ピアノの上手な弾き方

August 19 [Fri], 2016, 14:02
せっかく最後まで弾けそうだったのに、証もないところでミスをしてしまい、やり場のない怒りを感じていたとしても、
短いレッスンをコツコツ続けていくだけで、自分の思い通りに指が動くようになり、ピアノがどんどん上達していく練習法がこちら




あなたも、下のような悩みにもやもやとした思いを感じるのはさっさと終わりにして、もっと自分らしくピアノを演奏してみたいと思いませんか?


ピアノをやめることばかり考えてしまう。

何度練習しても上達できずにもどかしい

とにかく、どうやればピアノがうまくなるのか全く想像つかない

練習するのが嫌になってきた


一流のピアニストが演奏しているところを見てみると、まるで指一本一本へ神経が張り巡らされているかのように、滑らかに動いていますよね。

ぎこちなさは全く感じられないわけですが、ただ実際には、頭で考えて演奏しているわけではありません。彼らは、目をつぶっても演奏できるほどピアノに「慣れて」いるんです。



あなたは、歩いたり走ったりするときに、いちいち足の使い方を意識していますか?間違いなく、何も意識をせずに歩こうと思ったら歩いていますよね。

ピアノの演奏も、ハイレベルになると感覚的に演奏できるようになるものなんです。だからこそ、意識をしなくても指が滑らかに動いてくれるわけです。



では、ピアノ上達を目指すうえで、そこまでのレベルを目指すべきか?というと、別にそこまでのテクニックを身に着ける必要はありません。

あれだけのスキルを手に入れるには、膨大な練習量が必要になるわけですが、そんな時間はなかなか用意できないし、何よりもモチベーションが続きません。



天才とはある意味、練習へのモチベーションが途切れないという、異常な神経の持ち主です。やる気を奮い立たせなくても、狂ったように練習できるからこそ、勝手に上手くなってしまうものなんです。

海野真理さんの30日でマスターするピアノ教本&DVDセットでは、一流を目指すには程遠いものの、少なくともアマチュアレベルで楽しく演奏できるレベルには、比較的簡単に到達できます。



「楽しく練習して楽しく上達」をモットーにしているので、モチベーションが下がらないように工夫されています。おそらく、数千人の生徒を教えてきた経験上、モチベーションの維持がピアノ上達の重要なパーツであることを良く理解しているんでしょう。

練習内容自体も割と楽しめる仕上がりになっているだけじゃなくて、ステップアップの幅が小刻みになっているので、上達につまづくことがほとんどありません。



ただその代り、ぐんぐん上達していくというよりは、コツコツ徐々に前に進んでいく感じです。「三歩進んで二歩下がる」の感覚に近いかもしれません。

少しじれったい感覚を覚えるかもしれませんが、最初はそのくらい慎重になったほうが良いんです。ピアノがなかなか上達しない原因は、基本的なところに問題を抱えているケースがほとんどだからです。



どんなに難しい曲・テクニックであっても、動作を細分化して考えると、ごく基本的なテクニックや動作の連続にすぎません。

それらの動きをキチンと身につけられていないからこそ、応用についていけなくなるんです。ピアノのセンスがないとか、指が短い・太いというのはあまり関係ないんです。



海野真理さんの30日でマスターするピアノ教本&DVDセットを実践するにあたっては、焦らずじっくり取り組んでいくことが、逆に上達を早めることになります。

ついつい「ここはできているから次にいこう。」みたいに思ってしまいがちですが、そういう部分こそ、しっかり練習をやり直してみてください。



意外なところに落とし穴が潜んでいて、まんまとはまっている可能性が十分にあります。そういった穴を埋めていくことが、ピアノ上達につながっています。

あなたも、自分の弾きたいように弾くんじゃなくて、まずは基本から徹底的にやり直していけば、今まで難しくて弾けなかった曲も、不思議と上手に弾けるようになりますよ。

→→ピアノの練習がしたくてウズウズする海野真理さんの30日でマスターするピアノ教本を特典付きで申し込むにはこちら



メンタルトレーニング 効果
美バストになる

ピアノ うまくならない

August 19 [Fri], 2016, 14:00
あなたはピアノの練習を楽しく続けることができていますか?練習を楽しく続けられれば、それに越したことはないものの、実際には練習はしんどいと感じることが多いですよね。

そのため、根気が必要でモチベーションを維持するのに一苦労することもしょっちゅう。練習頻度が下がれ下がるほど、それだけ上達のスピードが遅くなります。



練習頻度を高めるためにも、誰かに教わるのは良い方法です。次のレッスンまでの課題を設定してもらったりすると、練習の目的ができて、ピアノに向き合いやすくなります。

自分一人で練習を続けるよりもずっと効率よく上達できる可能性も高くなりますが、気を付けなければいけないのは、その人のピアノ感覚に左右されやすいところです。



楽器はどうしても教える人の感性に左右されやすいところがあります。あなたの感性と指導してくれる人の感性が一致しなければ、それが上達の足かせになります。

誰に教わってどんな練習をするにしても、やっぱり楽しく練習できるかどうか?が大切です。楽しく練習できるようになると、練習の質が一気に上がります。



楽しく練習できるようになるには、自分のレベルにあった内容で練習することがまず一つ大切なことです。背伸びをしてようやく指が届くレベルがちょうどよい練習の難易度です。

自分のレベルに応じて段階を踏んだ練習ができるようになると、自分が上達していく実感が得られるので、あなたも練習したくてうずうずします。そうなると上達の効率がまた高くなりますよ。



海野真理さんの30日でマスターするピアノ教本&DVDセットをまずは一通り練習していくと、自分にできること・できないことの境界線がはっきりしていきます。

なんで、あの曲のあの部分でいつも指が動かなくなるんだろう?という疑問にも、はっきりとした答えを見つけられるかもしれません。



上達を阻んでいる現さえわかれば、後は練習あるのみです。正しい練習さえできるようになれば、1分だって無駄にすることなくスキルアップにつなげることができます。

ピアノは、間違った練習をしているうちは、なかなか上達しないので、すごくもどかしい思いをすることになるうえに、変な癖を身に着けてしまいがちです。



必要なノウハウを適切なやり方で身に着けることさえできれば、余計な遠回りをすることなく、下のような結果を手に入れることができますよ。


ピアノが持っている響きを引き出せる

鍵盤をスムーズに押せるようになる

自分の気持ちを音に載せることができる

無駄な練習を続けることがなくなる


上達がおぼつかないまま、中途半端なレベルで満足してピアノを止めてしまう前に、
初心者でも楽しんで続けられるレッスンで、鍵盤の上を滑らかに指を動かせるようになりませんか?

上手に引けずにイライラするのは今日で終わりにして、てっとり早くピアノで表現するコツを身に着けるにはこちら




トレッキング 服装
登山 登り方
P R


ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
PVランキング
ブログランキング