ベビーグッズで部屋がモリモリ

November 06 [Fri], 2015, 15:23
もう7ヶ月やし、ぼちぼち揃えていこか、ベビーグッズ。

ということで、パソコンで検索したり店舗に見に行っているうちに
あれよ、あれよと家が段ボールだらけ。。。
今開梱してしまうのも困るし、無駄に部屋が広いおかげで置く場所には困らんけど


やっぱり産まれてくるまでは不安が消えなくて


このお腹の人のために買った物が無駄になったりしないよね。。。。?


そんな不安、心の片隅にあってふとした時に出てくる。
だから、『コウノドリ』が観れない(笑)。
無駄に不安感をあおられてしまう、弱い私(;^ω^)



もう完全にお母さんモード突入してて、社長に「好きやで。」ってメールされても
嘘もつけず、スルーしてしまうという。。。。これって一番アカンやつやんなぁ、、、、

もう2ヶ月半ぐらい会ってないけど、その事実に今初めて気づいたぐらいで
社長がいない生活にすぐ馴染めてしまいそうだ〜




あまりにも状況が正反対すぎるんよね。

こっちは我が子誕生を待ちわびていて、日々の成長に目を細める毎日。

片やあちらは、奥さんの看病に義父の介護に明け暮れる日々。。。。


この子の動きが多様化するにつれ、社長に対する態度をどうすればいいか戸惑う。
今私が幸せだなーっと感じるのは、いつの間にか旦那と一緒に過ごす時間になっていて
逆転しちゃいましたな、完全に。

マタニティライフ、折り返し地点

September 28 [Mon], 2015, 15:31
最近、よくお腹の人が動く。たまに激しくて「うっ!」って声が出てしまう。
可愛いなぁ。。。って思う。まさか、この私がそんな感情を抱くようになるとは、、、すごいな、妊娠。

エコーの写真だってネットで人の見るたび

「これのどこがかわいいねん、おかしーやろ。めちゃ宇宙人やし。」って思ってたのに



。。。。我が子は別物ですな。。。。。



お腹の人が動いているのを手で感じた旦那は、めちゃ感動してはった。
前よりもお腹の人に声を掛けるようになった。
「いってきます。」ってお腹をなでるようになった。


なんだ、この幸せそうな家族の風景。

うちらの地獄のような数か月前までの状態はなんやったんや。



今でもたまにイライラ、ちっさい喧嘩はある。
けど、セックスせず授かった赤子でも夫婦の絆を深めることはできるみたい。






社長は。。。昨日、1カ月ぶりに帰阪した。
電話を全くできない状況、前ならツラくてツラくて、何度も涙を流したのに。

今はお腹の人に集中しちゃってて、ちゃんと食べれなくてごめんね、とか
今日はよく動いておりこうさんやね、とか。
あんなに頭の中を占めてた社長への想いが薄れていく。


どうしていいのか、社長はどう思っているのか、なんだかわかんなくなっちゃった。



嫌いになんか、なるわけがない。けど、私が好きになった社長はもういないなと感じるし
それは仕方がないことなのもわかっている。
逆に社長が好きだった私ももういないのかな。。?

だけど、最悪のことを考えるとやっぱり別れるのは今じゃない。

安定期に突入。。。けど安定せず

September 03 [Thu], 2015, 20:27
やっとやっと、流産の確立がぐっと減る安定期に突入。

でもでも、悪阻が治まらない。。。ねぇ、お腹、痛いけど、お腹の人だいじょーぶ?生きてるよね?

エコーで初めて手をバタバタさせる我が子を見て、こんな私でもようやく母性がでてきたよ。
最近は少しずつ、お腹に話しかけてる。出張中の旦那もたまに電話越しで声を掛ける。

。。。。今だから、授かったんやろな。
私たち、未熟な夫婦でしたから。


それでも私は社長から離れない。



今、社長は遠いところにいる、奥さんの実家。
私を抱いた翌日、朝早くに慌ただしく行っちゃった。


さみしいなー。

もう社会に戻られへんと思うって。

さみしいなー。

今の生活が気に入っているって。



あんなに仕事大好きで、生き生きしてたのに
なんかひと回り以上年上みたいに、沈んだ瞳の色を浮かべて。


私はものすごくショックを受けた。
いまだに、お互い落ち着けばきっと起業できる、一緒に働けるって信じてたから。
戸籍上は違うけど、公私ともにパートナーである関係に戻れると信じてたから。
それが1年後、2年後ではなくても、待てるほど信じてたから。



久し振りに会ったら、いっぱい甘えて色んなこと話そう!って思ってたのに
早朝にホテルを出なアカンって聞いた時から落ちてたテンションは
更に落ちてしまった。。。。。。


私のお腹撫でてくれて、いっぱい体を気遣ってくれて。

それでも繋がったときは、抑えられないみたいで私をぎゅうっと抱いて
爪を立ててた社長。

ねぇ。

私が好きな人は、この人、だよね?




少し早いバースディプレゼント、お金ないからいいものは買えなかったけど
喜んでくれてよかった。
選ぶの、楽しかったよ。



親友は前は私を傷つける旦那より、社長とのことを応援してくれてた。
でも今は一見、新しい命を授かった温かい家庭に見える、この結婚生活がうまくいくことを願ってくれている。
「海は冷静に社長との関係、見れてると思うよ。」

そっかぁ。。。。。。。でもでも。。。。。

自分の気持ちのまま

まだ、流されていたい。。。

社長と別れちゃうのかなぁ

August 04 [Tue], 2015, 2:31
最近の私はマタニティーブルーなのか、減薬の影響か、ケッコー情緒不安定。

。。。社長のメールの返信、1日経たないと来ないこと、ザラ。

「ごめん、いつの間にか寝てもうた。」


わかってる。

奥さんは生死に関わる病気ってことも。

今社長にとって一番の優先事項は、奥さんの看病、家事ってことも。

社長自身も何度かダウンしてるし、疲れてるんやなぁ。。って思う。


それでもワガママな私は。。。
毎日社長のこと想ってるのに、社長は私のこと考える時間もないんやろうなって寂しくなる。

昨日の夜中
その気持ちにブレーキを掛けれなくて、少し愚痴を言ってしまった。

社長は「ごめんね。すきやで。」って言ってくれたのに
寂しい気持ちは消えない。

今日もたぶん気を遣って、たくさんメールくれた。のに、私は短文でしか返信できない。


あの時は楽しかったなーとか、過ぎてしまったことばかり思い出して
涙が止まらない。

あの時とは状況が違うんやからって
何度も言い聞かせるけど、独り占めしてた時間が長かった分
もう2ヶ月会えてない事がつらい。
前は一晩中、私を抱き締めて眠ってたのに
半年近く安心して眠れる日がない事がつらい。

こんな私じゃ、社長にとっても、私にとっても
いい関係って呼べへんなぁって思う。
もっと支えになりたい、必要とされたいのに。


「今度会った時は抱くから。」って言うけど
今度っていつ来るんやろ。


あと2ヶ月で丸2年の関係。
やっぱり離れたくないよー
会いたいよー

不眠の原因

July 31 [Fri], 2015, 11:58
最近、夜よく眠れない。

眠りにつくのは2時、3時。ひどいときは4時。
それでも6時には起きてしまう。

2週間前、旦那が出張で夜ひとりの時に突然「あ!出た!」って感じた。
恐る恐る下着をみる。

。。。。。鮮血。。。。。。


今まで茶おりは続いたりしていたけど、10週目にして鮮血は初めて。
時間は夜中2時、家にひとり。こんな時に。。。。。。!


パニックで大泣きしながら旦那に電話。
とりあえず大学病院に電話しろ、必要なら救急車を呼べ。
いつもなら無感情でイライラする旦那の口調が、返って私を冷静にしてくれた。

一生懸命気持ちを落ち着かせて、今の自分の状況を整理する。
そして救急外来へ電話。


でも。。。。。医師からのコメントは淡々としてて。
「そのまま鮮血の量が増えるようなら、また連絡して。で、かたまりが出てきたら取っておくように。」

。。。。。流産前提の話、ですか。


「診察の予約はいってるね、じゃぁ1週間後に。」

えっ!?このまま診察もせず、放っておく気なの!?


あまりの言葉に怒りを覚えながら、説得して翌朝1番で予約を追加してもらった。



わかってる、この時期の流産は治療法がないこと、安静にしておくしかないこと。
医師なんやから、余計慣れてるでしょ、こういう状態。
でも、診察もしないって。。。。。どんな先生なん?患者の気持ち、考えたことあるん?

名前を聞きそびれたことを後悔。いや。言ったのかもしれないけど、パニックだったから覚えてない。


このことで大学病院に不信感を抱いてしまった。
でも私はそこで他に2つの科にかかっているから、今更転院も難しいし、やっぱりリスクあり出産やから大学病院しか選択肢がないように思う。。。



そこからやね。不眠がひどくなったのは。

旦那のいない夜が何日も続くし、万が一のときの病院の対応はとても親身とは思えないもの。

食欲もどんどん落ちて、胃痛でほとんど食べれなかった。
でも昨日旦那が帰ってきて、安心したのか。。。。。今日はかなり楽。食欲もある。


私、旦那のこともう愛せないと思ってたけど、、、、違う形の愛情もあるのかな、、、、
昨日、旦那の寝顔を見ながら、涙が出た。

責任に押しつぶされそうな毎日

July 30 [Thu], 2015, 13:31
あれからも社長とは毎日メールをし、1,2ヶ月に一回は食事してホテル、そして帰宅。
そんな関係は続いていた。

この話と関係ないけど、今すごい雷雨やで。突然雷が鳴ったと思って洗濯物いれたら、すぐに豪雨。激しい稲光、雷鳴。
あー。今年の夏も半分は過ぎたなぁ。。。。
ぼんやりと、思う。

いまさら、本当に今更で、そんな自分にほんまに嫌気がさすけど。


今、妊娠4ヶ月に入ったところ。




お腹の子には本当に申し訳ない、最低人間な私。
けど妊娠を告げられた時、正直ショックで泣きそうやった。
先生がすっごく温かい笑顔を向けてくれるのに、涙をこらえるので精一杯やった。



社長は今は奥さんのことが第一やし、すぐには無理やけど、子供作ってもいいって言ってくれた。
私は、こんな年齢でもう待てないよって思った。
引っ越しをした、戸建てに。周りは赤ちゃんや小学生のいるファミリーばかり。
資格を取って、仕事も始めた。職場は子供の話ばかりで「海ちゃんはこれからやね〜。」その話題ばっか。



魔が差した、って表現、合ってる?



子供、ほしいかも。そう、思った。

でも私は好きな人の子供が欲しい。だけど叶わない。凍結胚も捨てられない。



だったら。。。。。ダメもとで受精卵を戻してみようか。
ホルモン剤は一切使わず。これなら積極的に治療したって言わないし、受精卵を捨てたことにもならない。
私は色々と体のシステムが問題を起こしていて、まずホルモン剤を使わずに妊娠なんて不可能。
妊娠したとしても、また化学流産や、そう思ってた。



なんで?

ごめん。でもなんで?



最低な母親、いや、こんなの母親って呼べんやろ。




妊娠して不妊治療クリニックを卒院して、大学病院へ転院した。
そこで赤ちゃんへの新たなリスクを知り、薬増量、もうしんどい、、、、
責任が、、、、、五体満足で産んであげられるんやろうかっていう責任でつぶれそう、、、、

今は切迫流産の診断で、自宅安静。
もう12週に入ったのにいまだに出血は止まらない。お腹の張りもある。
でも病院に行こうともしない、治療法はないから。




こんな母親のところに産まれてきたくないよね。
父親ではなく、他の男に恋心抱いている最低な母親。



旦那は変わった。
妊娠したことが本当に嬉しいみたいで、週末しか家に帰れないけどスーパーに何度も足を運んで私が食べれるものを買ってきてくれたり、家事も手伝ってくれる。
ストレスで「子供なんて欲しくない!!いらない!!」ってヒステリックに泣き叫ぶ私に
「そんな可哀想なこと、言ったるなよ、、、」って。


私も変わるの?いつかこの妊娠を心から喜べるの?


