   どんなモノを用意すればいいのか

   わからなくて久留米さんにうかがおうと

   思いまして

久留米「あっ そ、そうですよね

    こりゃ〜失礼しました

    え〜っと、前と同じように、その

    ひとつお願い出来ればと・・・。」

透明「ああ〜っ前の御札と同じものでいいんですね

久留米「あっは、はい

    何卒ひとつ、宜しくお願いいたします

透明「まあ、状況が前と同じなら効力はちゃんと

   出ると思いますから

久留米「えっ え〜と・・・。

    状況が違ったら・・・

透明「まあ、御札はその方向の力しか出ないので

久留米「あっそ、そうですよね・・・

透明「久留米さんお仲間が座敷で久留米さんを

   探しているようですよ

   早く行ってあげてください

久留米「えっあっはい・・・



電話を切る私・・・

さてと、30分くらいかな




宇田「・・・・・・。」

透明「宇田さん

宇田「は、はい

透明「多分、30分くらい時間あるので、

   少しお話でもしましょうか

宇田「・・・30分

透明「うん

宇田「

透明「宇田さんは、御札って何か知ってる

宇田「御札ですか

   ・・・あ、あの〜、紙に文字が入っている

透明「もともと御札って言うのは、

   ある特定の場所、特定の対象に対して

   力を借りる為にその特定者がわかる文字を

   したためるモノなんです


   まあ、簡単に言えば懇願書みたいなモノですね

宇田「懇願書

透明「そうです御札を書き、懇願する特定の条件を

   したため、特定者にお力を借りるという

   わかりやすい方法です

宇田「・・・・力は誰に借りるのですか

透明「くすっ宇田さんは信じてないかもしれませんけど

   いわゆる、神様や仏様、特殊なものだと

   自然の力や精霊などからも力を借りる

   こともあります

宇田「・・・神・・・仏・・・。」

透明「信じられませんか

宇田「ほ、本当に存在するんですか

透明「私は宗教家でもなんでもないですけど、

   嘘は嫌いです

   なんと思われようと、存在しているものには

   嘘をついても仕方がないですからね


宇田「・・・そ、そうですか・・・。」

透明「もう少し、御札についてお話しましょうか

宇田「お、お願いします



くすっ 宇田さんの好奇心が芽を出して来た

次回、御札についてお話します






           続く・・・。



   


おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

秘書は○○がお好き?・3

2011年01月27日(木) 1時00分
秘書は○○がお好き



透明「御札

宇田「はい 一枚書いて頂けませんかね

透明「・・・御札と言っても、どんなモノを

宇田「どんな

透明「ええ御札にも種類があって、何に対しての

   ものかによって書き方が違うものなんです

宇田「・・・・・。」


宇田さん、そこまで聞いてこなかったみたいだな


宇田「・・・と、とにかく、先生にあった

   御札を書いてください

透明「久留米さんにあった

宇田「・・・貴方もわからない人ですね〜

   私は時間がないんです

   早く適当なものを書いてください


むっ


透明「適当なものと言われましても

宇田「はぁ〜 とにかく、いくらでも払いますから

   一番高いものを書いて渡してください

   久留米もお金には糸目をつけないと

   言っていましたから


カッチーン


透明「書きません

宇田「は〜ぁ

透明「書きたくないので書けません

宇田「な、何を子供みたいなことを言っているんだ

   貴方もそれで飯を食っているでしょ

   大体・・・・くどくど・・・・。」


木人図アクセス

宇田さんの木人図をハッキング


宇田「くどくど・・・・あっなるほど

   そういうことですか

透明「

宇田「それならそうと、ハッキリ言えばいいじゃないですか

   それで、いくら欲しいんですか

透明「

宇田「私を困らせて、なるべく値をつり上げたいんでしょ

   久留米もいくらでも支払うと言ってますから、

   いくら欲しいか、言ってください

   100万ですか200万ですか


ぶちぶちっ


宇田「貴方も、良い商売ですよね〜

   効くのか効かないのかわからないような

   紙切れ一枚で、そうとう儲けているのでしょう

   とにかく、一番高くて一番効きそうなもの

   用意してください

透明「・・・おい

宇田「

透明「さっきから聞いてれば、言いたい放題いいやがって

   お前、何様だ


魂に響くように、言葉に言霊を乗せる・・・。


宇田「

透明「私の目は、あんたの心の奥底まで見通せる

   あんた、久留米さんを使ってのし上がりたいんだろ

   末は政界に入って久留米さんに取って代わるつもり

   だろうよ

   その為に、久留米さんと敵対関係にある人にまで

   裏で取り入って、ご苦労なことだね

宇田「な、なんで・・・

透明「あんたの考えなんてお見通しだって言っただろ

   占い師風情に頼っている久留米さんをバカにして

   占い師なんて、世間的に認められない商売だと

   バカにして
自分以外は所詮バカばかりだと

   考えていることも、重々わかってるんだよ

宇田「



宇田さんが、心の底から震え上がっている

さ〜て、



透明「あんたの生き方終わってるよ

   私を敵に回したいみたいだからね

   私が何故久留米さんのような大物政治家に

   頼られているのか

   考えないあんたの方がどうかと思うがね

宇田「ひっ



あ〜スッキリした〜

でも、ちょっと、やり過ぎたかな

まあ、これで少しは懲りただろう

     
      
