美白(びはく)という

July 07 [Sun], 2013, 23:52
美白(びはく)という言葉は1990年代の終わり頃に美容研究家の鈴木その子が推奨して流行ったが、1990年代前半にはメラニンが原因のトラブル対策の語彙として活用されていた。
美容とは、顔の化粧、結髪、服飾などの手段によって容姿や外見をより一層美しく見せるために形づくることを指す。意外な事に江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味の言葉として使用されていた。
美白化粧品だと正式な商品説明でアピールするには、薬事法を取り仕切っている厚労省に使用を許可されている美白の有効物質(ほとんどアルブチン、コウジ酸の2種類)が入っている必要があるとのことです。
ついついパソコンやスマホの画面に集中してしまって、眉間にシワを寄せ、その上に口はへの字(余談ではありますが、私は別名「富士山ぐち」と言っています)になっているのではありませんか?これはお肌の大敵です。
メイクアップの欠点:お肌へのダメージ。毎日の化粧が面倒くさくてたまらない。メイクアイテムの費用がかさむ。皮膚が荒れる。何度もメイク直しや化粧する時間の無駄遣いをしているように思える。
日向ぼっこ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uppdsag
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uppdsag/index1_0.rdf