不幸の理解。親と人格。

April 23 [Mon], 2012, 19:45
ふと思ったこと。
基本的に不幸というのは、同じ経験をしたものにしか理解できないのではないだろうか。
例えば、難病にかかっている奴の不幸は、難病にかかっている奴にしか理解できない。
体力のない奴の不幸、頭の悪い奴の不幸、貧乏な奴の不幸、友達のいない奴の不幸、それらは、同じ不幸を経験している奴にしか理解できないのではないか。
社会において、難病にかかるというのは、たいてい同情されることだろうし、貧乏な奴を助けてやろうという精神は奨学金制度や生活保護とかそういうので分かるんだけど、本質的な不幸そのものへの理解ってのはそれほど重要視されていない。
ひねくれてくると勝手に死ねとか思う
最近じゃ自己責任論が蔓延っているのは置いといてね。

今の世の中で『家族』というのは大切にするべきものだとされているけれど、果たして本当にそうなのか。
どうにも親は、子どもは大事だとする論調が常識になっているけれど、僕はそうは思わないなぁ。
糞アフィ見て更新しました。『人間の人格って8割親で決まるよな』っていうスレですね。
僕は『環境・才能・運』の三つが人生の全てだと高校生の頃に考えたんだけれど、親というのはこれでいう環境に当たる部分だ。
人格というのは家庭環境が間違いなく関係しているわけで、貧困層と富裕層を比べれば歴然としている。もちろん友人も人格形成に大きく影響している。
何でも親のせいにするのは恥ずかしい、というような論調が目立つが、親の影響があると認めるから『親へ感謝』するわけ(少なくとも僕はそういう考え方でしか感謝する気持ちを納得できない)で、『親を憎む』ことだけを非難することはどう考えてもおかしい。明らかに親側の都合でそうした刷り込み教育をしていると思うんだが。
努力で変えるとかいう論はまったく語るに値しない。むしろ馬鹿を晒しているな、と呆れるばかりである。親の影響について話しているなかで努力がどうこうというのはまったく筋違いなのである。
それならば最初から努力しなくていいように教育する義務があるだろう。生まれた時点でプラスマイナスは0(死ぬことを差し引いて)なのであるから、そこからマイナスになるのははなはだ不本意である。
恩返しを要求するのであれば、せめてプラスの状態にしておいてくれ、そうでないといざ、同年代と競い合う時に、私だけ不利ということになってしまうのだから。

論旨がずれてしまった。つまり、最初の話に戻ると、家庭環境に不幸があった者にしか、その不幸は理解されないのではないだろうか。そうでなければ、努力でどうのというような頭の悪い人間がいる理由が説明つかないのである。
親子愛についてもそのうち。書きます。

どもっす

January 24 [Tue], 2012, 2:37
いやー日記なんて普段書かないんで、更新滞るっていう。
いきなりモンハンから更新が始まっちゃったので、あらためて自己紹介。
あのにますです
基本的に、小説、ゲーム、漫画、アニメ、創作論、作品解説とかしていけたらなー、と思っています。
あとはまあ思いつき次第、書いていきたいと思います。
今日は短いですがここまで。

長く続けるコツは「楽しむ」こと

MH3G 上位進出!!

January 21 [Sat], 2012, 5:23
3Gを購入して1週間
遂に下位のラスボスらしきモンスター
大海龍ナバルデウス

っていうのを撃退しました!!
まあ撃退なんで追い払っただけなんですが、、
そのおかげで地震が起こらなくなり、
今回の舞台モガの村に平和が戻りました
村の人たちに暖かく迎えられ、感謝感激の嵐!!
受付のねぇちゃんホレ直したんじゃね?
そしてなんと\(◎o◎)/
村クエに上位クエ出現!!(`・∀・´)

今まで行けなかった、MHP3でお馴染みの渓流が出現しました〜v(=^0^=)v
ジンオウガ期待!
今は何の防具を作ろうか検討中です。。。
そろそろ港クエストもやりたいな・・・、まだHR1です( ´゚д゚`)
ではまた(o・・o)/~

プレイ時間:44時間
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:あのにます
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる