シャネル 財布

March 31 [Mon], 2014, 11:29
 ジャンボ機の愛称で親しまれた全日空(ANA)のボーイングバッグ747−400D型機が31日、最後のフライトを行う。旅客型のジャンボ機は、政府専用機以外は日本から姿を消し、1960年に日本航空(JAL)のDC8「富士号」ではじまった4基のエンジンを持つ「4発旅客機」の歴史も区切りを迎える。乗客497人を乗せたNH127便は午前9時2分、那覇へ向けて羽田空港(東京都大田区)から飛び立った。【米田堅持】

◇悲願のジャンボ導入

 70年1月、パンアメリカン航空がジャンボ機を初めて導入した。世界最大の旅客機として登場したジャンボ機によって大量輸送時代が幕を開けた。半年後にJALも導入した<a href="http://www.brevardyouthrugby.com/" target="_blank">レザー 財布 ブランドが、国内線中心で海外定期路線を持たなかったANAは、国際線でも半分以下の輸送量のボーイング727を使用していた。パンアメリカンのジャンボ機のエンジン音を聞きながら「ANAでもいつか国際線でジャンボ機を飛ばしてみせる」とスタッフたちは誓ったという。

 80年1月、羽田−札幌と羽田−福岡線長財布でANAも国内線仕様のジャンボ機(747−SR)を導入した。86年には国際線仕様の747−LRを導入して、成田−ロサンゼルス、成田−ワシントン線を開設、悲願を達成した。その後、四半世紀にわたって、ANAのジャンボ機は世界中を飛び回った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:unlarella
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/unlarella/index1_0.rdf