男の子の産み分け 排卵検査薬の仕組みは、LH濃度がポイント
2013.03.02 [Sat] 23:38



産み分けして男の子がほしい場合は、病院に相談すると
9割に近い確率で成功するそうです。




受精すると男の子が生まれる「Y精子」には、受精すると
女の子が生まれる「X遺伝子」よりも、運動のスピードが速く、
アルカリ性に強くて、熱に弱く、寿命が短いという特徴があります。



セックスするなら排卵日の前日か当日、
遅くても一日後がいいと言われています。




排卵検査薬の仕組みは、LH濃度がポイントです。

排卵はこのLH濃度がピークになったときから、約24時間以内に
起きると言われています。



しかし、人により反応が出る濃度に差があるようなので、
要注意です。


⇒ 成功率93.3%の女の子奇跡の産み分け術






★関連情報★

⇒ 成功者しかしらない奇跡の男の子産み分け術

⇒ 体外受精後の自然妊娠法 妊娠デキる不妊解消ヨガ




 

男の子を産み分ける場合には、旦那様の協力が絶対条件
2013.03.01 [Fri] 23:33



膣内の酸性を中和させるために女性がたくさん感じる
必要があるので、濃厚で丁寧な前戯が必要になって来ます。



旦那様にも協力してもらうのは、絶対条件ですね。




そのため、セックスが上手な男性の子供は男の子が多いと
いわれているそうです。




男の子を生む場合には、旦那様側が意識することと
奥様側が、意識しすることがあるので、一度は、
ネットでチェックして見ては、いかがでしょうか。




 

男の子を産み分ける方法として、リン酸カルシウムを服用する方法もある
2013.02.28 [Thu] 23:27


男の子を産み分ける方法として、産婦人科などで売られているグリーンゼリーを
使う方法やセックスの直前に重曹水で膣内を洗浄する、
日常的にリンカル(リン酸カルシウム)を服用する方法もあるそうです。



リンカルを二ヶ月以上毎日4錠飲み続けると8割から9割の
確率で男の子が生まれるのだとか。

リンカルは産婦人科で入手できます。




また、セックスの30分ほど前に、男性がカフェインを含む
飲み物を飲むと、Y精子が活発になるみたいです。


局部が高温にならないように、ゆったりとしたトランクスを着用する
のも簡単で、いいかもしれません。



男の子を産み分けしたいなら、産婦人科で排卵日を特定して、
リンカルを服用する習慣を持ち、女性はグリーンゼリーを
セックスの直前に使い、男性はセックスの30分くらい前に
なったらコーヒーや緑茶、紅茶などを飲むようにして、
ねっとりたっぷり女性が感じるようなセックスをするといいそうです。




 

産み分け病院として有名なのは、杉山産婦人科病院
2013.02.27 [Wed] 23:09



産み分け病院として有名なのは、杉山産婦人科病院
だそうです。


杉山先生院長は、産み分けに理解のある産婦人科医の
「SS(Sex Selection)研究会」を主催しています。




妊娠すると言うことは、神秘的な事で、不妊で悩んでいる
ご夫婦には、産婦人科病院では、以前と比べて対応に
変化が出て来ているように感じますが、産み分けるという
行為の相談にのってくれる病院は、なかなかないでしょうね。




何とか、通いやすい場所にあって産み分けに理解のある
産婦人科病院を探すとしたら、杉山産婦人科病院のサイト
「生み分けネット」の検索機能を使うといいと思います。



ただ、ここに紹介されている産み分け病院は、
カルシウム剤のリンカルやゼリーを取り扱っていると
いう点では共通していますが、必ずしも同じ考え方を
しているわけではないそうです。




受診する前に、その病院のサイトをみたり、
口コミを調べたりするのは、必要な事だと思います。




杉山産婦人科病院では、会員登録料5,000円と
一送信につき2,000円を支払うと、杉山院長にメールで
産み分け相談にのってもらえるサービスが受けられます。



一通のメールでたくさんの質問ができますし、
基礎体温表を添付して相談することもできるので便利です。




また、杉山 力一先生の著書で、

【送料無料】女の子・男の子生み分けbook改訂版 [ 杉山力一 ]
【送料無料】マンガでわかる!男女産み分け完全ガイド [ 主婦の友社 ]」なども、
とても参考になるでしょうね。




 

産み分けは正しい方法をちゃんと実行すれば、8割程度の確率で成功する?
2013.02.26 [Tue] 23:02



現在、産み分けは正しい方法をちゃんと実行すれば、
8割程度の確率でできるようです。



ただし、母体となる女性の生理のリズムが
規則正しいなど、産み分けをしやすい体であることが
大前提となります。




男性および女性の体を食べ物で酸性体質、アルカリ性体質に
誘導して行けば、本当に産み分けられるのだろうか。



確かに気になるところではあるけども、食事で簡単に
どうこうなるものとは言えないようですね。