今は検診のたびに、「もうお腹で死んじゃってるかもしれない。。。。」て不安で。

エコーで心臓が動いているのを見て、ほっとして。



私はこの子を産むなら、五体満足で産んであげないといけない。
今まで一度もエコーを見てかわいいとか愛おしいとか、一切感じたことはない。
ただただ、責任だけ。。
他の人は「ほんとにカワイイ♡」とかコメントしてるのに、全く理解できない。


昔は子供が大好きやった。小学校の先生の免許を取るための大学にも入った。
不妊治療を始めたころは、結果に一喜一憂、というか憂いばかりやったけど、それでも子供が欲しくて4年半、頑張った。


私、変わってしまった。ほんとうにごめんね。。。。。。。。。。。。

今日、ブログを久し振りに見て思うこと

March 10 [Tue], 2015, 17:42
私、旦那のこと好きやったんやなぁ。

不妊治療は私の心を歪めていった。


なんで、私のつらさをわかってくれないの?
なんで、もっと優しい言葉をかけてくれないの?
なんで、もっと自分にできることを探さないの?
なんで、なんで、なんで、。。。。。。。



彼にもいいところは沢山ある、はずやのに
何も見えなくなった。



社長は思いやりのある人で、相手を傷つける言葉を言わない。
相手を伸ばす言葉を言う。
私はその心にものすごく救われた。

でも、今、社長は奥さんのことで一生懸命で
私まで面倒みきれない。だから頼りたいけど頼れない。


そうなった状況で、幸せな人生って何やろ?って疑問が浮かぶ。


死のうとは思わないけど、死んでもいい。
何かの未成年犯罪者が言ってたなぁ。
その言葉に深く共感してしまった私はおかしいのかなー。

周りから見たらバカじゃない?って思えても
私は私なりに、一生懸命生きてきた。

何に対しても、それこそ世間では後ろ指さされる関係であっても
正面から向き合って、その時の自分にできることを精一杯やってきた。
だから、悩みは尽きなかったし、いつも疲れてた。


うん、本当に疲れた。


だから、もう受け入れようと思う。悪い言い方すれば、諦める。




私には私なりの理想の人生があったけど
思い通りにはいかない、自分も、相手も、状況も。



不妊治療、再開した。
旦那がどうしても子供がほしいって、今になっていうから。

今まで散々、受精卵を捨てろだの、子供なんかいらんだの言ってたのにね。
治療の相談に乗ることなんて、一切なかったのに、キレてたのに。
私が新しい人生を諦めて、優しく接するように努力しているからかね。


私が母親になれるとは思えないけど、最後に彼の希望も聞いてみようか。
最近は旦那と過ごす時間が楽しく感じることが増えている。
相変わらず、愛されていると感じて満たされることはないし
今後も夫婦生活はないやろうけど。




それでも選んだのは私、諦めよう。

関係が変化したとき

March 10 [Tue], 2015, 15:47
今年に入って、私たちの関係が大きく変わる出来事があった。


社長の奥さんが癌になった。



社長はその知らせを東京で聞いた。もう東京を引き上げる2週間前だった。
つまり、大阪の会社立ち上げに入る時期。

私は嫌な予感が当たったと思い、さらに不安が募った。


社長は無理にだと思うけど、割と楽観的に考えていたみたいで
手術すれば治るものと思っていたのかもしれない。
奥さんと病院にいく前日に私とお泊りしていた。



結果は、想像以上に悪かったようで、余命宣告されたと。
仕事にかまけて家庭を顧みなかったお前のせいやと家族から責められたみたい。
私のせいなんやけどね。

社長との関係は、社長の家族の健康の上に成り立っていた。
そのことに気付いた。

奥さんが回復すること、心から祈る。
今の社長は社長じゃない。仕事も一切せず、家事・看病にすべての時間を割いている。
どんなにキツイ毎日でも、「俺、なんやかんや言っても仕事好きやねん。」そう笑っていた。
私はそんな社長が大好きやった。

だから、私の気持ちも変化してきた。
会いたいと思うこともある。でも、このまま会えなくなっても仕方ないなとも思う。
社長のこと、前みたいに何の迷いもなく好き!って言えなくなっている。



この前、1か月半ぶりにお泊りした。
なんか、違った。
この1,2か月ぐらい思っていたけど、一緒に仕事していたころの尊敬の部分が減った分
好きが減った感覚。
だから、奥さんの具合が悪いなら無理に外にでることないし、会えないなら会えないで仕方ない。
会うことも簡単に諦められるし、メールも一方通行が多い中、むなしくて送る回数も減っていっている。

それでも一緒にいる理由は、正直もうわからない。
私と会うことで、どんな日常送っているかしらないけど息抜きになるならそれでいいし。
必要だ、って言ってくれるなら、私からは離れない。けど離れたいと言うなら離れる。
なんとなく社長もそう思っていそうやけどね。

旦那の価値が変わってきたのは最近。
だって仕事失ったからね。もう職探しも大変難しい年齢やしね。
自分の健康にも自信がない。生きるために働き続ける、それが可能か怪しい。
離婚されたら困るのは、私になったってこと。



でも、だから、かな。そんな私たち夫婦にも変化があった。

事態がどんどん変化していき。。。

March 10 [Tue], 2015, 15:33
2回目の化学流産。

出張中の旦那にはスーパーで買い物したら、広告で別のスーパーの方が安いことを知ってしまった。
それぐらいの感覚で話した。
「残念やったな。」それだけ。他人事かよ、ほんと笑える。
あんたは心も体も痛まない、結果がすべてやもんな。
もう泣くのも、怒るのも、疲れた。

でも社長には違った。甘えてたんやろうね。


泣きながら「アカンかった。。。。」って言ったら
東京の仕事を調整して、次の日にすぐ大阪に戻ってきて一晩抱きしめて寝てくれた。

これで私は満たされる、バランスが取れる。


社長は東京で仕事しながらも、週に1回は大阪に仕事で来ていた。
その日は私とお泊り。だから、家には3か月に1回ぐらいしか帰っていなかった。

私はいつでも会社立ち上げに協力できるよう、仕事も探さず待っていた。

信じてたし、社長もそのつもりでいた。

2か月待って、が、3か月、年内、年明け、、、、、どんどんずれていった。
色んなことが起きて。社長の仕事で。

日常に何の変化もない私は、焦りが段々出てきた。

大丈夫だよね?今更、話がなくなるなんてないよね?
仕事があるないは、私の今後の人生にかなり影響するから。
だって離婚するにしたって、生活費いるでしょ。


でもね。思い通りに進まないことなんて、世の中いっぱいある。

2回目の化学流産。新たな病気の発見、発病

March 10 [Tue], 2015, 15:17
私は失業したことで、また何もない日常に戻ってしまった。

転院した不妊治療の病院は有名で、そこで無理矢理採卵させられた卵は良好で
胚盤胞が4つ、桑実胚に近い初期胚が1つ。
それは私が社長の愛情に包まれて、精神的に安定してた賜物やけどね。


社長は採卵するための自己注射も不器用ながら手伝ってくれた。
薬の副作用で苦しむ私の背中をずーっとずーっと、撫でてくれてた。
私の分の仕事も引き受け、ベッドで休ませてくれていた。
病院へのタクシー代も、体が辛いやろうからと出してくれていた。

決して旦那のおかげではない。



社長は当然やけど、私と子供を作ることは困ると言っていた。
でも、もし私が不妊治療で妊娠出産しても、好きという気持ちは変わらない。
治療を続けるとしても、今まで通り応援するしそばにいる。

胚盤胞をもどしてみたいと思った。
なんでやろ。女性の本能かな。


戻した後、妊娠したってなぜか思った。
でも、検査薬はまた陰性。
病院では陽性。
だけど、化学流産。


どんな結果になるかわかってた、なぜか。
だから、涙も出なかった。
先生の説明を無表情で淡々と聞いた。

不育症の可能性があるということを。
それも何となくそうやろうなって思っていた。
何も驚かない。ショックもない。

私はもう、旦那の子供がほしいと思わなくなっていたんやから。


私はそういう運命なんやろうなーって、最近思う。
運命なんやから、どうあがいても変わらない。


膠原病も発病した。そういう運命。
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:umi-renai
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・ジェルネイル-爪だけはいつもキレイにしていたい
    ・ゲーム-めったにしないけど、ハマッたやつは睡眠時間削ってでもやるね
    ・料理??-最近、ちょっとだけ楽しくなってきた
読者になる
海の妄想ワールドへようこそw(ノ´∀`*)
ついにリアルに人妻になってしまった。・゚・(ノ∀`)・゚・。
けど小悪魔っぷりは健在。
毎日ベッドで旦那さまを困らせちゃってます♪
Yapme!一覧
読者になる
P R