マイコーのクオリティーはホントすげえ

May 15 [Sat], 2010, 2:19
ライブを月二回のペース(今のメンバーでの月に可能な最大値)でやってるおかげで、ライブが少しずつ上手くなってる感じがする。最近はライブをすれば、お客さんが少なくても、それなりにフィードバックが返ってきて、本当に嬉しい。
ライブは上手い、下手があって、それは曲のクオリティーと比例しなかったりする。ライブが上手なバンドについて、常に現場で考えてきたおかげで、理論が自分の中で構築されてきた。大切なのは、音楽は数学だということだと思う。
昔は、ライブをしても拍手ももらえなかったり、お客さんが寝てたり、あるライブハウスの店長に全否定されたり、そんな時期があった。
本当に少しずつだが、前進できているという実感は本当に嬉しい。でも少しずつしか進めないのはとてもつらい。

もう一つの目的である、コネクションを作ることも少しずつ実現していると思う。無名だが、力をためつつ、これから何かしようと野心を抱いてる僕と同年代の人たちと、今のうちにパイプを作らなくてはいけないと思う。

つくずつ関西の音楽シーンの派閥で自分たちがどの位置にいるべきか考えている。現実は、音楽の実力以前にこの政治を勝ち抜かなければいけない。敵は極力作れないが、住みたい国がなければ、自分で作るしかないと思うようになってきた。

派閥に属するメリットとデメリットを考えなければいけないが、無名の僕らがどこにも属さないのは半端なことではないと思う。とにかくこれから自力で何かをするためにも、コネクションを作らなくてはいけない。

バンドは少しずつ力をつけつつあるし、このペースでライブを続けて知名度を高めて、時期が来れば、そろそろ攻めて行きたいと思ってる。
でも本当に大切なことは実力だけでは世の中には出れないと言うことだと思う

またショパンを聞いている

May 07 [Fri], 2010, 3:10
ライブで遠征して疲れて帰った日には、本当に静かな音楽しか聞きたくなくなる。
クラッシックとかアンビエントとか宗教音楽とか、音楽がスピーカーから発声させる、人の目には見えないエネルギーにも色々な種類と効果があるのだと思う。音楽は人を殺すことも生かすことも出来る。僕に宗教があるとすれば音楽だと思う。

今の生活のような、僕の音楽修行は、僕にとって至極の幸せだと思う。自分の好きなことを好きなだけさせてもらえることは本当に素晴らしい。ただ問題は、これほど恵まれた環境にいるのに僕の努力が足りないことだと思う。

例の4時間セットの日課は、正直に言えば、ちゃんと出来ていない。楽器の練習2時間まではなんとかいけているが、作曲の練習に至らない日が多い。問題なのは作曲というのは練習しなくてはいけないと言うことだと思う。沢山作らないと作曲のスキルは向上しない。音楽と言うものはまず形式があるからだ。ジェフ・ミルズは100曲作って一曲選べと言っている。

バンドのライブではだいたい同じ曲をやっている。もちろんそのずっとやり続けている曲ですら、まだまだアレンジの余地が多く。部分部分では変化はある。
曲を作るという概念が去年の12月頃に僕に芽生えて、自分なりに沢山使ってみたが、バンドで本採用となると、難しいものが多かった。それにライブばかりしているので、新曲の練習をする余裕もなかったりする。

なんとか次にステップにふさわしいレベルの作らなくちゃなあと思っていますが、簡単にはいかないものです
毎日頑張ります

最近CDちょっと買いすぎなような。。。

April 24 [Sat], 2010, 3:17
今日は夜想でライブ。内容はいまいちまあまあな感じでしたが、なんだかんだ言って、バンドの実力は少しずつは上がってるんだなあと思います。
当分と言うか、今年一年ぐらいは今のペースでとにかくライブしまくって、経験値をつけて、同年代の面白いやつと出会って、知名度も少しずつ上げていって、みたいな感じです。というか、ライブの特訓はライブを沢山することしかないと思うので。

なんとなくもう少しなんだけどなあ、みたいな感覚が凄くある、もう少しで、次のステージに行けそうだと思う。
そうすれば、前線の連中と勝負ができると思います。

今はとにかく、どんな小さなライブでも一生懸命がんばってこなしていきたいと思う。
お客さんを感動させることが出来なかったら、ミュージシャンとして価値が無いからね

今、今日の録音聞いてたけど、案外わるくないぜ
目指せフジロック

僕もツイタアーはじめました

April 16 [Fri], 2010, 21:38

https://twitter.com/Adchiupsetter


よし、今日も練習するぞ

まだ足りぬ踊り踊りてあの世まで

April 16 [Fri], 2010, 1:34
美輪あきひろがツウイターですごく面白い言葉使ってたから、拝借してこのブログのタイトルを改めます。

いまアメ村でかったBLACK EYED PEASのCD聞いています。いま8曲目でちょっとだれてきたけど、アメリカの過酷なシュービジネス界でサバイブしてるプロヂューサーたちの底力を感じずにはいられません。こりゃ日本人かなわんわ

僕もツウイター始めるかなー

運命に立ち向かいたい

April 15 [Thu], 2010, 2:02
自分には血が滲むような努力が必要だと本当に思う。そうやって生きて成功できれば申し分の無い人生だと思ってる。
努力を重ねて、特殊に生まれてきた一握りの人間たちと対等に戦うような物語が僕は好きだ、だからそういうふに生まれて来たんだと思う。
今の僕は正直、努力が足りていないと思う。24時間のうちまだまだ、無駄な時間があるはずだと思う。
兎に角先に行きたいと思う

