イクナカA 

2006年04月26日(水) 20時27分
堤「此処だよ。」
ナカ「お、おっきいトコですね・・・。」
堤「実羽とちーが張り切って借りたらしいよ。」
ナカ「ふふ・・・。二人とも堤さんの事大好きなんですね。」
堤「そういえば、もう俺達付き合ってるんだし、堤さんって呼ぶのやめたら?」
ナカ「じ、じゃあなんて・・・」
堤「郁とか・・・郁ちゃんとか・・・郁依とか・・・」
ナカ「だって!いちよ年上ですし・・・。」
堤「じゃぁ郁さんとか郁とか」
ナカ「じゃあ・・・郁で・・・。」

私は照れながらも郁のほうを選んだ。

堤「じゃぁ入ろうか。」
ナカ「は、はい!」

ガチャ

みんな「ハッピーバースデー堤郁依!!!!!!!!」
クラッカーの音と共に、みんなの声が響く。



ごめんなさい!宿題あるんで、中断します(;・∀・)

イクナカ。@ 

2006年04月15日(土) 11時10分
今度は堤さんとナカが恋人になったら・・・っという内容で書きますーv
またまたエロくなっちゃうやも・・・・・。



今日はキモリの撮影。そして堤さんの誕生日・・・。
昨日告白されて、両思いになったけど、仕事でしか会えない。
寂しいなぁ・・・・
今日もプレゼントとか渡せるかな・・?

堤「ナカ」
ナカ「は、はい!!」
堤「撮影終わったら、屋上いこっか。このビルの」
ナカ「わ、分かりました・・・。」

スタッフ「お疲れ様でしたー!」
堤「お疲れ様です。」
ナカ「お、お疲れ様でした!!!」

堤「いこ」
ナカ「ははい!!」

堤さんと二人っきり・・・・嬉しいな。
やっとプレゼント渡せる・・・・。

私たちは屋上に着いて、ベンチに座った。

ナカ「あ、あの!お誕生日お、おめでとうございます!!」
堤「ありがと」
ナカ「こ、これ、プレゼントです!!」

きれいにラッピングされたプレゼントを、堤さんは無言であけ始めた。
堤「苺のTシャツと・・・苺モッチー特大バージョン・・?」

ナカ「は、はい!ちーさんが前着てた苺Tシャツを欲しがってたってことを知ったんで
   いろんな所探し回ったんです。苺モッチーは、好きだと思って・・・。」
堤「・・・・・・・。」
ナカ「い、いらなかったですか??」

ぎゅっ

ナカ「つ堤さん!何ですか急に!?」
堤「ありがと。ナカ。すっごい嬉しい。」
ナカ「そ、それはよかったです・・・・。」
堤「今日俺の誕生日だし、いう事聞いてくれる?」
ナカ「はい・・・で、できる範囲なら・・・。」

堤「昨日から付き合いだしたでしょ。一緒にいる機会とかなかったじゃない?」
ナカ「そそうですね。」
堤「まだキスとかしてない。」
ナカ「っ!!!!」
堤「キスしても・・・いい?」
ナカ「い、嫌です!!」
堤「・・・・・・。」

堤さんはガッカリそうにしている。
だ、だって、今日は堤さんの誕生日。
堤さんからじゃなくて、私から・・・・。

ナカ「つ、堤さん。」
堤さんは「何?」といいながら振り返った。

ちゅっ

ナカ「初めてのチュウは、私からという事で・・・。」

堤さんの顔がいっきに赤くなる。
沖縄以来かな。すっごい・・・可愛い。

堤「もっとして。」
ナカ「も、もっと?」
堤「いう事聞くんでしょ?」
ナカ「は、はい・・・・。」
 

ナカの風邪B 

2006年04月14日(金) 17時15分
堤「はい。これお見舞い。」
ナカ「あ、ありがとうございます!!」
堤「とちおとめだよ。甘そうなの選んできたから。」
ナカ「やっぱイチゴなんですね・・・。」
堤「あっ」
ナカ「どうしたんですか?」
堤「パジャマがイチゴ柄。」
ナカ「あっ。今日はたまたまですよー」
堤「そうなんだ。」
ナカ「やっぱり堤さんはイチゴが一番好きですか?」
堤「今の一番は・・・ナカかな。」
ナカ「っ!!!!!」

何言ってるんですかーーー!!!!
わわ、私が一番って!!!

ナカ「何言ってるんですか!!」
堤「ホントだよ。」
ナカ「でも!ウミがっ!!」
堤「ウミ?」
ナカ「ウミーーーーーー!!!!!!」

ドンッ!
タンスの中からウミがでてきた。
堤さんと二人は心配だがら隠れててもらった。

ウミ「おい!堤!こいつは俺のだ!!」
堤「だからって縛り付けるのはよくないよ。」
ウミ「しばりつけてねーーー!」

堤「まぁいいや。かえるよ。お大事に。」
ナカ「・・・・・・」
ガチャン

ウミ「まったく・・・・エロカメラマンめ」
ナカ「よかった・・・・。」


そして、その次の日。
キスしてしまったウミと、一緒にいた堤さんは熱を出してしまったとさ。

ナカの風邪A 

2006年04月08日(土) 19時39分


カタカタカタ「朝だよ。朝だよ。」
カエル目覚ましで私は目を覚ました。

ナカ「ん〜・・・・。ねむ・・・・。」
私はそうやって横を向くと

ウミ「すー・・・・・。」
ウミが寝てる。
何で!?何で!?

