借りちゃった♪ 

2005年09月30日(金) 3時30分
先生それは狙ってやってるんですか―――!!
ななな、泣きたくなりますから、これ以上私の心をかき乱さないでください…

論文なんて書ける自信なくて、実際書き始めてもやっぱり書けてないのが自分でも分かって。
でも先生に失望されたくないから頑張ってるフリしつつも、ギリギリまで見せられなかった。
あまりにも出来がひどいってことが自分で分かってるから。
さっさと腹を割って先生に相談しに行って、ここが分からないんです教えてくださいって言えたらどんなに楽だったか。
自分のプライドがこんなに高いとは思ってなかった。
「こんなことも分からんのか、今まで何やってきたんだ」って、自分の出来なさ加減に呆れられるのが恐かったし、それで恥をかくのがいやだった。
そんな小さなプライドのせいで、どうにもこうにも行き詰まるまで相談できない。
行き詰まってもそれをぶっちゃけられない。
締め切りが迫っても、そんな精神状態でやってるから進む筈もなく。
その上さぼって遊ぶ癖がついてるからどんどん作業は遅れる。
そして締め切り直前。
ようやく見てもらった論文は、全然形になってないもの。
…そりゃ、呆れますよね。
呆れながらも同情してくれて、今回は諦めるように優しく言ってくれましたね。
あほな見栄っ張りな私は、控えめに言ってくれたにもかかわらず傷ついちゃってました。
目の前に見えてた落とし穴の、どん底に引っ張り込まれた気分でした。
(決して、先生は突き落としたりしませんでしたよ。私が勝手に自分に引きずられたんです)
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:unagineko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる