ライトニングとニノ

May 27 [Fri], 2016, 16:38
夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵に依頼する際には、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかを事前に話し合います。


探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、調査期間が長期になればなるほど請求される調査費用も多額になります。


調査する人の所属するオフィスにより、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。


自分でやみくもに動き回るよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。


探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。


自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。


でも、パートナーに詰め寄っても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件で離婚できません。


そのため、確実な証拠というものが必要になります。


GPSが繋がるものを使って、良く通っている地域の情報を得て、良く見える場所で観察し続けると、いつかは来るはずですから、現場を押さえられると考えられます。


調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、様々なやり方の選択肢の一つです。


その機械を付けている事がバレてしまい、追及される種になることもあります。


離婚も辞さないつもりで、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。


しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、止めるようお願いします。


あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。


信頼できる人が見つからない場合は、探偵に依頼するという方法があります。


成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼したら損することは無いかと言いますとケースバイケースでそうでないこともあります。


成功報酬ならば一般的な感覚としては結果として不成功となった場合、お金を払わなくても済むので依頼者は損をしなくて済むように感じます。


そのため、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、求めているような人がいます。


浮気調査の費用を節約する方法は、事前にある程度自分で調査をすることでしょう。


調査と聞くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありません。


何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査資料になります。


毎日、仕事に出る時間、帰宅時間、電話で誰かと通話していれば、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。


不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。


実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。


また、不倫の相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。


第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。


日々の生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは他人に頼まなくても可能ですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を手に入れるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が間違いありません。


そして、探偵に頼むという事は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。


自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。


しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。


慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど様々な角度から検証して裁判官が判断します。


調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。


しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気が確実かどうか、調査員が1人で行う場合が多いです。


浮気が現実であると判明したら、もう一度話し合いをして調査員の数などの詳細を決めていきます。


浮気調査で先ずすべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。


確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。


残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。


お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、不倫相手の正体を確認するのです。


探偵の浮気調査の場合でも失敗する場合があるでしょう。


探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗することがごく稀にあります。


配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行がばれることもあるでしょう。


それか、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは尻尾を掴みようがないです。


成功報酬と言って誤解されがちなのは、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間あったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功となってしまうのです。


実際に浮気があったとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査についてはそこで完了し、成功報酬として料金を支払うのです。


 探偵が用いている追跡グッズとは 自分で買うことができるかといえば、買うことができるのです。


一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使用することが多いです。


でも、これはいかなる人でもネット等で買うことができます。


車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、当然、誰でも購入できます。


不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談しましょう。


離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかを考えてから相談するべきです。


それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。


女性の場合、近所の奥さまや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にやってはいけません。


配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気を確定することもできるはずです。


いつもなら立ち寄らないようなコンビニのレシートをいつも見ることが多くなったら、その近辺に普段から行っている事になります。


その場所で監視していると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。


探偵をお願いすると高くなるので、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。


テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、いざ、自分がしてみると相手に悟られず尾行をするのは簡単じゃありません。


相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。


相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。


探偵の一部はアルバイトの例があってしまうのです。


アルバイト、探偵で検索すれば、お仕事が見つかるのです。


ということは、バイトを使っている探偵事務所もいくつもあります。


浮気の調査をお願いする場合には、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。


バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。


洋服の好みが変化してきたら、怪しいです。


浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。


ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選んで着るようになりだしたら、かなり怪しい臭いがします。


その中でもお洒落なインナーをはくようになってきたら、浮気をしていることがありえます。


浮気の形跡がSNSを介してばれてしまうこともあります。


SNSは実名を公表しないのでパートナーも無意識のうちに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がしばしば見られます。


場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動をネットに公表している場合もあるのです。


相手のアカウントに気づいているのならチェックしてみて下さい。


浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。


実費は交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査の際の食費が上乗せされることもあるでしょう。


時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。


短時間で調査を完了すると請求額も少額となります。


格好をチェックすることで浮気の裏付けをすることもできます。


人が浮気をすると、著しいのは変化していく服装です。


それまではお洒落には興味がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら用心しましょう。


この先、浮気に進展しそうな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。


興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言っても言い切れます。


共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような類似した仕事をしています。


でも、違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。


探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。


当然ですが、調査員が1人なら安く、多いほど高くなります。


また、尾行する際に移動に車やバイクを使用するケースでは、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認したほうが良いでしょう。


GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに設置して、移動の様子を常時監視し、現在地を把握したり、時間のある時に、データを取り出して行動の様子を分析したりします。


普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。


これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。


まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないようきめ細かく配慮しながら目立たないように調査を進めるのに対して、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、興信所から来たことを明かして正面からの調査を行う傾向にあります。


すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収集は興信所が上手いと結論できそうです。


尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なくなります。


よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを理解しようと観察することが大切です。


その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って探偵に尾行を依頼すると、探偵側も余計な手間がかからず、双方にとって利益があります。


自分で浮気調査はすべきではありません。


その理由は逆上してしまう可能性は否定できません。


 普段は冷静でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと自分を見失ってしまうケースが多く報告されています。


貴方自身のためにも、本来の目的を達成するためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。


問題なく探偵が調査をしていても、依頼者側に落ち度があって、相手に余計な警戒心を与えてしまって証拠集めがやりにくくなり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。


いくら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。


充分な調査が出来なかったときの費用についても、契約を交わす際にちゃんと確認しておきましょう。


結婚相手の浮気調査を委託する場合、法外に低料金だったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所がオススメです。


他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか前もって確認しておきましょう。


法を逸脱した調査をしている探偵社には委託しない方がよいでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/umtf8arpe5buhi/index1_0.rdf