wao 

July 10 [Thu], 2008, 12:54
ランチのメニューを目を輝かせて選んでる。

かわいい女の子を見た。

心に日が射した。

そういう事だよな。

後で、詩にしよう!

社員に都合の良い自由な制度などあるわけはない。 

July 10 [Thu], 2008, 11:05
だまされた。
というか、ぼうやだった。

今働いている会社は、建前上フレックスタイム制である。

フレックスタイム制とは、
1ヶ月以内の所定労働時間をあらかじめ決めておき、日々の出社時刻と退社時刻を社員が自主的に決定する制度である。
、、、らしい。これを入社時に、自分目線で読んで、解釈した俺は、正直ときめいた。






社長よ、人をなめるな、殺すぞ。どこがフレックスタイム制なんだ。
実際は、30分程度の遅刻がOKなだけで、あとは残業代がもらえないだけだ。

お前の建前にはもううんざりだ。

法律とかそんなくだらねーことはどうでもいい。
「おかしい」ことは、揺るがない。

残業代はなくても、基本給は笑えるくらい安くても、
ボーナスはある??


殺すぞ、ボーナスもでなそうだ。
法的にはこれは問題ないらしい。
その代わりスト権ってのがあるらしい。
無意味だ。
社員は5人程度。
そのうち、仕事ができる古株の2人は
「年俸制」らしいのでボーナスは関係ない。
あとの2人は、気が弱いタイプ。
俺一人で、どこまで戦えるか。
結果より、戦う。

もうこの時点で、会社のため、
もっというなら、社長という一人の人間のため、
にがんばりたいという気持ちは0。

こんな仕事をしていて、誰かに感謝されていなんて、
ほんど、都合がいいにも程がある。
後ろ指さされて当然。
はっきりしているのは、もうこんなこと、
うんざりだということ。

間違っている。
確実に自分も間違っている。
だが、自分が悪いいんだ、と抱え込んで、自己解決というか、
自分にひれ伏すのは、
なにか、違う。

同じ過ちを繰り返さないよう、次をがんばるしかない、
とはっきり感じる。

仕事が大好きって人じゃないかぎり、
家賃と生活費で全て消えるくらいの給料に、
こんなに時間を奪われてどうする。
税金はまじで、天引きされるのが苦痛だ。
税金の恩恵とか、くわしいこと、よく知らないのにこんなこと口にしちゃいけないんだろうけど。
23,4万の給料から、
5万近く天引きされるのは正直「しんどい」。
だけど、バイトしながらバンドしてたときは、
もっともっともっと収入は厳しかった。
こころが痛まない、仕事を選ぶ程、そうだった。
当然、税金は全て踏み倒した。
いいことだとは思わないが、生きるため。

ある病気をしたときは、抜け道もあったんだろうが、10割負担した。
意地があったら。

ぬるくなったんだろうか、俺。。。




ここにいたら、
子供をそだてるどころか、結婚すらできない。
それ以前に自分ひとりが、「生きている」だけで終わる。

生きているだけで、ものすごい贅沢という世界に住んでいる人も
たくさんいるのだから、これは甘えかもしれない。

無責任に、自分の自己中心的は、自分の心を素直に叫ぶ。
「この会社にいたら、ヤバイ。」

未来は、自分の手の中。

昨日、リーペリーのインタビューを読んだ。
自分が住んでいる世界からは、
意味不明な発言が多い、そんななかでも、
これははっきり正しいな、思ったことがある。

若者を否定することは、未来を否定することだ。

若者に自然に受け入れられ
若者を自然に受け入れることができるなら、
日々は輝く、と。

よい考えを聞いたな、と思う。
老け込んだら、死のう。







Ear goes bad 

July 09 [Wed], 2008, 13:07
イライラする。
仕事したくないっていうより、
疲れた。。

いつも以上にラジオが癪にさわる。
意味不明なJ-POPやめてほしい。
疲れてないときは、嫌いなものはどーでもいいやー、って思う余裕あるのになぁ。
調子がいいときなんかは、これもいいじゃん、って思えたりもするのに。
テンションの高いDJの駄洒落もほんとやめてほしい。
好みの問題なんだろうね。
聞きたくない音って単なる騒音だわなー、押し売りはだめなんだな。
自分の好みを信じりゃいいや。

