ミケ-tak-の心の中身 ポジティブなときもあれば鬱なときもある そんなミケの本気の言葉を集めてみました

2007年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uramike
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
さいころ / 2007年05月01日(火)
人生ってさいころを振る連続ってどっかで行ってたね

さいころだから
いろんな目が出る
3・4ばっかの時もあれば
6が続くことも
もちろん1が続くことも

さいころの目を無視することもできる
でもそれは3・4の人生
機会を逃し
辛いことから目を背け
まぁでもそれもひとつの人生

運ってのは意地悪なもんで
1と6が同時に出ることがある
6の目を掴み続けるには
1から逃げることは許されない
ピンチはチャンスってよく言うよね
試練を乗り越えないと
幸せは掴み取れない


うちは思う
さいころの目って変えられるって
1の裏は6
2の裏は5
3の裏は4

1と言う困難は6という幸福に変わる
変えられるって言ったほうが正しいかな?
乗り越えるだけじゃない
ひっくり返すんだ

ピンゾロも6のゾロに変わる
1の嵐だって6に
123だって456に
それが実際できるかどうかは場合によるけど
できないことは、ない



-B'z スイマーよ!!より-

終わることのない悲しみを喜びに
全ての失敗を成功に
あふれこぼれる嘆きを唄声に
魔法じゃない じゃないけどできるよ
 
   
Posted at 10:21 / 未来志向 / この記事のURL
コメント(0)
はちおーじ / 2007年04月23日(月)
久々にはちおーじ行ってきた
待ち合わせついでにほんっと久々にとーます寄ってみた
実に二年ぶり
パパと砂川さんしかいなかったけどまぁ日曜だし。

いきなりこんにちは叫んだら相当驚いてた
久々の挨拶、懐かしかった
またすぐ明日授業入れよっか言われた(ノ∀`*)
そんな砂川さんのノリ変わってなかったね

ホンの少し話して
「さようなら!」
言ってなんかすごいすっきりした

二年前辞めた時はなんか逃げるみたいだったし
ちゃんとした挨拶もしてなかったしね
ずっとうしろめたい感じあったし
あの頃はなんかいっぱいいっぱいだったし
あれから八王子行きづらくなって実際全然行かなかったし
昨日行ったのもホント偶然
でも自然と足が向かってた

「サヨウナラ」
やっと二年前の自分にサヨナラできた
やっとケジメつけられた
もう逃げない

逃げてた二年間も副校長の言葉は胸の中に残ってた
今もっともっと偉くなってるみたいだけどうちの中じゃずっと副校長
副校長でずっと覚えてたから名前忘れちゃった
ごめんなさい副校長
でもあの人にはホントいろいろ教わった
期待に応えられないですいませんでした
そして
「ありがとうございました」



そしてうちは先に進む
止まっていた針が動きだす
前もこんなこと言ってたな
大学三年間でいろんなもの止まりすぎ
でも少しづつでいいじゃん
ひとつひとつレンジでチンで解凍してけばね

新しい自分
新しい世界

今日研究室入ったらめっちゃでかい声で挨拶してみよっかな

「コンニチハ」
 
   
Posted at 09:01 / 未来志向 / この記事のURL
コメント(0)
風 / 2007年03月30日(金)
窓を開ける
夜の冷たい風を全身に感じる
耳を澄ます
遠くのほうでバイクが走っている

火をつける
ゆっくりと吸い込む
肺をみたす
吐き出す

空を見上げる
星は見えない
目をつぶる
虫の声がかすかに聞こえる

なぜか目の奥がジンと熱くなる
それを追い払うかのように頭を振る
目を開ける
街灯がチカチカと点滅するのが目に障る

ベランダへと一歩踏み出す
足元がきしむ
もう一度大きく吸い、吐く
風が髪をなでる

また目を閉じ耳を澄ませてみる
もう何も聞こえない
しばらく待ってみる
何も聞こえない

涙が一筋こぼれ落ちる
不意に崩れ落ちそうになる
頬をぬぐう
頬が緩む

大きく吸い込む
火を消す
部屋へと戻る

窓が
閉まる
 
   
Posted at 08:49 / 詩? / この記事のURL
コメント(0)
ふぉおお / 2007年01月28日(日)
なんか久々の日記

相変わらず小さなことで凹んでる日々が続いてまふ

頭ではわかってるのに何もできなくて
結局毎日毎週毎月同じことの繰り返しで
そんな自分がふがいなくて
嫌で嫌でたまらなくて
切なくて

こんな苦しい世界なんてなくなっちゃえばいいのに

でもミケは生きるんだよ
生きることだけは決めたから
うちは死ぬまで生きるんだから
ぐるぐるしながら生きるんだから


昨日今日は久々にあいつらと会ってなごんだよ
記憶がない気もするけどきにしない
頭の中の消ゴムだよね

楽しいことだけやってたい
いつまでもこのまま時が過ぎないで欲しい

いつまでも
このまま
 
   
Posted at 19:20 /  / この記事のURL
コメント(0)
ばーか / 2007年01月10日(水)
死ねばいいのに

生きればいいのに
 
   
Posted at 09:18 /  / この記事のURL
コメント(0)
はてさて / 2006年12月21日(木)
なんかさ

寒いよね

心も体も
 
   
Posted at 15:24 / 一言 / この記事のURL
コメント(0)
自分 / 2006年11月21日(火)
人は
何かになれる

願いは
叶う

限界は
誰も知らない


僕は
僕自身だ

他の誰でもない
僕自身だ

僕がそう思うから
僕はここにいる

僕がそう思うから
君がそこにいる

僕がそう思うから
世界がそこにある


僕がいなくても
君は生きている
世界は回る

でも

それは僕の知らない世界

俺の世界は
俺が作る
 
   
Posted at 19:32 / 未来志向 / この記事のURL
コメント(0)
時計 / 2006年11月10日(金)
二年半止まっていた時計が再び動きだす
歯車が回り出す

過去を変えることはできない

だが

未来は自分で作りだすことができる

動き出した時計は
確実に時を刻む




ぽじてぃぶミケ復活(*´ω`)(*´ω`)(*´ω`)
 
   
Posted at 16:25 / 未来志向 / この記事のURL
コメント(0)
信用 / 2006年10月22日(日)
信じてもらうって難しいよね

信用って築くの難しいけど壊すのは一瞬でできる

うちはこれまで誠実に生きてきたつもりだったけど
その自信が一気に壊れたよね

確かにいつもはへらへらしてるけどさ
守るべきところは守ってきたつもりだった
芯だけは腐らずに残してきたつもりだった

自分自身そういった芯のある人に憧れてるし
そうなろうとしてきた

古いかもしれないけど

武士道
義 勇 仁 礼 誠

新渡戸武士道は一部で批判されてるけど
うちは素晴らしいものだと思うんだ




言い訳がましくなるから書くのためらったんだ
でも一応言っとく

武士に二言はない



※この日記にはコメントしないでくださ
 
   
Posted at 01:36 /  / この記事のURL
コメント(0)
魔力 / 2006年08月20日(日)
言葉の魔力

言葉だと言えないことがある
言葉でしか言えないこともある

文字だと伝わらないことがある
文字でしか伝わらないこともある

ついでに

不特定多数に対してだから書けないことがある
不特定多数に対してだからこそ書けることもある


実らなくていい
伝わっていればいい


待つのはもう慣れた
 
   
Posted at 17:37 /  / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.