屋根裏収納 その2

December 15 [Sat], 2007, 5:00
なんだかんだで、それなりに更新が続いちゃってます(笑) ちょっと弱音を吐いてみましたが、ネガティブシンキングになってしまっていただけかもしれません。ただ、そんな部分もそのまま記事にしてしまっても良いのかな??とも思ってます。

基本的には自分の記録の為のブログなので、「この時、ブログ続けようかどうか悩んでたよなぁ〜」ってのも記録の一つなんじゃないかと。その記録を見にたくさんの人が来て下さっているのも事実ですが、それに振り回されないようにした方がいいんじゃないのかな。

かなり独り言っぽく始めてみました。

まだまだ、上位を目指していきます!! ご協力のぽちっとお願いします。
  ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓   ↓
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログへ

結局、雲太家の屋根裏部屋ですが、建築士さんからきつ〜い一言が
「雲太家の2Fの場合、一番高い所でも高さ1mちょっとしか取れないですね。それでも屋根裏収納付けられますか??」

ええ!? そんな程度の高さにしかならないんですか!!??
雲太がイメージしてたのとはかけ離れてます。検証してみると(正直、遅いんですけど 笑)

現在の雲太家2Fの屋根のかけ方はL字型の切り妻です。

アイムホームさんの標準屋根勾配は4寸勾配(平行に10行くと4上がる)です。

従って、天井高さ1mを確保しようとすると、壁面から2.5m必要なことになります。

赤枠の内側が高さ1mの範囲です。

せま!!!

ちょっと笑えますよね。これではさすがに小屋裏収納とは呼べませんね。

切り妻屋根にした時点で、なんとなく屋根高さが高く取れるような気になってましたが、実際こんなもんなんですね。

計算上で一番高い部分の高さが1.1m 小屋裏収納にするために、最低限の内張りをすると一番高い所でも1mを割り込む可能性も出てきます。

何とか屋根高さを高く取って、小屋裏収納を取れるようにしようとすると、こんな案も。


南側(写真だと奥側)の幅の広がっている部分に大屋根をかけて、屋根高さを出すともうちょっと頑張れます。

この屋根のかけ方で、天井高さ1m以上のエリアがこんな感じ。

屋根のかけ方を変えてもこんなぐらいしか取れません。

幅2m、長さ7mで14平米。8.5畳分ぐらいです。

天井高の最高点で1.4m 内装材が入るともう少し低くなる計算です。あと、この方向で屋根をかけてしまうと、ベランダの上に軒が出ないと言う弊害が付いてきます。正直な所微妙ですね。

あと、ヨメ様に言われてこの一言も効きました。
「そんなに収納をいっぱい作って、何入れるの?? はしごを上ってまで入れなあかん??」
確かに、屋根形状を変えて、余分な予算を振り分けてまで、絶対に必要??と聞かれると即答できません。

また、収納フェチの血が騒いでるだけなのかも・・・と、自分でも思います。でも、備えあれば憂いなし!!と言うのもありますよね。

まだ、今すぐ結論を出さなくても良いとのことなので、もうちょっと悩んでみようかと思います。

屋根形状だけ後者にしておいて、後はその場しのぎで考える(笑)っていう裏技もありかな??なんて思いながら。

アイムホームさんには、色々と無理を言っているので、あんまりわがまま言うのもどうかな??とも思いますが、せっかく信頼できるスタッフに恵まれたので色々ぶつけてみようかな??とも思ってます。

それで「無理です」と言われてしまったら、引き下がりましょう(笑)

最後ですが、こんな屋根形状も考えて見ました。ヨメ様には「変な髪型した人みたいやから、絶対いや!!」と言われてしまいましたが。
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

初めまして。お薦めは半大屋根構造にして、とにかく屋根裏を立って歩ける1.8メ−トル確保して、ロフトをあえて作らずに将来の夢にします。
ロフト分のお金を屋根に掛けて、後年必要になったときに自分で施工するのです。
壁に穴を開けて、桁と梁に厚手の合板張り付けて、後はいろいろと自分で内装するのは楽しみですよね。こんな楽しいことを金を払って人にやらせる手は無いですね。
それに固定資産税も・・・・・・。私はしばらくしてから、おもむろにやりました。
自分でやる気が有れば必ずできます。

by 雲 December 20 [Thu], 2007, 17:12

>ふぁんふぁんさん

わざわざこちらにまでご回答に来て頂いて、ありがとうございます。ちょっぴり恐縮です(笑)

やっぱりロフトははしごなんですね。固定階段に逃げれるのかな??とも思ってのご質問だったのですが。
ヨメ様の突っ込みの回避案にはなりませんでした(笑)

軒の出90cm、絶対いいと思いますよ!!
雲太家は1mのベランダに50cm程しか軒が出ないので、どうしようかな??と思っています。

木造の引き込みベランダは確かに否定的な意見が多いですね。
でも、それを踏まえたうえでA社が賛成しているのであれば、全く問題ないんじゃないですか??

雲太も一時考えましたが、ベランダ隅の柱が取れずに断念しました。

「コストダウン案が別の部分でも良い効果を生む」←これが決まるとすごい嬉しいですよね!!

by 雲太 December 17 [Mon], 2007, 7:04

雲太さん、こんばんは^^。
自分の記事をこんな時間に書いたあと、やってきました!
これから持ち帰り仕事をする無謀な状況です^^;。
上棟式にお休みをもらうので、仕事はすっきりさせたいですしね。。

さて、ご質問にお答えします!

ロフトへは梯子を使って上ります。
子ども部屋(2つ)それぞれから上れるようにできているのですが、
いずれは子ども部屋を仕切る日もくるでしょうから(今は間仕切りなし)、
梯子はそれぞれの部屋につけます。

90cmちょっと屋根がかぶる状態です。
軒自体は50cmくらいなのですが、実はバルコニーが1階に少しかぶって
いるんです。
総2階から、2階部分を45cm引っ込ませ、そこに奥行130cmちょっとの
バルコニーをつけています。引っ込ませた部分はファミリースペース
なのですが、理由としては…コストダウンのためだったりします^^;。
引っ込ませた分、結果的にはバルコニー上の屋根が多くかかるようになり
結果オーライでした^^。
1階にバルコニー部分がかかるのにも賛否両論ありますけれどね。
(防水の関係でイヤがるHMも多いみたいですが、A社は大賛成でした)

とりとめないレスですみません!

by ふぁんふぁん December 16 [Sun], 2007, 3:53

>はるはるさん

いつもありがとうございます。

最高部で1mだと、収納としても使えませんね。
もしも小屋裏収納をつけるとしたら、2案(大屋根)の屋根形状にしないといけないですね。

冷暖房効果が小屋裏が広い方がいいのか狭い方がいいのか・・・ちょっと理解しきってないので、そっち方面からアプローチして見ようかと思っています。

また結果が出たら記事にしますね。

by 雲太 December 15 [Sat], 2007, 20:02

>ふぁんふぁんさん

コメントありがとうございます。

ロフト、いいですね。最初から計画に入っていると、無理なくいい感じでできそうですね。

5寸勾配もうらやましいです。雲太家も5寸ならもうちょっと面積が取れたんですけど・・・。雨仕舞いも絶対的に良くなりますし。

ロフトへのアプローチはどうなってるんですか?? はしご? それとも階段??
3階にならずにロフトにするためにはいくつかの制限があったと思うので、やっぱり最初から計画すべきですよね。

ふぁんふぁんさん家の軒の出は何センチなんですか?? 雲太家はベランダにかけても微妙な長さなので、それも検討の理由なんですが。

by 雲太 December 15 [Sat], 2007, 19:56

>雨仕舞い さん??

初コメントありがとうございます。

やっぱり屋根形状はちょっとでもシンプルな方がいいんでしょうね・・・。
最近は部材もしっかりしてきているので、少々の入隅ぐらいは大丈夫だと認識してはいるんですが、20年30年後を考えると・・・、確かにシンプルに越したことはないですよね。

あちらを立てればこちらが立たず・・・。家作りは検討と妥協の繰り返しですね。

by 雲太 December 15 [Sat], 2007, 19:51

こんばんは。

小屋裏収納、高さ1mはきついですね。
収納は多いに越した事はないのですが、使い勝手が悪いと屋根裏収納を作った意味がなくなりますので、考え所ですね...。

しかし、最後の奥様の発言には大爆笑でした!
変な髪形ですか〜、確かに見えないことはないですね。(ごめんなさい!)

by はるはる December 15 [Sat], 2007, 19:25

こんにちは^^。
屋根裏収納と屋根のかかり…考えるといろいろむずかしいですね。
雲太さん&アイムホームさんなら、今後いいアイデアが浮かぶかも
しれませんよ^^。
ちなみに我が家は屋根裏収納ではないですが、ロフトを採用しています。
広さは2730mm×1820mm、2つの子ども部屋の真ん中に作り、
どちらからも上がれるようになっています。
収納がとれるという意味合いでもあり、小さいうちは子どものちょっとした基地
としても使えるかな?という理由でこのような配置にしました。
高さは1.4mくらいです。
うちも屋根の形状は切妻(5寸勾配)で、屋根のいちばん高い部分に
ロフトがくるような設計になっています。
ロフトの希望は早いうちに(住宅展示場訪問時!)具体的に伝えていたので、
ロフトありきの設計にもともとなっていたように思います。
軒の出も重要ですよね。
我が家は共働きで、リアルタイムに天気のご機嫌に対応するのがむずかしい
ので、ベランダ部分の軒の出は多少確保しました。

まだじっくり考える時間があるとのこと、また記事にして下さいね^^。

by ふぁんふぁん December 15 [Sat], 2007, 10:30

収納から少し話が飛びますが、参考までに。
屋根の形状ですが、雨仕舞いを考えると、入隅部(雨水が集中するところ)がないので、将来の雨漏り対策を考えると、2番目の屋根が良いと思います。
ただ、文中にあるように、庇は利用できません。
考えどころですね。

by 雨仕舞 December 15 [Sat], 2007, 6:21
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:雲太
読者になる
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
最新コメント
雲太
» National ES8015 バッテリー交換 (2018年01月13日)
Nemo
» National ES8015 バッテリー交換 (2018年01月11日)
雲太
» National ES8015 バッテリー交換 (2017年11月03日)
黒猫
» National ES8015 バッテリー交換 (2017年10月29日)
雲太
» National ES8015 バッテリー交換 (2017年01月28日)
雲太
» 電気ストーブを購入 (2017年01月28日)
take-chan
» National ES8015 バッテリー交換 (2017年01月27日)
カツラ
» 電気ストーブを購入 (2017年01月22日)
たまこ
» 一部変更合意の結果 (2016年07月04日)
雲太
» ナカサ NHC-300 バッテリー改造 その2 (2016年03月21日)
http://yaplog.jp/unterrichten/index1_0.rdf