   
次回、優しい透明先生にもどりま〜す




         

           続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

   

秘書は○○がお好き?・2

2011年01月25日(火) 1時00分
秘書は○○がお好き



透明「宇田さん、何か飲み物でも入れましょうか

宇田「結構です


げっ 断わられちゃった

な、何だか・・・感情が無い人だな〜

・・・変な緊張感・・・


透明「宇田さんは、久留米さんの秘書になられて

   どれくらい何ですか

宇田「・・・それは、何かに関係するのですか

透明「い、いや 何というか、ただの興味で・・・

   すみません

宇田「私は、3年前から先生の秘書を務めさせて

   頂いております


・・・結局答えるのね・・・


透明「そ、そうですか政治家さんの秘書さんと

   なると、お仕事大変でしょうね

宇田「いいえ、特には

透明「・・・・・・


話が広がらんだろ〜〜〜っ


宇田「ところで

透明「はい

宇田「私のことは良いので、本題に入らせて

   頂いても宜しいですか

透明「あっ はいはい久留米さんが

   何かお願いがあるって・・・」

宇田「チッ

透明「


い、今 凄く小さいけど、チッって言ったよね〜

えっえっなぜなぜ

宇田さんは、何だか不機嫌そうな顔をしている・・・。


透明「あっその前に、少し時間頂いてもいいですか

宇田「はい

透明「私、一日中仕事して終わったばかりなので

   少しノドが乾いていて

   すぐ戻りますので、少々お待ちください

宇田「・・・・・。」


私は、部屋から出て、宇田さんの様子を探る・・・。

まあ、心当たりはあるけど、ご機嫌斜めの理由を

知っておかないとやりにくくてしょうがない


私は外から宇田さんの心の流れを読み取ってみた・・・。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・なるほどね

まあ、そんなモンだとは思ってたけど、

やれやれ



透明「お待たせしてしまって、すみません

宇田「いえ

透明「それでは、久留米先生のご要望を

   お聞きして宜しいでしょうか

宇田「 は、はい


宇田さんが惚けている


くすっ まあ、こんなモンでしょう

宇田さんは、プライドの塊みたいな人で

基本的には占い師なんてモンは信用していない

そんなワケわからん輩に、自分の支持している

先生をさんづけで呼ばれることすら腹立たしい

のでしょう

まあ、ここは冷静に


透明「・・・・・・。」

宇田「あっ 失礼しました オホン

   単刀直入に申し上げますが

   久留米からの要望で、是非先生の

   御札を頂きたいとのことです

透明「御札




やれやれ・・・何となくそんな感じかとは

想ってたけど



次回

透明、少し荒れます




     
             続く・・・。
   





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

   

秘書は○○がお好き?

2011年01月23日(日) 1時00分
秘書は○○がお好き


プルルルルルッ

       プルルルルルッ

ガチャッ


透明「もしも〜し透明で〜す

久留米「おお〜っ先生ですか

    久留米 哲治(くるめ てつじ)でございます(仮名)」

透明「どうも 久留米さん元気ですか

久留米「いや〜っ御陰様で忙しくしていますよ〜

    わっははははっ

透明「・・・ところで今日は

久留米「いや〜今日は折り入って先生に

    お願いがございまして〜

透明「お願い

久留米「先生本日は、お時間ございますか

透明「えっ今日・・・う〜ん・・・あいにく今日は・・・

久留米「いやいやいや 突然で申し訳ない

    流石先生ご多忙ですな〜

    それでは明日は

透明「(やれやれ、強引だな〜)

   明日ですか〜・・・う〜ん・・・

   仕事終わりの時間なら良いですけど

久留米「おお〜それじゃ〜、その時間にお伺い

    させてもらいます

    宜しくお願いします

透明「あっ はい


ガチャプーップーッ・・・」


はやっ 用件言わずに切っちゃった


久留米さんは、いわゆる政治家さんです

前回の選挙でもトップ当選された人気者のようなのですが、

なかなかどうして、あまり人の話を聞かないところがタマニキズ

職業柄押しの強いタイプの人

私的にはちょっとやりずらいタイプかな

まあ、悪い人ではないのだけど・・・。

でも、あらたまってお願いって何だろう

・・・・・・なんか、嫌な予感





翌日・・・PM9:00


カラン カラン


おっ 来た来た


透明「久留米さん こんに

   ・・・(だれ)」

目の前にいたのは、久留米さんではなく

妙にキチッとした目のキツイ男性だった・・・。


宇田「はじめまして 私、久留米の秘書をしております、

   宇田 恭兵(うだ きょうへい)と申します


・・・ウザ

彼が名刺を差し出してくる

・・・あっ 宇田さんねそりゃそうか


透明「ところで久留米さんは

宇田「あいにく本日は急な会合がございまして

   私が代わりにお伺いさせて頂きました

透明「・・・(料亭ね)

   ま、まあ、取り敢ず中にどうぞ

宇田「失礼いたします



鑑定ファイル43

久留米さん代理 宇田恭兵さん

42歳・男性・秘書




さてさて、何だか嫌な予感がしますが

鑑定ファイル43スタートです




           続く・・・。





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

   
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
月 別☆アーカイブ