ナカ「ぎゃーーーーーーー!!!!!!!」

私はウミを押してベットから落としてしまった。
ウミ「・・・いってぇ・・・・。」
ナカ「ななななんでウミがあたしといいい一緒に寝てるの!?」
ウミ「はぁ?お前昨日のおぼえてねぇのか?」
ナカ「えっ・・・?昨日って、あたし薬飲んでから・・・・・。覚えてない!!」

ウミ「・・・・・・・はぁ。」
ウミは悲しそうな顔をして溜息をついた。

ナカ「えええっと昨日なんかあったの???。」
ウミ「別に・・・・。」
まだウミはすごく悲しく切なそうな顔をしている。

ナカ「お願い!昨日何があったか教えて!!」
ウミ「・・・・・・・・。」



昨日の事は熱のせいか・・・・。
分かっていたはずなのに、切なくなってきた。
でもナカは、昨日の事を言わないと怒り出すと思う。
言いたくないけど・・・うそをつきたくない。

ウミ「昨日俺が買ってきた薬飲んだらキスしろって言い出して・・・。」
ナカ「キキキキキス!?」
ウミ「そんでキスしたら朝まで一緒にいようとか言ってきた・・・。」
ナカ「ああああ朝まで・・・・・!!!!!」



ぎゃー!!
私そんなこといったんだ・・・。
恥ずかしい・・・。顔が熱い・・・。絶対赤くなってる。
ウミもすっごい赤い・・・。

ウミ「今熱いくつあるか計ってみろ。」
ナカ「んー・・・。体温計どこだっけ・・・?」
ウミ「しょうがねぇなぁ。」

ナカの風邪@ 

2006年04月07日(金) 23時52分
第一回目はめでたいので、内容も両思いにしてみましたv
ちょっとエロくなっちゃったかも・・・(;・∀・)
入らないのは追記にいれますので続きもみてくださいw

+++++++++++++++++++++++

「今日学校休むね」
ひとつのメールがはいった。
みた瞬間俺は走り出した。

俺はとにかく、学年トップで学校で勉強なんかする意味がねぇから
まず俺はコンビニによってから、ナカの家まで走った。

ピンポーン

ナカ「ごほっごほっ。はい。」

インターホンを押したら、マイクでナカが返事をしてきた。
ウミ「俺だ。ウミ。」
ナカ「っ!!!!!!」

ダッダッダッダッ
バン!

ナカ「ごほっ、何でウミ?仕事はどう・・・ごほっごほっ」
ウミ「大丈夫か?」
ナカ「うん・・・ごほっごほっ!!」

ふらっ
ウミ「あぶねっ!!」
ガシッ!

ナカ「あっごめんね。ありがとぉ。」
ウミ「しょうがねぇなぁ」

ぐいっ
ウミ「ちょっと我慢しろよ。」
ナカ「ちちちちょっと!!大丈夫だから!下ろして!」
ウミ「そんなにカラダ熱いんだから、熱結構あんだろ?」
ナカ「ごほっ、分かんない、ぜんぜん計ってないから・・。」

ガチャ
ウミ「ほらっ。お前の部屋。」
ナカ「ありがと・・・。」
ウミ「どうせ、クスリも飲んでねぇんだろ?」
ナカ「うん・・・。家になくて・・・。」

ウミ「そんなことだろうと思ったから、ポカリと薬。あとデコ冷えシートも買ってきたぞ。」
ナカ「そんな・・・気つかわなくていいのに・・・ごほっごほっ。」
ウミ「いっつも俺が風邪ひくとお前が持ってきてくれるだろ?
   だからそのお礼だよ。いつも助かってるから。」



祝☆初柿子v 

2006年04月07日(金) 22時07分
えぇーと、此処は花とゆめに掲載されている「悩殺ジャンキー」を応援するサイトです!
漫画を読んでの感想やこれからの話の妄想話などを書き込みする予定ですーv
皆さんも、「悩殺ジャンキー」の妄想話で、作ってほしいテーマなどをリクエストしてくだされば喜んで書き込みいたしますv
コメントのところに書き込みしてくださいねv
皆さんのリクエストをお待ちしています(* ^ー゚)
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ライン
» イクナカ。@ (2006年11月27日)
アイコン画像ライン
» ナカの風邪A (2006年11月27日)
アイコン画像マル
» イクナカA (2006年10月01日)
アイコン画像ますたぁ
» イクナカA (2006年05月27日)
アイコン画像an
» イクナカA (2006年05月19日)
アイコン画像ますたぁ
» イクナカA (2006年05月04日)
アイコン画像堀江です
» イクナカA (2006年05月03日)
メロメロパーク
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uminaka-117
読者になる
Yapme!一覧
読者になる