もしかしたらの恐ろしさ。 

August 12 [Tue], 2008, 22:11
先生は千葉の試験も受けてた。
だからもし合格したら先生は千葉に行ってしまう。
それを思うと切なくなった。
先生の合格を祈るものの、行ってほしくないといのが本音です(;ω;)
「もう一生逢えないかもね〜・・・」
苦しくなって友達にこぼした言葉。友達は
「でも分かんないじゃん。逢えるかもしれないよ?」
そんなことを言った。
運命というものが本当にあるのなら、
そして私と先生がもしその運命の糸で結ばれているのなら
私はきっと先生が千葉に行ったとしてもいつか逢えるはず。
・・・でも結ばれていなかったら?
(いや結ばれていない確率の方がきっと高いけど。)
結ばれていなかったらきっと二度と逢えないよ。

そう考えるとどうしても今を大事にしたくなる。
今のうちに先生とたくさん話して先生のこともっと知りたい。
その手段がメールでも電話でも直接でもなんでも構わない。
先生が今までの人生をどう生きてきたのか。
そしてそれをどう思っているのか。
先生のことならなんでも知りたいと思う。
考えてみれば自分は全くと言っていいほど先生のこと知らないや(^-^;)
たくさん話そう。

そしていつか自分のことも話して
それをあの人に聞いてもらえる日が来るといいな。

初!! 

June 29 [Sun], 2008, 18:03
こんばんは〜

別のブログサービス(?)で書いていたんですが
こちらでも書いていこうと思います。
名前かえます。

自己紹介
名前 ゆな
年齢 高校1年生の15歳(今年16です
部活 ソフトボール部
詳しいこと 
      中学のころの講師の先生に恋をしています。
      先生とはメールをするぐらい。
      先生を好きになって1年と半年ぐらいです。
      先生は野球部の顧問してます。
      
何か質問がある人はどんどん聞いてください。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆな
読者になる
ゆなといいます。
よろしくお願いします。
詳しいことは一番最初の日記にて。
聞きたいことがあればどんどん聞いてください。
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる