hiraeth 

July 02 [Sun], 2017, 19:56
「hiraeth(ウェールズ語、二度と目にすることが叶わないかも知れないという恐れを含んだ郷愁)」
「mangata(スウェーデン語、直訳は月の階段。水面に映る、道のように見える月明り)」

 日記全然まとまってないのですが!!
 速報を!!速報を出したくて!!!!

 真瀬浅緋様宅「あなたのメロディーを曲にします」企画にて、「極楽鳥」が公開となりました!!!
 企画ページへのリンクを貼らせていただきました!こちらから!
 歌詞もすごいので…歌詞とあわせて…是非歌詞と合わせてきいてほしい…ほんとうに………!!!


 実は一度「テスト版」で最初の出だしメロディーはちょっと聞いていたのですが、フル版・歌詞込で聞くとなんかもう…言葉もなく顔を覆って泣きむせぶ感じです…。
 歌あり版は何か本当に「空の情景」が浮かぶというか、なんだろう、最初の出だしでこう陽が昇るイメージで、そこから一気に青空を突っ切るイメージというか…ヴァルキリーの時もそうだったんだけど、真瀬様の曲のイメージは「透明感」は「空」ととても…親和性が高い気がします…!!(そういう意味ではジグムントのグングニルはとても重くて、続けて聴くと印象がまったく違って面白い)
 あと今回ヒュムノスを初使用とのことですが、こういう「直接的に口に出すとちょっと気障になりそうな内容」について架空言語で表現すると、すごくなんか…雰囲気が桁違いになるというか…。ロードオブザリングで、アラゴルンとアルウェンがいきなり「エルフ語」で喋りだすと、中身的には睦言に近くてそこまで重い話ではないのに、響きの美しさもあって「なんか壮大なことを喋っている」という錯覚に陥ったことを思いだし増した。架空言語は音の優美さと使われている内容のシンプルさがとんでもない魅力だなと思います。

 歌詞もめちゃめちゃツボが多くて…個人的に「がああああっ」と萌で濁った悲鳴を上げたのが、「継がれた命は空の青海の青に染まらずにたった独りで」「振り返らぬ至高の鳥 果てぬ道を行く」「理想卿に生きた翼 これ以上何を追う?」のフレーズ…。青に染まれない白…二度と目にすることがかなわない故郷に対する郷愁…終わらない旅…。「死ぬ」ということが一つの終わりだと思います(まぁパラレルだとちょこちょこ死んでますが)が、本編では「ゴール」というものを上手く定義できない女だなぁと思っています。「死ねば飛ぶことをやめられる」けれども「飛ぶことをやめたら死ぬしかない」タイプ…。そういう生物知ってる。鮫だわ(鳥属性はどこへいったのか)

 いまヴァルキリー・極楽鳥・グングニルと連続再生してるんだけど、ほんと「地に足がついてないフォーチューン系」と「重さを感じるジグムント系」という印象で、「はぁーーー」と感心のため息が出ます。(速度感も相当違う…ジグムントの曲だってメロディーラインのテンポは速いはずなのに…)
 時々いうけど フォーチューンが欲しいものを持ってるのがジグムントというか。「故郷(彼の場合は国とか世界いう単位になるだろうけど)」というものと当然のようにつながってるというのが一つ。そしてかつ「世界単位で運営ができる」ということは「今後、人間がナビやロボットを作ったように、そこの世界でいわゆる「人工知能」というものができる可能性がある」。ロボットと人、ナビと人と同じように、ナビが何か別の人工知能と生きる「理想郷」になり得る土壌があるプログラム…。
 「今なら言えるだろう ここがそう楽園さ」というタイトルを与えたとき、その楽園が9割がた現存していないがフォーチューン、楽園と言うほど楽園でもなく「方便」の意味合いが現存するのがジグムント、楽園があるなんて信じていないけれどママのために楽園と口にだすのがアンティエルド、話を盛るような感覚で「楽園」と呼んでみるのがクイント、どこでもそれなりに楽園だと思えるブルース。
 装音もすごい頑張ってくれてるんですよね…!時間さえゆるすなら装音使ってもらってる曲全部動画にしたい…さすがにそれは死ぬけど極楽鳥は…なんとか…。

 今土日は、「フェイト アポクリファ」「活撃刀剣乱舞」「シンフォギア」とアニメ三昧!
 オセロ様の売り子のお手伝いをちょびっとだけして、「売れるサークル」というものに震えを覚えつつ、執事喫茶スワロウテイルからの犬カフェでした…!割と色々イベント立て込んでいる…!!!
 来週はいよいよ速水さんのイベントです!(厳密にいうと違うけど)楽しみー!

過去の自分と解釈違い 

June 18 [Sun], 2017, 9:24

 最初に私信
 EXEシリーズはとてもいいし、「本家ロックマンが分岐した世界」という解釈の世界観なので、是非やっていただきたい!!です!!!!一度はプレイしていただきたい良ゲーム…!

 「king of prism」の衝撃から抜けきっていないほう、蒼牙ですこんばんは!
 ダンスシーンはMMDなんですけどほんとMMDすごい…そして相変わらずプリズムの暴力にあふれている…
 ところで「キンプリ嵌る人はハイローも楽しめるとおもう」という噂を聞いてハイロー(映画版)をみたのですが、キャラが誰が誰だかまったくわからなくて首をかしげながら最後まで視聴しました。キャラ(というかチーム)ごとにテーマソングがあるあたりとかは、「なる…ほど…?」という感じなのですが、そもそも人物把握が上手くできなくて…。なんで世の中の皆さまは見分けがつくの!?「君の名は」なんて比較にならないくらい難しいよ!?…とおもったのですが、どうやらドラマをちゃんと見てればよかったのですね…なるほど。
 ということで、プリズムの暴力感想含めざくっとした日記を!

6/17
 大エルミタージュ美術館展!ロシアが買い集め、エルミタージュ美術館に所蔵されている絵画の紹介です。展示広告みたときは「またクラーナハかぁ…」という気持ちがなかったわけではないのですが、実際は1600年代以降という感じで、絵柄というか人物の顔もずいぶん写実的な感じのものが中心です。
 個人的に「鳥のコンサート」がすきだったかな。このフクロウの途方にくれたような表情が何とも言えません。

 そのあとは翔野様とばんごはん!なんですが、この二日間低気圧と腹痛に殴られ続けていたためよろよろ帰宅。何かイロイロひどかった記憶があります…服装とか…。

6/18
 観月さんとstoさんとキンプラしばきー!
 「キンプリ」は一作目、キンプラは「king of prism 〜pride the hero〜」の略称なので「キンプラ」だそうです。
 相変わらず圧倒的な情報量ときらめきの暴力でした。
「尻から蜂蜜が出るアニメ」というのは重々承知してましたが全員が全裸になるまでの初速がすごい。富士急ハイランドのドドンパ並みの初速でした
さわやかすぎるV字開脚(2
分くらい、画面左下)
・創世のアクエリオン「1千年前から愛してる」
・オルタニキアレクが腹筋から空爆
・パックス・ロマーノならぬパックス・ヒローノ
・100億の負債を抱えるエーデルローズに所属するカズキ先輩が浮かせた工事費1200億
 なんていうか、きらめきに押し流され、そのまま流れるようにキングブレード(色が変えられる電池式サイリウム)を購入して、「応援上映」へ。途中カラオケで観月先生による「キンプラ応援 傾向と対策」を
 応援上映は比較的自由に笑ったりサイリウム振ったりできる…とのことです。キンプラは「プリズムカップ」という名目でダンスバトルシーンが充実してるので、ライブ応援の感覚でサイリウムが振れるのがとても面白い…。
 刀剣乱舞MMDを見るたび「えげつないなー…」と感じる完成度のものがあるんですが、ルヰの2番目のダンスシーン、キトンっぽいドレスがふわふわとたなびく様はちょっと目を疑いましたね…美しすぎる…。3Dモデルの無限の可能性を感じました…。
 応援上映はせっかくならばサイリウム振らねば!とおもっていたのですがルヰのところだけはダメだった…2回目にも関わらず見入ってしまいました。帰る頃にはすっかりきらめきに洗脳されています…こわい…。

