北條のオオセグロカモメ

February 04 [Thu], 2016, 19:28
他の栄養素に優先して、葉酸は子供のために妊娠初期から継続して、毎日欠かさず摂るべき、重要な栄養素なのです。数え切れないくらいのメーカーで葉酸を強化した製品が販売されていますが、肝心なことは、選ぶときに配合されている成分を全て確認することです。

身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、添加物や香料が最小限に抑えられた、できれば無添加の安心して摂れる製品を選んでください。

ビタミンの中でも、妊娠中に特に重要な葉酸が、ゴーヤーに多いとされています。妊娠中、葉酸を摂るために使って欲しい食材の一つがゴーヤーですが、一度にたくさん食べないよう注意してください。

大量に食べてしまうと、食後の胃もたれや下痢が出る可能性もあります。もしも不調が続けば、胎児にとってもストレスになるでしょう。


妊活とは、赤ちゃんが出来やすくなるための活動で、妊娠の仕組みについてよく理解したうえで出来るだけ仕組みをコントロールするものだともいえるのです。また、最優先すべきもの、それは栄養であるということが分かると思います。

けれども、必要とされる栄養素をすべて過不足なく摂るのは、困難なことだと思います。


そこで有用なものといえば、サプリメントです。最近は目的を妊娠に絞り込んだ、妊活サプリなるものも登場しました。

一口に葉酸の摂取といいますがいろいろあるわけです。

誰でもすぐひらめくのは毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。

ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、妊産婦に必要な量の葉酸を摂れるように食べていくのはどんな方でも、毎日継続するのは難しいと思われます。

葉酸の摂取量を確保するためにも、サプリなどを併用する方が現実的です。



飲むタイミングは、食事の後が一番良いとされます。妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の共同作業によってもたらされる結果です。それはどういう事かといいますと、妊活での男性の役割は大変重要だということです。

男性は出産できませんから、ひょっとすると、妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、男性も協力して取り組まなければ妊娠の可能性は下がってしまいます。



妊活をするにあたっては、まずは産婦人科等で不妊検査を受けましょう。特に異常が発見されなくても妊娠に適した体づくりのためのアドバイスや排卵周期を整え、ちょうど妊娠しやすい性生活をもつタイミングの指導を受けられるので、心強いですよね。
実際に妊娠する前から自主的に産婦人科を受診しておくようにしましょう。妊活中であるにもかかわらず、コーヒーのような飲み物が好きで、飲む習慣がある方は注意してください。
カフェインには体を冷やします。

冷えると血のめぐりが悪くなり、妊娠の際に重要な子宮の動きが悪くなってしまいます。
たとえ好きな飲み物がコーヒー系の飲料でも、カフェインの摂取しすぎには注意してください。妊娠したいときに必要なのが葉酸を含むサプリメントです。これは妊娠を望むときは当然ですが、子供ができても出産しても、継続して摂取した方がいいのです。葉酸サプリメントはお母さんの体にも、子供にとっても体にとても良いとされています。

とりわけ女性の体には妊活中から出産後まで、継続して葉酸が必要なのです。

妊娠したいと考えて妊活を始めた時点から葉酸を摂るようにする事が大切だとされています。赤ちゃんが出来る前に体内に十分な量の葉酸が蓄積されている事がお腹の中の胎児の先天性奇形の予防のためにはとても効果があるのです。もちろん、妊娠3ヵ月頃までは続けて摂取する事が大事になってきます。葉酸というものは妊娠前から摂取して初期の時点で体の中にあることが理想的とされます。

不妊症治療の時点で、子供を望んでいる訳ですから、治療と同時に葉酸を摂取することを心がけるのも子供の先天性奇形を防止するという点も考えて重要となってきます。

ビタミンの一種である葉酸は妊娠初期の摂取によって細胞分裂の障害を防ぐなど順調な発育を促す作用があるという説があります。一般に葉酸は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆など、それに、ほうれん草などの葉物にたっぷり含まれていますが、上手な摂取のためには様々なサプリメントもあるので、妊娠中、あるいは妊活中の女性には毎日コツコツ摂取することをおすすめします。

真剣に妊活しているのなら、習慣的に飲む物にも配慮が必要です。成分にカフェインを含む飲み物は着床の阻害や冷えの一因となるため避けた方がよいです。体を温めてくれるような効果を持つお茶のうちカフェインが入っていないものを飲むのがいいです。
例えばミネラルがたくさん入っているルイボスティーや漢方薬として使われることもあるたんぽぽ茶などがおすすめです。妊婦が能動的に摂るようすすめられる葉酸ですが、熱すると失われてしまうので、調理をする場合には気をつけなければなりません。調理するプロセスで長い時間加熱調理をしてしまうと、その栄養素は半分になってしまいます。



だから、熱を通す場合は湯通しをさっとするだけなど熱の加えすぎに注意することが重要だとされています。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。結婚して3年目くらいまでは、基礎体温でタイミングを見計らっても、ぜんぜん妊娠できなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の処方を受けると、早々に妊娠が発覚しました。
ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、普段通りの生活を送っていると、継続的な摂取を怠ってしまうといったケースもありますよね。

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのが葉酸サプリを飲む事なんです。サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心できますよね。



妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私はサプリメントで葉酸を摂り始めました。
お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと強く言われましたが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは言われた記憶がありません。
私の場合、1袋飲んだ後でそれきり全く飲みませんでした。


ところが、授乳が終わるまで葉酸を摂った方が良いと最近聞いたのであわてて葉酸サプリを再開しました。



妊娠しづらい原因はたくさんあると考えられます。

しかし、病院での不妊にかんする検査をいろいろと受けてみると、原因が明白な場合とはっきりとはわからない場合があります。



よくない部分がみつかればそれの医療的対策を行えばよいですが、定かではない場合、普段の食べるものにも目を向けてみることが大事だと思います。
日々のことですから、どんなものを摂取するかによって、身体の状態が変わると考えます。先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全国の出生数に対して、平均4%と言われます。

考えられる要因は、高齢出産、ウイルス感染などですがある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素がビタミンB群の一つである葉酸です。
とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、妊娠している女性には、葉酸が一番大切な栄養素だと言い切っても全くオーバーではないのです。

妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。

しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。



ですから調理のために加熱することで熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。


一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。
例えば、果物では、イチゴ、ライチに多いことが紹介されています。


それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースを飲むのも良いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Soichi
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uoat4m6tc5ugsu/index1_0.rdf