葬儀屋さん 

March 15 [Thu], 2012, 3:40
今日は久しぶりに葬儀屋さんがきた。

ただ、私の思ってた葬儀屋とは違うのか、故人をもとあった姿に形成してから葬儀を行うらしく。

たまらなかった。

あと看護婦は何もしてくれないと。

まじで死が近い人ってのは、そうゆうひとが最後逝くまで絶えるまで待っていないといけないらしく、4人で交代で晩を越すみたいだ。


最近そっちの現場が多く、人手が足りないとのことで、運び入れる際の足を持つ係と、体を拭くことを、お願いされた。


まあ、無理だね。
ママも言っていたけど、私には無理。


はっきり言ってしたくねえ。

まず、私は大好きとゆか、母親の代わりだた、おばあちゃんの体を拭いたりしたが、本当に辛かった。

やりたくなかった。
悲しいから。

でも、一緒に住んでた息子さんら家族が完全に放置で、薬も貰いに行ってたのも私と弟だた。

千葉から遠く、二時間もかかる所に住んでたけど、それでも、頼ってくれて、大好きだたから。


そんなんしてて、調子悪いてか元気だたのが、マジでやばいって、弟と思ってて、私が先に会い行って、弟と何も話てなかったのに弟も私の後に会いに行ってて、それから一週間後に。て感じだ。

もう、土曜日の仕事終わりに親父から電話来て、友人片っ端から電話して、行って、腐りかけてたからね。


もう、見れないとかより、涙出過ぎて信じれなくて何も見えなかった。

とりあえずキレイにしてあげようてのと、ごめんとか、ありがとうとか、そんなん思いながら拭いたよ。

なんか、床ずれ起こしてたし、漏らしてたしで可哀想だたわ。

もうずっと居れば良かったと後悔した。

一緒に居れば絶対に気づいてあげれたのに。


そして式の時に、親戚に怖くなかったのか、とか、よくやれたね、とか。お前は可愛がられてたからね、とか言われたからブチ切れちゃったし。

ただ、最後まで誰も泣いてなくて私は我慢してたけど、全部閉められちゃってもう顔も見れないと気づいた時に爆発しちゃったら、みんな泣いてたね。

みんな我慢してただけとゆか、なんか。

言っても悲しいんだなてゆか、泣いてくれたのが良かった。


変な言い方だけど。


だから、まあ、葬儀屋とは飲みたくねえや。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りょう☆コンビナート
  • アイコン画像 趣味:
    ・猫とぼーっとすること
    ・公園でぼーっとすること
    ・家でぼーっとすること
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる