刺し傷20か所も、同級生の母がなぜ 

2006年02月17日(金) 17時29分
「なぜ、同級生の母親が……」。滋賀県長浜市で17日朝、近くの幼稚園に通う2人の幼い子どもが刃物で刺されて死亡した事件は、登園に付き添った別の園児の母親による犯行だった。 若奈ちゃんの祖母(57)は、知らせを聞いて2人が収容された長浜赤十字病院に駆け付けた。祖母は「孫はかわいらしく、優しい子だった。いつも、私の家に来てくれ、笑顔が絶えない子だった。自分の孫がこんなことになるとは思わなかった」と泣き崩れた。  病院の説明によると、若奈ちゃんの父親と祖母は霊安室で遺体と対面。父親は放心状態で、病院関係者らとの受け答えもできないほどだったという。  迅ちゃんは搬送された時はすでに心肺停止状態で、手術でも出血が止められず、正午に死亡を確認。駆けつけた母親は、抱いていた乳児を看護師に預け、夫にすがりついて泣いていたという。  2人が通っていた市立神照幼稚園では午前9時45分から、園児らが予定されていた劇を披露。間もなく事件の知らせが入った。その後、保護者らが次々と集まり、不安げな表情で園側の説明を聞いていた。  保護者と園児は午後1時5分、一斉に帰宅。園長は保護者らに「ご迷惑をかけ、まことに申し訳ありません」と陳謝したという。  劇を見に来た別の園児の祖母は「若奈ちゃんが参加できず、残念です」と無念そうに話し、保護者の1人は「なんでこんなことが起きたのか。信じられない」と声を震わせた。 近くの無職沢居康雄さん(69)は「このあたりは、小学生なら集団登校、幼稚園児なら親が送り迎えで付き添うのだが、捕まったのが同級生の母親だったとは……。何のために刺したのか」と驚いた様子。若奈ちゃんら2人が倒れていた現場近くの自営業手伝いの男性(21)は「園児を襲った母親が付き添いの当番だったのなら、集団登園の意味がない。5歳の子どもに恨みがあるはずもないし、本当にひどい」と憤っていた。続きを読む
世界裏見え 裏DVD 無修正DVD
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:urajuku1
読者になる
Yapme!一覧
読者になる