昨日は久々何も無い日でした

April 13 [Tue], 2010, 6:37
久々にバイトもないし、ライブもない一日だったので、sっかり練習して、曲つるぞといきこんでいたものの、指の治療に皮膚科いたり喫茶店いったり、案外だらだらして、YOUTUBEでYMOの昔のプロモみてて、YMOがいかに高品質な活動をしてたか、考え、そのまま坂本龍一の映像も見、最近のおしゃれなYMOのライブ映像も見てて、そのままマドンナのプロモ、レディーガガのプロモのみてるとこんな時間になり、ギターの練習しかできんかった。

が、大変いい勉強になりました。

いまアメリカで一番来てるのはレディーガガだとデイベットがいってたが、確かに新しい風というか、プロモ面白かった。
今日は仕方が無いのでこのまま寝て、おきたら大阪にライブ見にいくつもりです。

何が悪いのか分かった

April 10 [Sat], 2010, 5:58
曲が根本的にダサいんだ!!




ワンランク上の曲を作らなくてはいけない

INTO YOUR DREAM TOUR 2010

April 04 [Sun], 2010, 2:19
というタイトルのシューゲーザー系のイベントをみにサンスイまでみにいきました。
ないようはさておき、最近はシューゲーザーですらテクノやミニマム、というかデスクトップミュージックに接近してるんだなあという印象で、あと興味深かったのはシューゲーザーのディスクガイドの本が出版されたみたいで会場で売ってたこと(しかも出版元がP=VINE)です
少し前にアンビエントのディスクガイドの出ててそれは買いましたが、シューゲーザー本は少し欲しかったけど買わんかった。(最近ライブ行き過ぎでお金がないから)

まあ需要があるからこのような本が作られるわけで、今シューゲーザーはきてるのかなあ
僕らのバンドは前シューゲーザーって言われたが、最近僕は一時期ほどそんなにあのジャンルに最近は関心はないです。


とういか最近は妙に忙しくなって、ブログなど書く暇も無いです。
自分の身をを常に非常事態に置かなくては思ったのです。

最近決めたのですが、一日の必須の課題で

毎日 ギター練習1時間、シンセ練習1時間、作曲2時間

しようと決めました。
この4時間セットを毎日バイトの後、練習の後、ライブの後こなすには、冷静に考えて、映画を見る暇も、読書をする暇もないですが、とにかく毎日しなくてはいけないと思います。毎日やれば僕はもっと遠くまでいけると思います。ほんとまだまだなので自分をもっと切り詰めなければいけないように思いました。今の自分に娯楽など必要ないです、一刻もはやく力を付けたい。

がんばって毎日続けれるようにしたいです

サンタナのキャラバンサライ?ってアルバムがめッちゃカッコいいなあ。最近聞いた中では個人的にベスト。録音がいいねえ

The Empyrean

March 23 [Tue], 2010, 1:33
一昨日は、メトロにジャズのライブを見に行った。
ジャズと言っても、チケットが馬鹿高いおっさんのジャズじゃなくて、モダンでクールな世界で戦ってるようなジャズ。他の奴がやってたらすごく気障で許せないようなことが、平気で似合うような感じ。

やはりヒップなジャズメンは本当にクールな人種なんだねー

当たり前なんだけど、みんな馬鹿テクで、飛び道具なんか一切使わず、機材に頼るわけでもなく、自分の演奏技術だけで戦うジャズメンはとてもミュージシャンミュージシャンしててかっこよかった。僕は自分の演奏技術の低さを省みずにはいられなかった。


今日は木村カエラを見に大阪城ホールへ。
席は殆ど埋まってた、どんな客層が来るのか楽しみにしてたんだけど、案外普通だった。
僕は予習に木村カエラのCDを一枚聞いていたんだけど、いい曲多いんだけど、なんだかんだいってティーンズ向けだなあという印象があった。客は少しこじゃれた大学生風な人が多かった。ちっちゃい子どもが何故か少しいたけど、高校生はあまりいない感じ。
2時間クラスのライブの鍵は、曲以前に全体の構成が本当に大事だから、今日の一番の観察はそのポイントだった。どこで山場を作るか。あのヒット曲はどこでどう使うか、自分なりに予想を立てていた。

最初は音が悪くて、入り込めず、キツイライブかと思ったが、構成がよかったし、なんだかんだ言っていい曲が多いから中々楽しめた。
売れてるJポップでもいい曲なんて案外無いので、それは木村カエラがいかに恵まれててチャーミングかってことだと思う。
今日なまで見たけど、とても素敵な感じだった。あれは優秀な人が後ろに集まるなあと。

こんな偉そうなことを書いていますが、今の僕なんか木村カエラからすれば蟻みたいなものだと思う。
今日一番思ったのは、僕もいつかあそこに立ちたいということで、ステージからの眺めはどんなものだろうと思った。

今の僕はとても無力だが、力をためて、いつか彼女らと対等なところまでいきたいと思う。
ライブ中思い出したのは、JOJOさんの占いで、僕は実験音楽では食えないが、POPなら可能性があるということ。

木村カエラ以上に上質な音楽を作れるよう頑張ります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アダチ‘upsetter`ダイスケ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1986年
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:小学生未満
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像さらっと
» woody guthrie (2009年08月22日)
アイコン画像小林
» DON`T EXPLAIN (2009年03月30日)
アイコン画像くたのかな
» LOVE ME TENDER 3 (2009年03月25日)
アイコン画像K文庫
» Chocolate synthesizer (2009年02月09日)