基礎体温の正しい計り方、つけ方、読み方

Q.

高齢出産になりますが、産み分けはしないほうがいいのでしょうか?

A.

高齢出産はまず体を大事にしてください。
別に高齢出産だからといって、産み分けをしてはいけないというわけではありません。

高齢出産だからこそ、出産する子供の数が限られ、理想的に産み分けたい思うのは当然でしょう。

高齢であっても、生理周期が順調で、排卵がきちんとあるようなら、

家庭でも生み分けは十分可能です。

ただし、排卵などのからだの周期は、年齢とともに変化するもの。

まれに、急に周期が変わるケースもありますので、

まずは自分の体のことをよく知ってあげることが大切です。

高齢出産はふつうの妊娠にくらべて、リスクが大きいものです。

産み分けも考えながら、まず安全に妊娠、

そして出産できるように、体を大事にすることを心がけましょう。

Q.

私はどうしても女の子がほしいのですが、夫が産み分けに協力的ではありません。

A.

産み分けは、言ってみれば夫婦の共同作業です。

ですから、夫が反対しているのにあなたの意見だけ押しすすめると、夫婦の間に亀裂が入ったり、

信頼関係がくずれたりして、よい家庭環境が望めなくなってしまいます。

まずは時間をかけてでも、夫の理解が得られるように話し合ってみましょう。

あなたの希望がかなうよう、夫にも同じ気持ちになってもらえれば、

それがいちばんよい結果となります。

特典で夫の協力を得る「女の子にやさしいセックス」差し上げていますのでご活用してください。

Q.

自分の排卵日がよくわかりません。

生理開始から14日と考えてよいのでしょうか。 

A.

平均的には14日目ですが、人によって様々です。
「排卵日が月経開始から数えて14日目」というのは、月経期間が28日の人の場合です。

だいたい一般的には28日周期の女性が多いことから平均としては、

14日目に排卵がくることが多くなります。

これはあくまでも平均であって、28日周期の人でも14日目に排卵しない人もいます。
月経と排卵の周期は個人差が大きいものですから、周期自体が30日の人も、

極端な場合では50日の人もいます。

とにかく、月経から数えて何日目、というのはあてにはならないものなのです。

なので、それだけ基礎体温をしっかりとはかり、体温表をチェックすることが大切なのです。

マニュアルの中では「基礎体温の正しい計り方、つけ方、読み方」を紹介してます。

自分の体のことをよく知るために基礎体温表はとても重要なものです。

 

→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:http://yaplog.jp/umiwake-hime/archive/41
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大石幸子
読者になる
こんにちは!

「女の子ができた魔法の産み分け術」の大石幸子と申します。

私はこれまでたくさんの方の女の子産み分けアドバイスをさせていただきました。私のもとには、いろいろな産み分けの悩みや相談が日々よせられてきます。

今回、私がこのホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。

女の子をどうしても欲しいと思っているあなたに、念願の女の子を授かって

・「あなたに、女の子の赤ちゃんを胸に抱いて、喜び輝いてもらいたい」
・「あなたに、女の子にかわいい服を着せてお出かけして、楽しんでもらいたい」  
・「あなたに、女の子がいる明るい家庭を築いて、幸せになってもらいたい」

この思いだけです。