離婚等の渉外離婚(国際離婚)については、どこの国の法を適用すべきか

December 06 [Thu], 2012, 17:26
夫婦は、その協議で、離婚をすることができる(763条)。離婚をした者の一方は、相手方に対して財産分与を請求することができる(協議離婚につき768条、裁判離婚につき771条により準用)。しかし、多くの法律事務所は、離婚問題を他の事件と同じペースで処理しています。この届出は当事者双方及び成年の証人2人以上が署名した書面で又はこれらの者から口頭でしなければならない(764条・739条2項)。この理論は、離婚に至るリスクを評価する際に役に立つ。


しかし、結婚した後に夫の姓(氏)を名乗っていた妻が離婚によりもとの姓(氏)に戻ることについて不都合が大きいとの批判がありました。従来は面接交渉と呼ばれていましたが、最近は面会交流と呼ばれています。「モラ夫は、その態度によって、自分の家庭を、妻や子どもの心を破壊するところに決定的な違いがある。代理人が出席していれば、依頼した人は、和解の話し合いをするときや、証拠調べで尋問されるとき意外は、裁判に行かなくてもかまいません。この場合、自分の生活収入で生活できるようになるまで何年くらいかかるか、その間、生活費としていくらくらい必要かを離婚前の生活費を参考にして考えてみる必要があります。


監護権について裁判離婚における準用規定はないが協議離婚と同様とされる。婚姻によって氏を改めた夫又は妻は離婚によって婚姻前の氏に復することを原則とする(協議離婚につき民法第767条1項、裁判離婚につき771条により準用)。条件の約束を守ってくれない場合には離婚協議書を証拠に訴訟を起こすことができます。調停には、裁判のような強制力はないため、裁判所として離婚が適切だと判断する場合でも、最終的に夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。その他、いろいろありますが、調停にも行き、とにかく別れたいと訴えましたが、本人は絶対に無理だと聞き入れてはくれませんでした。


病気なら仕方がない、こういうときこそ支えてあげないと。つまり、家庭裁判所に訴えを提起する必要があり、地方裁判所での審理を希望することは不可能である。判例は有責配偶者からの離婚請求について「有責配偶者からされた離婚請求であつても、夫婦の別居が両当事者の年齢及び同居期間との対比において相当の長期間に及び、その間に未成熟の子が存在しない場合には、相手方配偶者が離婚により精神的・社会的・経済的に極めて苛酷な状態におかれる等離婚請求を認容することが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情の認められない限り、当該請求は、有責配偶者からの請求であるとの一事をもつて許されないとすることはできないものと解するのが相当である」とする(最大判昭62・9・2民集41巻6号1423頁)。国際私法上、本国人と外国人との間の離婚、本国に常居する外国人の離婚等の渉外離婚(国際離婚)については、どこの国の法を適用すべきかという準拠法の問題を生じる。(愛着理論)乳幼児において観察された対人関係の類型は、成人においても存続すると主張する。


家庭裁判所というとなじみもないし不安に感じたり、弁護士が必要なのではないかとためらったり、費用がかかるのではないか、そもそも離婚するかどうか迷っているという人は、家庭裁判所の家事相談室であらかじめ相談することもできます。法律知識に自信がない方や十分に勉強する時間が無い方は専門家に任せた方が無難でしょう。ジャン・カルヴァンは『キリスト教綱要』4篇19章「5つの偽りの聖礼典」の37「ローマ教会の婚姻に関する無意味な規定」で相手が姦通の罪を犯したために離婚しても、再婚してはならないとするローマ教会の規定を「迷誤を隠蔽」し専制を行っているとして批判している。通常の場合は7年間の生死不明、特別の危機(戦地や船の沈没等)の場合は1年間の生死不明の場合、家庭裁判所に対して失踪宣告の申し立てが可能です。せめて、別居でもいいので離れたいと日々願ってます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:恋したい
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/umigasuki0/index1_0.rdf