車の長距離運転中にめまいがする原因と対処法!アレで解消できる? 

December 29 [Tue], 2015, 21:02
「車を長距離運転するとめまいがする事があって怖いんだけど…!?」



車の運転中にめまいがすると、大きな事故になることもあり、
かなり危ないですよね。

しかし、仕事などで運転していたりすると
なかなか運転をやめることもできませんよね。


「なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは思いませんか?


■車の長距離運転中にめまいがする意外な原因


めまいの原因はいろいろあります。


普段からめまいがする場合は、
脳梗塞、脳出血などの脳の異常、耳の異常、貧血、
高血圧、低血圧などが原因と考えられます。

これらの場合は直ちに病院で診てもらう必要がありますよ。

車の運転以外でもめまいがする時は、
一度病院で診てもらうことをおススメします。


ただし、車を運転している時に限ってめまいがする場合、
別の原因でめまいがする事と考えられます



あなたが車の運転に慣れておらず緊張している場合は、
自律神経の乱れや血圧の急上昇などが原因のめまい

可能性が高くなりますね。

これらの場合は、充分に休憩をして
心身をリラックスする必要がありますよ。


あなたが車の運転に慣れている場合、
目の疲れが原因のめまいの可能性があります



車の運転は意外と目が疲れます。

信号の光や車のヘッドライト、カーナビの画面などからは
ブルーライトという光が放たれていますが、
これは目にダメージを与えます。

また、日中の太陽の光も目にダメージを与えます。

そして、多くの情報を目から得る必要がありますし、
前方を集中して見続ける必要も出てきますから、
思っている以上に目が疲れるんです。


それで、目が疲れると目の周辺の血液の流れが悪くなり
それが耳や脳に影響を与えるのでめまいがするようになります。

ちなみに、目の疲れが原因のめまいを「視性めまい」といいます。

また、運転中に視性めまいを引き起こしやすくなるのは、
ずっと座りっぱなしで血液の流れが悪くなることが
原因と考えられます。


■目の疲れが原因のめまいの対処法


目の疲れが原因のめまいは、とにかく目を休ませることが大切です。

日陰で遠くをぼーっと見ていたり、
蒸しタオルなどで目の周辺を温めて血液の流れを良くしたり
することで、目の疲れを回復することができますよ。

また、体を軽く動かして
全身の血液の流れを良くすることも大切ですよ。


そして、めまいが起こりにくくすることも大切です。

運転中はブルーライトや紫外線をカットする
サングラスなどを使うといくらか目の疲れを軽減できます。


そして、目の疲れを回復する働きのある食べ物を
食べるといいでしょう。

ブルーベリーは目に良いという事で有名ですが、
積極的に食べると目が疲れにくくなりますよ。


ただ、ブルーベリーはそれほど手軽に
食べることってできないですよね。

それで、サプリメントなら手軽に栄養素を摂ることができますよ。


「ビルベリースカット」は、
ブルーベリーの5倍ものアントシアニン(目に良いとされる成分)が
含まれているビルベリーから作られたサプリです。

それ以外に、ブルーライトを吸収する
ルテインという成分も配合されているんですよ。


運転中の目の疲れが原因のめまいから解放されたい、
と思っているあなたに「ビルベリースカット」はおすすめです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。
【ビルベリースカット】詳しくはこちら

























.