メモ(エヴァ) 

2007年01月31日(水) 10時09分
人類補完計画など、作品中では明瞭にその全貌や実体が明らかにされない数々の伏線を散りばめたストーリー、生物学・心理学・宗教関係の専門用語を多用したつくりはSFファンを中心に人気を集め、最終話に向けて視聴者の期待は盛り上がったが、制作が間に合わなくなり[1]第弐拾五話と最終話の2話は一転、それまでのストーリーとは断絶した主人公の内面世界の物語として描かれた。エピローグについてはファンの間で激しく賛否両論の物議を醸したが、その結果としてアニメファン以外にまで認知され、むしろ人気は拡大していったといえる。
過剰とも言える陰湿な雰囲気の中で「殺人の描写」「死の描写」が繰り返されるが、その裏のテーマは明らかに「生」であり、「救済へのテーゼ」であろう。そして最終的に、庵野監督は「自らの足で自立し生きろ」と、引きこもりがちなアニメファンを突き放している。以上のようにTVシリーズに比べ娯楽性は低く、テーマ性が強い作品である。

メモ(思っちゃったA) 

2007年01月31日(水) 2時25分
パフォーマンスしすぎやろ坊さんっ!って思った。尼さんだったか忘れたけど。数珠みたいなん持って、みんな一列に並んで、さぁー祈ってまっせぇー!みなさん見てくださいよぉー!って感じで、もぉーそんなに金やら人気やら欲しいかって思いました。(私見なんで、あしからず。)

メモ(思っちゃった@) 

2007年01月31日(水) 2時18分
私は霊の存在は信じるが、神の存在はまだあまり信じることができない。人は何かすがる対象がいないととても不安になると思う。神という絶対的な存在を作ると都合がよかったのだろう。多分。それにしても、お寺とかちょっとムカつく。金儲けばっかり考えてる感じがする。(そぉーじゃないところも、もちろんあります。)お賽銭?何でお金入れないといけないの?お金入れないと気持ちが届かないの?確かにきょうびお坊さんもお金がないと生活できないけど。お布施高過ぎっ!!結構前やけど、お宮参りは最上稲荷へっていうCMがやってたけど、

メモ(妄想) 

2007年01月31日(水) 2時00分
この世界というものは私の見えている範囲でしか存在しないものだという考え。例えば、いま前の方を歩いているおじさんが角を曲がった瞬間に消えてしまうということ。その可能性は少なからずとも、ないことはない。だとしたら私という存在はなんなのだ・・・。私が主人公のストーリー。誰が私という存在を造ったのだ。親か?いやわからん。これは神の遊びか。私は試されているのか・・・。

メモ(エヴァA) 

2007年01月31日(水) 1時27分
とても考えさせられた作品だった。繰り返すけど、特に劇場版。あれは人類は滅亡したってことだったのか・・・?はたまた別の世界、天国の様な世界に行ったということだったのか。それにしてもカツラギさんが銃に撃たれて、また復活するのかなぁーって思ってて、碇シンジを見送ったあとに建物が爆発して完全に死んでしまったことには驚いた。また今度ネットでみんなはどぉー思ってるのか調べてみたいと思います。

メモ(エヴァ@) 

2007年01月31日(水) 1時13分
こないだ時間があり余っていたので、そうだエウ゛ァンゲリオンを見ようと思ってビデオ屋で借りてきて第1話から全部見た。劇場版も含めてだ。名作だと言われているエウ゛ァを見たことがなかったので、皆が名作だと言う所以を探ろうという気持ちと、ただ単純に楽しみたいという気持ちで見てみた。見終わった感想は、結構よかった(笑。今(18才)の時期に見たから結構よかったと思えたのかもしれない。特に劇場版。とても以外な展開だった。ただ使徒を倒してハッピーエンドという典型的なもんじゃなかった。

松本人志 

2007年01月30日(火) 22時59分
お前は旅先で奥歯ぐらぐらになれ
お前も死ね!お前も死ね!お前も死ね!お前も死ね〜!で、お前は普通に帰れ。
焼きそばUFOを、間違えてお湯を捨てる前にソースを入れてしまえ!
お前らでていけ、地球から!
奥歯全部、前歯になって死ね!
フジテレビの丸い球体に入っとけ!
背の高い順に殺す!
ウンコばっかり踏んで帰れ!
お前は上巻と下巻を間違えて下巻から読め!お前らは掛け布団と敷布団間違えて寝ろ!

松本人志 

2007年01月30日(火) 22時57分
ブルーになる
○○入ってる
逆ギレ
○○はありorなし
うっそぉ〜ん
ある種
きょうび
きっつい
くさっ
さぶっ
お前とは絡みにくいななんか今日絡みにくい 
やる気ないことセミのごとし
幸せハタチ前
優しさライセンス
逆巨乳
逆ビジュアル系
絶体絶命の総入れ歯
クセ毛最終形態
ちぢれ毛→はみ毛→ぼや毛→火事場のくそ頭→トルネードヘアー→野毛(のもう)→モジャース→モジャーリーグ
曲がらない関節なんてないじゃない
止まない雨はないじゃない
履かないジーンズはないじゃない

偽物だからちょっと違う 

2007年01月30日(火) 22時54分
僕が見た西城ヒデキは「ヒゲキ、サンゲキィー!」と言っていました。

偽物だからちょっと違う 

2007年01月30日(火) 22時54分
僕が見たウルトラマンは怪獣を倒したあと、カメラに向かって一礼をしてから飛び立って行きました。
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる