市場のルールと当事者の自己責任の原則1

January 20 [Mon], 2014, 19:27
一般的な株式投資関連の企業や個人などのホームページ、ブログ、とか、市販の関連する雑誌では、過去データから、今後の変動について予想を行うテクニカル分析を重要視しているものが多く、いろいろなチャートの使い方とか分析方法などについて丁寧に紹介している。
【解説】株式の投資では、上場した企業が業績を伸ばすことで、良い効果でインカムゲイン(和製英語:配当とか利息などで得られる利益など)といった収入を手に入れることが可能。
将来を見据えわが国内においては、ほとんどの銀行などの金融機関は、強い関心を持って国際的な規制等の強化までも見据えた上で、財務体質等の一段の強化、さらには合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに積極的に取り組んできています。
金融当局では市場のルールと当事者の自己責任の原則を土台とし、分かりやすいルールに基づいた透明かつ正しい行政を進めることを目的に、専門性の高い検査及び監督を常に実行しています。
【用語】先物取引⇒いわゆる「証拠金取引」という制度を取引に採用している金融商品なのです。このためささやかな資金からでも気負うことなく取引が可能であるため、ハイリスク・ハイリターンといった投資方法も可能とされるのです。

http://ab2976.webcrow.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uns07et
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uns07et/index1_0.rdf