宮さんの安藤まさひろ

January 13 [Wed], 2016, 23:42

一般的に、転職する際、有効だと思われている資格に中小企業診断士があります。


中小企業診断士となることで、経営知識を有することが証明されるので自分のことを会社にとって貴重な戦力であると認めてもらうことができます。


法律を熟知する行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。





慌てて転職活動をすると、職を決めることを優先してしまって、年収が低くても働ければいいかと仕事を選ぶこともあるかもしれません。その結果として、これまでの仕事よりも収入が悪くなることもよくあります。それでは、一体何のために職を変えたのかわかりませんね。年収アップにこだわるのであれば、腰をすえて仕事を探さないといけません。




転職したいと思ったときに、仕事をきちんと探すためには、それなりに時間を必要とするでしょう。今の仕事を辞めずに次の仕事を探す場合、転職のために費やせる時間はあまり取れないでしょう。そこで、ぜひ活用したいのが転職情報を集めたサイトです。



転職サイトに会員登録を行うことにより、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒になって、仕事探しの手伝いをしてくれます。




転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決まってから辞職するのが理想です。





退職してからの方が時間的に自由ですし、すぐにでも働くことが可能ですが、転職先がすぐに決まらない可能性もあります。




職の無い期間が半年以上を過ぎると、就職する先が決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を辞めないようにしてください。



転職理由は、書類選考や面接の際にとても大切です。相手が納得する理由がないと評価が低いものとなってしまいます。


ただ、転職する理由を聞かれたとしても答え方がわからない人も多いはずだと思います。



多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、悩まされるのが、この転職理由になります。退職の原因が労働時間の長さである場合には「より効率的な仕事を希望」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい職場で成長したい」といいかえれば悪い印象は受けないでしょう。


マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、プラスのイメージになります。



履歴書の書き方は、文字数が150から200文字が理想ということです。不動産業界に転職しようと思っているのなら、宅建主任者資格を取られることが必要となります。宅建主任者資格の有無で、合格通知がでない企業もあるようです。


その仕事内容によって必要とされる資格が違うので、業種にあわせた資格を転職前に取得されるのもいいアイデアかもしれません。お給料アップを目指して転職希望の方も多数を占めていると思います。



会社を変わることで給料がアップすることもあるでしょう。



けれど、年収が逆に落ちてしまうリスクもあるということを十分理解しておく必要があります。




お給料を増やすためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが大事な点となります。


どのような転職理由がいいかというと、まず、心から転職したいと思ったわけを思い出してください。




思いつくままに説明する訳ではないので、好きなようにノートに文字で表しましょう。



その次に、その内容をできるだけ暗くならないように表現を変換してください。転職理由の部分が長いと言い訳がましい印象を持たれてしまうので、手短に説明しましょう。


転職をするときに求められる資格というのは、専門職でなければ、それほど多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家資格が有利でしょう。また、建築や土木系では建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、該当の資格を所有していないと実際に働けないといった仕事がかなりあるため、狙ってみるといいかもしれません。職業を変えたいと思ったときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまで築いてきた経験を使った転職をしようと思っている方にもお勧めできる資格なのです。


社会保険労務士の資格があると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。





転職をしたいと考えた場合、まずは、一番身近な存在の家族に相談をなさる方がほとんどだと思います。





ご家庭がある人なら、家族に相談せずに勝手に転職をするのは止めた方がいいです。




家族と話し合わずに転職すれば、それが原因で離婚になる可能性も出てきてしまうことがあります。



異業種に職を変えるのは難しいと考えている人が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?結果から言いますと、違う業種に転職するのは難しいものです。


経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。


ただ、確実に不可能というわけではないですから、努力の程度によっては異業種に職を変えられることもあるでしょう。



面接での身だしなみに関してはしっかり気をつけるようにしましょう。清潔感のある着こなしで面接に挑むことが重要な点です。



緊張するだろうと思いますが、あらかじめ何度もシミュレーションしておき、面接本番に備えるようにしてください。


面接で問われることは大体決められていますので、事前に、答えを想定しておくことが大事です。





人材紹介会社にお世話になって納得のいく転職が出来た人も多く見られます。自分だけで転職活動を行うのは、精神的にキツイことも多いです。転職先が見つからない状態が続くと、これ以上どうしたら良いのか、分からなくなることもあります。


人材紹介のサービスを提供する会社を利用すれば、自分にマッチする求人情報を教えてくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マコト
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uonaggemtllahn/index1_0.rdf