魚の目(うおのめ)の治療方法

魚の目(うおのめ)になってしまったら皮膚科で治療してもらいましょう。

皮膚科ではウオノメの治療法はどのように行われるのでしょうか。
皮膚科での治療は、魚の目の重症度によって変ってきます。
患部の進行が著しい場合には、皮膚科では外科手術で対応します。
医師の手術で魚の目そのものを切り開き、魚の目の『目』の部分を取り除きます。

皮膚科によってはレーザーや液体窒素を用いるところもあり、
また、麻酔をして芯を完全に取り除くこともあります。
ウオノメはタコと違って根元からゴッソリ取る必要があるのです。
またスピール膏という腐食剤を使ってうおのめの皮膚の部分を柔らかくしてから
えぐり取るというやり方もあります。

皮膚科によってウオノメ治療方法は色々ですので、
重症化してしまった魚の目の場合や何度も魚の目が発症する場合には
とにかく皮膚科に行って相談してみることが大切でしょう。

患部がまだ小さいうちなら、魚の目の市販薬で対応ができます。
魚の目のようなものができたと感じたなら、
症状が重くなる前に市販の薬を使って早い段階で
対応した方が治りも早く、手間も少なく済みます。

一般的に自宅でできる治療は
市販の角質軟化剤を塗って魚の目を柔らかくしてから
フットケア用品などで角質を取り除くというものです。
魚の目ケア人気商品情報
 

魚の目は皮膚科で治療

魚の目やタコは目立たない症状ですが、意外と多くの人が経験しています。

ウオノメやタコの治療に皮膚科に通う人も多いです。
痛みを伴うこともあり、なかなか治らない魚の目は、生命を脅かしはしませんが治し方はかなり面倒です。

どのようなものを魚の目というのでしょう。

そして、なぜ魚の目になるのでしょう。

うおのめとは別名を鶏眼ともいい、摩擦や圧迫などの刺激により皮膚の角化が進んだ状態をいいます。
病変した部分の中心には、半透明の硬い目が確認できます。
痛みは、この目の部分が感覚神経を刺激しているためです。
魚の目ができやすいのは体重が集中してかかる足の前のほうです。
痛みが強いと歩けなくなってしまいます。

魚の目の治療は皮膚科で受けられますので、歩行に困難なほど痛い場合は
迷わず専門の医師に診てもらってください。

治療以外に、皮膚科では自分に合った靴の探し方などを教えてくれるようなところもあるそうです。
足に合っていない靴は魚の目のひとつの原因となるからです。
その他にも魚の目になる原因はいくつかあり、
専門の医師の指導による生活習慣の見直しが必要な時もあります。

皮膚科にも行かず、カッターやナイフで患部を直接削り取ろうと誤ったウオノメの治療法で
治そうと思うような人がいますが、自己流の処置は症状を余計悪くすることがあります。

もし万が一また魚の目ができたしまった場合は面倒でも必ず皮膚科で治療しましょう。
 

魚の目(うおのめ)ができる原因

魚の目(うおのめ)は痛いだけでなく何度も再発したり複数できたりと厄介ですが、なぜできるのでしょう。

足の形と靴が合っていない時はウオノメができやすいので、
皮膚科で治療を受けるとまず一番に確認されます。
気に入った靴を見つけて買ってみたら足が少し窮屈に感じたけれど、
デザインが気に入ってそのままはいているという人もいます。

しかし、足のサイズと靴のサイズに違いがあると、足の指の付け根が靴で圧迫される原因になったり、
足の甲が広いために先の尖り気味な靴だと左右から締め付けられることで、魚の目の原因となります。

継続して圧迫や摩擦などの負荷を受け続けた皮膚は
その部分を守るために硬くなる性質がありますが、それが魚の目の元です。
つまり、いつも同様の場所に同質の刺激を加え続けられた皮膚が硬なった結果なのです。

できるだけ足の形に合う靴をはくようにと皮膚科で指導を受ける人が大多数ではないでしょうか。

新たな魚の目の予防、そして再発を防ぐためにも重要なのです。
女性が魚の目になった場合、その理由にはその人に合わないハイヒールで
足に負担をかけすぎていたということがあります。
靴を選ぶ時には、デザイン性のみならず、足にしっかりマッチするものを選ぶ必要があります。

皮膚科の医師の話では、魚の目は生死に関わるような病ではないようです。
しかし、患部に痛みが出た時に放っておくと、自然とかばうような歩き方になって重心が崩れ、
腰痛などが出ることも考えられるそうです。

できてしまった魚の目は放置せずすぐに皮膚科で治療することも重要です。
原因を取り除かないと魚の目は再発するので
医者からのアドバイスなどで靴を新しく選んでもいいでしょう。
7日後、衝撃の変化!ハーバルダッピー(Herbal Dappy)いとうあさこさんも驚き!足裏の角質べろんとはがれる