(無題) 

2006年01月04日(水) 5時07分
年始年末は色々あり過ぎて、なかなか日記書く機会がなかった。

いずれまとめて書くつもり。

何にせよ楽しい年始年末だった。
良い年になりそうだ

(無題) 

2005年12月24日(土) 6時37分
今日はメンバーと買い物。
寒すぎて外で洗濯物を干すきにならなくて、部屋干しセットを購入。
ついでにハンドクリーナーと間接照明も。
間接照明は小さいのに明るくて、というか明るすぎて、つけっぱなしにしてたら熱を持ったせいかガラスがすぐ割れた。
999円でこのパワーだから文句も言えん。

ハンドクリーナーも小さいながら、なかなかのパワー。
これで掃除機で届かない所が掃除出来る。

部屋干しセットは置くところが無くて、仕方なく玄関先に設置。
風呂やトイレやクローゼットを除いた有効スペースが、10畳あるのに半分が服で埋まってる。
後は本とCDやレコードで埋まってて、くつろげるスペースが約1畳だけ、、、。
要るものばかりで捨てれない。
なんとかしなければ。

引っ越しした当初、電化製品や家具以外で、段ボール25箱。
今はあの頃より物が多い。
ほんと何とかしなければ。

(無題) 

2005年12月22日(木) 20時53分
自主イベントも終わり、暇になったのでバイトを探す日々。

上京して約2年、働いたのは一月だけ。
辞めたのは体調崩したから。

ハッキリ言って実家が金持ちなので、この2年遊んで暮らしてた。
貯金もかなりあったし。
働かなかったのには他にも訳はある。
中途半端にバンドが忙しかったのと、病気のせいだ。
親も、無理してまた病気になる位ならと金を振り込んでくれる。
10年してた貯金も食い潰してしまったけど、その価値はあった。
ダラダラしてた事もあるけど、なんだかんだ充実した日々を送ってたし。
病気も完治したし来年からは真面目に働こうと思う。
大阪の金持ちなんて東京の金持ちと比べたら屁みたいなもんやし、いつまでも金があるわけじゃ無いし。

偉そうな事言うときに説得力が無い。

良いバイト見付かればいいなぁ。

(無題) 

2005年12月22日(木) 20時34分
先日自分のバンド主催のイベントを行った。
数字的には成功とは言えないが、内容は成功と言えるものだったと思う。
なによりも参加してもらったバンドが素晴らしかった。
観に来てくれた仲間も盛り上げてくれた。
そのおかげで自分達も良いライブが出来たんだと思う。
良い仲間たちと巡り会えて良かった。
やっぱり人と人の繋がりが大切だ。

たとえこの先売れるような事があっても、俺は変わらず今居る仲間とつるむであろう。

忙しいとか言うのは言い訳だ。
メールの1つ位出来る時間は絶対あるはず。


今年最後のライブ、良い感じで終れたから来年も頑張ります。

コピーバンド 

2005年12月16日(金) 0時32分
今日は某コピーバンドを観に池袋へ。
コピーバンドと侮るなかれ、ワンマンもやるほどの人気なのだ。
しかも結成半年位で200人以上も動員があった。

そのバンドが名前を変え久しぶりのライブ。
しかもうちのバンドのメンバーも参加。

ライブハウスに着くと既に満員。
相変わらずの人気だ。

ライブが始まると頭から超大盛り上がり。
MCでは爆笑の連続。
たった3曲しかやらなかったのに1時間近くやってた(笑)


帰りにはよく行く古着屋が全品半額セールやってたので、帽子とネックレスのトップを購入。
家に帰って冷静に見たらトップは失敗だった。

UKファッションが好きなので、ユニオンジャクのシルバーを買ったんだが、あまりにもストレート過ぎて微妙、、、。
安易過ぎた。
多分しないな、これ。

気迫 

2005年12月16日(金) 0時06分
昨日は友達バンド、2つが出るイベントを観に川崎へ。
1つの友達バンドに車で拾ってもらい、リハから参加。
去年1度出た事がある小屋で、久しぶりに行くとやはり大きかった。
本番は2バンドともに素晴らしく、自分のバンドに欠けてる何かが見えた気がした。

客に伝えようとする意識があまりにも違い過ぎる。
色々学んだ良い一日だった。

が、川崎から下北沢へ場所移し2バンドで打ち上げした後、車で送ってもらってた途中にパトカーに停められる。

テールランプに異常があったみたいで、警官3人がかりで取り調べをうけ、さらに所持品検査や車内捜索をうける。

フリスクの箱の中に薬を隠してるんじゃないかと、フリスクの中身まで調べられる。
たまたま運転手だけ酒を飲んで無かったから無事解放されたが、そんなに悪人に見えるのかな、、、。


 

2005年12月13日(火) 22時29分
2年前に生死を分ける程の大病をして以来、左目から涙が出ない。

薄々気付いてはいたが今日確信した。

嬉し泣きや悔し涙で泣きまくった10代。
感情で泣けた、まだ熱かったあの頃。

それが20代になり、映画やTV以外で泣いたのは、14年共に暮らした猫が死んだ時だけ。この時ばかりは号泣。
後にも先にもこれほど泣いた時は無い。

身内の死にも涙する事がなくなった。

30代になり、自立神経失調症や不眠症になるほどのある出来事を経てからは、もはや感情すらなくなってきた。

それは喜びや痛みに鈍感になってきただけで、それでも面白ければ笑いもするし、悲しい映画を見れば涙する。
極端に減ったが。

そんな俺でも今やってるTVドラマ「1リットルの涙」では涙がポロポロ流れてくる。

実話を元にしてるとは言え、大半が脚色されてるのは想像出来るのだが、制作側の狙い通り完全ハマってる。

ここで泣かすつもりだなと、読めるのにやっぱり泣く。

で、その時気付いた。
涙が流れてるは右目だけだと。

若い頃になった、俺と同じ大病の後遺症で、うちの親父は体の左半分から汗が出ない。
それ以外は問題無いが。
俺は若干の記憶障害以外は後遺症が無かった。

それが今日もう1つの後遺症らしきものが今更見付かった。
涙が出ない位問題無いとは思うから主治医に報告はしないけど。


礼儀 

2005年12月10日(土) 9時07分
世話になってる人や仲間には、多少疎遠になってる人にでも、マメにメールだけは入れてる。
返して来ない人も中にはいるけど、それはやっぱり疎遠になってる人の一部だけだ。
後は何かしら返信してくれる。

逆にマメに連絡くれる人もたくさん居る。
なかなか会えなくても、せめてメールだけでも交していれば、久しぶりに会ってもスムーズに事が運ぶ。
メールで繋がってるなんて幻想かもしれないけど、現代ではこれが当たり前のコミュニケーションだと思うし、仲間と距離を置くよりかはマシだと思う。
たかがメールでも。

逆に言えばたかがメールですら出来ないようなヤツはダメだと思う。
実際、メールもして来ないやつは電話もして来ない。
コミュニケーションを拒否してるしか思えない。
俺も人とコミュニケーション取るのは得意では無いけど、それでもやはり世話になった人や仲間にはメール、時には電話連絡する。
どんな仕事でも人と人との繋がりが結局大切だと思うから、苦手でもするようにしてる。
人は何かしら誰かの助けで生きて行けてると思うから。

たくさんいる仲間の中で、しかも比較的近い位置に居て、尚且たまにしか会えないという特異な存在のバンド仲間がいる。
前々から薄々気付いていたけど、ほぼ向こうからは連絡がない。
こちらからしても返って来る事なんてほとんど無い。
嫌われてるなら仕方ないけど、そうとも思えない。
ただ単に人として肝心な事が出来ないだけなのだ。
年始年末の挨拶や、誕生日の祝いメールの返信も返って来ない。
そんな事は唯一このバンドだけだ。特に一番親しくしてるはずの子が特にそういう傾向が強い。

誰もが知ってる超大物で忙しい人達ですら皆連絡をくれる。
売れてないインディバンドの俺にすら(ちなみに前やってたバンドは人気もセールスも知名度もあった)。
逆に言えばそういう人達だからこそ人との繋がりが大切だと言うことを知ってるんだと思う。

たかがメール、されどメール。別に電話でもいい。

比較的チヤホヤされてるバンドだからテングになってるのか、天然なのかはこの際どうでもいい。
もう俺はそのバンドには愛想が尽きた。

下心丸出しな俺が数少ない、見返りを求めず純粋に何かしてあげたくて、多少なりとも世話してあげたバンドだけに、とても残念だ。
たった一言、連絡ありがとうとかライブ来て下さいとか、たった一言メールを入れる、それだけで良かったのに。

昔俺...

(無題) 

2005年12月08日(木) 3時53分
バイト面接での出来事。
電話対応での反応も良く、受かる気満々で挑んだ面接。

決まればこのまま原宿で欲しかった服買いまくってやろうと、買い物行く気満々で車で面接に向かう。
実際面接でも反応良く、いつから来れるかとか何時からがいいかとか色々聞かれ、内心受かったなと思い心は原宿へ。

が、しか〜っし!
最後の最後で当社規定で髪を耳に掛らない、前と後ろは短く、色を黒にと言われる!
とどめに社会保険の他に年金も払わされるため、月に約3万円も抜かれてしまう。

そんな大事な事は初めから募集要項に書いとけっちゅーの。
せめて電話で言えっつーの。

先方も伝えて無かった事を何度も謝る。
で少し考えてみて下さいと5分ほど一人にされる。
その間に俺が考えてた事は、原宿をスキップしながら自由きままに好きなだけ買い物して、紙袋を両手一杯に持ってる満面の笑みの俺の幻、、、。
帰るときも、すいませんと謝りながらお見送りしてくれる、俺の上司になるばずだった店長さん。
気が変わったら是非連絡下さいと笑顔で言ってくれる、俺の先輩になるはずだった店長さん。
あんた良い人だよ、一緒に働きたかったよ、と心で呟きながら打ちひしがれ帰る可哀想な俺。

また必要になった履歴書に貼るための写真を帰りに撮る。

髪型を整えるため覗いた鏡に映る俺の顔は、泣き笑いだった、、、。




ライブ 

2005年12月06日(火) 2時50分
昨日は渋谷でライブだった。
東京で1番仲良くしてるバンドのイベント。
1番目に俺のバンドは、今日観たビデオだけで判断すると、イマイチなライブだった。
やってる最中にも客の反応とか見て何と無く感じてたけど。

後に出た3バンドとも凄い良いバンド&ライブをしてただけに、ヤられた感で一杯。

10年以上インディーでやってて負けたとかヤられたとか感じた事なんてほとんど無い。
特に前やってたバンドでは1度も感じた事なんて無かった。
それだけ自分達のサウンドに自信を持ってたし。

それが今やってるバンドでは、そういう風に感じた事が数回ある。

曲やアレンジには自信がある。
それなのにガッツリ来ない。

何かが欠けてるんだろうな。


P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像ヵヮィィ☆ブログランキング
» M‐65 (2005年11月28日)
アイコン画像みんなのプロフィール

» 久々の日記 (2005年11月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:umi-natsumachi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる