不貞の慰謝料の相場

December 14 [Mon], 2015, 12:22
不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいのケースもあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は低いです。また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。浮気の調査を探偵に任せ、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。心から信用のできない人間と一生を共にするのはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求したならば二人が別れることは間違いないでしょう。探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。当たり前のことですが、調査員が少数なら安く、多くなるほど高くなります。また、尾行する際に車やバイクで移動すると、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認がいります。離婚ということになってもかまわない、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。信頼している人を連れて行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に依頼すると良いです。夫婦関係にある人の浮気を調べるのを調査員に行ってもらう場合、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを契約を交わす前に取り決めます。1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査にかかる時間が長いほど高額の調査費が必要になってしまうでしょう。探偵事務所によっても、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、口コミなども調べていったらいいと思います。同一電話番号から電話を頻回に電話を受けていたりまた掛けていたりするとそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が大いにあるでしょう。その後、その電話番号の持ち主を割り出せますね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、これと言って無いと言っても言い過ぎではありません。双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、同じような仕事内容です。でも、あえて言うと、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行時間が短い探偵の方が、少ない費用になります。ということは、尾行を探偵に頼むなら、パートナーの日常の行動を調べておくことが重要です。最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットがあります。探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、現実とフィクションは違うもので、相手に違和感を感じさせなく、尾行するのはとても技術がいるでしょう。こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、購入することが可能です。追跡グッズは、GPS端末を一般に使うことが多いのですが、誰でもネットなどで買うことができます。車に載せるGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、誰でも当然購入できます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:umkh-u
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/umkh-u/index1_0.rdf