子どもの貧困

August 30 [Tue], 2016, 23:34
テラ・カフェの報告です。
8月30日(火) Terra Cafe Kenpou
今夜のテーマは 子どもの貧困ー教育格差   講師は 元高校教師の竹内信昭さん
教育は 誰にとっても等しくあるべきです。
でも、現実は家庭の収入の問題から、十分な教育が受けられずにいる子どもたちが多いのです。
奨学金を借りても 返す当てがない事すらあります。
講師の竹内さんは、自分が経験した中から、日本の教育行政の貧困を訴えます。
アベ氏は 軍事費や開発途上国への経済援助は熱心です。日本の財政が赤字でも、大判振る舞いをして、国民の借金を増やしています。軍事費や 経済援助を抑えて、教育や医療、保育の部門にお金をつぎ込むことが先ではないでしょうか







元高校教師の竹内信昭さんは、現場の教師としての経験をもとに 切り捨てられている日本の教育の状況を語ってくれました。
九州 筑豊地区でも、1960年代、石炭から石油へのエネルギーの転換で、日本の石炭産業はつぶされていきました。石炭産業に従事していた人たちは、職を失い、生活は貧困化していきました。
貧困に伴い、就学難しい子どもたちがたくさん出てきて、学力に大きな差ができました。
小学3年生の壁(分数など抽象的な概念)を克服できない高校生たちがたくさん生まれました。
 今も、非正規雇用が増えてきて、教育への費用負担が難しくなっています。
奨学資金を借りても、その返済にこんなんが付きまといます。。
卒業生たちは自分の希望の職種に就くものはわずかで、とにかく収入のある安定した職に就くことが優先しています。 親も子どもの収入を生活の糧として、期待せざるを得ない状況です。
 日本の将来の為に、子どもたちには 無償で教育を受ける権利を持たせるべきです。
教育は 100年の計と言います。
軍事費や 海外援助に 多額の税金を使うのではなく、教育や保育、医療、等に使うべきだと思います。
 アベ氏を代えて、国民の生活を充実させる政権を作りましょう。   
 野党が共同して、自公の政治を変えましょう。

涼しくなりました

August 29 [Mon], 2016, 23:13
 8月29日(月) 九電前のテントです。
今朝のテント設営では 汗も流れなくて 楽でした。
支援のNさんが カレーを持って来て、カレーパーティを準備しています。
大きな鍋で 温めるのだそうです。







 ミサイル迎撃システム サードについての 説明記事が朝日新聞に載っていました。
韓国にアメリカが 配備するのだそうです。
それは アメリカ軍を守るためだそうです。
それは 韓国の国民を守るためとは 表現していませんでした。
ミサイル迎撃装置は どうやら まっすぐ飛んでくるミサイルをキャッチして 破壊する装置です。
私が理解したところでは、斜めの方向から飛んでくるミサイルに対しては、迎撃の確率が下がって、役に立たないと思いました。



韓国では、迎撃装置を置いたところは 敵国から標的にされるので 配備に反対しています。
それはそうですよね。 アメリカ軍を守るためにおいた迎撃装置の為に 地域の住民が標的にされるわけですから。
日本で言えば、広島、長崎を始め、主要都市がすべて 爆撃を受けました。 一般の市民が 殺戮されたのです。
戦争とは 非人間的なものです。 武力で 対決すべきでは ありません。
沖縄もそうです。 アメリカ軍に基地を提供しているので、戦争になれば、「敵国」から真っ先に攻撃されます。
基地は 危ないのです。 戦争に 加担すべきではありません。

 原発もいりません。 廃炉にしましょう。
 戦争法もいりません。 廃棄しましょう。
 基地もいりません。 無くしましょう。
    


博多 仁和加

August 28 [Sun], 2016, 22:53
 博多 仁和加を見てきました。
友人の案内で 市民センターでやっていた博多仁和加を見てきました。
ひとくち仁和加は26名の方が 演じました。
緊張して 台詞を忘れてしまう方が 4〜5人もいて、舞台ではとても緊張するんだなと思いました。
「そりゃあまた なしてな?」の後に オチが入りまとめるのですが、よく分からないものもありました。
仁和加は 博多弁で 風刺を交えて演じるものです。
演じた方々は 時事問題にも通じていて、日ごろの知識の吸収がすごいなと思いました。
「言いたかいい、こきたかこき」という 表現がぴったりでした。
仁和加の発生時から、面をつけて、言いたいことを言うというのも 博多の町人の文化なのでしょう。
発表者には 女性が多かったのも一つの特徴でしょうか。
博多のすばらしい文化の一つです。
 仁和加の他、博多古謡と言われる 唄の披露もありました。
山笠や どんたくで よく聞く唄ですが、発祥の歴史から説明をしてくれたので、博多の文化の奥行きの深さを知ることが出来ました。 舞踊もあり、小さな子どもさんから、ベテランまで 楽しく 優雅に踊ってくれたのに感動しました。
今日は 1日 博多の文化にどっぷり浸かりました。











 原発は いりません。
 アベノミクスも いりません。
 戦争法も もちろん いりません。

ふれあい 納涼祭

August 27 [Sat], 2016, 23:41
 8月27日の朝日新聞に興味深い記事が載っていました。
イギリスの歴史学者 テッサ・モーリス=スズキさんの記事です。
植民地と排外主義について書かれていました。



日本の帝国主義が崩れ去った時、きちんとした反省(精算)がなされていないため、いまだに排外主義が容認され、ヘイトスピーチなどが社会問題として怒っているというものです。
もともとは 植民地を支配するために、ある民族に対して、支配者より劣っているという宣伝をしたものです。
未だに この悪弊が残っているようです。
このような 悪弊を打ち破るためには、お互いの交流を深めることが一番です。

 たまたま今日8月27日夕刻から 福岡の朝鮮初級学校のグランドで、「福岡ふれあい 納涼祭」がありました。
友人たちと 参加して、歌や踊り、たくさんの飲み物、食べ物で楽しみました。
焼きそばや ヤキトリ 煮込み 牛肉と野菜のスープが おいしかったです。
歌舞団の歌と踊りはすばらしいものでした。 グループ対抗歌合戦も沸きました。
最後には 大きな花火で 楽しませてくれました。









 戦争法は いりません。  戦争法を 廃棄しましょう。    

フレコンバッグは片付いたか?

August 26 [Fri], 2016, 23:56
 来んしゃい金曜 脱原発の抗議集会です。
放射能汚染された 土壌や落ち葉、ごみなどを入れた“フレコンバッグ”
どこかに埋めたのか、最終処分場に持って行ったとかいう話しは 今もって聞いていない。
5年が限度というフレコンバッグ、もう破れが出ているのではないでしょうか?
 溶け落ちた核燃料・デブリ、 デブリを探すムカデ型のロボットを来年から 調査に投入すると、いいます。
事故からもう5年半もの時間が過ぎてしまいました。 溶解はどこに行ったのでしょうか?
5年もの間、手が付けられなかったのですから、策に窮していることはまちがいありません。
 この夏、すごい暑さでしたが、電気は十分足りています。
 危険な原発は 動かす必要がないのです。









 原発は いりません。 廃炉にしましょう。    

九電前テント

August 26 [Fri], 2016, 23:45
 普段と 変わらない九電前のテントです。









  原発は いりません。 原発は 廃炉にしましょう。    

知覧

August 25 [Thu], 2016, 23:36
 知覧 特攻平和会館に行ってきました。
1000人以上の若者が、帰って来る当てにない攻撃機に乗せられ、海に消えていきました。
平和会館で 遺書や 寄せ書きを見ながら、死んでいくしかないレールに乗せられた若者たちの気持ちを思いました。 負ける戦争で、命を差し出すしかなかった青年たち。 そういう状況を作り出した社会に深い憤りを覚えました。
生きることと、死ぬこと 彼らはどんなに悩んだことでしょう。

「何かおかしい」、「何か違っている」 そんな時に はっきりものが言える社会が必要なのです。
今、戦争法のなし崩しの実行が行われ、秘密保護法が 物言えぬ社会を作ろうとしています。
一つづつ、一つづつ、反撃していかないと、やがて特攻の青年たちを生み出した世の中に逆戻りしてしまいそうです。
南スーダンで、紛争が起こっていて、日本では 憲法9条があって、海外派兵して、武力を使って紛争に介入する方法は止められています。 しかし、時の為政者は、集団的自衛権をでっち上げて、海外派兵の道を作ろうとしています。 これは、紛争を解決するにあたって武力を使わないとした、平和憲法の理念とは違っています。

 間違っていることは 間違っていると言いましょう。
そうしないと、また、特攻で死んでいった若者と同じ状態を生むことになります。
そんな社会には したくないのです。









 平和会館には たくさんの見学者が来ていました。
 若者や 外国人も見学に来ていました。
 戦争の無い社会をつくるために みんなで手をつなぎましょう。    

天体ショーを見ましたか?