6/23
 9月のドバイ旅行の計画を立てる!「正味二日(かつ金曜日の午前中は市場などお休みのため)実際あんまり時間ないなぁ…」という気持ちです。オプショナルツアーをフルに活用するけど、昼間のブルジュハリファは…やっぱり無理なのか…?ブルジュハリファからの「夜景」ってどんな価値があるのか…???あと誕生日とドバイ旅行がかぶっているので、金の市場でネックレスでも…とおもったのですが…ぬぬぬ。

最近消費したもの
・ハイ&ロー the movie
 キンプリみたいって言われたけど全然キンプリみないよ!!
・ネフェルティティの微笑(栗本薫 著)
 失恋でエジプトにとんだ青年が殺人事件に巻き込まれて…という話。栗本さんの美形描写が好きなんですが、今回は美形がちょっと少ないのが残念。改めて本って楽しいなと思うのですが、図書館がちょっと遠いのがつらい…もう少し近くにあればなぁ…。



 そういえば先日X語りしたのと、ジグムントがそろそろ登場10年目(2007年6月26日初出)で、ふと「過去の自分とずいぶん解釈違ってるなぁ…」と思ったので、イケメンジャー+αの初出馬を追記にまとめてみました。

分霊にも限界がある 

June 13 [Tue], 2017, 21:42
「故郷を焼き終える頃には すっかり涙も枯れていた」
「bird of paradise」
「彼等が天国の鳥と信じたのは、足を落とされ腸を抜かれた哀れな躯だったのである。」
「誰も知らない言葉で愛を歌う」

 プラナリアを「技術の粋をつくし細かく刻んだ」ところ、すべて復活し、「刃物の前では無敵」という結論にたどり着いたという話を見てひとしきり笑ったほう、蒼牙です!技術の粋をつくしてプラナリアを…刻んだのか…!!技術の粋をつくして……!!!
 一時期は落ち込んでおりますが、真瀬様宅の「メロディーを曲にします企画」で、むかーし歌詞を書き最近すこしだけメロディーをつけた「極楽鳥」というタイトルの曲、ただ曲をつけていただくだけでなく、「歌詞を再構築」「架空言語で歌詞をつける」というすごい感じになっており、「落ち込んでる場合じゃねぇ!!(ガードレールを飛び越えるリアクション)」という気分で毎日過ごしています。
 
 さてさて、今日は、フォーチューンのはなし。
 極楽鳥というのは風鳥の別名。イメージこんな感じの 割と「ド派手」な感じの鳥です。

 わりと「白鳥」「孔雀(主に白孔雀)」「鳩(主に白い鳩)」あたりの白い鳥がフォーチューンっぽいイメージで、(あとはまぁフェニックスとかカラドリウスとかのガチ伝説の鳥かな…)
白鳥→「白い」「渡り鳥(一か所に永住しない)」「優美なイメージ」「インド神話、サラスヴァティーの乗り物(どちらかというとフォーチューンはラクシュミー寄りのイメージなんですがまぁ日本にきたらどっちも弁財天扱いです…)」
孔雀→「白孔雀は白い(雄だけど)」「とにもかくにも富や美しさの象徴」
鳩→「白い鳩は白い」「特に白い鳩は平和の象徴」
 という感じなのですが。
 さてさてそんな「白い鳥推し」のはずのフォーチューンの曲タイトルが何故「極楽鳥」かというと…まぁ色味云々というより、「楽園の鳥」という言葉の並びが一番です!!!!
 それから最近、友達とロックマンXの話をしたときふと思いだしたのが…実はもう一つ「風鳥」にまつわるエピソードが個人的にとてもものがなしくてすきだというのがあったきがします。
「オオフウチョウが西洋圏にもたらされた時、各個体は交易用(剥製用)に足を切り落とされ、内臓を抜かれた状態で運ばれていた。そのため、この鳥は一生枝にとまらず、風にのって飛んでいる bird of paradise (天国の鳥)と考えられた。また、(内臓がなかったとされていたことから)昔風をえさにしていたとされることから「風鳥」と名づけられた。(wikipedia一部記憶で修正)」というエピソードがありまして。
 天国の鳥とみなされたものが ただ持ち運びのために足を落とされただけのものだったことに対する、誤解というか。
 楽園と呼ばれたものは、その実数多の犠牲の上に人間を生かすためだけの機構になり果てた皮肉というか
 神と呼ばれたものがその実まったくただの犠牲者だった皮肉というか。
  そういうちょっと皮肉な意味を込めて極楽鳥というタイトルだったような気がします(本当にうろ覚え)
 そういえば駄目ンバーと話す中で、X〜ゼロ中心の期間のフォーチューン&アンティーが何をしていたかをつらつら喋ったので、そのときのログを一部抜粋しました。
 自分用メモでしかないのでまったく親切じゃない仕様です。もうちょっといい感じに書き直したい…。
 もうちょっと「怪物を処女懐胎して母親にされた女が、英雄を産んだ、と胸を張れる聖母になるまで」みたいな感じをだしたい…んですが。聖母は神やなにか聖なるものを産んだから「聖(なる)母」なのであって、ただ単純に包容力があってバブバブさせてくれるキャラはただのママなんだよぉ…。




夏になりましたね… 

June 07 [Wed], 2017, 21:07
 生きてます!
 各方面にご心配かけております!!!!

 返信不要でメッセージくれた方もアフターヌーンティー声かけてくれたかたも、この場を借りてお礼申し上げます。蒼牙の元気は(このブログを)ご覧の皆様に提供されておりますほんとうに…。
 さて、前回騒いでいた案件については、結局ダメになってしまいました。そしてまた、そっちにかかかりきりになっている間に、別の案件をダメにするはめに…。もうちょっと早ければ…とおもうとめちゃめちゃ落ち込むし、その前後で上司を盛大に怒らせほとんど口をきいていません…。今年異動だとはおもうけど、あと半年以上が辛い予感しかしない…。
 いやそういう「異動」という逃げの方向でいつも話をしているから仕事ができるようにならないのでは?とか、「辞めろ!」といわんばかりに地方に飛ばされるという可能性は…大いにありますけどね…。
 まぁ、それはなるようにしかならないし、どちらかというと自分にダダ甘な人間なので、死ぬまで働くということはないと思いますので…そこのところはご安心ください!
 暇な仕事に転職して一日二時間インプット(本読んだり映画見たり)して、一日二時間アウトプット(絵描いたり文を書いたり)したい…。そのためにはやはり、毎日17時に終わる仕事をする必要がある…!
 台湾旅行、カフェバーキリン、京都旅行ログです…!色々と遊び歩きすぎている!

【台湾旅行 5/27-5/29】
 前回はクラブ○ーリズムさんのツアーで台湾一周、でしたが、今回は「高級ホテルに(友達の社割で)泊まる」という女子会っぽい旅でした。
5月26日
 荷造りが終わっていないのに21時まで仕事。「明日の私にご期待ください」と言いながら寝る。
5月27日
 朝四時に起きてもそもそ荷造り。二泊三日だから荷物は軽め。
 充電していたカメラの電源をいれたところ、「ズームエラー」の二文字。ついにカメラがダメになってしまったっぽい?と思いながら電源オンオフを繰り返してなんとか復帰。
 飛行機は早朝のバニラエア。成田空港3番ターミナルのプレハブっぽさが何とも言えず情緒不足な感じです…。(個人的に成田空港のめちゃめちゃ天井が高い感じが好き)そしてバニラエアの飛行機の小ささ(確か5列だった)に「高いホテルにとまるのにねー」などと笑いながら、席につくなり即安眠。
 唯一、富士山の上を通るときは目を覚まして一枚パシャリ。

 台湾の桃園国際空港についたけれども、フードコードが満席だったので市内に移動。(空港のフードコートはそれなりにおすすめとの談です)パスモのようなものを購入しました。正式名称は「easy card」だったかな…。殆どの交通機関はこれで行けるようになっているようです。
 桃園空港から台湾市内まで、バスだと一時間〜混雑次第で一時間半くらいのイメージでしたが、電車はとても…はやかった…。40分程度で到着しました。
 車窓からパシャリ。日本と比べると、なんとなく緑の色が濃い…ような気がする。天気のせい?このあと大雨になってしまいました…。

