魔法の女の子産み分け術の結果

もしあなたが
「女の子が欲しい!女の子を育てたい!」
そう思うのであれば・・・今すぐこの手紙を読み進めてください。
「なんで私には女の子が生まれないの・・・」
男の子を続けて3人産んで
悩んでいた私でも
2人の女の子が産むことができた魔法の産み分け術の
 

その全てを公開します

 

                     女の子産み分けアドバイザー    

                                        

 

                       

私の幸せ7人家族と、私の子宝かわいい娘ふたりです

kazoku画像    

 

わが家の住民票をご覧下さい

 

結婚してすぐに長男、次男と生まれ、3人目で女の子が欲しいと思っていました。

思いだけで何もできず、生まれたのは男の子。男の子が続けて3人も生まれ、

「なぜ私には女の子が生まれないの・・・」

と悩みました。でも、どうしても女の子が欲しくて、4人目は真剣に産み分けを考えて、ありとあらゆる産み分けに関する書物を隅から隅まで読み尽くしました。

そしてこの「魔法の産み分け術」を知ってから、念願の女の子が2人連続して産むことができたのです。

 

 

 

※ご注意※

今からお話していく女の子産み分け術は

自然な方法で、家庭で81.3%の確率で女の子ができる方法です。

女の子をまだ出産していない

女の子の産み分けを考えている

女の子の産み分けを実践しようとしている

そんなあなたに、 どうしても読んでもらいたい産み分け法です。
女の子がほしい!女の子を育てたい!
あなたが本気でそう思われるのなら、 ぜひ後回しにすることなく
今すぐこの文章を読みはじめてください。


→ 詳しくはこちら>>>

魔法の女の子産み分け術の体験談

「大石さんのおかげで、

念願の女の子を妊娠できました!」

おなかの赤ちゃんに感謝!

早く娘の顔を見て「ありがとう!」って

言いたい気持でいっぱいです。



 東京都  みさき様





女の子産み分けアドバイザー 大石さんへ



「女の子ができた魔法の産み分け術」を購入させていただいた東京のみさきです。

メールではいろいろ相談にお応えいただきありがとうございました。



大石さんのおかげで、念願の女の子をついに妊娠することができました。



マニュアルでは、生まれるまでは性別をお楽しみにすることすすめていましたが

すいません、どうしても知りたくて・・・というか

私はガマンしていたのですが、主人がガマンできずにこっそり聞いちゃいました!



女の子だそうです!夫婦で大喜びです!





もちろん女の子ができたこともうれしいことですが、もうひとつうれしいことがあります。



それは女の子の産み分けを主人との二人三脚で進めていきながら、

このマニュアルをを通じて夫婦の愛が深まったことです。





それはなぜか、その当時の苦労を振り返ってみると・・・

確かに女の子を妊娠するまでの道のりは決して楽なものではありませんでした。



私には2人の男の子がいて

上の子が小学校に入学して「最後に女の子が欲しいなぁ」と考えるようになりました。

子供は3人と決めてあったので、次はなんとしても女の子!と結構プレッシャーです。



もしかしたら、また男の子かも・・・



その頃は何をしてても不安で不安で、よく眠れませんでした。

そんな日々が続くと



「こんな辛い思いをするなら、もう女の子はいらない」と

あきらめようとしたこともありました。



・・・でもふと公園なんかで女の子を連れて楽しそうに歩いてる人を見ると

羨ましくて羨ましくて仕方がありません。

なぜか涙が自然にこぼれてしまいます・・・



「女の子なら可愛い洋服を着せて、髪を結って、買い物一緒に行って・・・」





ふと、我に返ったとき

このまま何もせず女の子を諦めてしまう絶望感より
もう一度、女の子を産みたい!女の子を育てたい!という

強い思いがこみあげてきたのです。



くよくよしていてもしょうがない!再びがんばってみようという気になりました。

まずは女の子がいる友達に話を聞いたり、近くで産み分けをしている病院をさがしたり、本屋で産み分けの本を買って読んだりしました。



しかし、どれも女の子の産み分けについて「これだ!」というものがありません。



基礎体温の大切さを理解して基礎体温表をつけはじめたのはいいけど

うまく計れているの?本当にこれで正しいの?と

わからずに、それがストレスになって体調を崩してしまうことも・・・



「やっぱりダメかな・・・」と

またあきらめモードになりかけたとき、このマニュアルに出会いました。



最初は 半信半疑でしたが 、マニュアルに書かれているように

まずは自分の身体のことをもっとよく知ることが大切なんですね。



「基礎体温の正しいはかり方、つけ方、読み方」は

女性の身体を理解するのにもとても勉強になりました。



それから、ご主人に産み分けのことをよく理解してもらえる

「夫のための女の子にやさしいセックス」はとても役に立ちました。



マニュアルに書かれていることをしっかり理解し

ひとつひとつ夫婦ふたりのペースで産み分けを進めていったことで

ついに女の子を授かることができました。



あきらめず頑張ってきたことにたいして本当にうれしい結果がでました。



私たち家族全員で感謝しています。

大石さん、本当にありがとうごさいました。





ps

私の周りで女の子が欲しい人や産み分けで悩んでいる人がいたら

このマニュアルを自信もってお奨めしたいと思います。


→ 詳しくはこちら>>>

魔法の女の子産み分け術のレビュー

「夢がかなって女の子を出産しました!

ただいま生後3ヶ月です!」

2人目は、産み分けで絶対に女の子を!

秋田県  池田様





たまたまインターネットで産み分けについての検索をしていたら

この本のHPにたどりつきました。



子どもの人数は最初から2人と決めていたので、
上が男の子だったため、産み分けで2人目は女の子と思っていました。



男の子は結婚しちゃえば、しょせんお嫁さんのもの。嫁姑の関係になるんですよね^^;
女の子はずっと話し相手になってくれますからね。



経済的に余裕があれば3人、と思ったかもしれませんが、
子どもに精いっぱいのことをしてあげたいと思えば、やはり2人がベストだと思って。



夫はどっちでもいいじゃないか、という感じでしたが、
努力もせずあやふやな気持ちでいるのがいやだったんです。



この本をよんでみて自分の気づかなかった事がたくさんあり、
自分のできる範囲で、さっそく この本をお手本にやってみました。



ふだんの私はそんなにきちょうめんなタイプではないのですが、
自分でも驚くほどちゃんと基礎体温をはかったり

あとチャンスは一度しかないのだから、
できることは悔いを残さないようにがんばろう、って思っていたのです。



実践して最初のトライで妊娠しました。
妊娠したのはうれしいけど、最初は不安な気持ちもいっぱいでした。



でもこの本には産み分けの方法だけでなく、

妊娠してから出産までのメンタル面のサポートもしてくれている

ので、生まれてくる命に感謝しながら、

とても穏やかに出産を迎える ことができました。





分娩室に入って30分で生まれる安産でした。

産声を聞いてから、先生に「どっち?」とあせってきくと「女の子ですよ」 との返事。



その瞬間、安堵感でいっぱいになり、涙ぽろぽろ止まりません・・・

涙と鼻水で顔をくしゃくしゃにしながら、

ここまでいっぱい努力してきた自分に「よく頑張ったね」って言えました。



夫にも「おまえすごいよ。努力してたもんね、よく頑張ったよ」って褒められました。



今、私とっても幸せです!


→ 詳しくはこちら>>>

大石幸子のプロフィール/経歴/著書

 こんにちは!

 「女の子ができた魔法の産み分け術」大石幸子と申します。

私はこれまでたくさんの方の女の子産み分けアドバイスをさせていただきました。私のもとには、いろいろな産み分けの悩みや相談が日々よせられてきます。


 

今回、私がこのホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。

女の子をどうしても欲しいと思っているあなたに、念願の女の子を授かって


  「あなたに、女の子の赤ちゃんを胸に抱いて、喜び輝いてもらいたい」
  「あなたに、女の子にかわいい服を着せてお出かけして、楽しんでもらいたい」  
  「あなたに、女の子がいる明るい家庭を築いて、幸せになってもらいたい」

 

この思いだけです。

 

 

「思いだけって?そんな思いだけでできる話じゃないですよ・・・」

そうですね、あなたがそう思われることはごもっともです。

 

 

確かに、産み分けは思いだけでできるような簡単なことではありません。

 

→ 詳しくはこちら>>>

女の子を出産するやり方

実は、私自身も産み分けの

辛い思いをしてきたひとりなのです

 

少し前の私は・・・産み分けに悩んでいました。

 

長男、次男と生まれ、3人目で女の子が欲しいと思っていましたが、

思いだけで何もできず、生まれたのは男の子。

男の子が続けて3人も生まれ、「なんで私には女の子が生まれないの・・・」と悩みました。

 

私の希望は、男の子2人、女の子2人の子供4人でした。

自分が3姉妹の次女として育っているので、姉妹の良さを知っているからです。

もちろん息子はとてもかわいく、産まれてきてくれたことに感謝する日々です。

 

でも、どうしても女の子が欲しくて、4人目は真剣に産み分けを考えましたが

「次も男の子だったら・・・」と、不安でなかなか妊娠できずにいました

 

 

そんな中・・・周りは女の子の出産ラッシュ
私には男の子のママのお友達が多いのですが、二人目が皆(ホントに皆なんです)女の子を出産。
昔からの友達は二人を除いて皆女の子を授かっています。


この間は、昔からの友達が子連れで数人遊びに来てくれたのですが、全員女の子です 。
華やかな雰囲気や手のかからなそうな様子などが羨ましくなってしまいました。

「一人目女の子だから二人目はどちらでもいいよね」のような会話に、傷ついてしまいました・・・。

 

夫は強烈な男系で、我が家に女の子が来る日はないように思えてしまうのです

 

気にしすぎですよね。 自分の感情をどうしてよいか分かりません。

羨ましく、友人に会うのも辛いです。
友人達は何も悪くないのに・・・。


しばらく子づくりから離れようかな、と思う一方で
年の差 などが気になってしまいます。 

このままでは女の子もできないし、友達に合わせる顔もない。

 

そう思った私は

「絶対に女の子を産む!!」と固く決意し

 

ありとあらゆる産み分けに関する書物を隅から隅まで読み尽くして

出来ることは全て実践してみたのです。

 

そして努力の結果、ついに女の子を妊娠!

 

今では、友達とはすっかり仲良くなって

友達の娘たちで公園に集まり、一緒に楽しく遊んでいます。

 

→ 詳しくはこちら>>>

産み分け表と食事療法

突然ですが・・・ あなたは今、

こんな風に悩んでいませんか?

 

 

    周りで女の子が出産と聞いても素直にお祝いの言葉が出てこない。

    もし男の子がだったらどうしようと思うとなかなか踏み出せない。

    周りから女の子を期待されているが女の子ができない。

    兄弟や友達はは女の子がいるのに、何故か私だけ女の子ができない。

    自分は一生女の子が産めないのではないかと思うと、滅入ってしまう。

    また男の子だったら・・・と不安でたまらない。男の子を育てていく自信がない。

    産み分けをちゃんと夫に理解してもらえるかどうか不安。

    夫も娘を欲しがっている。愛する夫と一緒に女の子を育てたい。

    病院の検査や治療が怖い、病院に通う費用と時間がもったいない。

      どうしたら産み分け出来るのかわからない。

    家系に男系、女系があるって聞いたけど本当かしら。

    産み分け表って信じていいの?

    食事療法ってよくわからないけど、本当に効果があるのかしら。

    病院に行って「女の子は産めません」と言われたらどうしよう・・・

 

 

 

もし、このようなことで少しでも悩んでいるのでしたら、今すぐ考えを変えてください。

なぜなら、

 

何が正しい知識かもわからずに、誰が言ったかもわからないような噂に惑わされていたら

なかなか一歩が踏み出せず、女の子を授かるチャンスを失ってしまうかもしれません。

 

まずは、正しい知識を身につけることが、女の子産み分けの第一歩です。

 

女の子を産みたいのに、周りの心ない人たちに

「あなたは男腹なのよ」

「あなたは男家系だから女の子は生まれないのよ」

と 言われただけなのに、それを鵜呑みにして

 

「私には女の子は授からないのでは?」

 

そんな不安な気持ちになるのは、あなただけではないのです。

 

 

しかし、正直に告白いたします。

実は産み分けは、かんたんなことなのです。

ただ、その方法を知らないだけなのです。

 

→ 詳しくはこちら>>>

魔法の女の子産み分け術の実践者の声

これからする話は、私の経験から実践してできた人生を変えた産み分け法なのです。

 

 

「次は女の子ね・・・」

この何気ない他人の(身内も)一言に逃げ出したくなる日が続いていた典子さん。

 

23歳で結婚した彼女は、1人目から「女の子」が欲しかったのですが、生まれたきたのは「男の子(ユタカ)」。

生まれてみれば我が子だからかわいいのは当たり前・・・

 

次、2人目の時は産み分けして「女の子」がほしいな〜 それくらいの感じでした。
ユタカがおっぱいを卒業するとすぐ2人目がほしくなりました。

 

基礎体温も少ししか測らず、排卵日も特定できないまま、子供ほしさに子づくりしました。

結果はまた「男の子(ケンジ)」。

 

妊娠8ヶ月の段階で分かったのですが、ものすごく落ち込みました。
でも、主人と話し合って子供は3人と決めていたので次でがんばろう!


まだ次がある!!!

次がある・・・  次が・・・

 

今度はその強い想いがプレッシャーとなり私を苦しめました


こうなると典子さんは、周りからの近所で女の子が生まれたと聞くと、

本当は「おめでとう」と言いたいのだけれど

内心では「獲られた」なんて思ってしまう自分がイヤになりました

 

近くの公園で遊んでいる女の子をみると、そのお母さんが羨ましくなり

思わず連れ去りたくなることも・・・・


でも、典子さんは、病院に行こうとしません。

 

実は典子さんのお姉さんが病院の指導で産み分けをしたのですが

残念ながら失敗しているのです。

 


 「病院の指導で産み分けするのは大変そうだし・・・自然な方法で女の子を授かりかったから・・・」


 

それで、私のところへ相談にきたということです。

 

 

典子さん「ねえ幸子・・・ 産み分けって病院に行かないとできないって

              聞いたけどやっぱり本当なのかなあ?」

 

 

わたし「そんなことないよ。病院に行かなくても家庭でできる
            自然な方法があるんだけど、聞いたことない?」

 

 

典子さん「セックスの時感じないようにするぐらいは知ってるけど

                               他にもまだあるの?」

      

 

わたし「うん。女の子を産み分けるためには、セックスの時感じないように

     することはもちろんなんだけど、それだけじゃないのよ。

                          こんな方法もあるのよ。

    

 

典子さん「え、ホント?  他にも方法があるの!?
      産み分けの本を読むと、最後には、病院に行って・・・
でしょ。

           家庭で産み分けが本当にできるのかな?」

 

 

わたし…「実は、この方法を実践して、
      私自身が病院に行かずに2人の女の子を産み分けしたのよ。
      私の実践したことを全部教えてあげるから
                    やれるだけのことはやってみたら・・・」


 

 

 

実は、費用や時間もかからず自然な方法で家庭で、産み分けができる方法はあるのです。

 

その後、アドバイスを実践していった典子さんは、出産テキスト

どうなったでしょうか?


もう、言わなくても分かりますね。

10ヶ月後めでたく女の子を出産し、

今では、かわいいお洋服を着せたりして毎日幸せに娘さんとの生活を楽しんでいるそうです。


一緒に相談に来ていたご主人も娘にメロメロとか。
  「将来、どんな彼氏を連れてくるか心配だ!」
  「絶対に嫁にはやらんぞ!(笑)」と今から言っているのだそう。


典子さんも
「家庭であせらずじっくりと、主人と協力して落ち着いて取り組めたのがよかったかも!」

と言ってます。

 

→ 詳しくはこちら>>>

産み分けの専門の病院での診察内容と費用・掛かる料金

あなたは産み分けは病院で

するものと思っていませんか?

 

ほとんどの女性が、病院に行かなければ産み分けができないと思っています。

もしかしたら、あなたも病院へ行こうと思っているかもしれません。


実は、産み分け指導で病院に通うことは、思った以上にとても大変なことなんです

病院で産み分けと言っても・・・

    ・産み分けの専門の病院が少ない。

    ・自分に合った病院が見つからない。

    ・適切な産み分け指導をしてくれる病院が少ない。

   

いざ通院といっても・・・

時間も交通費もかなりかかります。


上の子がいる場合はさらに大変です。
小さい子をつれて病院にいくことがどれだけ苦労が多いかは経験済みだと思います。
産み分けのことをあまり周りに知られたくないので、誰かに子供を預けてまでは行けません。


最初は問診となりますが、初経や生理の周期をはじめ、セックスのことなど
夫婦のプライベートな答えにくい質問をされる場合があります。


内診では、頸管粘液検査や膣内の酸性アルカリ性検査、血液検査、ホルモン測定など様々な検査を行います。
必ず内診台に上がり診察を受けますので、女性にとって何よりも嫌な瞬間です。 

 

また医師が排卵日の見当がつかないときなどは、基礎体温表を何度も作ることになり、
その間の通院した分は、時間とお金がかかってしまいます

 

 

病院の産み分け指導で排卵誘発剤を飲むことになると

人によっては吐き気や冷えが出ることもありますし、検査や治療の中には大変な痛みを伴うものもあります。(排卵が起こりにくい人や、周期に乱れのある人にほどこされる薬です)


 

また、基礎体温表だけを渡されるだけという病院もあるくらいです。

お金をかけても、これでは何のために病院に行っているのかわかりません。

 

 

<たった一回の診療ミスが招いた不運>
指導先の病院で超音波診断を行い「今日(セックス)してください」と言われ、

その夜、さっそく実践しましたが、翌日には基礎体温が上がってしまい、後日妊娠が判明しました。

病院でセックスするように言われた日が、実は排卵日だったのです。

男の子を授かってしまいました
この医師は、超音波診断だけで排卵を予測したようです。

超音波診断は、確かに排卵を知るのにもっとも有効な方法ですが、

この方法だけに頼ると、予測に誤差が生じる場合があります。

 

 

※産み分け指導は健康保険は適用外となり、すべて自費払いになります。

 

このように、産み分け指導のために病院に通うことは、

お金と時間もかかる割りにはあまり成果の期待できないものなのです。

 

→ 詳しくはこちら>>>

科学的に立証された産み分け法/赤ちゃんの性別が決まる仕組み

なぜ、産み分けできるのか?

 

そもそも、なぜ産み分けができるのか?

まずは性別が決まる仕組みを理解していきましょう。

 

 

●科学的に立証された産み分けとは?

専門家による長い研究の結果、男の子と女の子の違いがどうしてできるのか、どの時点で性別が決まるのか、などについてはすでに解明されています。今からおよそ35年ほど前に、世界的に有名な生殖生理学者であるランドルム・B・シェトルズ博士が、精子にはX染色体をもつ精子とY染色体をもつ精子があることを発見しました。これが、それまで男の子が生まれるか女の子が生まれるかは「神のみぞ知る」といわれていた男女の産み分けに光を当てた最初の出来事でした。

 

 

●性別を決定する23組目の性染色体とは?

人間は23組の染色体を持っています。2個で1組になっているので全部で46個です。

染色体は22組までの44個は男女とも同じものをもっていますが、23組目が性染色体と呼ばれ

男性は「XY」女性は「XX」なのです。

この23組目の性染色体の「XY」と「XX」の違いが性別を決めます。

 

 

●性別と染色体との関係とは?

精子にはX染色体を持つ精子と、Y染色体をもつ精子があり

卵子は常にX染色体なので

結合の組み合わせで性別が決まります。

 

 

●いつ、性別が決まるのか?

人間の性別が決まるのは、精子と卵子が結合した瞬間です。

X染色体の精子がX染色体の卵子と結合すれば女の子・・・「X精子」+「X卵子」→「XX」女の子

Y染色体の精子がX染色体の卵子と結合すれば男の子・・・「Y精子」+「X卵子」→「XY」男の子

ができます。

 

 

●なぜ、産み分けができるの?

X染色体の精子とY染色体の精子にはそれぞれ性質の違いがあり

ある特定の状況を作ることで

X染色体の精子とY染色体の精子のどちらか望む方を卵子と結合しやすくできる

というものです。

 

 

●女の子を産み分けるためには?

この産み分けの仕組みをふまえて

X染色体を持つ精子が卵子と結合しやすくする状況を作っていきます。

 

 

 

●X染色体の精子とY染色体の精子の性質の違いとは?

【精子の性質の違い】

1、男の子をつくるY染色体をもつ精子は、女の子をつくるX染色体をもつ精子よりも小さい。

2、男の子をつくるY染色体をもつ精子は、理想的な環境ではX染色体をもつ精子よりも迅速に移動できる。

3、女の子をつくるX染色体をもつ精子は、Y染色体をもつ精子よりも屈強で、さまざまなストレスに対する耐性がある。

 

 

この3つの染色体の性質から次のようなことが言えます。

 

 

【男の子が生まれる場合

1、排卵日あるいはその付近にセックスが行なわれた場合、動きがより迅速な男の子をつくる精子が、先に卵子に到達すると思われる。排卵の時期は女性の生理的分泌液がアルカリ性に強く傾いており、精子が移動するのに最適の条件になっているからである。

 

 

【女の子が生まれる場合】

2、排卵日の前日より以前にセックスが行なわれた場合は、より抵抗力がある女の子をつくる精子が、卵子に到達しやすい。その時期の女性の生理的分泌液はより酸性に傾いており、抵抗力の弱い男の子をつくるY染色体をもつ精子が排除されてしまう可能性が高いからである。

 

→ 詳しくはこちら>>>

家庭でできる自然な産み分け法

家庭でできる自然な産み分け法とは?

 

正直、この「家庭でできる自然な産み分け法」に行きつくまで私自身

病院の産み分けの指導を受けて、通院を繰り返していました。

 

しかし、この方法に気づいた時からは、産み分けは家庭でできると考えて

病院へ通う時間よりも、家庭での主人との時間を大切にしたのです。

 

産み分けへの夫婦の理解が深まれば深まるほど、女の子の産み分けは確信になりました。

 

 

 

だから、

私のような遠回りをしないように、あなたに大事なことを伝えたいのです。

 

 

「自然な産み分け法を理解すれば、病院に行かなくても家庭で女の子ができる」

 

 

あなたが

・女の子ができない

・病院の検査や治療が怖い

・産み分けをよく理解していない

・不安でセックスできない

・主人が協力的ではない

・不安定な生理が心配

・周りの期待がプレッシャーになっている

・年令を考えると焦ってしまう

 

など、何らかの不安を感じているのであれば

それは「家庭でできる自然な産み分け法」を理解することで安心することができます。

 

これは自信を持って言えます。

 

なぜなら、この方法によって私自身が女の子ができたから

という独りよがりな理由ではなく

実際に女の子産み分けアドバイザーとしての経験

更には、実際に「家庭でできる自然な産み分け法」を元に指導して

女の子の出産していただいているからです。

 

→ 詳しくはこちら>>>

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大石幸子
読者になる
こんにちは!

「女の子ができた魔法の産み分け術」の大石幸子と申します。

私はこれまでたくさんの方の女の子産み分けアドバイスをさせていただきました。私のもとには、いろいろな産み分けの悩みや相談が日々よせられてきます。

今回、私がこのホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。

女の子をどうしても欲しいと思っているあなたに、念願の女の子を授かって

・「あなたに、女の子の赤ちゃんを胸に抱いて、喜び輝いてもらいたい」
・「あなたに、女の子にかわいい服を着せてお出かけして、楽しんでもらいたい」  
・「あなたに、女の子がいる明るい家庭を築いて、幸せになってもらいたい」

この思いだけです。