August 24 [Wed], 2016, 0:29
 この2〜3日 天体ショーが 見えるそうです。
火星と土星とさそり座のアンタレスが ほぼ一列に並んで見えます。
22:00頃南の空を見上げたら 赤い星が並んでいました。

 天体の図は コニカミノルタの資料を引用しました。
先日の 三瓶山での天体観測で土星と アンタレスをみたところでした。
大きな三角とか 小さな三角とか 白鳥座の頭の星とか 少しは分かるようになりました。
奇跡的に生きている この美しい地球を大切にしなければなりません。
放射能で汚すなんてもっての外です。
原発は 廃棄して、廃炉にする技術を確立することが大事です。
 8月23日の九電前テントです。



 原発は いりません。 廃炉にしましょう。    

経産省前テント 強制撤去される

August 22 [Mon], 2016, 22:18
 長く続いてきた経産省前のテントが強制撤去されました。
残念なことです。しかし、原発を無くす運動はずーーと続いていきます。
国のやり方に 負けるわけにはいきません。

8月22日の九電前 テントです。







 もう一つ 大事なこと。
ジャーナリスト むのたけじさんが亡くなりました。

 原発は いりません。 廃炉にしましょう。 
 戦争法もいりません。 廃棄しましょう。
 沖縄の基地も いりません。 無条件で返してもらいましょう。

旧い写真

August 21 [Sun], 2016, 23:03
  部屋の片づけをしました。
10年くらい前にもらった 叔母から手紙が出てきました。
中に 写真が1枚入ってました。 私の父親の写真です。
1942年ころの父親が学生時代の時の写真でした。
写真の裏には 叔母の手で こう書かれていました。
「学校より登山したのでしょう。めずらしいのがありましたので、焼きつけてもらいました。」
角帽をかぶり、リュックを背負って、杖を持って立っています。
たぶん 戦地に赴く前でしょう。
父は 中国「満州」に持っていかれ、馬の蹄の世話をしていて、破傷風に掛かり、内地に帰ってきました。
左手の中指の爪が 大きく変形していました。
次は 南方に持っていかれました。 今度は マラリアに掛かって、海軍にいた叔父の配慮で日本に帰ってきたそうです。 このマラリアは 戦後、20年も経ってから、日本で再発し、布団をかぶって「寒い、寒い」といって震えていたのをお覚えています。
その後、再び 「北支」へ持っていかれ、終戦を迎えました。

 父は 戦争のことは あまり話しませんでした。
戦後、愛媛県の地方紙の記者になり、 1953年レッドパージに会い、職を失います。
広島に渡り、広島の新聞社に入り、1959年ころ また四国、松山に帰り、前の新聞社に復職しました。
生活には かなり 困窮していたように思います。副業として、天ぷらやかまぼこを売り歩いていました。
しかし、そううまくはいかなかったようです。
父は 「戦争をしてはいかん。」、 「みんな仲良くしなければいかん。」と言っていました。

 大学時代に私が 自治会の運動に首を突っ込んだ時も、なにも反対せず、自由にやらせてくれました。
夜遅く 家に帰っても、いつも玄関の鍵は 開いていました。

 コーヒー店で ゆっくりしました。





 原発は いりません。 原発は 廃炉にしましょう。
 核兵器もいりません。 核兵器を 無くしましょう。


2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像あんくるトム
» フレコンバッグは片付いたか? (2016年08月28日)
アイコン画像JUNSKY
» フレコンバッグは片付いたか? (2016年08月28日)
アイコン画像Junya Kawasaki
» タシケントの日本人墓地 (2016年06月07日)
アイコン画像あんくるトム
» 餃子の会 (2016年03月21日)
アイコン画像JUNSKY
» 餃子の会 (2016年03月21日)
アイコン画像JUNSKY
» 市民の力で野党共闘を (2016年02月22日)
アイコン画像JUNSKY
» 市民の声、市民の力 (2016年02月22日)
アイコン画像あんくるトム
» ウソで固めたアベの国会 (2015年12月09日)
アイコン画像明日香
» ウソで固めたアベの国会 (2015年12月09日)
アイコン画像あんくるトム
» 福島2号機 上部を解体 (2015年11月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あんくる トム
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-JAZZを聞くこと ミンガス
    ・温泉-露天風呂がいいですね
    ・語学-中国語学習中 日本語教えています
読者になる
未曾有の大地震、大津波 たくさんの行方不明の方々。 お見舞い申し上げます。 原子力発電所の 崩壊。 想定外では済まされません。 原発行政の見直しを図る時期だと思います。 原発をなくしましょう。 スマートグリッドで エコな社会をめざしましょう。
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE