魔法の女の子産み分け術は評判通り?それとも…石原 慎介さんの情報教材魔法の女の子産み分け術を徹底検証します。

魔法の女の子産み分け術で人生が変わる!とペットボトルを使って袋を密封する方法 / 2013年08月23日(金)
こんにちは^^

今日も魔法の女の子産み分け術レビュー特集中です(^^)↓↓
優良教材魔法の女の子産み分け術レビューはこちら
魔法の女の子産み分け術は、実は全く効果が無い?そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!
石原 慎介さんが自信を持って世に送った情報教材魔法の女の子産み分け術を超お得な特典付きでお届けしています。

購入前はへーって感じですけど、実際のところは・・・詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。↓↓優良教材魔法の女の子産み分け術レビューはこちら

て事で、あとはぐうたら日記です。読み飛ばして下さい^^;

きょうの朝飯はあたたかいご飯と、鯵の開きと出汁が効いたお味噌汁
ナイスな感じでしょ?

ゆっくり15分掛けて完食、8時40分に自宅を出発^^

自宅からほど近いファミマに買い物をと思って、ボスのコーヒーをポイントでゲット(^^ゞ

ふーっと一息つける時間です。。

店舗に着いたら、日々の日課のライブドアニュースを確認してみると
今朝のニュースは・・・
↓↓
アル・サッドFWラウール・ゴンサレスの代理人ヒネス・カルバハル氏が、同選手にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性があったことを明かした。

スペイン『ラジオ・マルカ』のインタビューに応じたカルバハル氏は、ラウールがレアル・マドリーを退団してシャルケに加入した2010年夏に、ユナイテッドも移籍先候補に挙がっていたことを告白している。

「第一の決断がマドリー退団で、その次に決断すべきだったことが、今後も厳しい競争に臨んでいくかどうかだった。そして彼は競争に臨んでいくことを選択した。移籍先の選択肢にはマンチェスター・ユナイテッドの名もあったよ。だが(当時のシャルケ指揮官)フェリックス・マガトが、彼を説得したんだ」

「ユナイテッドのオファーは誠実なものだったが、ラウールがどのような役割を背負うかが不透明だった。もし主力として扱われなければ、移籍しない方が賢明だ。英語を学ぶためにイギリスに行くのであれば、マドリッドに残った方がよかった」

同氏は、ラウールが適切なタイミングでマドリーを去ったとの見解を示している。

「今言うのは簡単だが、マドリー退団の時期は実際に適切なものだった。ラウールは熟慮の末に、退団という決断を下した。マドリーの人々は、彼の退団はあり得ないと考えていたね。しかし我々は、彼のようなクラスの選手がプレーをしないのはあり得ないと思った。適確な決断だったと思うよ」

(C)Goal.com
(この記事はGOALから引用させて頂きました)

これマジ?
だからどうしたって感じ。

ではでは。今日の予約状況。
段取り的にはPPCアフィリエイトに7時間と、ブログテンプレの張替えに4時間。

なかなか大変だけど問題にはならないです。

今日も稼ぐぜ!

そういや、これこれ
↓↓


あれ?全然関わって無い?
これは失礼しました。

さてさて夜ごはんは何しよ?
からあげかエビチリが久ぶりに食べたいなあ。

これも良いか?
↓↓


きっと今度のブログ更新はがんばって今日中に・・・出来るかな?
カミングsoon!
 
   
Posted at 02:31/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!