 荷物を引きずりながらまず向かったのは「行天宮」!
 「占い通り」とも呼ばれるちょっとスピリチュアルな感じのお店が並んでますが、印象としては新宿のはずれ、という感じ…。翔野さまがそこで「瑪瑙の印鑑を買う」と目星をつけていたお店へ。
 若干日本語が判る店主さんに出してもらった瑪瑙の印鑑を見るなり「これでいいです」とほぼ即決でした。仕事早ッッッ!?!?少しスモークがかった、桜とラベンダーのあいのこのような色合いでした。私もそれ見たら欲しくなったけど…とても即決できる気がしなかったので今回は見送り。
 引き続きガラガラとスーツケースを引っ張りながら、宿泊先の「マンダリンオリエンタル タイペイ」へ!!疲れと空腹でよろよろしていたので写真がありませんが、いきなりディズニーホテルに迷い込んだような見事さです。
 九份に向かう前に駅近くのフードコートで腹ごしらえ!…なんかフォーっぽい味だな、付け合わせも生春巻きって変だと思ったらベトナム料理店でした…。ほぼ日本のフードコート!!
 ただついてくるお茶はリプトンのレモンティー(甘い)みたいなところが相違点でしょうか…。
 九份行のバスに乗れる最寄り駅から出たところ、「九份まで一時間でつくよ!時間節約!!」と呼びこみをするタクシーに。片道900台湾ドル(2700〜3600円くらい)、往復1800台湾ドル(たぶん7000円弱)でどうよ!といわれ、道に自信がなかったのでお願いしました。500円くらいのバスで行くことを考えると、かなり高いけど…でも高速道路を飛ばして一時間もかからずついたので、いい感じに時間を買った!という感じかも。
 九分は千と千尋のモデルの一つになったらしい山間の町で、前回の旅行でも一度来ています。到着17時くらいだったかな…提灯が付く時間が少し早くて、人込みもそこそこ、まだ歩けるレベル…という感じ。

 二回目の九份ですが、改めて「あ、私ここ好きじゃない」とはっきり感じました。
・道が一本しかないから臭豆腐の匂いを絶対にかがなければならない(嫌な臭いから逃げる手段がない)
・とにかく混雑している
・雨の多い土地ということで、狭い通路を傘をさして歩かなければならない上に、雨がやんでも上から水が落ちてくる
 雨そのものだって綺麗なものではないのですが、、「どこを伝ったとも知れぬ雨が頭の上に落ちてくる不快感」は私の中で「かなり嫌なこと」に入るようです…。
 眺めはやっぱり面白いんだけどなぁ…。

 ひとしきりぶらぶら散策しましたが、途中で通った臭豆腐の匂いにやられており、食欲は減退気味…。タクシーに再び乗り込みホテル近くの夜市へ!名前は忘れてしまったのですが、南京復興駅〜忠孝復興駅の間くらいにある夜市です。そんなに大きなものではなかった…はず。果物屋さんでマンゴーとドラゴンフルーツを調達し、ホテルへ。
 夜のライトアップもきれい・・・

 コンセプトは「ヨーロピアン調」ですが確かにここだけ切り取られたら国籍わかんなくなるわぁ…

 ディズニーランドっぽいといわれても納得します。逆にいうとディズニーランドはやっぱりすごい…。

 幸い人が少ないので入り口パシャリ。ステンドグラスは白孔雀です…たまらん!カメラの調子が悪いのか、私の画像の作り方が悪いのか…滲んでいる…。

 廊下はこんな感じ。鳥かごの中にはいったライトとか演出がたまらない…!

 部屋はこんな感じ。広―い!あとライトがとてもきれいでした。

 この布団めっちゃ気持ちよかった…。

 「全室大理石のお風呂!」という話ですが、チェスボード柄の大理石の机もよかったと思います。林檎はあまり南国の果物のイメージなかったけどおいしかった…。
 お風呂はまぁとてもすごかったのですが…個人的に「あぁーお金かかってるーー」と一番実感したのはシャワーかな…。真上から水が落ちてくるタイプのシャワーと、プールや温泉にあるような固定式のシャワー、普通のホースつきシャワーの3パターンあったのですが、個人的に、真上から水が落ちてくるタイプのシャワーは非日常感があってとてもテンションがあがります。お風呂上がりのレッドドラゴンフルーツもおいしかったー!!

5/28
 この日の午前中は別行動ー!!
 翔野様は北投(温泉街)に金魚紅茶を買いに、私は変身写真を撮りに中山へ。台湾は朝ごはんも外で食べる人達が多く、それにあやかって朝ごはんを市場食べようなどと話していたのですが、見事に寝坊をして駆け込む形で「Magic.s」へ…。
 変身写真、昔母親に「誕生日これとかどう?」といわれたこともあってちょっと気になってたのと、あと日本だと一着6枚3万円位で、かなり割安感があるんですよね…。
 一枚は中国っぽいの、もう一枚は普段絶対着れないファンタジー調のものを!…ファンタジーのほうは携帯の映りが地獄のようだったので…出来上がった写真を見て…考えます…。かつてない量のつけまつげを体験しました…。

 …そしていま書きながらふと思ったけど、変身写真撮りたいのはたぶん母親なんだ…たぶん…。来年父親定年だから何とかして旅行をプレゼントしてあげたい…。夜店ぶらついて、変身写真撮って、故宮博物館を見る旅…。たぶん台湾だったら、そんなに贅沢しなければ、30万円くらいあればかなり遊べる…!(あとはもうちょっと台湾ドルに対して円が頑張ってくれれば!1台湾ドル3.3円と3.7円では気分的なものが違いすぎる!!)
 3時間みちっと撮影したあとは取り急ぎ食事ー。
 このボリュームでたぶん600円くらいだった…気がする…。左から、餡餅(餃子とか小籠包みたいな感じだった)、牛肉蛋捲餅(ちょっと甘じょっぱい牛肉を巻いたもの)、醤油餅(ほぼ炭水化物)です。
 ここもやっぱりお茶は甘いレモンティーみたいな感じでした。酸味があるのでまぁ飲みやすい!

 急いでホテルにもどり「ジェイド ラウンジ」へ!アフターヌーンティーにきたかった…!!
 ここの冥界水族館(およびレクスレギオス)のジグムントみというかフォーチューンみはほんと、画像見た瞬間「ブフォォ」って噴出したレベルなので、ちょっと公式サイトの画像をぺたり…!画像の左端にちょびっと見える窓側の席に通してもらいました。

 なお、私の撮影だとこんなもんです…!そしておじちゃんの頭が写っているのもご愛敬!!きれいな画像検索を強くお勧めいたします!!
  ソファーの背中に縫い付けられてるのは天然真珠です…お金がかかっている…。

 入り口に近いこちらのお部屋のほうが、絨毯も青くてイメージなんですけどね…!!あぁーここでいろんなキャラにお茶のませたい…。
 そしてお気づきでしょうが「高さはあるけど細長い」建物です、マンダリンオリエンタル。なかなかひろびろー、というわけにはいかないですね…。

 紅茶は延々お湯を継ぎたしてくれます。レザーカーブもきれい。

 スイーツ!!白鳥の羽はチョコレートなんですがめっちゃおいしかった…!
 全体的に少しずっしりと食べごたえがある感じのアフターヌーンティーでしたが、これで5000円しない(社割でもっと安くなっている)だったら、雰囲気代含めほんとお安いと思う…。

 お腹がいっぱいになったところで、台北101へ!
 高さ508m、2004年建設当初は「世界で一番高い建物」と呼ばれていました。私のお客さんも建設にかかわってたらしいので、ずっと気になっていたところではあります…!この段々のイメージは「竹」なんだとか。

 5Fくらいまではハイファッションばかりです。メインタワーを建物内から。

 ここは380m…くらいかな、89F展望台からの眺め。若干…窓に色がついているような…スカイツリーのようにクリアというわけにはいきません。

 DNAのようにねじれた螺旋構造の、台湾の超高級マンション「陶朱隠園」。完全に中空に張りだしている部分がすごすぎる…。

 390mの展望台からの眺め!!

 お土産物屋さんのどでかい珊瑚…。珊瑚と瑪瑙を非常に推してきます…。

 ホテルに一度戻ったあと、翔野様の希望で「CHA CHA TEA」というお茶屋さんに立ち寄りました。金魚紅茶といい、お茶には目がない同行者です。
 私は「自分で淹れてもどれも劣化してしまう…」が信条なので、お茶はあまり買わないのですが…ここで試飲させてもらったウーロン茶がほんとうに…今まで飲んだ中で段違いのおいしさでした。
 そのあとは火鍋ー。あまりの辛さに内臓全般ダメージがくるレベル…。足つぼマッサージで更に発汗し、よろよろしながらホテルに帰って、残っていたフルーツをいただきます。
 赤いマンゴーはミルクのようなこってりとした味わいが特徴だと思いますが、貧乏舌なので酸味の強い黄色とか緑色のマンゴーが好きです。
 ライチもおいしかったー!!!結局残しちゃったんですが…。


5月29日
 朝一番でプール!
 「あるなら入らねばならぬ」というMOTTAINAI精神です…。

 ここでヒェーと声を上げたのはタイルですかね…。
 箱根とか…沖縄とか…小樽とか…ガラス工芸で有名な観光地で売ってるペンダントトップみたいなタイルがぎっしりと…。「おかねかかってるなぁ(震え声)」とガチで思った瞬間でした…。プールにも受付の人がいて、エリアに入るとすぐに水を持ってきてくれたり…。至れりつくせりという言葉の意味を改めて感じます。

 ごはんはカフェ「アンドゥトロワ」で!
 先日「台湾風の朝ごはんが食べたいね」なんて話をしていたのですが、見事にありました…中国風おかゆ、温かい豆乳にひたして食べるパン、天心…。
 現地ご飯をおいしく食べてみたかったら、いいホテルの朝食に潜入するのも いいのかなと思った次第です。

 朝食後は竹里館という茶芸館へー!!ウーロン茶の正しい入れ方を勉強してきました!「とにかく熱湯をつかうこと」というのがおいしくウーロン茶を淹れるコツだそうな。
 
 そのあとは最後の買い物をし、空港へー。
「ヴィクトリアズシークレットの免税店にいきたい!」と広い空港を端から端まで歩きまわりました…。空港の中も色々ある模様。
 買い物、台北101、変身写真、グルメと、いわゆる「女子旅」みたいなことを満喫した二泊三日でした!
 とても楽しかった!とても楽しかったけど…やっぱり歴史系か自然系のものがあったほうが、いいかなぁ…。楽しかったしおいしかったけど、写真くらいしか自分の中に残るものがない感じ…あります。というか「創作のネタにはならねーな」という感じなんだ…

 バーキリンと京都は追記に!

またしてもイベント続き 

May 21 [Sun], 2017, 20:15

 急な暑さにぐったり倒れている蒼牙ですこんばんは…!! 
 5月はイベント続きで、休日についてはとても楽しんでいます!ということでログ!今日中に描きたかったのであっさりめ…!
 コス写真も入ってますので注意ー!!

5/3-5/5
 ナビクラコテージオフ!今回は贅沢に、山中湖に二泊三日でした。
 コテージということでバーベキューを企むも、あまりの外の寒さに断念。鍋パーティーしたあと、夜を徹してオフラインゲーム!全員で激辛人生ゲームをたしなみましたが…これは…激辛だった…!そのあとコヨーテ(数字当てゲーム)とエセ芸術家ニューヨークへ行くとワードウルフをプレイ。
 翌日はもそもそ朝ごはんを食べた後、ゲスラブからのクトゥルフセッションキャラクター作成!そのあと「枯山水」という「得を積んで庭を作るゲーム」をプレイ。私の庭、砂しかない…。

 そのあとポケモン見ながらご飯を食べ「伝説の指輪」と「コヨーテ」をプレイ!個人的にコヨーテは、1マッチが短いので、お風呂を待ちながらできるのが良いところ…!
 りゅーれんさん主催の世界観「狩りぐらし」でイケメンジャーの妄想をする。就寝。
 翌日起きたらほぼ出発タイム…コンプレックス人狼をプレイしながら解散。
 その帰りに、カロリー部メンバーで「洞窟居酒屋」へー!たしかここ、ちょっと前まで確か「シルクロード」って名前の中華料理店だったのですが、イタリアンになってとてもおいしくなっていた…。
 屈託なくワイワイ遊んだ二泊三日でした!
 残りの2日はコミティアとかも行きたかったのですが遊び疲れてまったく気力が残りませんでした…。

5/13
 蓮華様(倶梨ちゃん)、雪祈(鶴丸)、ほまれちゃん(貞ちゃん)とカメラのリバーさんで、刀剣伊達合わせー!私は光忠です。
 4人いるので、いろんな構図が楽しいです…!メチャメチャ楽しかったし出来上がったお写真はほんとに…すごかった…個人的に3枚目の色合がとてもすきで…刀にくっきりライトの色がのっているのが痺れます!!



 伊達の刀って皆金目で、刀ステも金色がイメージカラーだったとおもうのですが、ライトの色味がすごく綺麗になったなという感じ……!!!技術にため息が出ます…!!

5/14
 お泊りした雪祈を見送ったのち、翔野様とアフタヌーンティー…。いよいよ迫ってきた台湾旅行の打ち合わせです。
楽しみ!!!

5/20
 国立博物館の「茶の湯」展が6月で終わると聞き「曜変天目見なきゃ!!」と上野に向かいました。ついでに「バベル展」も見学!
 バベル展は「全体的に混んでて小さかったなぁ…」という印象です…。この時代って書き込みと色合はとても充実しているのですが、この時期に流行った絵柄のバランスがどうも好きな感じじゃない
 通称「枝葉の刺繍の画家」の聖カタリナ。冠、服の妙、それから後ろの木々の緻密さなどは本島に息を飲むレベルなのですが、頭(額)のサイズと胴体の厚みと腰の位置がどうも…好きになれない…。ちょっと前に西洋美術館にきてた「クラーナハ」もそうなんですけど…。

 そのあとボスの絵画(これはそこそこのサイズ)があって、その後はずっとブリューゲルの版画中心でした。
 ヒエロニムス・ボスの「快楽の園」を見たときも同じこと思ったんですが…ブリューゲルの版画も同じで意外に小さい。
 ボスやブリューゲルの絵柄については「美しい」というよりは「その発想はなかったわ…書き込みもすげぇ…」という感想が先立つのですが、サイズが小さいものを皆がじっくり「これは何だ?」と見ていくので列が進まない進まない…。最終的には人込みと眼精疲労に負けて、「塔を急いでみて帰ろう…」というテンションになってしまいました。でもバベルはすごかった。「ブリューゲル以後、バベルの塔の描き方が変わった」とナレーションされていましたけど、あのサイズ感は、「風景画を経た後でなければ絶対に出ないサイズ感だったな」とおもいます…。
 その後は茶の湯展へー。
 曜変天目、期中前半のみの展示のため、見られず。
 非常にがっかりして戻ってきました。曜変天目…あのキラキラが実際どんなものなのか見てみたかった…。
 しっかりと土をこねて作られたような風合いの茶碗をたくさん見ることができましたが、個人的な趣味として「つるりとして透明感が感じられる色合いで輝きがあればなおよく、かつ繊細なもの」が好きなので、趣味とはちょっと外れていたかなぁ…という感じです。

 アニメは相変わらず進撃とベルセルク追いー!正直夏アニメに期待大なので、今期は割と大人しいかも…。
 それとは別に気になっているのが、仮面ライダーエグゼイドです。監督がタイバニで、ストーリーが相当練り込まれているようなのですが、「コンテニューできない人間の命も、永遠に愛され続けるキャラクターの命もどちらも等しく守られるべきである。何故なら命は期限があるから尊いのではなく、「この世に産まれた」ことが祝福されるべきことだからである。って事を医療とゲームを例えに語る」みたいな感想をツイッターで見かけて…。
 たまたまゲームのキャラクターってテーマだけど、それってナビとかロボットにも言えることだなぁとおもうとすごく見たい…!(だけど時間がない)
 7月はFateととうらぶ活劇なので、とてもワクワクしています…!

