Be-1の近くで 

October 20 [Mon], 2008, 16:18
こんな名前のビル発見。

敗戦記念日 

August 15 [Fri], 2008, 10:00
公式参拝 2005,8/15

わざとこの「8.15」敗戦記念日だけは避けて日記をUPしてました。だって、いい加減なことは言えないでしょ?
八月も終わろうというのに15日の過去日記がシレっと更新された事に気付かない人も多いでしょうが。
メッセージ色の強いロックも好んで聴いてきた僕としては、この話題を避けて通れないような気がします。
2003年8月の「原爆の日」の日記に色々書いてます。僕なりの考えを。
読み返したら…結構いいこと書いてんじゃん!
色んな意見があるけどね、ひとつの意見として読んでみたら?自分の意志で。

8月15日は「敗戦記念日」でした。2003,8/15

 この日は「精霊流し」(しょうろうながし)の日です。

 最近、さだまさしが同名小説をヒットさせましたね。ドラマにもなったし、映画にもなるそうです。全国各地で「灯籠流し」とか、お盆のしめやかな行事が行われているので似たようなものだと思ってらっしゃる方も多いと思います。その年に初盆を迎える家が死者の霊を「精霊船」に乗せて流す、という長崎の夏の風物詩、伝統行事です。で、この「精霊船」を街をねり歩いてゆっくり海まで引いて行くんです。
 グレープ(さだまさしが在籍したデュオ)のヒット曲「精霊流し」が暗い、静かな曲なんで、イメージとしてはそんな感じなんでしょうね…しかし!実際には爆竹のけたたましい音が鳴り響く賑やかな、やかましい行事なのです!
 この日は「お祭り」ですからまさに無法地帯!!禁止されている手持ちロケット花火(笑/長崎では「やびや」といいます。)や、「おくんち」の真似をして船を回すヤツ。爆竹を手でもったまま鳴らすヤツ、箱ごと路上で火つけるヤツ、便乗して関係ないのにはしゃぐヤンキー(笑)ヤンキーはホントにタチが悪く、観光客や車に向かって花火で攻撃するし、警官の帽子の上に爆竹を乗せたり…これはある意味拍手(笑)長崎の町中が爆音、火薬の匂い、煙り、おびただしい花火カスに包まれます。
 昨年、長崎出身の歌手、槙健一さんという方が若くして亡くなられまして、僕は彼のラジオ番組に出させてもらった事があったし、ライブも数回見た事があったので、去年彼が亡くなったという話をいまだになんとなく信じられずにいました。実感が湧かないというか。今年、彼の精霊船が出たそうです。そんな話を聞くとちょっと切なくなりました。うまく表現できませんが、長崎の人って悲しい事を悲しく表現したり、切ない事を切なく表現したり、きっとそういうのが下手なんでしょうね。
(画像は本文と関係ありません)

「原爆の日」 2003,8/6

 今日はちょっぴり音楽から離れた話しです。なるだけ読み易くしたつもりですが、それでも読みにくくて長くてつまんない話なんで、興味ない方は読まない方が無難かと。面白くないことは保証します。

 誰でも知ってることですが、8月6日は広島の「原爆の日」です。そして、9日は長崎の「原爆の日」です。
 
 長崎で小学生〜高校までを過ごした僕にとって、この話題は身近なものであり、また、毎年この時期が来ると考えてしまうものです。考えてしまう、というのは大人になるにつれ、その「行き過ぎた平和教育の呪縛」のようなものから解き放たれた現在、メッセージをこうして発信する立場でもあり(そんな偉そうなもんじゃないけど)その「理想主義的な、余りに理想主義的な」絵空事の「平和」と「現実」であるところの現在の「平和」ではない世界。そのギャップをどう埋めていくのか?どう摺り合わせていくのか?ってことです。

 例えば、音楽を演ることにおいて、関係ないよ、と言い切ることも出来ます。でも、僕の影響を受けた音楽の性質上、それは避けて通れないような気がしています。
 
 なんだか最近の報道って、揚げ足取りに終始していて、肝心なことから論点がずれているような気がしてなりません。だって、誰だって(いや、これは言い過ぎだな。少なくとも常識的な人は)戦争なんかしたくないに決まってます。核兵器だって、作る必要がないなら莫大な費用をかけて開発しなくてもいいに決まってます。これは、単純な構造ではなく、安易に語られるべき問題ではないのです。なのに、単純で分かりやすい方向に持って行こうとしてる感じがします。善悪の区別なら、子供だってつくんですよ。簡単に「神の様に生きて行きなさい」と言えるのなら、話は簡単です。「なぜ、みんな仲良くできないの?」というのは簡単ですが、「仲良くできない理由」を説明するのは難しいんです。首相が一般論に終始せざるをえない理由、ジョンイルやジョージが式典に出席しない理由、千羽鶴が燃やされた理由。解りやすく説明するのが報道のあるべき姿ではないでしょうか?

「原爆」に関していえば、日本は完全に被害者です。非武装の民間人をターゲットに、その威力を十分に知っておきながら無差別的に核兵器を使用したアメリカに非があります。30万人が死亡し、今なお後遺症に苦しんでいる人がいます。前代未聞の戦争犯罪です。これから先もこのような大規模大量殺戮はあり得ないでしょうね。
「被爆者手帳」を持っている人は原爆病院で無料で治療が受けられます。当時日本に居て、現在は韓国に住んでいる韓国人の被爆者にも手帳の交付が認められました。すべてアメリカからの援助で賄われるべきです。僕の父はこの「被爆者手帳」を持っていたようです。つまり、僕は2世ということになるんでしょうか。

 長崎の小学生は8月9日の登校日に気持ち悪いケロイドの映画とかを見せられ、「二度とこのような惨い戦争というものを私達の手で起こしてはならない」という、まるで原爆は落とされて当たり前だったかのような教育を受けさせられます。そして、「原爆許すまじ」という暗い歌を歌わせられます。僕はどうもこの暗い歌が苦手でした。

 僕はどっぷり「平和少年」でした。あまりに真っ直ぐで、あまりに馬鹿な。
 愚かで残酷な戦前の日本人をイメージしていました。日の丸でさえ、憎い時がありました。

 自分の頭で考えよう。情報は操作されているかもしれない。そう教えてくれたのは、多分、音楽、だったような気がします。


新ロゴ 

June 08 [Sun], 2008, 3:00
誠 と 音符 なんだけど…

L.E.A.P. に 読めるでしょ?

どぅふっ!! 

June 06 [Fri], 2008, 16:00
『僕の彼女はサイボーグ』

という映画が公開されてる。

僕はまだ観てないが、世間では

『最終兵器彼女』のパクリだ、という噂…

パクリ!?!?

で、SF好きの人ならすぐに「アレ?」って気付くと思うけど…、

綾瀬はるか演じる「サイボーグ」…「ロボット若しくはアンドロイド」なんだって…汗

※SF好きでない人に説明…「サイボーグ」っていうのは、元々人間で、その人間に人工の臓器とか人工の装置を組み込んだ改造人間みたいな感じ。「サイボーグ009」が超有名。
映画に出てくるのは100%人工の、つまり、ロボット…またはアンドロイド(人型ロボット)らしい。


つまり、「サイボーグ」という言葉の意味を把握してないで、タイトルに使ってしまったという…

無知!?!?

そんな、トンデモ映画、公開しちゃっていいのか!?!?

既に観た人のネット上の評価を見ると、とにかくボロクソに書いてある。

綾瀬はるかファン以外は観れない映画だ。
(映画自体は酷評されてるのに、綾瀬はるかが可愛く撮られているとか、演技が光った、とか、彼女一人はやたらと高評価が目立つ)

神戸ロケなのに悲惨な地震映像はあまりにも配慮に欠けるのではないか?

予告編が全てだった。

2008年に21歳の主人公の子供時代が、どう見ても昭和30〜40年ぐらいなのは強烈に違和感がある。


どうしてこんなトンデモ映画になっちゃったんだろう?

監督:クァク・ジェヨン


この映画、日本のテレビ局TBSが製作。

日本が舞台で、キャストは日本人。

なのに、韓国人の監督?

映画がこけた時に言い逃れできるから?考えすぎか…

過去日記傑作選:2005,4/27 

June 03 [Tue], 2008, 18:00
※著者注:約三年前2005年4/27、5/26の日記より加筆、訂正を加えて抜粋、転載。JR福知山線の事故についての日記。

4/27「偽善者にもなれず」
5/26「偽善者に憧れて」

ただただ驚くばかり。

あまりの事故現場の壮絶さに。

不幸にも被害に合われた方のこと…まで考えが及ばず…う〜ん…筆舌に尽くし難いのです。

とてもとても自分に置き換えて考える事なんて出来る程、想像力は無いのです。

絶対に起こり得ない事故が起こったワケです。

原因も現段階では不明です。色んな要因が複雑に絡み合ってるようです。

事故の当事者でもなく、何の縁もない僕が、ただただ茫然としてしまうのです。

福岡西方沖地震でさえ一人の方しか亡くなっていないんです。

これが地震や病気で亡くなった方なら、心の中で手を合わせ、線香を上げるんです。花を手向けるんです。

もし、亡くなった方が「誰かに殺された」のだとすれば、報道のあり方にも疑問を感じるし、「安らかにお眠り下さい」なんて言葉にも、ひどく違和感を感じるのです。

ただただ、驚くばかり。

みのもんたの涙にもなんとなく偽善を感じました。レスキュー隊の活躍だけが、リアルな勇気。

それから、1ヶ月…

なんとなく見えてきました。自分なりの答えが。

多分、このことを色んな人が色んな視点で論じてますよ。どうぞ読み比べて下さい。僕の意見には共感できない人がほとんどでしょうが…

事故についての報道、意見、とにかく言いようもない違和感を感じていました。

まだまだ被害者の人数も分からない事故の翌日とかに、
「安らかにお眠り下さい」
と言ってしまう事。事故の全容、未だに判明してませんが。

確かに事故の当事者じゃない。
被害者でも加害者でもない。
他人事かもしれない。

でも、僕はただただ驚くばかりで、

何が悪いのか?
誰を恨めばいいのか?

故人をすんなり冥土に送る気になどなれませんでした。

そして、事故後に始まったマスコミの徹底的なJR西日本叩き。これにも違和感を感じていました。

とにかくJR西日本を悪魔化。揚げ足取り。

事故現場でその電車に乗ったかもしれない我が子を必死に探す親、怪我人が収容された病院を何件も探して、最終的に辿り着いた死体安置所で悲しみの再会。

それを密着して執拗に追いかけ回すテレビカメラ。

そして、マスコミの影響かJR西日本の運転士や車掌に暴力を振るう乗客。置き石、置き自転車。

強烈な憤りと違和感。

刑事責任は問えないでしょう。


誰も悪くない、と判断されます。

133q出さないと脱線しないと言われていた線路で最高時速126qの電車。
徹底した社員教育。
事故は起こりようがなかった、という中で起こった。と、考えます。

不幸にも被害に合われた方は
心情的には憎いでしょう。
激しい怒りを感じるでしょう。
誰かを恨まないとやってられないでしょう。

しかし、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、というのは疑問です。

例えば、ボウリング大会。ボウリングをしていたのは管轄外の部署らしく、召集もかからなかったらしい、と。
一体、どこまでが休みを返上して事故処理にまわらなきゃいけないんでしょうか?
JR西日本全員?
これがJR九州だったら?
じゃあ、例えば鹿児島で事故があったらどこまでが休みを返上して事故処理にまわらなきゃいけないんでしょうか?熊本?宮崎?大分?佐賀?長崎や福岡では?

テレビ曰く、
「管轄外の部署だが、事故現場から13qしか離れていない」
から休みを返上して事故処理にまわらなきゃいけないそうで。
じゃあ、事故の現場が「あと13qでJR東海」という場所だったら?別会社のJR東海の人も休みの日にボウリングしてちゃいけないんでしょうか?
休みの日のボウリングを中止していれば、ただ一人の命も救う事ができたのでしょうか?実際、テレビでは遠く離れた広島のJR職員の飲み会までも問題視されていました。

結論。


悪いのは僕です。

殺したのは僕です。

1分でも1秒でも早く確実に目的地に着きたくて、より速い交通手段を求めたのは僕です。

正確なダイヤを求めたのは僕です。

それなのに、それなのに、「真っ直ぐな線路を作って下さい」と自らの土地を差し出さないのも僕です。

無言のプレッシャーを運転手に与え続けたのも僕です。

そのくせ駆け込み乗車をしてしまうのも僕、踏切を乗り越えてしまうのも僕です。



JRは事故の教訓を活かして最新式のATSを設置、事故の慰謝料は保険で賄う。

それで全て終わり。

時が経てば事故は風化して記憶から遠のいてゆくのです。

そして僕は何食わぬ顔で毎日電車に乗るのです。

少しでも速い電車を探して。

そして、僅かなダイヤの乱れも絶対に許さないのです。

そして、安全を信じて疑わないのです。

自らの罪を知りながら。

2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像あゆみ
» ブログひっこし (2008年05月28日)
アイコン画像かーこ
» たび日記その3 (2008年05月20日)
アイコン画像おちゃん
» かふぇ (2008年05月11日)
アイコン画像緑で〜す
» かふぇ (2008年05月11日)
アイコン画像S姉
» なんかいろいろ2 (2008年05月08日)
アイコン画像
» しぶや (2008年05月08日)
アイコン画像管理人
» かふぇ (2008年05月08日)
アイコン画像俺様
» かふぇ (2008年05月08日)
アイコン画像Ai
» 思いっきり告知 (2008年05月01日)
アイコン画像管理人
» ケース。 (2008年04月19日)