夢のおつげ 

2007年09月24日(月) 23時25分
話はごっそり変わりまして
4日程前に、不思議な夢を見ました。

普段、私はあんまり夢を見ないというか
覚えてないんですが、見た夢がどうも気になる夢でした。
と言いますのも
母方のご先祖様が墓参りに来て欲しいというような夢
だったんですよ。

母方のお墓は京都にあってしょっちゅう行ってるんですが
私の夢に出てきたのは、母のお母さんの実家にあたるお墓。
私にとって、おばあちゃんの実家の夢でした。
(ちなみに私が高校生の時におばあちゃんとは他界しています。)

そしてそれを母に告げたところ、じゃ家族みんなで
すぐに行こうじゃないか
ということになり、お墓のある大阪まで行ってきました。

なんかこの夢には意味があった気が勝手にしています。
近況を墓前で報告して、ひさびさに行けてスッキリしました

さっ、その後はもちろんみんなでお食事おしょくじ


京都伏見 『鶴喜蕎麦 -つるきそば-』  


私は【吹き寄せ蕎麦】をいただきました。
そばの実、かまぼこ、おあげ、しいたけ、鶏、わかめ、卵、山菜が入っています。

280年前からあるめちゃくちゃ由緒ある蕎麦屋さんで、
本店は滋賀県の比叡山近くにあります。

比叡山で断食の行を終えた修行僧たちが、弱った胃を慣らす為に、蕎麦を食したそうな。
昭和天皇御崩御迄、宮中年越蕎麦は、必ずこの店の蕎麦を納入していたそうです。

おばあちゃんが大好きな蕎麦屋さんだったこともあり
ひさびさにおばあちゃんの話で盛り上がりました。

こういう時間。忘れたくないものです

マルセイユへ行ってきましたvol.1ー07年の夏 ー 

2007年09月23日(日) 23時40分
夏に行った『旅ばなし』を書こうと思い、
けど書かずな生活ですでに何週間も経過

しかも、3日前から本日まででとある国に
行っていたのでネタがたまりまくり
早よ書こっ


さてスイスを経由して友人の住むフランスの
マルセイユに到着。

ひさびさの再会。

あ〜〜友よ友よ〜〜

タイ経由飛行機で約16時間、陸路で約8時間までして
マルセイユへ行く自分が正直キモいと思った。。

素直に直行便の『エールフランス』を使えば
13時間くらいで着いたろうにと思ったりもした。。

しかしっ!友人夫妻をマルセイユ駅で見た瞬間

グッジョブ 

と自分に拍手を送った。心の中で

着いたのは夜の8時30頃。
グルメな友人夫妻が連れて行ってくれたのは
スペイン料理屋さんでした 

「寝不足と旅の疲れで食欲があんまり、、なくて」と
言っていたのですがモリモリ食べました。美味しかったんです。

マルセイユ食堂殿。さっき発した言葉撤回致します。


そして次の日の朝食は、フランスの美味しいできたてクロワッサン
と友人が作ってくれたスクランブルエッグ、カフェオレ


わたしのために、作ってくれた朝食
美味しくないワケがないっ 

まじで美味しかった〜〜


そしてこれからマルセイユの旅が3日間始まるのでた


↑マルセイユ旧市街のカフェのテーブル

Thank you ! 

2007年09月17日(月) 22時52分
仕事がとっても忙しかった先週。。
そして食い意地のほうもいそがしかった先週。。

『独身貴族』なんていう言葉があるけど最近あらためて
確認させられてます。

サンキューこんなあたしを必要としてくれてるみんな。
サンキューあたし。。
ありがとう、おてんとさま。。ご先祖様。。


お食事会に、出張後の温泉巡り。。
自分の記録のためにも写真をあっぷです。


いつもお世話になってるかたが
横浜から出張で京都にいらっしゃいました

いらっしゃった時に行くのは
イタリアンの美味しいお店

京都 『リストランテ タントタント』
http://www.tantotanto.net/



モッツァレラと生ハム

ほんとにここのイタリアンは美味しいんです
ワインもGood!!

ワイン蔵は何百年前の京都独特の蔵を使用してワインを保存されています。

こちらの店のオーナー、
ワインとイタリアンにこだわり、イタリアのぶどう畑を買い取ったそうな。。
今回はオリジナルワインを飲みました!!

落ち着いた雰囲気でワンランクうえのイタリアン

お料理とワインもさることながら
そのかたの立ちい振る舞いや、ワインの楽しみ方、食事の楽しみ方
ダンディーでスマートな大人の会話、、
私はいつも勉強させていただいてます。

なんてったてお会いすると楽しいから、どんなに忙しくて
遅くなっても都合をつけたい、、
そんなよき人生の先輩に乾杯チーン♪



全粒粉のペンネ バジルとゴルゴンゾーラのソースあえ

他にもステーキやパスタなど注文したんですが
このペンネははじめて食べたお味美味しかった〜〜


週末の金沢出張では仕事の後、同期同士で温泉にレッツゴ〜〜〜


温泉で疲れた体を癒したら、おいしい食事に同期の会話。

海の幸がたくさんある居酒屋で食べた
『しめさば』は分厚くってとっても新鮮でした。

新鮮なお魚に、金沢の美味しい地酒。

やっぱ、日本食最高

新鮮なお魚食べただけなのに

日本人でよかった〜〜 と思えた

そして人って自分の好きな人と会話するってこと
大事なことなんだなぁと思いました

スイスへ行ってきました 

2007年09月09日(日) 22時41分
タイ、バンコクを出発した私の、次なる目的地は
フランスの南にあるマルセイユ

タイ→パリ→マルセイユ と向かうのが理想ですが

ヨーロピアンがタイにバカンスに来ているためかパリ便が取れず、
泣く泣くお隣の国スイスのチューリッヒ便を利用するはめに

到着したらそのまま列車のチケット売り場へGO!!
 
チューリッヒ(スイス) → ジュネーブ(スイス)

そして列車で国境超えて

ジュネーブ(スイス) →マルセイユ(フランス)
お値段約24,000円

全て列車移動 。所用時間約8時間。 


って、とぉっ!! 

8時間ってあんた
バンコクからアラブ首長国連邦ぐらい飛行機で行ける距離でっせ

ただの経由地に利用したスイスの写真を
悔しいので披露します←自分に送る拍手



これは全部ロウソクです。それぞれ野菜や果物の臭いがします
特にきのこのロウソクの臭いは強烈でした

かわいいキャロットケーキがあったけど。。


結局、パテのパイ包みと、
Swiss Emiのチョコミルクで腹ごしらえ


かなり美味しかった〜 こんなことでもないと超えられない国境。。



どこぞやの列車じゃなくて、スイスの列車はカラフルでかわゆい

そして湿気のない、もうすっかり秋の清々しい気候に
小躍りした、短時間滞在のスイスでした

【麺や高倉二条】京都のらーめん 

2007年09月08日(土) 22時50分
タイのスワンナプーム空港で『本格派ラーメン』
と日本語で書かれたお店発見

フライトが4時間も遅れ体も冷房で冷えてきた頃だし
と、店に入って味噌ラーメンを注文したところ

味噌汁の中にラーメン入ってるだけですがな。。

あの悪夢のような記憶を払拭するためにも、帰国してからの休みの日に
行きつけらーめん屋に行ってきました。
リクエストにこたえて、今日はここのらーめんをご紹介


【麺や高倉二条】 ←こちらクリック


鶏ガラ、豚骨半々割の京都らーめんには、
珍しくツケ麺で京都らーめん界の異端児的存在

スープに化学調味料を使っていないのがこのらーめんのウリです。
だしは、魚と豚骨のお味

そしてこの麺、全粒粉の麺なので見た目も食感も蕎麦のよう

女性が喜ぶお味なので、実際私のように一人で食べにくる女性もいます
京都にお越しの際はこちらに、おこしやすぅ〜〜


さて、今日はオーガニックスーパー『HELP』に行ってきました。

このスーパーは、京都のラーメン街の一乗寺にあります。

スーパーのおもむきは、『成城石井』や『IKARI スーパー』のように
しっかりしたスーパーで、京都ならではの食材も豊富にあります。

安心して、食材が買える京都人にとって貴重なスーパー
「シークワーサージュース」を買って焼酎割にした今宵の晩餐でした

タイへ行ってきましたvol.3 ー07年の夏 ー 

2007年09月07日(金) 23時14分
私はタイに行くと必ずといっていいほど

有馬温泉 に立ち寄ります。

ここはまさにバンコクのオアシス
疲れた体が癒されます。うーん気分は極楽浄土

タイには『有馬温泉』という名の
タイ式マッサージのお店があります

このすれすれでもない、直球のネーミングで「いいんかい?!」
と思わせるこちらのお店は、マッサージの腕が本当に良くて上手
1時間約900円とお値段もお求めやすい価格


タイの魅力は、物価は日本の約3分の1くらいでショッピングからグルメ、エステにマッサージと楽しめそれでいて街を歩けば、お寺や観光するところもたっくさんあるところ。

首都バンコクに限らず、ビーチや国境エリアも楽しめます。


タイランドの魅力は活気のある国、パワフルさです。
 
しかし、相変わらず日本のおっさん達はタイの女性を買ってたな。。。


バンコクの新空港のスワンナプーム空港は、ありえないくらい広かった。

離陸時間が超長くつまりは、滑走路があまりに長すぎて、バンコク市内に
このまま行ってしまうのではないかと思うほど広かった。。

今、アジアでは香港の空港が1位ですが、おそらくバンコクの新空港
と争うことになるでしょう。

空港内のドラッグストアで日焼け止めクリームSPF60+++を見ました。

日焼け止めクリームおたく

としては、最大指数SPF50+++しか見た事がなかったので、
痛く感動した今回のタイでした

タイへ行ってきましたvol.2 ー07年の夏 ー 

2007年09月06日(木) 18時33分
タイ語の語尾は「○○カァ〜」で終るので
言葉がとても柔らかく聞こえます。何かこう微笑んでいるような

「そうでっカァ〜」
「ぼちぼちでっカァ〜」
「もうかりまっカァ〜」

鏡で見て!最後笑ってるような表情になるでしょ
これが微笑みの国タイランドと言われるゆえんです。

私にとって魅惑のタイランドの楽しみのひとつは
驚くほど安くて、甘く種類豊富な南国フルーツを食べる
そう、タイは言わずと知れたフルーツ天国なのです


これはパイナップルの屋台。パイナップル1個10バーツ=約36円
その場で食べやすいように切って売ってくれます。


スーパーで売られてる果物の数々1個のパッケージの中に甘くて美味しいすいか、メロン、パパイアが入って、
お値段30バーツ=約110円


そして、バンコクで話題のマンゴースイーツ専門店 
『マンゴタンゴ』に行ってきました
何が話題って、東京に支店まで出来てしまったほどの美味しいマンゴーのスイーツが食べられるお店なんです 

”マンゴタンゴ代官山店”ホームページはココをクリック


甘く新鮮なマンゴー。
マンゴーの果肉が入ったマンゴープリンの生クリーム添え。
マンゴーアイスクリーム。

どれも甘すぎず、いくらでも食べれます
おしゃれなカフェで食べる美味しいスイーツ。ボリュームもあってお腹いっぱい。それでお値段100バーツ=約360円なんて涙がでました。嬉しすぎて

その他、、日本では目にすることのできない、たっくさんのフルーツ達。

ドライフルーツもふんだんにあります。日本みたいに砂糖漬けにされて
ないので甘過ぎない美味しさなのです

タイのドライフルーツはおすすめです
スーパー等でタイ産のドライフルーツをチェックしてみてくださいね

タイへ行ってきましたvol.1 ー07年の夏 ー 

2007年09月06日(木) 13時45分
なんでも3日は続けなきゃ
思うんですがそれが出来ないのが私なのですトホホ。。
ブログも二日間しか続けて書けなかったですわ。ガクっ

さてさて、、
今年の夏は3年ぶりにタイに行ってきました

タイは数えきれないくらい訪れている国です。
いわゆるヘビーリピーターです。

私は タイ国際航空 を利用することが多いので
目的地に行くまでに途中でタイで降りて、バンコク市内をぶらつきます。

昔はタイだけの旅をしていましたが、
ここ最近は1粒で二度美味しい
経由便利用が" 私流たびのスタイル "です。
今回も、目的地はヨーロッパだったのでもちろんタイで途中降機♪
行きも帰りも2回タイに行けてしまうわけです。ワンダフルっ☆

利用したタイ国際航空は

『ロイヤルオーキッド・サービス』
ータイシルクのような柔らかなサービスー

をキャッチフレーズとして、
航空券はリーズナブルなのに
申し分のないサービスを提供してくれます。

オーキッド=蘭の花(タイの国花)がタイ航空のマーク。

そして必ずを降りるときは、
小さいオーキッド(ランの花)を
全員にプレゼントしてくれますこれが嬉しい!!

あと、タイ国際航空の機内食は、味がいいんですよねぇ。。
(念のためタイ航空のまわし者では決してないです)

飛行機の機内食は、たいがい味は今イチですので必ず食べ残す私。
でもタイ国際航空に乗ると毎回完食してしまいます。

日系航空会社の機内食が日本人の口にあうのは当然の話ですが、
どんな種類の機内食を食べても美味しいなんて外資系航空会社では珍しいと思います。それに航空券代もリーズナブルだしね。

ちなみにタイのヘビーリピーターのくせに、タイ料理が嫌いで食べられないんですがタイ国際航空のタイ料理、特にタイカレーは
すばらしく美味しいです。

話は戻って、タイという国のお話をしたいと思います。

人によるんですけどね、タイは癖になる国です
毎回バンコクの空港に着くと「正直タイはもう結構です(爆)」
って思うのに、帰る頃には

「また今度もタイに行こう〜っとルンルン」

と思わせるから不思議でしょうがない国です。。

恐るべしタイランド!

食いしん坊のランチ 

2007年09月04日(火) 22時27分
 今日のランチは『いかの軟骨ピリ辛揚げ』のお弁当
 あえて、いかの軟骨をランチにチョイスした弁当屋さんなかなか美味
 ここの配達弁当は結構美味しいので最近よくお世話になっています。


  サイドメニューは、揚げぎょうざ、卵焼き、ポテトサラダ。


さて先週の日曜日のランチは友達から教わったクスクスに挑戦

写真手前のバターであえたポテトとソースのコラボが絶妙でした。

*材料(1人分)* 

クスクス ・・適量  
バター ・・少量

トマトペースト・・1缶
スライスチーズ・・1枚 
とりがらスープの素・・大さじ1
ヨーグルト・・ 少量
クスクス専用香辛料・・適量
黒砂糖 ・・ 大さじ1
塩、胡椒・・ お好みで
トマト・・2個
たまねぎ・・1個
にんにく・・2かけ
にんじん・・1/2
ピーマン・・1個
えりんぎ・・1個

じゃがいも・・2個
バター・・適量
塩、胡椒・・適量
 


クスクスとトマトペーストは、フランスのマルセイユで調達しました

ソースに至っては、マルイセイユの友達から聞いたレシピを少し変形してみることに。
家にある材料で鶏がなかったのとトマトソースにまろやかさと甘みを勝手にプラス

具材は家にあったものを適当に使いました。
野菜はうちの畑で採れた『にんじん』と、京都の大原で頂いた『トマト』がいい仕事をしてくれました。
京野菜の『京トマト』はイタリアのトマトの味と本当に良く似ています。大きくて甘みがあるんです


お味は大成功☆☆☆友よありがとう


゜・* 京日和。始動 * :゜ 

2007年09月03日(月) 23時10分
みなさまいかがお過ごしですか

ラジオをつければ

 どぅ〜ゆ〜りめんば〜  by アースウインド&ファイアー

が聞こえてくる。。そうまさに秋の到来 9月(せぷてんば〜)。

そんな読書の秋にちなんで本日よりブログを開始致します

あせらず、がんばらず、がんばらず(←はい。ここポイント)
くじけず適当に続けることが目標です

私が日々ボサっ〜と感じたこと、旅のこと、京都のこと
日によっては奈良のこと。趣味のこと書いてゆこうと思います。


おつきあいのほどよろしくお願い致します
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:unagino_nedoko
読者になる
*管理人* sa

京都在住。
ぼちぼち過ごす毎日が好きです。
ゆるゆるな日常ですが、『たび』となると刺激的な旅行が大好きな私です。
山のような好奇心を持って、日々色んなものをみつめています。
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30