 追記は「仕事つらい」です。土日お休みはめっちゃ楽しいけど平日がつらい…という、ファッション鬱の典型例です…。

心は燃えても、肉体は弱い 

April 30 [Sun], 2017, 10:30
「体は乗り物、はっきりわかんだね」

 最初にお聞きください。
 真瀬浅緋様宅「西洋浦島」にて、システム・フレイヤを装音ソーガに歌わせていただきました!!
 5/7までの限定視聴なのでお急ぎください!!システムフレイヤほんと…ボカロ・UTAU曲の中で2-3を争う程度に好きな曲で、それをとてもきれいに歌わせていただいているのでめっちゃ嬉しい……!
 私のシステムフレイヤ歴はとても長くて…たぶんサキ様に「フォーチューンっぽい」と教えてもらってからずっと好きな曲で、数年越しになんかこう…願いがかなったって言うと変な話ですが…非常に感慨深いものがあります。すごくうれしくて、同時に今とても不思議な気分なんだ…!!
 ほんとになんとかしてお礼をしたい…したい…うっ(泣き伏す)

4/23
 美女と野獣の映画見てきました!エマワトソンはほんとうにどうしようもなく美しく、そして相変わらずお金のかかったセットとCGでとても素晴らしかった…!!!
 改めて見るとベルももうちょっと上手く生きればいいじゃないか、とか、ガストン役のルーク・エヴァンス美しすぎて事案、とか、野獣がガチで醜い、とかドレスが解釈違い、とか色々ありますが。
 ディズニーのプリンセス映画で、男性の同性愛が肯定された作品だなぁ…と考えると少し感慨深いものがあります。ディズニー版美女と野獣の悪役として出てくる「ガストン」。彼はまぁ村一番の美丈夫だけれども粗野なナルシストで、その腰巾着のように「ル・フウ」という子豚のような男が出てくるのですが。今回これが悪役側のキーパーソンになるのかな、と考えています。この動画の36秒くらいで金属が鳴る「チャリン」という音が入るんですが、実写版だとこのル・フウ、酒場の人間達にどんどん小銭をばらまいてるんですよね。たぶん、ガストンのご機嫌をとるために。戦争から戻ってきたガストンを「村一番の男」として増長させたル・フウには、「男らしい男」に対するあこがれとそれからガストンに対する、(女房役的な)献身的な態度がちらほらみられる気がします。DV男に惚れた男が最後に目が覚めて新たな男に恋をするというホモ許容メッセージのような…気がします。他のプリンセスシリーズと違って美女と野獣は比較的作品として新しいので、そこまでプリンセスの性格をいじる必要がなかった分、メッセージを入れられたのかなと思います。
 それにしてもエマワトソンが美しい…。もし5年前に美女と野獣が実写化されたら間違いなくベルはナタリー・ポートマンだったんだろうと信じて疑わないのですが!!エマ可愛いよエマ。
 そしてナタリーのdior広告は美しすぎて平伏す。


4/29
 本日はミュシャ展にいってきました!
 ミュシャといえばアール・ヌーヴォーの代名詞。ガンダムWではミュシャ風タロットが公式から出たり、どのジャンルにいっても「ミュシャ風○○」を描いているひとが一人はいたりと、オタクの一般教養となっているミュシャ。大体パリにいたころの作品がオタク界隈では有名ですが、今回の展示の目玉は、ミュシャが晩年、「スラブ民族」という己のアイデンティティを懸けて描いた巨大な壁画「スラヴ叙事詩」全20枚の一斉展示が目玉です。
 写真死ぬほど下手マンなので実力不足なのですが、これは…是非みにいっていただきたい…。
 「見上げるほどに大きい絵画」って、どれくらい見たことありますか?
 個人的になイメージなのですが、絵画って、基本的に廊下に飾ることを前提としているので、横幅は広くても縦が3m越になることってあまりない…気がします。ボッティチェッリの「春」なんか比較的大きい絵画だなーとおもっているんですがあれも2mくらいで主に横幅…。教会の一枚壁画などはわりと大きくなる傾向がある気がしますが、教会のものが外されて日本にやってくるということはなかなかないですよね…。グエルチーノの展示が大型中心だったのは、展示してた美術館だか教会だかが火災にあって、という裏事情がありましたし…。
 だから、今回展示のスラブ叙事詩の大きさには 度肝を抜かれました。
 大きすぎて、全然カメラに納まらない。
 高さは4m〜6m、幅5m〜8m。サイズ感が、そもそもまったく普通の絵画のイメージと異なっています。写真は聖山アトス(一部)。ギリシャ正教の聖地で、今でも女人禁制の修道院です。

 圧倒された、と感想を書いている人がいましたが。サイズが本当に…信じられない。
 もちろんアール・ヌーヴォー好きな人向けに、パリ時代のものもポスター含めたくさんありましたよ!
 ブロンズ像めっちゃ美人だった…(ここは撮影禁止ゾーンだったので拾いもの画像です)

 余談ですが美術品の借入先所々、「堺市」という記述があって「なぜ!?」と目を剥いたのですが、大阪府堺市美術館にもミュシャの展示が数点あるらしく…USJと美術館見に大阪にいきたいなぁ…!
 そのあとはHASEO展へー!テーマは「黄道十二宮」および「花と人」。花と人のほうはミュシャモチーフの作品もいくつかありました。
 写真撮影OKだったということで、誕生星座であるおとめ座をパシャリ。プロのモデルさんを使っておりいずれもとんでもない美女そろいなのですが、おとめ座の人のあまーいお顔立ちが本当に好きなんです…。悪いこと企んでてもまったくおくびにもださそうな、そんな感じ。まぁおとめ座って名前のイメージに対し、一番夢のない星座という説もあるのですが…。

 写真を撮る際には物語を先につくる、というコンセプトなので、解説も大変楽しく聞けました。というかサンホラに似た世界観構成力を感じます…撮影技術とストーリーが強固なタッグをとったアーティストさんなので、ほんと、おすすめ。

 そのあとはハーゲンダッツベーカリーにいったのですが、あまりの混雑に断念。近くのカフェでひたすら創作語り…。次々に飛び出すパワーワードに爆笑の嵐でした。
・「王家の盾」という立ち位置のグラディオが股間をまさぐられながら「君のここは盾じゃないみたいだね」とか罵られるの 高度なエロスを感じる
・蓮華さまがフォーチューンのコスプレをするとき、お友達と相談したことが逐一すごくて泣いてる。蓮華様パッキリ美女なのですが、「多分彼女に一番最初に与えられたのは美しさだから、まず美女であることを意識しなさい(意訳)」「強い女というけれど、多分、その強さ取り外し可能。武力なんてなくても美しさで戦を収められる。だから武力は取り外し可能。」「母性はあるけれどもはスパイス。普段からママー!という感じではなくて、ふと見せる母親らしさを意識」そうフォーチューンは物理が弱くても強い…物理力は…世界観によりけりだけど…!物理力がなくてもえげつなく強いフォーチューンに相応しい世界観が欲しいなと思っています。美は力なり、「この人には勝てない」というオーラ的なものを感じさせる蓮華さまのフォーチューンが、ほんとすきなんですが…それはいろいろな討議の結果こうなったんだなぁとおもうと…本当にうれしいというか光栄です。私めちゃめちゃ雑で…たぶんふわっとしたままフォーチューンを出しちゃってるときもあるから…!
「ソーガ宅さんキャラは禁欲的というか、脱がせてはいけない感じがある。性的なにおいがしない。ジグさんって服脱げるんですか、乳首あるんですか、それすらわからない」「ゴホォーーーーーーー!!!(笑いすぎてむせる)」ナビ・ロボットというところがわりと原点ということもありエロとはほぼ無縁の生き物たちですが、「胎生生物だったらへそも乳首もありますよ!!」と勢いよく返すセンスがほしかった…。実際フォーチューンは「綺麗に飾っておきたい(お洋服脱いでるよりフル装備でショーケースに乗せたい)」から脱がせてない、ジグムントは「事務所NGがきつすぎてそもそも露出するのが厳しい」。意外とアンティーとかクイントとかブルースは平然と水着着たりするので…。もう最初の質問のあたりからゲラゲラわらっちゃってとまりませんでした…。ひっどい…生き物としての在り方まで問われてるのつらい…。いやそれが正しい在り方なんだけど!
 最後は場所を変えて、蓮華様宅のキャラの話とか「うちのこドリフターズ」!
ライユギは一緒であれば人生に後悔などないから、間違いなくドリフターズ。ジグムントもまぁ国がきちんと運営できていれば後悔はないのでドリフターズ、バラッドさんも自分が散々痛めつけて弱体化した相手からの必死の一撃(大勢に影響なし)であればドリフターズ・・・と、「悪役顔そろいのドリフターズ」になっておりました。フォーチューン・アンティエルドは「治安維持が得意そうなほうに加担する」イメージで…下手したら黒王側…。レイヤ君は主人公属性だし後悔がなさそうだからドリフ側で、エンデ側のウルズちゃんとミハイルさんと出会って三つ巴になるというおいしい展開!
 二週間後にはコスプレの伊達あわせでまたお会いするのですが、とても名残惜しかった…!

 そしてそのあとは美女と野獣スナさんと美女と野獣考察・・・とおもいきや相変わらずひどいミブフォーのはなし。男性キャラの脛毛の話とか久しぶりにしたわ…ひどい…。
 そしてやっぱりミブフォーってあまり執着のない組み合わせというか。(蒼牙宅はわりと皆執着薄いしミブロさんもそう…)こう…「きれいな…組み合わせは…どこですか… きれいというか頭の中身がまともな組み合わせは…」と血反吐を吐く羽目になりました。
 フォーチューンもなぁちょっと厄介なんだよなぁ。すでに英雄となった者たちに対して「あなた達でなければならない」とはいうけど。英雄的適性値0のクイント(いわゆる美形)より英雄適性値100のエイリアンを相方に選び、求められたらしれっと伴侶となる、そういう女です。

 追記は画像ですー。きゃらふととハニセレ!

そして気づけば一月が経過 

April 22 [Sat], 2017, 14:23
「恐れは愛の始まり」

 なんとなーくやる気が起きなくてぼんやりしている土日+人と遊んでいる土日を繰り返したら、一か月ブログがあいていたことに気付いて頭をかかえている蒼牙です!
 かれこれ3週間近く咳が続いていて、常に体力が削れているというのもあると思うのですが個人的には肩こりがやる気のなさにつながってたのかな…?春鬱も疑ったけどまず血行をよくしてから色々と悩め!という感じですね! 
 とりあえず3月〜4月の写真をまとめ!追記はなしにして来週また日記かこう…!
 4/22ということでよい夫婦ないし明日はよい夫妻の日なので何かやりたいのですが…

3/25-26
 長官が結婚式で東京に出てくる!ということで、お泊りのあと博物館にいってきました!
 大英博物館展!大英博物館は小さい頃一度行ったことがあるはずなんですが、本当に小さい頃なのでロゼッタストーンしか記憶にない…!イギリスは移動遊園地で転んで怪我をした記憶とあと迷路みたいな庭の記憶しかない!
 ダチョウより更に大きなダチョウ「モア」。肝心の標本は自分ががっつりうつり込んでしまったので、別の画像を…。成人男性よりはるかに高い位置に目線がある生き物。どんな視界だったのかと考えるだけでワクワクします

 始祖鳥。恐竜といえばグリーンのアオダイショウカラーのイメージが強いのですが、始祖鳥は黒い体毛だったという説があるようですね。尻尾の形がとても好き…。

 イギリスのすごいボンボンが趣味で買っていたシマウマとか亀。「なぜ馬車を引かせようとおもった・なぜ乗ろうとおもった」と難しい顔になります…。それにしても当時イギリスのボンボンってちょっと私達がイメージできるボンボンと趣が違う!

 シタバチ。三葉虫をアクセサリーにしたとかクマムシをアクセサリーにしたとか、奇抜な装飾品がいくつかありましたがシタバチのほうがよっぽどキラキラしているとおもいます…。

 大きな鹿の骨格標本。twitterとかで「ヘラジカの動画」を見るたびに震えあがるんですが、なんでこんな大きな角を持っているのに生きていけるのかが不思議です…。だって森の中でしょ…!

 「集団で交尾している最中に窒息死した三葉虫」というパワーワード。

 大英博物館のボード。現実の建物とは思えない美しさ…!

 個人的にはそのあと回った地球館も素敵でした。常設展は普段結構スルーしてしまうところなんですが、友達の解説付きでよく見てみると面白い…!一番上のフロアの剥製コーナーで「あの動物には乗れそう」とか馬鹿な話をするのがとても楽しかった!

 あと地下の骨格標本ゾーン…!アーケロン(古代亀)の標本は、福井の恐竜博物館で見たときから恐怖

 日本館にはその他ハチ公の剥製や自然に出来上がってしまった女性のミイラの写真など…。女性のミイラの写真については「カメラ禁止」という注意書きがあったかな。
 改めて写真みながら当日のことを思い返すと、「想像以上に死体が多いなぁ」という印象でした。「自然」がテーマである以上当然なんでしょうが、最近は絵画中心、あとは刀とか古い機械とか土器とかばっかり見てたからかなぁ…。
 そして絵画といえばバベルの塔とかエルミタージュとか行きたい!!

4/1
 雪祈と靖国神社に桜撮影に!
 寒すぎて涙目になりました…満開予想は4/1だけど、実際今年は4/3〜4/5くらいだったようですね。丁度祖父母がこのあたりで東京に遊びに来てて、桜が綺麗だったと嬉しそうにいっていました。
 残念ながら五分咲きといったところ…ただ雪祈のカメラはめっちゃ高性能なので、「桜の花の固まってる所を狙って撮れば全く問題ない」との談。…まるで剣豪のようなセリフです。
 色合は淡いけどさくらもちのおいしい匂いがする桜

 こちらはピンク色つよめ。下から見上げるように撮っていてふと気づいたんですが、桜ってこんなに下を向いて咲く花だったんですね…?たまたま…?でも間違いなく上向きの花ではない…

 牡丹はとてもきれいでした。思ったより花びらしっかりしてる。

 お庭ー。

 そして刀剣茶寮のとうらぶコラボが当たっていたのでごはん食べに!ランチョンマットかわいい…鶴丸が花丸の時より美少女具合が強いのと、やっぱり活劇といえば兼さんですね…!

 といいつつ兼さんの顔がっつり切れてしまっていた…。

 食事は上手に撮れていないので割愛!普通においしかったです…。直前に散々パンケーキ食べてから行ったので丁度良いくらいでしたが、普通だとちょっと物足りないかな。

4/8
 同期のお友達とランチー!浜松町のインターコンチネンタルです…。
 調度品がどれもすごくて、ちょっと震えながら待機してました…。写真はベジタブルブーケ!
 
 
4/9
 この日に翔野嬢とブラジル料理ー!!
 店の中暗くて写真は撮らずじまい!ほんとはアフタヌーンティーにも行く予定でしたが、生憎貸し切りだったということで散々彷徨った挙句ソーガ宅で旅行の計画。台湾のマンダリンにいってまいります!

4/15
 いつもの駄目んバーでマリカー大会!
 ニンテンドースイッチがほしい…!マリオカートが上手になりたい…!
 けどマリオカートを上達させるためにつかう時間を落書きにあてたいという気持ちも強いです!ぼんやりツイッターを見てる時間を書けばいいのにそれができない惰弱体質…!

4/18
 GINZA☆SIX プレオープンに参加!
 私のカメラ力は上に並ぶ写真の通りなのですが
 どこから撮影してもフォトジェニックなのすごい ぎんざ・しっくすすごい。

 たぶん大盛況になるであろう築地バル。まだオープンしていなかったけどここはおいしそうなお店がたくさん…!

 比較的最近銀座にできた大型商業施設、といえば東急ですが。
 個人的には東急より全然見やすいイメージです…そして表参道ヒルズよりもはるかに動きやすい…。
 あと屋上がね!!素晴らしいんですよ!!ここ銀座のど真ん中やで!!って言いたくなる!!
 一度は訪れてみるといい場所かなーとおもいます!


 すごいなんかこう…インターコンとかブラジル料理とかギンザシックスとかこう…写真があと20枚くらいあればキラキラOLみたいな…ブログにできるのにな…と我ながら思うのですが…所詮オタクである。
 オタクなことがしたい!体力がこい!!(じたばたしながら)

彼女が堕ちる地獄の話 

March 19 [Sun], 2017, 22:05
「あなたを神様と呼べればよかった」
「幸福な世界は英雄を求めない」
「トゥルーエンドがバッドエンドで、バッドエンドがハッピーエンド」

 内輪でオリナビがちょこっと再燃、また別のところでEXE〜流星の間の話を聞いて悶えている方蒼牙です!
「EXEを『めでたし、めでたし』のハッピーエンドで終わらせなかったのが流星の存在」という気持ちはめっちゃありましたが、そうじゃ無い解釈が聞けてほんとよかった…。
 とりあえずこの三連休の日記です!

3/18
 サキさんと鷹カフェ→インスパイヤ→カラオケおデート!
 ほんとはピューロランドからおデートの予定だったのですが…私のいろんなミスで鷹匠喫茶から遊んでもらいました!!
 フクロウカフェは割とフクロウモフモフできたりするのですが、このカフェは本当に鷹を眺める!!以上!!という感じ。(ココアのみましたがおいしかったです)鷹…はぁ…鷹…素晴らしい…とひたすらうっとりする一時間でした。
 大きさは鳩、全体的な色合はなんかスズメに似てるようなこのこが手前にいましたが(でもまぁ肩のいからせかたはやっぱり猛禽だなぁと思う)

 カメラを向け続けていたらにこーっと笑ってくれました。可愛い。

 たぶん一般的な「鷹」のイメージに比較的近いのがこのこ。本当はもっと鷹!!という感じの番(?)がいたのですが、丁度こちらに背中を向けているので撮れず…。

 ひときわ美人だなぁーと思ったのがこの子。黒目がちなのがとても良い…

 あと茶色ォ!という色合いではなくアッシュグレーっぽい色合いなのがまた素敵です…!

 そのあとは栄養不足を解消すべく無印カフェでランチ→「インスパイヤ」へ!スパイ体験というよりは謎解きアトラクションという感じでしたが、謎ときに慣れていない私とサキさんは二つ目の謎解きで脱落…!USJのバイオハザードのスケール1/6という感じなので、多分慣れてる人がいればクリアできる…はず!
 その後はカラオケでグダグダ歌ったり喋ったり…。最近の創作の関係で、サキさんのスケブが筋肉で埋め尽くされている…!!とてもいい筋肉でした…!!!
 スケブタイムの時は美形のPVを流すのが通例なのですが、Lady Gagaの「JUDAS」を流したところでふと、一昔前に教えてもらったズンドコJUDASという動画を熱烈におすすめしてまわっていたことを思い出しました
 JUDASのPVと歌詞をみてズンドコ節とどう混ざるのかみてほしい…ほんとに…わけがわからない…。
 そしてニコニコ動画見てみたらJUDASまでモーションがある…だと… あまりの充実具合に頭を抱えています。

3/19
 けーちゃんとビリヤード→ダーツ→トランポランドデート!
 ラウンドワンにて人生初ビリヤード…!ラウンドワンですがなかなかお洒落なスポーツで、なんかこう…トレスやりたいなとおもうポージングがしばしば…!でもなんか、球を突く位置等を考えればある程度動かせるイメージがあるのですが、逆にダーツは「当てようと思えば思うほど」ずれていく地獄…。
 本当に…腕の位置とか角度によって再現性が変わる運動が苦手です!
 個人的にはトランポリンは跳ねてるだけでテンションが上がるので、とても楽しかった…!
 でも何より楽しかったのは、カフェでの創作(オリナビ)語り!!
 別のところでオリナビ熱が戻っていてぽちぽち設定など練り直しているのですが、けーちゃんと話してふとでてきた
 私ほんと流星の世界観が出てきたときつらくて…。いやもう今だから言えるところなんでしょうけどほんとEXEをずっと追いかけてきたから流星という世界観にナビと人が否定されたようでつらくて…つらくて…。正直ナビから流星に至る物語についてはあまり考えてなくて、むしろ度重なるネットナビの暴走とか反乱により「イレギュラー狩り」的なノリで一斉削除されてたんじゃないかとおもってたんですよね。
 流星2だったかな、PETがゴミ捨て場に無造作に捨てられてたあたりで完全に心が折れたというか…。「だめだ流星の世界観見たらフォーチューンは絶望するレベルだしアンティーも若干がっかりするレベル、ジグムントだけが涼しい顔で『私が正しかったようだな』とぬけぬけとのたうまう世界観だこれ…」と思ってから一時創作に浸かり始めたような気がする。
 ただなんか、カフェで語っていた時にふとけーちゃんが言った
「強化プラスチックは40年程度で劣化するが、流星で捨てられたPETはまだそこそこの見た目だった。ナビの滅亡は、データ移行等の延命措置がかなわずゆるやかな衰退を迎えた結果ではないか」
 という一言に、思わず顔を、あげました。
 あぁもうEXEやり直したい(頭を抱えながら)ロックマンEXEが光彩斗の遺伝子データを使ってるというのにX小説との共通項を感じてしまってそこがまぁ絶望の発端なのですが。
 たとえば時代が進んで「遺伝子データをくみ込んだナビ」が主流になったとして、それだけのデータをPETサイズに保存するためには特別な金属が必要だとおもうんですよね。その金属が採掘できなくなったがために「PETに入ったナビ」というシステムが維持できなくなった…などというもう少し優しい終わり方も許されるのかな…許されたいな…。

 EXEでは、「ここが理想卿に近い未来」と言うフォーチューンと「人は人でしかない、現に我々は滅ぼされかけている。」というジグムント。パッと見、EXEでは一応人間に期待しているフォーチューンの側がかろうじて主人公っぽい(何だかんだジグムント側に手を貸すし)のですが…「イレギュラー狩りが起きたあとが流星」説だともう色々ひっくり返っちゃって。結局ジグムントが正しかったんじゃないか!みたいな話になってしまって…。だから流星は 「フォーチューンは不在。部下を迎えに来た結果形のない墓標に花を手向ける形になったジグムントと、かつての宿敵に母親の消息を問うアンティエルド」みたいな、失ったものの話でしかなかったのですが…。
 何か…何か考え直すことで救いが見えたらいいな。と思います。

繁忙期で動く気が起きない 

March 11 [Sat], 2017, 13:27
「最も美しいものの名で、君を呼ぶ」
「月よりも白く、夜闇よりも青く」
「信頼は地獄のはじまり」
「きちんと書けなかった物語は、作者のあとをついてまわる」

 気が付いたら2月が終わり、月2回最低更新を予定してるブログが1度しか更新されていないことに今さらのように気づきました!
 2月結婚式とか楽しいことで土日が埋まりすぎていて振りかえる時間がまったくなかった…そうだよね…二日間きゆきさんに遊んでもらってそのあと二日間お友達の結婚式で金沢旅行だったもん…そうだよね…。
 ほんとうに結婚式おめでたかったです!!花嫁さんやっぱきれいだしvvスーツvvv似合いすぎvvvv

 はてさて絶賛繁忙期でなんか…力が残らない…やってもやっても仕事が終わらない…2月に準備しておけよといわれそうなんですが…圧倒的思考力不足だなとつくづく感じます…。あと花粉症もひどい。外に出たくない花粉怖い。
 冥界水族館フォーチューンは過去や現在や未来があっても水族館交流にはまったく関係がない(というか私本当にフォーチューンの顔を描いてはつかれているので人体が一向にうまくならない)のであれなのですが、過去話についてつらつらと考えたら「そういう設定とか関係性昔作ったまま放置したなー…」というのが再利用されていることがあるのでいい加減ネタ不足なんだろうなぁと思います。最近キンドルで「花園の思想」「黄泉から」という本を読んで、この時代特有の「サナトリウムにいる美形」描写にうっとりとなったんですが、そうじゃない、もっとストーリーの根幹があるやつがよみたい…。
 一応過去編は新しい世界観一応「Rex Regios(Lord of Lord、王の中の王の意味)」ってタイトルで設定だけ考えてるんですが…これ…「砂塵の王国」・「Noli Me Tangere」・「真珠の話」を混ぜたようなもんや…。着地点に若干の差異はあるけどスタート地点見たことあるヤツや…。

 とりあえず画像べたべた。まずはもらいもの。
 追記に関連落書き、その他詰めてます。

 きゆきさん双子!!ブルースをみて「ジークフリート」クイントをみて「ボーイフレンドの九条君」といわれまず爆笑。まったく似てないということに爆笑され「受けっぽいほうが兄だと思うんでこっち(クイントが)お兄さんですか?」と聞かれ私がさらに大爆笑。でも確かにクイントのほうが受けっぽいのは否定できないというか狙っている感じはある。

 きゆきさんフォーチューン!まさに天女の如き美しさ…。うっかり蓮コラとかダイオウグソクムシとかをみながら騒ぎつつ書いていただいたもの!アナログで白抜き睫毛かけるってどういうことなの…

 冥界水族館にご参加されてる七味さんから!小説で勝手にお借りしたにもかかわらず書いていただきました…ただのパンチキャラとしか扱ってないのに…嬉しい… 嬉しい…!!

いわゆるひとつのママである 

February 12 [Sun], 2017, 9:01
「バブみを感じてオギャる」

 ロックマンXの小説が出ていたことに先日気付き、慌てて購入したほう、蒼牙です!
 結論としては、「買ってよかったな」とおもっています。買う前にツイッターで
 「試し読みをして気に入った買えばいいけど、ただのお布施なら買わないほうがいい。ロックマンはカプコンにとって、今は金の成る木としかみなされてないから、そこは自分で判断して」
 といわれてたのでものすごい不信感をもっていたのですが…。まぁまぁ。
 岩本先生のストーリーはやっぱりあの画によって構成されてるんだな、と、改めて思いましたが挿絵はそこそこ豊富ですし。文章を書いている人も小説家デビューは初ということで心配しましたが…よく言うなら「シンプルで読みやすい」、悪く言うなら「シンプルすぎて引っかかるところはない」という感じでだけど、決して嫌な感じの文章ではなかった。
 個人的ンは…準公式見解(ケイン博士がシグマを作る以前のレプリロイドの世界等)が見れて、岩本先生の新作ロックマンイラストが見れるんだったら1500円は安いかな、と思う次第です!ただ割り切らないと騙された気分になるとは思います!というかもう使いまわしの絵以外の公式供給だったら万々歳だし、ロックマンからエックスまでの変遷は個人的には一番物悲しいところで大好きなんだってば!!
 何度も言うけどフォーチューンの最初の最初の最初の設定は「ロールちゃん(Xのすがた)」だし、アンティーは「対ゼロなみのスペックを積み、人間を殺せるようロボット三原則を無理やり捻じ曲げられたフォーチューン宛の誕生日プレゼント(ないしクリスマスプレゼント)」なので…。
 最初は「まぁ作れるものならば綺麗に作るよね、心根に見合う綺麗さにしようとおもったらちょっと気合が入りすぎてしまったけど」程度だったんですが、いつの間にか化け物じみた美形になってるのはその……高二時代、ちょっとファンタジーというかSF系オリジナルロックマン世界観(お付き合い長い人はしってるかな、Return to the sky、あぁタイトル書くだけで恥ずかしくて死にたくなってきた…。)をつくったときで、そのときのフォーチューンの設定に対する「説得力」として「美しさ」を持ってきてしまったのでそれ以来なんかこうえげつない美形になってしまったという…アレ、何の話してたんだっけ。
 そうだそうだX小説。
 一応あとがきで「構成としては3部作、売れ行き如何ではゼロ編が出てくる」と書いてあったので…売れてほしいなという気持ちが切実にあります…。…ゼロ編があって…最後はエックス&ゼロか、アクセルかな…?まできちんと出てほしいなぁと切実に思っています。

1/21-1/22
 馬術部の友達とランチ会ー。
「いわゆるひとつの○○」というのはそういえば馬術部用語だったなとおもいつつ。
 女性同期4人のうち、一番自立してる系女子(某大手監査法人勤務)があっさり結婚、出産
 そのあとはナビクラのナジさん宅へ!スナさん不在ですが駄目ンバーでマリカー大会!
 ごはん上手っぷりに「もうナジさんちの子になりたい…!」とメロメロになりました。
 マリカーやってるうちにそのまま寝落ち、泊めていただいて翌朝はポケモンみたりマリカーしたりしながら、まるで小学生に戻ったような休日でした…。
 プリキュアではセーラーウラヌスとネプチューンが出てきているしCCさくらは再度漫画化しているし…「君に決めた!」がキャッチフレーズだったポケモンは「君に決めてよかった」がEDテーマフレーズに。なんだか時間の流れのゆがみを感じます。

1/23
 「冥界水族館」というツイッター企画に参加しておりまして、資料調査もかねて東京タワー水族館と品川へ〜。フォーチューンが「モンハナシャコ」、俊哉が「飼育員(人間)」、あと新キャラ、海版ケンタウロス(上半身人間、下半身トド)サントール。主力は男性二人ですが、金髪美女がいないと(心が)しぬので…追記にぼんぼん入れます。

1/27-28
 福島に住んでるリア友長官のところに遊びに行ってスキー&馬見学&苺狩り!
 久しぶりのスキー、初級コースがらくらくだったので中級コースに。
 昔からバランス感覚が皆無で、「バランスじゃなくて筋肉で滑っている」状態なのですが、やっぱりこのくらいの傾斜になると筋肉では戦えず…

 「しぬ…むり…もう足がうごかない…」などと嘆きながら、よぼよぼとおりてくるかたちになりました。
 次の日は牧場見学ー。
 馬乗りをやっていてとてもよかったとおもうのは、馬に対するルールを知っている(そしてそれを認識いただける)ってところです。牧場で囲いのなかまで入らせていただきました…。うまかわいい。

 「バブみを感じてオギャる」という言葉がはやりましたが、私あんまりその感覚がなく…。ふと気づいたんですがナジさんといい長官といい…私の周りリアルママ属性が多すぎて、わざわざアニメキャラにバブみを感じる必要がないんだわ…。

2/11
 生ハムというお店でローストビーフ食べ放題オフ!
 ナビクラスタはほんとうに…脳死状態での会話速度が尋常じゃない…。頭空っぽな状態でどうしてこの速度でしゃべれるのか!!すき!!!

 追記は冥界水族館関係です…
P R

無料カウンター
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像バッドエンド
» 追悼小説に… ならなかった (2016年02月21日)
アイコン画像蒼牙瓏碧
» 怪異が住むんだってさ (2015年09月28日)
アイコン画像屋久島紀行面白かったです
» 怪異が住むんだってさ (2015年09月27日)
アイコン画像蒼牙瓏碧
» ※人物写真あり注意 (2015年05月08日)
アイコン画像真瀬浅緋
» ※人物写真あり注意 (2015年05月07日)
アイコン画像蒼牙瓏碧
» 世界は5分前にできた (2014年12月28日)
アイコン画像真瀬浅緋
» 世界は5分前にできた (2014年12月27日)
アイコン画像蒼牙瓏碧
» らくがきちらほら (2014年10月02日)
アイコン画像真瀬浅緋
» らくがきちらほら (2014年09月29日)
アイコン画像蒼牙瓏碧
» それに関しては見ないふり (2014年06月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼牙瓏碧
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
 ろっきゅんを最高に愛でつつ色々浮気中。三次元では犬馬鳥をこよなく愛してます。フェミニストだと最近自覚しだしました(遅)  オリジナルキャラ「フォーチューン」を崇めてるので出番多いです。嫌いなひとはご注意を。  …あ、牙は青いみたいです。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE