迷子から家族を守ろうカード

April 26 [Wed], 2017, 22:31

今日はぜひご紹介したいことがあります。
それは、殺処分ゼロを目指して活動されている
一般社団法人kunkunさんが
作成されている
「迷子から家族を守ろう」カードを配布し、
迷子犬を減らしたい!」

という取り組みについてです。

↑のリンクでぜひご覧いただきたいです。


国内で1時間に11頭もの犬が
迷子になっているという、現実。
年間にすると、10万頭にもなるそうです。
kunkunさんのサイトで
この数字を知り、
とても驚き、そして悲しくなりました。
迷子になり収容された犬達は
どうなるのか、
皆さんはご存じでしょうか。
お住まいの自治体によって
違いはありますが
迷子犬が収容されると、
一定の公示期間の後
お迎えがない犬は
譲渡対象判定にかけられます。
その判定にパス出来た子は
譲渡対象犬として、
保健所のHPで里親募集がなされますが
パス出来なかった子は
殺処分という最悪の結果に
至ることもあるのです。

保健所に収容された犬達は
その特殊な環境に
体調を崩す子も数多くいます。

体調がよくならない限り
譲渡判定に
かけられることはありませんし、
また、高齢で持病を抱えているのが
明らかな犬は
譲渡判定対象としてもらえるのかどうか…。

譲渡対象にならない限り、
迷子で収容された犬は
家族の迎え以外では
収容施設から出ることは出来ないのです。

どんなに心細いことでしょう。
どんなに辛く悲しいことでしょう。

たくさんの迷子達が
毎日収容されているという現実と
迎えに来てもらえないという現実。

可愛い愛犬が迷子になったのだから
なぜすぐに迎えに来ないのだろうと
思われる方も
いらっしゃるかもしれません。

でも、迷子にさせてしまっても
探し方がわからない方が
たくさんいらっしゃるのです。

高齢の世帯であったり、
ネット環境にない方であったり、
または放し飼いなどをしていて
(例えば自分ちの畑に連れて行って
いつもフリーで遊ばせている、
ということもあります)
見当たらなくなっても
どうせそのうち戻ってくるだろう、 
などと軽く考えてしまう方も
いるのです。

中型犬などは
短時間で驚くほどたくさんの距離を
移動してしまうことがあります。
もし、数日経ってから探し始めて
自分の地域の保健所や警察に
いなかった場合、
探すのを諦めてしまう
ということも、実際あるのです。

私は、何度か迷子犬を保護したり
捜索に携わったことがあります。
そういう時は
たくさんの方に聞いてまわりますが、
迷子犬らしき犬を見かけたら
どこに連絡するか、ということを
知らない方が多くいらっしゃいましたし、
または
迷子犬を何度も同じ場所で見かけていても
保健所に通報したら
すぐに殺処分されてしまうのでは、 
と心配されて
保健所や警察に連絡しない場合も
ありました。

もっと早くに
飼い主さんが届出をしていれば、
もっと早くに
見かけた方が連絡をしていれば、
交通事故にあったり
または
遠くに行ってしまったりすることを
防ぐことが出来るのに…。


kunkunさんが作成されている
「迷子から家族を守ろうカード」は
全国の動物愛護センターの連絡先が
記載されていたり、
自分に何かあった時のために
連絡先が書けるスペースが
設けられていたり、
レスキューカードとしても
使用することが出来る
つくりになっているそうです。
このカードを常に携帯し、
そして多くの方に知って頂くことで
迷子犬が
一日も早くおうちに帰れるように、
そして
愛犬と暮らすご家族の方の
意識が変わるように、
ぜひ、kunkunさんの取り組みを
応援して頂けたらと思っています。



「迷子から家族を守ろうカード」を持つ意味について
kunkunさんのブログを
ぜひぜひご覧ください
一般社団法人kunkunさんのブログ



「迷子から家族を守ろうカード」は
このような
カードだそうです↓
(画像を貼らせていただきました)




