東京マッサージの治癒

April 27 [Tue], 2010, 17:32
ヒユーレン博士、もしくは「E」が私に述べたところによると、彼は決して忠者たちを専門的に診ることはなかったという。

東京マッサージも一切行わなかった、その代わりにファイルを精読した。ファイルを眺めながら、彼独りで仕事をした。

その結果、患者たちは治癒した。

その話の続きを聞いて、私はますます惹かれていった。

「数力月後、手かせ足かせ状態だった患者たちが、自由に院内を歩き回ることが許されるようになりました」と彼は言う。

「大量の投薬を受けていた患者たちはその量を減らされていきました。

そして、まず絶対に解放されることはあり得ないと見なされていた患者たちが退院していくようになったのです」信じられなかった。

「それだけではありません」彼の話は続く。

「職員たちも喜んで仕事に精を出すようになったのです。

常習的欠勣や辞める者もすっかりなくなりました。その結果、東京マッサージの数が必要以上になってしまいました。

患者がどんどん退院する一方で、職員がそっくり皆勣するようになったからです。

現在、当病棟は閉鎖されています」