じゃあ聞くなって話だけど、嫌でも聞こえてくるんだわ、はぁ~。。


疲れてると余裕なくなるなー。
今日は波の音ぐらいしか聞きたくないや。

うんこ 

July 08 [Tue], 2008, 17:36
さっき書いたばかりの文章を自分で読んで、
自分で思う。

グダグダめそめそしてないで、
ごり押しでやったらどうなんだ。

土地にすら値段がついてる、
クレイジーな世界なんだぜ。

きっと呼吸するのにお金が必要な世界ももうすぐくるんじゃないか。

笑い飛ばせばいいんだよ。

俺が製作に関わったサイトは 

July 08 [Tue], 2008, 14:44
景品はほとんど当てることは不可能。
偽装だから。
ほんの一握りだけ、当てる。

出会い系のサクラと同じだ。
でも、健全を装ったサイトなので、ある意味もっともっと心が痛い。

会社に罪の意識のある人はいない。
もしかしたら、いるのかもしれない。
自分だけ罪の意識があるなんて、驕ったことはいえない。
心が痛い。

俺は、「嘘をつかずに生きてる」とは、
口が裂けても歌えない。。。
「嘘をつかずに生きたい」と歌うことが精一杯になってしまった。
自分に嘘はつけない。

騙されるのも苦しいけれど、
騙すほうがもっと苦しい。

音楽を続けるために、サクラで働く人たちに
中指を立ててきた自分。
これでいい、わけがない。

純粋ってなんだろう。
バンド始めたころは、
仕事しながら、音楽している人は嫌だった。
今は尖るって、そういうことじゃないと思うようになった。
なってしまった。

それでも今の状態でロックをやることには、なんともいえない抵抗感がある。
ロックンローラーとしての最後の意地みたいなものかもしれない。
逃げかもしれないが、reggaeを選んだ。
ゆるくて熱いバンドがしたい。
自然に生きたい。

私は 

July 08 [Tue], 2008, 14:43
かなり秀丸エディタをエディタを使い込んでいますがまだ送金していません。

 

July 07 [Mon], 2008, 12:57
飯時のリーマンってなんであんなに態度わりーんだ?
接客してる人がかわいそう。

俺は笑顔で出してもらった料理の、
「味気」が好き。
まあ、そんなの誰だって思うよ。
で、作り笑いはわかるもん。

作り笑いされたとき、なんともいえない気持ちになる。
もう一日なにもしたくない気分になるわー。
その作り笑いを作り出しちゃったのは、自分がどこかで誰かにとった態度
が巡ってきてるんだなー。


なんか、子供のころ、自分でつった魚食べたとき。
あの魚おいしかったな。


気g狂う 

July 04 [Fri], 2008, 16:26
太陽の光がほしい
新鮮な酸素がほしい
会話がほしい。
疲れる会話ならいらん。
できれば、、、、、苦にならない程度の仕事がほしい。
夏も冬も昼も夜もないような空間はもう、うんざり。
うんざり。。。
心が苦しい。
心が苦しい。
心が苦しい。
心が苦しい。
あってもなくてもいい仕事。
いてもいなくてもいい俺。
虚無な仕事。
やめりゃーいーじゃん。
うん。やめる。
でも、家賃とか払えなくなる。
はやくこのから抜け出すために、
苦しくても、もう少しだけがんばろう。俺。








仕事が終わったら、バンドメンバー募集で連絡くれた人と顔合わせだ。
本当に0から再出発。
でもこのあいだまでは0以下だったじゃん。
それにさ、大した過去なんてなーんにもないじゃん。

気持ちを切り替えなきゃ。
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ
気持ちを切り替えなきゃ



嫌なイメージは消えてしまえ。



音楽だけはこころからたのしもう。

深呼吸して、
肩の力を抜いて、
自然体で楽しもう。

ただ単に、楽しむだけだっつーの。
求めすぎちゃだめだよ、俺。

ただ単に、楽しむだけだっつーの。

まじでやる気がでない。 

July 04 [Fri], 2008, 13:52
かえりたい。
どーせ仕事ないし。今日。座ってるだけじゃん。。。ケツいてーよ。

誰かかわいい子と飲みにいきたい。


who are you? 

July 04 [Fri], 2008, 13:04
外はすごく晴れ渡っていて幸せにつつまれている。
コンクリートの世界を
ものともしない太陽。


会社のドアをあければ、
冷蔵庫のような環境。汗ばんでいたTシャツが急激に冷えて
ダウンを羽織る。
体調がおかしくなる。

今日も自分に対しての苦情のメールが来た。
消えてほしい。
休憩中ふと鏡にうつった自分を見ると、
うわぁ…
と思う。自分じゃないみたいだ。
誰?
すごく嫌いなタイプの人間がそこには写っている。

精神状態が普通じゃない。
苦しい。どーでもいい。あってもなくてもいい仕事。
むしろただ無駄な存在。
生きてるだけで、人畜無害ならいいんだろうけど、人はそうじゃない。
大地を奪ってしまってごめんなさい。
そこまでして幸せって手にはいったのだろうか?人間。
自然の声はもう聞こえることはないのかな。

この檻のなかでは、
センスのわるいラジオと、誰かのため息しか聞こえてこない。
なにも聞きたくない。
なにも言わないでほしい。
消えてほしい。

限界を感じたら、
無言でそとにでて、雲ひとつない空に思いを馳せる。
透き通った海に思いを馳せる。
こんな気持ちを波がさらってくれないかな。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:unko
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1980年
読者になる
金のためだけに、あってもなくてもよい仕事をしているしがないミュージシャンともいえない単なるバンドマンの仕事中の愚痴。
命を懸けていたバンドも首になり、生きた屍とかした数年を過ごしていたが、0からバンド活動を再開。
一言でいうならば、ただのダメ人間。
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる