運河にお地蔵さま 

January 16 [Sat], 2010, 13:49

今朝、ガラスの外でおばさんが手招きしています。

「ちょっと!いつも写真撮ってるおねえちゃん、

運河にお地蔵さまが現われたよ!」

急いでカメラを担いで岸辺に行くと人だかりが。

対岸の大きな岩にとてもかわいいお地蔵さまが

片手を挙げているように見えます。

「あたしが見つけたんだよ」「あたしだよ」

「きっと子どもたちを見守ってくれてるんだねえ」

そんな会話が交わされていました。

いつもありがとう、とみんなの幸せを祈りたい気持ちになりました。







ありがとう

寒い朝だったね


ボートソングが聴こえる 

January 14 [Thu], 2010, 17:45

開催中の「利根運河とボート遠漕」写真展

旧制一高の端艇部祝勝歌や応援歌を聴くことができます。

これは写真と資料を貸してくださった江戸川大学の

古城庸夫先生のコレクションのレコードから録音しました。


こんな歌もあります。


運河にわめく舵の聲

江戸の流に浮かびては

雲間のひばり友としつ

舌鼓うつ昼餉かな


流れも早き古利根に

漕ぐ手休めぬ運漕に

涙流すな流山

霞の奥に運河口

(旧制高校寮歌「遠漕歌」より 大正11年)



                古城庸夫氏蔵


明治時代から隅田川で繰り広げられたボート競技

そのトレーニングとして運河を通って銚子までの長い道のり

学生さんたちはこんな歌を歌っていたのですね



利根運河を語る本 

January 10 [Sun], 2010, 9:28

利根運河交流館向かいの割烹新川さん

女将から「利根運河」(昭和51年)という本をいただきました。

利根運河開削の歴史を知る上でとても貴重な本です。

利根運河ははだれが考え付いたのか?についても触れてあり

興味深く読みました。

また、この本の資料となった「利根運河誌」(昭和46年)。

過去の史実を読んでいると

なぜが木製の立て札や墨の匂いが漂ってきます。



すべて人力で、220万人の手によってつくられた利根運河

今年は通水120年たつんですね。



浚渫(しゅんせつ) 

January 09 [Sat], 2010, 17:08

ギャラリー平左衛門さんのオーナー山田さんに

運河の浚渫工事現場へ案内していただきました。




利根川口から約3.5キロメートルの国道16号近く。

大きな濾過機のようなものと水中ロボットが見えます。

看板には「利根運河の底にたまった土砂を取り除いています」と。

水中ロボットで川底の土と水を一緒に吸い込み、

濾過装置にかけて、きれいな水を運河に戻す工法で

運河を掃除する工事だそうです。




すすき野原に冬の陽がさしていました。







ギャラリー平左衛門さん 

January 09 [Sat], 2010, 16:50

運河駅すぐそばの

竹林とお蔵のギャラリー平左衛門さん

オーナー山田さんご夫婦が

「利根運河とボート遠漕」写真展にいらっしゃいました。

以前は運河にボートがたくさん浮かんでいた、と

懐かしそうに写真をご覧になりました。


                 古城庸夫氏所蔵

ギャラリー平左衛門内の喫茶店「茶房さわ」は1月21日より営業します。

茶房さわ ☎7153−9215

営業日 木曜日〜日曜日