プロローグ 

December 31 [Thu], 2015, 17:20
大学偏差値は、大学に進学しようと思っている人にとっては、とても気になるものだろうと思います。
高校によっては、教室に各大学の偏差値一覧表なるものが貼られているところもあるということです。
一つの大学と言ってもたくさんの学部があって、学部によってそれぞれの偏差値があるのです。

偏差値というのは、一つの数値が同じように計った数値の集団の中でどの位置にいるかをあらわした数です。
一般的に偏差値というと学力偏差値のことを指す場合が多いです。
学力偏差値というのは偏差値を応用したもので、学力検査の結果などを偏差値に換算したものになります。

高校や大学の入学試験では、偏差値が合格の可能性をあらわすものとして使われていて、学習塾や予備校が受験生に対して行なう大規模な模試などから算出されています。
偏差値は(得点−平均点)÷標準偏差×10×50で求めることができます。得点と平均点が同じ点数だった場合の偏差値は50となります。

学力偏差は、教科が違ったり問題の難易度が違うことによって、それぞれのテストの平均点や標準偏差に差が出てしまうので、違う教科や問題の試験の得点だけで比較することはできません。
そのために、それぞれの得点を必ず平均が50で標準偏差が10になるようにして、数値を比較可能なものに変換するために偏差値が使われています。

学力偏差値はあくまで受験の目安として、志望する大学を選定しましょう。
これからこのブログでは、各大学の偏差値と特色などを取り上げていきますので、参考にしてください。
P R