面接受けする6つのポイント

July 26 [Fri], 2013, 23:28
"Point1:眉毛を出す

フリンジは眉毛より短く切るか横に流して、顔を注意深く出すようにしていきます。フリンジをあげるのもよいでしょう。
当然、眉毛のケアも欠かせないでしょう。眉毛が細すぎたり、薄すぎるのも良く無いのでチェックしていきます。

眉毛はイメージを大きく変える!

「眉毛でイメージの7割が決まる」とも言われるように、眉毛でイメージが大きく変わります。
眉毛のカーブが柔らかいと優しいイメージを与えますし、直線的なカーブではクールなイメージを与えます。又、眉毛が細すぎると貧相なイメージを与えてしまいます。

Point2:耳を出す

耳を出す髪形は、明るく清潔感があるイメージを受けます。「サイドの髪を垂らした方が小顔に見えるのでは…!?」と言う人もいるかもしれませんけれど、就職活動では小顔よりも清潔感がたいせつでしょう。

髪を束ねる事態は、耳が隠れ無いようにサッパリとまとめませんか。髪が短い人は、サイドの髪は耳にかけて耳が出るようにしていきます。

Point3:おじぎをした時にくずれ無い

おじぎをした時にフリンジが顔にかかってしまったり、ヘアスタイルが崩れたりし無いようにしていきます。面接中に髪を直すのは良く無いのでしょう。
当然、おじぎをした後に頭を振って髪を動かすのも良くありないでしょう。

おじぎをして顔を上げた時に、ヘアスタイルがくずれ無いように、ピンやヘアスプレー等を使用してアレンジしていると良ことでしょう。健康な髪にあこがれて
Point4:ヘアピンの利用する位置にチェック

フリンジを横に流すスタイルは、就職活動をする人に多いでしょう。横に流したフリンジけれど、顔にかから無いように、ピンでとめる人も多いのですけれども、おでこれの辺りでとめると女性高生のようになってしまいます。
黒のシンプルなヘアピンであっても、見えすぎるのは良くありないでしょう。見え無いようにとめるか、ヘアスプレー等で崩れ無いようにしていると良ことでしょう。

Point5:ポニーテールは高すぎ無い位置で結ぶ

ポニーテールは結ぶ位置によってイメージが変わります。高い位置で結ぶと、活発な想像にもまるのですけれども、カジュアルすぎてしまいます。

ポニーテールは耳と同じ高さで結ぶのが望ましことでしょう。結んだ毛の先がはねていたり、ボサボサになっていては清潔感が感じられませんので、結んだ毛の先も整えるというようなことがたいせつでしょう。

Point6:「黒ゴムなら間異なり無い」は間異なり

「黒や紺、茶のゴムならテーマ無いだろう」と言う人が多いのですけれども、黒ゴムは見せるものではなく束ねるためのものだから、人の会う時に利用しているには適するとは言えないでしょう。
黒ゴムで結んだだけじゃあ、内定をもらえ無いと言うというようなことはありませんけれど、バレットやシュシュをつけるのが望ましことでしょう。

バレットとシュシュじゃあ、シュシュの方がカジュアルな想像が強いでしょう。厳しい面接官にはカジュアルな想像を持たれてしまいますチャンスもあるので気をつけることが必需でしょう。
当然、バレットもシュシュも、派手でなく就職活動に適したものを選考するというようなことがたいせつでしょう。

Point7:茶髪は× ワン色合い明るめも×

「カラートリートメントをしていたけど内定がもらえた」なんてウワサをきくと、「多少なら問題ないなのかな!?」と感じてしまいます人も多いのでは??
でも、面接官によって受けるイメージは異なりますし、業種によっても違う。

「就職活動の髪のトーンは・色合い迄」なんて言われていたりもしますけれど、髪のクオリティやヘアダメージ具合によって、それ以上に明るく見えてしまいますというようなこともあるでしょう。
当然、真っ黒がよいと言うわけではなく、ラフな髪のトーンが好ましいのですけれども、カラートリートメントをしていた人が染め直す事態等には、ギリギリの明るさではなく、多少低めの色合いが望ましことでしょう。
"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミッキー
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uqj3x985/index1_0.rdf