わが家の末っ子
白いトイプーのフェリも
迷子犬としてセンターに収容されました。

きちんとカットされ、
立派な首輪をしていたにもかかわらず、
家族の迎えはありませんでした。

殺処分場に収容されていたフェリは
とても怖かったのでしょう。
体調を崩し
食べることが出来なくなり
一時期、生死の境をさまよいました。

その後は職員さんの看護のお蔭で
なんとか命を取り留め、
体調が回復して譲渡判定もパスし、
以前私が保護した迷子犬ラッキーの縁で、
わが家に迎えることが出来ました。

でも、収容されてから
フェリが外の世界に再び出るまで
半年間もかかったのです。

5月のGW後に収容された、フェリ。
その年の夏は猛暑日が続きました。
豪雨や雷雨などの日が多く
殺処分場で、ひとり
どれだけ怖く寂しい思いを
したことだろうと考えると
今でも涙が止まらなくなります。

今でも嵐の日は
怖くて震えています。

フェリのように
怖く辛い思いをする犬達が
いなくなりますよう
心から願っております。

わが家の力関係

April 23 [Sun], 2017, 8:50


最近フェリは
兄りゅうが近づくと
ガウガウ言って怒るのですが
めずらしく
↑こんな光景が見られました(//∇//)


本当は
ナデナデされるのが
大好きなフェリ

誰かの手が空いているのを見たら
すぐに飛んできて
背中を預けます

でも、昨年の秋頃からかなぁ
りゅうにガウガウするように
なってしまいました

キッカケは多分
フェリが寝ていたところに
りゅうが突然触って
びっくりさせたこと

それからフェリは
りゅうの気配を感じると
ガウ〜と威嚇して
先制攻撃するようになりました

ある時は、
フェリの寝顔が
あまりにも可愛いので
りゅうは
「可愛いなぁ…」とうっとりしながら
見つめていたら、
イビキをかいて爆睡していたはずの
フェリが、突然
目をカッ!と開いて
「ワンッ!(見るなー)」(U`エ´)っ
と怒って、
りゅうを飛び上がらせたり…

それでも
しっぽの仲間達を
こよなく愛するりゅうは
めげることなく
フェリに話しかけ
様子を伺いながら
ナデナデしてスキンシップを
とっています

たまに、
ガウガウされても
溢れる愛が止められず
撫で続けて
結局フェリから
ガブリとされて
歯形をつけていることもありますが…
もちろんフェリも
やり過ぎたりはしないのですがね

ただ、フェリのこういう姿を見ると
だまっていられない子が
わが家にはいます






リーダー・ハッピスです

ハッピスは↑こうして
フェリとりゅうの間に
入ってくれていたり、
フェリがガウガウすると
寝ていても、家の中のどこにいても
りゅうの元へ飛んできて
大きくて迫力のある声で
「ワンッ!」と一喝し、
逃げるフェリを
部屋の隅まで追いつめて
叱ります

たいていは
すぐにフェリのことを許しますが、
たまに腹をたてすぎて
追いつめたフェリの上に飛び乗り
泣かせてしまいます(--;)

そういう時
りゅうはすぐにフェリを
慰めるんですけどね
また、ガウッとされて
またまたハッピスが出てくるという…
りゅうとフェリ、
懲りないふたりであります(;^_^A







見つめあうふたり↑
ラブラブに見えるけどな〜






先々月ぐらいの写真↑
りゅうの膝の上で
寛ぐフェリたん







「相席させてくださいね(´(ェ)`U)」と、
りゅうの座っている座布団に
無理矢理座る、フェリたん(笑)↑  


こうしてみると…

やはり仲は良いのではないかと
思うのですが…

くっついているかと思うと
次の瞬間、フェリが
ガウ〜と唸っていて (-∀-`; )ナンデ


りゅうがやられていると
ハッピスが助けに入るけど
ハッピスは絶対、りゅうのことを
自分の弟だと思っているんだろうな〜
と感じます

だって
フェリにするように
りゅうにもたまに
教育的指導をしてるし(^^;)


そしてフェリは
わが家で一番下にはなりたくないから
りゅうにガウガウして
自分の力を見せている、のかなぁ


ま、みんな同じチームの一員だ
ということはわかっているから
加減はわかっている、
と思いたい…(-ω-;)ダイジョウブ,ダヨネ?


プッちゃんのカイカイ

April 16 [Sun], 2017, 22:06

 
昨日、プッちゃんは
狂犬病予防接種を
受けてきました

それと
足指のカイカイも
診てもらいましたよ

最近、足指をよく舐めるので
足だけ3日に1回
シャンプーをして、
処方されていた塗り薬を
塗っていましたが
痒みがおさまらなかったので
今回、一緒に診てもらいました

痒みが強いようなので
まず炎症を抑えるために
ステロイド剤を服用することに
なりました

副作用の少ない新薬が出たそうで
その薬の説明を受けましたが
薬価が高いので
どうしますか?とお医者さんから
聞かれました
ちなみに1日分で280円だそうです

副作用の少ない方がいいので
処方してもらうことにしました
アポキル錠という名前の
お薬です

まず、1週間服用して
炎症の具合をみながら
徐々にお薬の量を減らしていきます

昨日と今日
服用してみて、
痒みがおさまっているようで
足先を舐めたりはしていませんでしたが
二次感染を防ぐために
シャンプーは3日に1回
続けることになりました

このまま治ってくれると
いいなぁ


来月
プッちゃんは健康診断を受けます
その時に甲状腺の検査も
受ける予定です


そういえば昨日受診した時
ワンちゃんがたくさん来ていました
シーズーちゃんがいましたが
他のワンちゃん達に
ワンワン吠えていて
その吠える時の口元が可愛かったので
思わずニンマリしながら
その子を見ていたら、
私に見られていることに気づいた
シーズーちゃん
吠えるのをやめて
私をガン見していましたよ(^^;)
私が動く度に目で追って
診察室に入るまで
私を見ていました〜( *´艸`)

あと可愛かったのが
ミニチュアダックスちゃん

診察室に入りたくなくて
短い足を踏ん張っていましたが
とうとう力尽き
床に足を伸ばしたまま
引っ張られて
連れて行かれました〜(-∀-`; )

動物病院の待合室は
なかなか面白いですね〜

ネームチョーカー

April 12 [Wed], 2017, 22:30


少し前になりますが
ハッピスとフェリのネームチョーカーを
bee+beeさんに
作っていただきましたよ〜

ハッピスのはネームタグとチョーカー
一体型のもので
プッちゃんが今しているのと同じタイプですが
ハッピスはチョーカーの幅が
9mmのを選びました

フェリには、
幅5mmでウッドビーズがついている
チョーカーに
シルバーネームタグを
つけてもらいましたよ
ウッドビーズの色はいろいろあるのですが
フェリにはピンクとパープルのビーズを
選びました


プッちゃんのは前に作ってもらったので
今回はハピフェリの分だけなのですが…








嬉しそうに見せてくるハッピスと
ちょっと寂しそうなプッちゃん…↑

あぁ、しまった
やっぱり
みんな一緒に作ってあげればよかった〜
プッちゃん、ごめんよ〜







フェリたんも、この通り↑
サイズもピッタリで、色合いもバッチリ

フェリはずっと首輪をしていましたが
気管虚脱で咳も出ることがあるし
なるべく首に負担のかからない
細めのチョーカーにしたいな〜と
ずっと思っていました

名前と裏には電話番号が入っている
ネームチョーカーは
24時間つけているものだから
しっかりした作りの可愛いものを
つけてあげられて、良かったです〜

あと、名前はできれば
ローマ字表記ではなく
誰が見てもすぐに
名前を読んでもらえるように
カタカナで刻印してもらえるのも
bee+beeさんのチョーカーを選んだ
理由のひとつです

迷子になることがないようにと
常に気を付けているつもりですが
もしもの時のためのお守りとして
迷子札は
いつも身に着けておきたいですね〜



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


実は今日
嬉しいことがありました

私の住む町を管轄する保健所に
しばらく前から収容されていた
ヨークシャーテリアのシニア犬が
いたのですが
譲渡対象になっても
手を上げる方がいないのか
ずっとセンターにいて
気になっていました

引き出してあげたいけど
家族からは
これ以上は無理だと言われるし
誰か里親さんになりたい方がいないか
声をかけていましたが
見つからず
ずっと悶々していましたが
今日、職員の方から
里親さんが決まりましたと聞いて
本当に安心しました〜

良かった…
年齢も12歳ということもあるし
手が上がるまでに
時間がかかるかなとも思いましたが、
シニア犬を迎えたいという方は
やっぱりいるんだな〜と
今日聞いて
嬉しくなりました


わが家の3プードルズも
シニアです

シニアになって
迷子になったり
捨てられたり、
そんな話を聞いたり見たりすると
胸が痛くなります

どうか
そういうことがなくなりますように

家族として迎えたなら
終生、愛情を持って
育て、守ってあげてほしいです

1年前

April 08 [Sat], 2017, 22:44


1年前の写真を
久しぶりに見てみたら
こんな可愛い写真が(//∇//)

フェリを保護して
ちょうど5ヶ月、
わが家に迎えようと決めた頃です

保護した時はガリガリで
小さなプッちゃんよりも
痩せていましたが
5ヶ月ぐらい経つとふっくらしてきて
見た目もかなり変わりました






食欲は旺盛で
いつも吸い込むようにフードを食べ、
他の子のゴハンを狙いに行くので
↑このように
ガードしていました






ボール遊びが大好きで
ひとりで
いつまでも遊んでいるので
ついつい構いたくなってしまう
フェリたん

テンション高く
ひとりで投げてはワンワン言って
取りに行き、
ハッピスは
それが気になって気になって
よく様子を見に行っては
フェリのオモチャを
奪っていたっけ…(-∀-`; )






ナデナデが大好きで
撫でていると
うっとりしてきて
すぐにイビキをかいて
寝てしまうんだけど、
撫でるのをやめると、突然
カッ!と目を開き
前足でチョイチョイして
撫でるのをやめるなといってくるのが
可愛いくて…
30分とかずっと撫で続けていました、
というか
今でも毎日、長時間撫でています(;^_^A


わが家に来る前に
フェリはずっと
センターに収容されていました

半年間いたセンターで
フェリは職員さん達から
とても可愛がってもらったようで
わが家に迎えてから
写真に撮った
フェリの様子を見せたくて
職員さんに挨拶に行ったりしています

フェリの安心した寝顔や
肉付きの良くなった体を見て
本当に嬉しそうにされています

センターの職員さん達は
表に出ることのない方々ですが
皆さん
一生懸命、お世話をされていますし
譲渡された仔達のことを
ちゃんと覚えていらっしゃって
どうしているだろうか、と
思っていてくれていることを知り
私はセンターに対する見方が
変わりました

フェリも衰弱し
生死の境をさ迷いましたが
看病をしていただき
命を繋ぐことができました

ラッキーの縁で
フェリの存在を知り、
センターの職員さんに
助けてもらったお陰で
今、フェリは私の隣で
スヤスヤと安心して眠っています

本当に感謝の気持ちで
いっぱいです


フェリのように
センターで頑張っている仔が
たくさんいます

そして
なんとか命を繋ぎたいと
職員さん達が
日々、頑張っていらっしゃいます

ぜひ
お近くの保健所の
収容犬、収容猫情報や
譲渡情報を
HPで見ていただけたらと
思います







爆睡中のフェリたん↑
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:うみた
読者になる
名前:ハッピス
2007年12月12日生まれのトイプードル(♂)です
お里はpuppyfamilyさん
パパはmaxくん
ママはプーディーちゃん

名前:プリジェス
2005年7月11日生まれのトイプードル(♂)です
「瞳のさきに…」より
2015年1月10日にプリジェスを迎えました

名前:フェリ
2015年11月20日に迎えました保護ワンコです
トイプードル(♂)です


最新コメント
ぷっちパパ
» 迷子から家族を守ろうカード (2017年04月29日)
うみた
» 迷子から家族を守ろうカード (2017年04月28日)
さくらんぼ
» 迷子から家族を守ろうカード (2017年04月28日)
うみた
» 迷子から家族を守ろうカード (2017年04月27日)
うみた
» 迷子から家族を守ろうカード (2017年04月27日)
アミ
» 迷子から家族を守ろうカード (2017年04月27日)
キャンディまま
» 迷子から家族を守ろうカード (2017年04月27日)
うみた
» わが家の力関係 (2017年04月25日)
うみた
» わが家の力関係 (2017年04月25日)
さくらんぼ
» わが家の力関係 (2017年04月24日)
Yapme!一覧
読者になる
同盟バナー緑枠動画にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
メールフォーム

TITLE


MESSAGE