金井和夫 餌作りのヒントを得たいあなたにトッテオキの情報をお教えします! 

2009年10月30日(金) 16時25分










海釣り用自作餌マニュアル


●すべてに納得・快適な釣り

私は今、イソメ等を使わず釣りをしています。

それは、あの悪臭と決別する。

自作餌で釣れないときがあっても絶対イソメ等の餌は使わない!

という強い意志と意地からです。

自作餌はイソメ等を使って釣りをしていた時とほぼおなじ釣果が期待でき、時にはイソメ等より良く釣れるんじゃないのっておもえるほど釣れる事もあります。

その逆もありますが…

私にとって釣果とおなじくらい重要なのがイソメ等の悪臭から解放される事でした。

だから、一生懸命工夫して釣果の上がる餌に辿り着いたとき、この餌作りの資料は絶対に商材になると確信しました。

いや、商材にする事により、イソメ等の悪臭から解放されたいと願う人を救済できる方法だともおもったのです。

しかも、1釣行に掛かる餌代は100円以下、実際には50円以下、いや20〜30円で済む事もあります。。

さらに、自作餌で釣ったときのよろこびは格別です。

よろこびの次元がちがいます。

餌代だけを考えると年収が10倍、20倍になったようなセレブな気分を味わえます。

釣りがいままで以上にたのしいものになっています。

この餌代なら、年金暮らしの方でも毎日釣りに行けるはずです。

仮に1か月に20回釣りに行くとしたら、1日500円の餌代だとしても1か月で1万円です。

しかし、自作餌なら1か月500円程度に抑える事も可能です。


海釣り用自作餌マニュアル


この狂乱物価の中、購入を迷っている事が、さらなる浪費にならない事を祈ります。

たとえ、原材料が高騰して今の2倍になったとしても、その時はじめて1釣行の餌代100円以下となるでしょう。

ですので心配いらないとおもいます。

逆にその時、イソメ等はもっと高価な餌になっているのではないでしょうか?

自作餌は臭いがあります。

しかし、人が口にする事ができる原材料を使っています。

人によっては臭いに抵抗があるかもしれません。

私自身は夢のような餌に辿り着いた、と納得しています。

そして、いろんな意味で快適です。

イソメ等で魚が釣れなくても、その次の釣行もイソメ等の餌を購入されるとおもいます。

どんなに魚が釣れなくても。またおなじ餌を購入してきた事だとおもいます。

私は、自作餌で釣れたという事実を信じて、毎回釣行していますが、釣れる時もあれば、釣れない時もある、それが釣りだという事を理解・納得しています。


海釣り用自作餌マニュアル
 



【期間限定特典情報!】


本物の釣り師なら


釣り餌は自分で作る!


自作餌で釣れるという喜びを!!


海釣り用自作餌マニュアル



●釣り餌調査 : カワハギ編

相模湾、三浦半島のボート店数店舗で、カワハギ釣りをしている方を調査。

数十人ほどの方に話を聞きましたが、ほとんどの人が餌はアサリでした。

また、少数ですが、ジャリメを使っている人もいました。

釣果はあまり芳しくないようです。

何故なら、積極的にクーラーボックスの中を見せてくれた人が少なかったからです。

理由として考えられるのは、カワハギを釣るには少し時期が早いということだと感じました。

数十人取材した中に1人だけ、アサリと自作餌に似た餌両方で釣りをしている方が、いらっしゃいました。

私だけのアイディアじゃなかったのか?と、少し残念な気持ちと同時に貴重な体験談を聞くことができる、という期待感が交錯した複雑な気分でした。

その方の長年の経験によると、アサリと自作餌に似た餌には釣果差がないということでした。

ただ、両方の餌を使う理由は、定番とされるアサリで釣れないときは仕方ない、と諦められるけど、自作餌に似た餌で釣れない場合、自身の考えが間違っているのではないか、という不安からアサリを手放せない、ということでした。

私も、この方同様、カワハギ釣りに関しては実績が少ないだけに、自作餌の釣果に不安を抱いていましたが、今回、話を聞くことでその不安が少し和らぎました。

つまり、私以外にも自作餌に似た餌で釣りをし、カワハギの釣果を確認できた人がいたという事実があったのです。

これで、さらに安心して頂けるでしょうか。


海釣り用自作餌マニュアル


●釣り餌調査 : 伊勢海老編

夜、十数か所の港を周り、延べ数十人の釣り人に聞いたところ、イワイソメで釣りをされている方がほとんどでした。

青イソメが若干名。

1人だけ自作餌に似た餌を使って釣りをされていました。

詳しく聞いてみると、餌の作り方は先輩から教わったそうです。

加工方法も自作餌と少し違っていましたが、釣果は、自作餌とかわらないようでした。

また、イワイソメで釣りをしたことがないそうです。

以上の調査でカワハギ釣りで1人、伊勢海老釣りで1人、特定の魚種を対象に自作餌に似た餌で釣りをしていた方がいました。

また、他の魚が釣れるかどうかについては、試したことがないそうです。

この結果から、日本全国となれば、当然自作餌に似た餌で釣りをされている方がある程度の人数いらっしゃることが伺えます。

つまり、交流のない特定の釣り人のみが自作餌でも釣れるという事実を知っているものと思われます。

私にとって都合のいいように言い換えれば、これだけの実績をひとつに集約すると自作餌には十分な実績がある、ともとれるのです。



海釣り用自作餌マニュアル



ここでは、金井和夫さんの釣り革命 海釣り用自作餌マニュアル 1釣行の餌代100円以下の口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 ブログ検証 暴露 比較 ランキング クチコミ 内容 効果 方法 教えて 日記 コメント プロフィール 【期間限定特典情報!】などの情報を公開してます。



その他のお得な情報はこちら


血糖値を下げる食事法 藤城博 レビュー

節税を超える税金0円の勧め 加藤房男 感想

友達の作り方 多田悠平 レビュー